20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

22年6月【㊙︎転職戦略3つ】 Webマーケティングの仕事辞めたい時

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の要点

・Webマーケティングの仕事辞めたい原因は仕事の内容にあるのか

・Webマーケティングの仕事辞めたい原因は仕事以外にあるのか

・Webマーケティング業界内で「職種だけ変える」転職の方法

・Webマーケティングから「別の業界」へ転職する戦略

・30代からの転職戦略 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】かわちゃん「現役Webマーケター」から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・マーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員を観察し得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

ぜひ、『週刊転職』で、あなたのお悩みをどしどし検索してみてください。

読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

記事末の「本日の名言」もお楽しみに。

【原因は2つ】Webマーケティング辞めたい人へ

Webマーケティングの仕事を辞める前に考えること

あなたがもし Web マーケティングの仕事を今すぐ辞めたいと考えている場合考えておくべきポイントがある。

Webマーケティングの仕事を今すぐ辞めたいと考えている場合、考えておくべきポイントがある。

マーケティングのを止めたいという原因が、

・今与えられている仕事業務内容にあるのか

・人間関係、ワークライフバランスなど心の悩みにあるのか

 「Webマーケティングの仕事を辞めたい理由」がどちらにあたるかを整理しておくことが大切である。

上記の2つのどちらに当てはまるかによって、今後とるべき戦略が変わってくる。

Webマーケティング辞めたい原因が「今の仕事、職種」にある場合

結論、Webマーケティングの仕事、業務内容を変えることが大切。

あなたが今 Web マーケティングの仕事を辞めたい原因が、Web マーケティングの仕事与えられた業務自体にあるなら、

今与えられている業務内容自体を変えないと、あなたの悩みは解決されないままになってしまう。

例えば、Web マーケティング了解でよくある、エクセルシートを用いて数字で物事を分析する仕事が多く、その仕事ではどうも成果が出しにくいという悩みの場合。

あなたは、エクセルシートを用いて数字やデータ分析をするという業務から一度離れる必要がある。

しかし、Web マーケティング業界に身を置くならば、数字をベースに考えるということはどこまでもついてくると言えそう。

もし、本当に数字から離れて仕事をしたいと考えているなら、全く別の業界に転職するなどもしくは人事やバックオフィスなどの職種転換を検討していく必要があるかもしれない。

従って、「Webマーケティングの仕事自体に悩みの原因がある」場合、

→職種を変える転職を検討して行こう。

Webマーケティング辞めたい原因が「今の仕事、職種以外」にある場合

あなたが今、Webマーケティングの仕事を辞めたい原因が、今の業務内容仕事自体意外にある場合、

特にあなたが所属している会社または一緒に働く仲間などに原因がある場合、

「Webマーケティング業界内で別の会社」に転職しよう。

あなたの悩みが、あなたの仕事のスキルに関係なく仕事の原因がある場合、

Webマーケティング業界内で、別の環境を探すことが大切であると言える。

例えば、あなたが所属している会社は、残業が多すぎて悩んでいる場合、

Webマーケティングの仕事業務内容は変えず、働く環境、会社を変えるだけで悩みはすぐに解消される可能性が高い。

また、一緒に働く仲間があなたとなかなか波長が合わずうまくやっていけないなぁと感じ悩みを抱えている場合、

別の会社を選び、環境変える必要がことが大切。

つまり。、Web マーケティングの仕事自体ではないところにやめたい原因がある場合、

「あなたが今まで積み重ねてきた仕事の経験を生かし」転職することが出できる。

視点を変えれば、これは「スキルアップ転職」と捉えることもできる。

従って、今あなたがWeb マーケティングの仕事を辞めたい原因が、

・Web マーケティングの「仕事業務内容自体」にあるのか

・Web マーケティングの「仕事以外」のところにあるのか

明確にすることで、あなた自身を客観的に見つめることができ、より良い転職につながると言える。

これに加えて、さらに2つの戦略を考えている必要がある。

【2つの黄金法則】Webマーケティングを辞めたい時に取る戦略は2つ

Webマーケティングをやめたい原因が明確化された上で、さらに深掘りしていくとあなたが取るべき戦略は大きく2つ

戦略1:今までの Web マーケティングの経験を活かしより良い条件でスキルアップ転職する 

戦略2:Webマーケティング業界、Webマーケティングの仕事自体を辞めて、別の業界へ転職する

つまり、今までの Web マーケティング業界での経験を生かした上で環境だけ変えるのか

マーケティング業界での経験を生かした上で環境だけ変えるのか

大きくこの2つの戦略である。

以下に詳しく解説していくね。

戦略1:今までの Web マーケティングの経験を活かしより良い条件でスキルアップ転職する 

結論、Web マーケティング業界内で、同じ職種に転職するという方法である。

このやり方なら今までの Web マーケティング業界での経験を生かした上で今あなたが抱えている辞めたいという悩みを解消できる可能性が高まる

例えば、残業が大杉て辞めたい場合残業時間が少ない企業を選び転職することをという選択肢が満たされる

そして、より良い条件の会社に転職するためには、転職サイト転職エージェントをどちらも利用して情報収集しておく必要がある。

Webマーケティング業界、IT業界のにいる人ご用達の転職サイト、転職エージェント一挙公開 

まずはこれらの転職サイトに登録して無料相談をしてオクト思いもよらない優良求人が紹介されるまたはメールにお知らせが来ること間違いなし。

戦略2:Webマーケティング業界、Webマーケティングの仕事自体を辞めて、別の業界へ転職する

Webマーケティングの仕事をやめて別の業界、別の業務内容に変える転職をすることも一つの方法である。

この方法は、確かに今までのやってきたことが結びつけるのが難しいため、確かに不安を覚える事も多いかもしれない。

しかし、悩んでいても時間を無駄にしてしまうため現状維持よりかはマシであると私は考えている。

別の業界、全く異なる職種へ転職する場合、年齢によって求められる条件が変わってくるため多少注意が必要であると言える。

あなたが20代から転職を考えている場合、選択肢は数多く存在する。

例えば、 Web マーケティング業界から不動産業界に転職し、営業職、コーポレートスタッフ、エンジニアなどの技術職を目指すことも20代ならばオッケーしてくれる可能性が非常に高い。

とりわけ、エンジニアの転職はトレンドであったりもする。

若ければ若いほど、選択肢はたくさんあると言える。

30代からの転職は選択肢が少し狭まる

30代以上になると転職するための条件が多く与えられるという点意味から選択肢が狭まるといえ

つまり未経験歓迎の仕事を探すという戦略魚とる人が一般的に

難しくなると言われている

しかしながら、30代から別の仕事に未経験で転職している方はたくさんいることも近年増加中

 Webマーケティング職からエンジニアや技術職への転職

 Webマーケティングから会計職へ転職など30代ならまだいけると言われている

まずは情報収集から始めて正しい情報を仕入れることが必要となってくる

そこで私なら、今すぐ転職サイトに複数登録して転職エージェントの人と少し相談してみることをするであろう。

賢い読者の皆様にも、是非「たくさんの情報を浴びること」の重要性をここで覚えておいてほしい。

特に、

・全業界解網羅系のdoda

・マイナビエージェント

・リクルートエージェント

・ワークポートなど

を利用している人が「Webマーケティング業界から別の業界へ転職する人」に多いと言われている 。

特にい業種異職種への転職の場合これらの転職サイトは様々な業種職種の求人を募集しているので利用価値が高いと言える

>>まずは無料会員登録、エージェントに気軽に相談(情報収集)してみよう

転職サイトについて。

「全業界網羅系」転職サイトの例

リクナビNEXT

リクルートエージェント

マイナビ転職

JACリクルートメント

ビズリーチ

type転職

転職EX

エン転職

以外ですと。

以下、IT系転職を重視して選出しました。

IT系転職にぴったりの転職サイトまとめ

  • doda(超定番:フランクリン級)

・求人件数10万で幅広く大規模&IT業界多数が魅力

  • マイナビITエージェント(準定番:バフェット級)

  • レバテックキャリア転職(準定番:バフェット級)

・IT系・Web系転職超特化しているのが強み

  • IT求人ナビ転職(準定番:バフェット級)

・IT業界、エンジニアとして働く方を最大限サポート

  • ギークジョブ転職(準定番:バフェット級)

・実務未経験からエンジニア職に転職成功事例多数

  • ゲキサポ転職(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

・キャリアアドバイザーの質がとにかく高いことで有名

  • アクシスコンサルティング(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

・外資系、IT業界を中心にハイクラス転職に強くて人気

  • リクルートのCAREERCARVER(キャリアカーバー)(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

・妥協しないハイクラス専門の転職はコレ


22年6月なぜ20代30代人気【㊙︎5大戦略】未経験在宅OK・Webマーケティング副業・始め方

この記事を読むと分かること Webマーケティング副業、広告運用、ブログ、SEOについての基本戦略が分かる。 Webマーケティング副業の「在宅での始め方、手順」が ...

続きを見る

結論:今すぐ辞めてOK(Webマーケティングを辞めたい人へ)

結論、悩んでいる時間がもったいないので、今すぐWebマーケティングを辞めると良い。

Webマーケターの次に考える転職先(有力キャリアプラン)は3つある

  • 有力キャリアプラン1:営業やコンサル職へ転職

これまで培ってきたWebマーケティングの知識を元手に、クライアントと直接交渉したり、更に上流の仕事に携わりたいと考えるならば、顧客と直接やり取りできるポジションを狙っていこう。

職種で言うなれば、ITコンサルタント、経営コンサルたんとなどが挙げられる。

コンサルタントへの転職は、アクシスコンサルティングなどのコンサルタント転職に強いサービスを活用して、情報収集するところから始めていこう。

  • 有力キャリアプラン2:Webデザイナーへ転職

Webディレクターを最終的に目指すのならなら、そのプロセスとして制作やWeb デザイナーとしての知識は必須。

そのため、WebマーケターからWebデザイナーになる、というのもあり。

特に、Webデザイン関係においては、「マーケティングの視点を持っているあなた」は、デザイナー職でも非常に重宝されるため、他のデザイナーとの差別化にもなる。

一方で、Webエンジニア同様に学習コストは高くなることは把握しておくと良いでしょう。AdobeのPhotoshopやIllustratorの操作を始め、HTML/CSSや、JavaScript、JQueryの知識が求められる。

デザイナー転職は、プロゲートのようなデザインを磨けるサービスが部分的にしかないため、こちらもスクールを活用する方が手っ取り早いのは確かである。

>>アプリ開発からWebデザインまで学べるTECHCAMP(テックキャンプ)。

>>東京限定で有名な、デジタルハリウッドSTUDI byLIG等。

  • 有力キャリアプラン3:Webエンジニアへ転職

Web系エンジニアへのキャリアチェンジ。

マーケティングは商品やサービスの認知を拡げて売上を伸ばすのが役割ですが、そもそも売る商品が自分の好みから大きく外れていると、やる気やモチベも低下するよね。

自分で良いと思えるものを作ることができ、こうした悩みは解消できる。

本気でエンジニアを目指すなら、かつて私も通っていたテックキャンプやTechAcademyや等で学習を初めてみるのも、良いであろう。

これらのことを踏まえて一番大切なことは、より良い未来を掴むことのできる人は、「今の環境を変えるための挑戦」をドンドンしている。

一方で、現状を打開する力のない人は、今の環境に不満を言い続け、行動をしない傾向が高い。

この記事を読んでいる賢い読者の皆さんは、是非とも、今の環境を変えるための挑戦をドンドンしていって欲しいと私は願っている。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

本日の名言:「あなたの直感を信じて、質の高い選択をし、今すぐ行動せよ 。」

・「行動する力がある時、そこにあるものは何か。行動しない時、そこにあるものは何か」

この記事を読んでいるあなたにとって行動するとは、「今の環境を変えるとあなたの悩みが解決される」と同じことを意味する。

今あなたが、「Webマーケティングの仕事を辞めたい」という悩みを解決するために、具体的に転職をするのか それとも部署を異動するのかなど、

「今の仕事を辞めたい原因がどこにあるのか」と「その着地点」を明確にした上で行動することが非常に大切である。

・「良質とは、高みを追求する意志、地道な努力、聡明な方向性と熟練した技術を積み上げた結果。多くの選択肢を賢く選び出すことを意味するものだ」

つまり、あなたの今のWebマーケティングスキルや与えられている環境を客観的に整理した上で、複数のキャリアプランを練り上げることは、「良質な選択」をすることにつながっている。

・「直感は、科学的知識の源」

もし、今あなたがWeb マーケティングの仕事を辞めたほうがいいなあと直感的に感じているのならば、「辞めるのは賢明な判断」であると言える。 

なぜなら、直感は科学的知識に基づいているからである。

(哲学者:アリストテレス) 

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先