Web系/転職スキルを学ぶ 適職診断×人気転職先

2021年6月で最強!【本気で作った3大講座・目的別】テックアカデミーおすすめコース

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

テックアカデミーのおすすめコースを目的別、難易度順などに分類してまとめました。

私はかつて、テックキャンプというプログラミングスクールでAI エンジニアやWeb デザインを学んでいたことから、プログラミングスクールの強み、そしてデメリットに関してもしっかりと熟知しております。

実際、私はプログラミングスクールに通ったことで、独学する際に生じる、「悩む時間、無駄な時間」が大幅に削減することができ、短期間でプログラミングスキルを引き上げることができました。

確かに、未経験者がプログラミングスクールにいきなり通うのはなかなか勇気がいるかもしれません。

第一、周りの友人にプログラミングスクールに通っている人でなかなかいないですよね。

そこで今回は、テックアカデミーのおすすめコースの中で、副業向き、転職向き、難易度順など様々なまとめ方を通じて、あなたによりぴったりなコースが明確になるよう解説しました。

結論(解決法)

→まずは、あなたに合ったコースを「オンラインで無料体験」してから決めよう。

→テックアカデミーの受講中に「やるべきこと」と「目的」を明確にした上で、一番あなたにとってリターンの大きいコースを選ぼう。

→スクールに通うメリットが少なければ「Udemy」をはじめとする、オンライン動画学習サービスでピンポイントでプログラミング学習するのもあり。 

本記事の要点

結論、テックアカデミーおすすめコース(密度の濃い講座)は「フロントエンド」「Webアプリ」「Pro」の3つだけ。

【副業向き】

・副業でWeb制作案件やフリーランスを目指す人→「フロントエンドコース」一択です。※テックアカデミーが最も注力して作った講座。

【転職向き】

・フロントエンド系のエンジニアに転職したい人→「フロントエンドコース」一択です。

・サーバーサイドのエンジニアに転職したい人→「Webアプリケーションコース」※テックアカデミーが2番目に注力して作った講座。

・未経験からの何がなんでも転職を目指す人→「TechAcademy Pro」(Java中心)

※未経験から33歳以上でエンジニア転職する人は代わりに「Javaコース」(転職保証なし)

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

「コース難易度ランキング」:テックアカデミーのおすすめコース

1難易度「高」:Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース

2難易度「中」:フロントエンドコース、TechAcademy Pro、Javaコース

3難易度「低」:Webデザインコース、WordPressコース、はじめてのプログラミングコース、動画編集コース、Webマーケティングコース等【注意:これらは独学可能レベルでした→この領域のみ、Udemyで独学は大いにありです。】

「未経験からの転職」したい人向け優先度順ランキング

1位:テックアカデミープロ(エンジニア転職保証コース)の一択です。

2位:Javaコース※33歳以上でエンジニア転職する人向け

「自社開発のWEB系企業、サーバーサイドエンジニアに転職」したい人向け優先度順ランキング

1位:Webアプリケーションコースが無難です。※テックアカデミーが2番目に注力して作った講座

2位:PHP/Laravelコース

TechAcademyが向いている人の特徴

・通学する時間がもったいないと感じる人

・地方に住んでいるので、そもそも都市部にある教室には通えない人

・短期集中で学習して即戦力になりたい人

・卒業後もカリキュラムテキストを見て勉強を続けたい人

・メンター(現役エンジニア)の質にはこだわりたい人

・オンラインで隙間時間に学習したい人 

テックアカデミー受講中に必ずやるべきこと3つ(私の体験談)

・バグ等を自力で解決する習慣を身につける訓練をする

・メンターに質問を沢山し、最新の技術や仕事に関するリアルな話を聞く

・あなたのポートフォリオを作成する

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】かわちゃん「TECH CHAMPの元受講生」から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・マーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員を観察し得られた本音や知見

2:権威性の高い(副業/プログラミングスクール/オンライン学習にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

ぜひ、『副業マガジン』で、あなたのお悩みをどしどし検索してみてください。

読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

目的別:テックアカデミーおすすめコース5つ

  • 【副業系】

・副業やフリーランスを目指す人→「フロントエンドコース」一択です。※テックアカデミーが最も注力して作った講座。

  • 【転職系】

・エンジニア未経験からの転職を目指す人→「TechAcademy Pro」

・33歳以上でエンジニア転職する人→「Javaコース」

・サーバーサイドのエンジニアに転職したい人→「Webアプリケーションコース」※テックアカデミーが2番目に注力して作った講座。

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

(参考)

  • テックアカデミーのコースを種類別に分けると以下の通りである。

  • プログラミング系:17コース(Webアプリ、スマホアプリ開発からAIまで色々)

  • デザイン系:4コース(Web、動画、UIなど)

  • Webマーケティング系:2コース(Webディレクション、Webマーケなど)

  • Microsoftオフィス系:1コース(エクセル)

  • トレーニング系:4コース(HTML / CSS、BootStrap、GitHub、PhotoShop)

>>今すぐカリキュラムをみる

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

おすすめコース1:副業やフリーランス向き「フロントエンドコース」

1つ目のおすすめコースはフロントエンドコースである。

サーバー側よりも、直感的に分かりやすい領域、Webブラウザ側に近い方のプログラミングを学習していくコース。

フロントエンドコース

  • 【フロントエンドコースの特徴】

・jQueryを使いこなしリッチなWebサービスを開発するコース

・4つのWebサービスを作成し、オリジナルサービスのリリースを目指しす。

・HTMLやJavascriptやCSSを学ぶ

・サーバー側よりもWebブラウザ側に近い方のプログラミング学習

  • 【フロントエンドコースのメリット】

・アニメーション演出など動きのあるプログラミングスキルを学ぶので初心者でも楽しく学べる

・クラウドソーシングサービスを使って在宅で仕事ができる

・TechAcademyは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と提携しており、受講された人向けの仕事をご紹介することが可能

  • 【フロントエンドコースの注意点】

・副業したい人は、診断では「Webデザイン + WordPressセットコース」をすすめられるが、「フロントエンドコース」の方が有益であるという口コミ多数

おすすめコース2:教養向き「はじめてのプログラミングコース」

2つ目のおすすめコースは、はじめてのプログラミングコース。

こちらのコースは、プログラミングの基礎知識をつけたい、プログラミングの知識を今の仕事に役立てたい、という人向けのコースである。

はじめてのプログラミングコース

  • 【はじめてのプログラミングコースの特徴】

・未経験の人がまずはじめにWEBの仕組みを学習し、WEBサイトを立ち上げるまでをサポート

  • 【はじめてのプログラミングコースのメリット】

・開発者とのコミュニケーションが円滑になる

・プログラミング知識が身につく

  • 【はじめてのプログラミングコースの注意点】

・オリジナルアプリの開発までは行わない

  • 副業で稼ぐ為にテックアカデミーで「やるべきこと3つ」

今までの記事を読んで、テックアカデミーを受講して副業で稼ぎたいと考えている人も多いでしょう。

そこで、副業で稼ぐ為にテックアカデミーの「受講中にやるべきことを3つ」私の実体験に基づいて解説。

テックキャンプの元受験生である私が感じたことなので、これらを意識するとプログラミングスクールに通う価値がさらに高まるよ。

  • 受講中にやるべきこと3つ(私の体験談)

・バグ等を自力で解決する習慣を身につける訓練をする

・メンターに質問を沢山し、最新の技術や仕事に関するリアルな話を聞く

・あなたのポートフォリオを作成する

受講中にやるべきことで最も大切なのはこの3つである。

そしてプログラミングスクールに通うことで引き上げる力は以下の通りである。

  • 引き上がる力

・自力でバグを解決する力(ググる力)

・質問を沢山することで得られる知識(最新情報収集力)

・あなたのオリジナル作品を作ること(企画制作力)

>>今すぐカリキュラムを見る

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

かわちゃん(週刊転職・編集長)

私はかつてテックキャンプで、AI エンジニアになるための技術を学んでいた。

バクを自力で解決する力、そしてメンターにたくさん質問をすることで、最新の技術を知るきっかけを作ったり、 AI の技術を用いた自動翻訳サイトなどを作ることができた。

実際、これらを売りにし就活でもかなり優位に働いた。

受講中にやるべきこと3つ(私の体験談)

・バグ等を自力で解決する習慣を身につける訓練をする

・メンターに質問を沢山し、最新の技術や仕事に関するリアルな話を聞く

・あなたのポートフォリオを作成する

上記のやるべきこと(テックアカデミーを退会するまでにやるべきこと、スキル)3つを体得できるのなら、

プログラミングスクールに通うメリットは、非常に大きいと言えるのではないだろうか。

おすすめコース3:未経験からの転職を目指す「TechAcademy Pro」

3つ目のおすすめコースは TechAcademy Pro 転職保証コース。

TechAcademy Pro転職保証コースはテックアカデミーのコースの中で唯一返金保証がついている。

TechAcademy Pro転職保証コース

  • 【TechAcademy Proの特徴】

・未経験から12週間で東京のIT企業へ転職するコース

・学ぶ言語はJava

・32歳以下は転職保証が受けられ、転職できなかった場合は返金される(返金保証)

  • 【TechAcademy Proのメリット】

・返金保証があるので安心して受講、転職活動ができる

・転職需要の高いJavaを学ぶのでその後のキャリアプランが広く描ける

  • 【TechAcademy Proの注意点】

・転職保証を受けるためには条件がある

・カリキュラムの中にオリジナルサービス開発が含まれていない

>>テックアカデミーの転職保証制度についてさらに詳しく

おすすめコース4:Webエンジニアスキルを身につけるなら「Webアプリケーションコース」

4つ目のおすすめコースはWebアプリケーションコース。

WebアプリケーションコースはRubyという言語をメインで学びながらWebエンジニアとして活躍を目指すコースである。

  • 【Webアプリケーションコースの特徴】

・Rubyというプログラミング言語とRailsというツール(普通はフレームワークと呼ぶ)を使ってWEBサイトを構築できるようになるコース

・期間内で3つのアプリケーションのリリースを目指す

・Webエンジニアとして活躍を目指すコース

・カリキュラムの中にオリジナルサービス開発が含まれている

  • 【Webアプリケーションコースのメリット】

・プログラミング初心者でも学びやすい言語「Ruby」を学んでwebエンジニアを目指せる

・実際の現場でよく利用されるGit/GitHubについても、学ぶことができる

・カリキュラムで作成したオリジナルサービスをポートフォリオとして転職活動に活かせる

  • 【Webアプリケーションコースの注意点】

・転職保証はない

>>今すぐカリキュラムを見る

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

おすすめコース5:33歳以上でエンジニア転職するなら「Javaコース」

5つ目のおすすめコースはJavaコース。

Javaをメインに学ぶ点は転職保証コースに似ているが、こちらは返金保証がない分、受講料が安くなっている。

  • 【Javaコースの特徴】

・Javaを学び、実際にwebアプリケーションを作成

・33歳以上の未経験からの転職におすすめされるコース

転職保証は32歳以下である点に注意。

  • 【Javaコースのメリット】

・求人需要が高く、転職が決まりやすい

・おなじJavaをメインに学ぶ転職保証コースにくらべ15万程安い

  • 【Javaコースの注意点】

・SES企業の求人が多く、ブラック企業の比率も高まるため見極めやキャリアプラン戦略をねることが大切

・転職保証はついていないのでテックアカデミーキャリアというサポートを受けるのがおすすめ

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

テックアカデミーおすすめコースの「判断基準4つ」を解説

判断基準1:難易度順

判断基準2:苦手意識あり、未経験向き順

判断基準3:自社開発のWeb系への転職向き

判断基準4:何が何でも転職したい人向き

に分類してさらに解説していくよ。

「難易度ランキング順」:テックアカデミーのおすすめコース

難易度順にテックアカデミーのコースを解説したよ。

1難易度「高」:Webアプリケーションコース

難易度が一番高いが、エンジニアとして確実なスキルが身につくのがWebアプリケーションコース。

Ruby/Ruby on Railsを中心にWebアプリケーションを作成するスキルを身につけることができるよ。

このコースを受講後あなたがRubyが扱えるようになると下記のようなサービスを作ることが可能に。

・Twitterクローン

・メッセージボード

・オリジナルサービスの作成等

また、ランサーズなどのサービスでいうと下記のような案件を受注できるようになる。

案件名        【Ruby on Rails】モバイルオーダーアプリのWEB開発

受注単価        500,000円~1,000,000円

案件内容        弊社は現在モバイルオーダーアプリのサービス拡大中。そこで機能拡充にあたり、WEBシステム側の開発をご担当いただけるバックエンドエンジニアを募集しております。

言語等の環境面は下記の通り。

使用言語:Ruby(Ruby on Rails)

バージョン管理:GitHub

インフラ:AWS

参考:クラウドソーシング「ランサーズ」

少し難易度高めの案件だが、もう少し単価低めの案件をこなせば十分案件を受注できるようになるよ。

これくらいの案件を受注できるようになれば、副業でなく本業にすることも可能なので人生の選択肢はかなり拡がってくるね。

>>Webアプリケーションコースについてさらに詳しく

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

2難易度「中」:フロントエンドコース、Webデザインコース

続いて2つ目のおすすめコースはWebデザインコース。

Webデザインというとデザイナーの仕事というイメージだが、Webサイトを作る上でデザインスキルはかなり重要。

オリジナルのサイトを作るためのスキルとして下記のようなスキルの習得ができる。

Webデザインの原則や考え方

サイトのレイアウトを整理するワイヤーフレーム

Adobe photoshoを使った画像加工

HTML5/CSS3

JavaScript/jQuery

デザインだけでなくWebサイトを作る上で必要なコーディングスキルを身につけることが可能。

Webサイト制作を仕事にしたい方は、Webデザインコースがおすすめ。

>>Webデザインコースについてさらに詳しく

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

3難易度「低」:WordPressコース、はじめてのプログラミングコース、動画編集コース等

一番難易度が低いのは「WordPressコース」などである。

「はじめてのプログラミングコース」、「動画編集コース」「Webマーケティングコース」等もその類である。

結論、正直なところこれらのコースは独学も可能。

>>独学ならUdemyの動画学習もあり

>>期間限定セール1500円以下のプログラミング関連動画に注目!Udemyについてさらに詳しく

プログラミングに対する苦手意識やパソコンへのアレルギーを感じている人へ、

確かなスキルを身につけたいのであればテックアカデミーを活用すると良いでしょう。

WordPressでサイト制作・カスタマイズするための下記のようなスキルを身につけることができるよ。

・WordPressの基礎

・HTML5/CSS3

・PHP

WordPressに関しても、ランサーズをチェックしていると非常に多くの案件が出てくる。

私も結構チェックしてるが、毎日5件ずつくらいは新しい依頼が登録されている感じ。

簡単なWordPressサイトの作成だけだと5万円程度と単価は低めだが、WordPressエンジニアになれば年収600万円も可能。

実際私の友人もワードプレスのエンジニアでスキルが低い割に500万以上を副業で稼いでいる人もいるよ。

結論、プログラミングは少しハードル高いと感じている方はWordPressから始めるのもあり。

>>WordPressコースについてさらに詳しく

なお、WordPressとWebデザインコースをセットで学ぶことも可能。

WordPressコースとWebデザインコースは12週間受講すると248,000円、セットなら348,000円なのでプラス10万で両方のスキルが学べると考えるとコスパも良いね。

>>Webデザイン+WordPressセットについてさらに詳しく

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

※先割を使うと最大6万円OFFになるので早めの申し込みがお得。

>>「動画編集スクール」についてさらに詳しく

>>「Webマーケティングスクール」についてさらに詳しく


21年9月【濃密で最強!】デジプロ評判・口コミ9つ転職,通学

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

続きを見る


21年9月マケキャン転職保証は最強だった!【評判7つ・口コミ】DMM

この記事を読むと分かること マケキャンの評判、強みが分かる。 マケキャンの転職保証、転職先、注意点が分かる。 広告運用アカウントプランナー職、広告企画営業職への ...

続きを見る

>>テックアカデミーのwebマーケティングコースについてさらに詳しく

「苦手意識あり・未経験者向きの順」テックアカデミー5大おすすめコース

フロントエンドコース、Webデザインコース、WordPressコース、動画編集コース、Webマーケティングコースの5つである。

未経験者タイプ1:プログラミングにやパソコンに「苦手意識」を感じている人→WordPressコース、動画編集コース、Webマーケティングコース

未経験者タイプ2:「情報発信系」ブログやYouTube関連で副業を始めてみたい人→WordPressコース、動画編集コース

未経験者タイプ3:「プログラミング」で副業を始めてみたい人→フロントエンドコース、Webデザインコース

未経験者タイプ4:「広告運用代行」の副業を始めてみたい人→Webマーケティングコース

副業でプログラミングを始めてみたいなあと考えている人は、フロントエンドコース、Webデザインコース中心に学びたいプログラミング言語を考えよう。

なぜこの5つのコースが「プログラミング未経験者・苦手意識のある超初心者」におすすめなのか?

  • おすすめ理由と判断基準 

・コードがシンプルで簡単

・直感的にわかりやすいプログラミング言語 

・未経験者でも3ヵ月で習得できる

・クリエイターニーズが高い

・最初に学ぶのに適切な基本的な言語

・動画編集や広告運用代行ならコーディングは不要 

もちろん、あなたが「ゲームが作りたい」という希望があるならUnityコースを選んだ方が良い。

「Apple系アプリが作りたい」というのであれば、Swiftコースを選ぶと良い。

全然興味がないのに、上に紹介したコースを選ぶのはあまり賢明ではないかも。

しかし、「何から始めていいかわからない」という人も多いでしょうし、やる気だけはあるけれど、実際に難しすぎて挫折してしまったらもったいないので、習得しやすいもからまず覚える、というのが良いと言えそう。

そこで今回はプログラミング初心者にぴったりの「Webデザインコース」と「フロントエンドコース」に関して詳しい解説をつけてみたよ。 

  • 「Webデザインコース」に関する考察

コードがシンプルで簡単「HTMLとCSS」は、プログラミングの基本が学べるよ。

Web系言語のPHPやRubyを選んでも、何かとセットで習得する必要があるもがほとんど。

という感じなので「初心者向け」ではあるが、とても奥が深く、HTMLとCSSだけでも見た目が最高にカッコいいWebサイトも作れるよ。

CSS3の登場で、雑誌のようなレイアウトやデザインも可能。

HTMLとCSSを極めて、Webデザイナーとして表現力の幅を広げるだけでも、けっこう稼げるデザイナーになれる。

JavaScript、RubyはHTMLやCSSよりも難易度は高くなるが、コードがシンプルで直感的なので他のプログラミング言語よりも習得しやすいと言われている。

3ヵ月で習得できるTechAcademyは、学習期間は自分で選ぶことができる。

当然だが、3カ月コースよりも1ヵ月コースの方が受講料は安い。

しかし、初心者は1ヵ月、2ヵ月では到底短くてカリキュラムを完走できない可能性がある点に注意したい。

3ヵ月あれば、しっかり卒業制作まで終わらせることができるでしょう。

4か月コースは、仕事が多忙でなかなか時間が取れない、という人でないかぎり、長くて途中でサボってしまう可能性もあるので、3カ月間集中で学ぶのが初心者には良いかも。

3セットコースなら6ヵ月かけて、各コース2ヵ月ずつ進めていく感覚でOK。

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

  • 「フロントエンドコース」に関する考察 

ニーズが高いフロントエンドができるようになると、Webサイトが作れるのはもちろん、カスタマイズの依頼も受けることができるようになる。

Webサイトは個人ブロガーやアフィリエイターから、大手企業まで多くの人が運用しているので、ニーズがなくなる、ということはほぼない。

Webサイトを丸ごと作る、という受注ができなかったとしても、サイトのカスタマイズはできるでしょうし、少しずつ実績や経験を積んで行って、最終的にWebサイト受注ができるようになっていきているよ。

難易度の高いJavaやC言語は、初心者が最初に飛びつくと挫折してしまう確率は高いと私は感じている。

もともと理系で、「計算のない数学的思考」が得意なら別。

やはりプログラミングとは、計算のない数学的思考が求められる仕事と言える。

暗記科目が大得意な文系には強みを発揮する箇所はやや少ないと言えるかもしれない。

もし、将来ゲームを作りたいとか、Alや機械学習を学んでデータサイエンティストになりたい、という場合でも、プログラミングの考え方は共通だったりする。

そのため、簡単なプログラミング言語から覚えて基礎固めをし、他の言語にステップアップして行くのも賢明だと言える。

一方で、「プログラミングなし」=動画編集、Webマーケティング、広告運用、副業ブログというくくりで覚えておこう。

以下、「プログラミングなし」=動画編集、Webマーケティング、広告運用、副業ブログについての関連記事

>>テックアカデミーの「動画編集コース」について他社との比較を交えてこちらで詳しく解説しているよ

>>動画編集独学方法についてさらに詳しく

>>Webマーケティング独学方法についてさらに詳しく 

>>テックアカデミーの 「Web マーケティングコース」について他社との比較を交えてこちらで詳しく解説しているよ 

>>一番簡単なWordPress副業ブログの始め方についてさらに詳しく 

「自社開発のWEB系企業に転職」したい人向けの順:テックアカデミーのおすすめコース3つ

「自社開発のWEB系企業に転職」したい人向けTOP3

1位:Webアプリケーションコース

2位:フロントエンドコース

3位:PHP/Laravelコース

ではそれぞれについて解説していくね。

1位:Webアプリケーションコース(テックアカデミー)

テックアカデミーのおすすめコース「自社開発できるWEB系企業に行きたい方向け」第1位はWebアプリケーションコース。

  • Webアプリケーションコース・おすすめの理由

・最近のWeb系企業はRubyを用いているところが多い

・人気も需要も高い

・やや難易度が高いためライバルがフロントエンドよりも少なくなる点

実は、Rubyは日本人によって開発された言語であり、非常にスピーディにWebサービスを開発できる。

もし、あなたがWEB系自社開発企業に行きたいのなら、当然WEB系自社開発企業が好んで使っている言語をマスターすると良い。

WEB系自社開発企業にいきたいあなたに、おすすめコース1位はWebアプリケーションコース。

>>テックアカデミーのWebアプリケーションコースの評判についてさらに詳しく【テックキャンプの元受講生的にかなり良い】

2位:フロントエンドコース(テックアカデミー)

テックアカデミーのおすすめコース「自社開発できるWEB系企業に行きたい人向け」第2位はフロントエンドコース 。

  • フロントエンドコース・おすすめの理由

・直感的にわかりやすいプログラミング言語

・スキルを身につければ柔軟に働ける

・フロントエンドコースで学ぶJavaScriptを使う企業はWeb系が多い

フロントエンドコースでは主にJavaScriptを学習するよ。

このJavaScriptを使っている企業は非常にWeb系企業が多い。

もしあなたがWEB系自社開発企業に行きたいのなら、JavaScriptを使う企業を目指そう。

WEB系自社開発企業にいきたい人向けのテックアカデミーのおすすめコース第2位はフロントエンドコース。

>>テックアカデミーのフロントエンドコースは初心者にオススメできる?【テックキャンプの元受講生が解説】

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

3位:PHP/Laravelコース(テックアカデミー)

テックアカデミーのおすすめコース「自社開発できるWEB系企業に行きたい人向け」第3位はオンラインブートキャンプ PHP/Laravelコース。

  • PHP/Laravelコース・おすすめの理由

・プログラミング学習難易度が低い 

・PHPはWeb系企業の基礎で人気も高い

・リモートワーク案件も多い

PHP/Laravelコースでは名前の通りPHPを学習するよ。

PHPはWebの基本言語とも言えるほど知名度・人気ともに高い。

もちろんPHPをメインに使っているWeb系自社開発企業も多い。

また、あまり難易度が高くないのも初心者に人気の理由。

それに加えて案件の数が多いく、リモートワークの案件も多いのがPHPの特徴である。

「PHPは無難なプログラミング言語」という言葉が良くも悪くも似合うかも。

WEB系自社開発企業にいきたい人向けのテックアカデミーのおすすめコース3位は、PHP/Laravelコース。

>>テックアカデミーのPHP/Laravelコースの詳細についてさらに詳しく。

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

「自社開発のWEB系企業に転職を成功させたい人向け」テックアカデミーのおすすめコース3選まとめ

1位:Webアプリケーションコース

2位:フロントエンドコース

3位:PHP/Laravelコース

こちらではWEBエンジニアになりたい方向けに僕が実際に通ったスクールと比較ているよ。

>>テックアカデミーとテックキャンプの比較についてさらに詳しく

>>プログラミングスクールおすすめ【WEBエンジニアになりたい人向け】

未経験から何がなんでも「ITエンジニアに確実に転職」したい人向けの順:テックアカデミーのおすすめコース5選

結論、確実な転職を目指す場合、上から順に有益なテックアカデミーの講座であると考察できる。

「未経験からの転職」優先度順ランキング

1位:テックアカデミープロ(エンジニア転職保証コース)

2位:Javaコース

3位:PHP/Laravelコース

4位:Webアプリケーションコース

5位:フロントエンドコース

ちなみに確実に転職できるということはSES企業に行く可能性も高くなる。

自社開発のWEB系企業に行きたい方は以下の優先度参考にしてみてね。

  • (参考):「自社開発のWEB系企業に転職を成功させたい人向け」テックアカデミーのおすすめコース3選(優先度順まとめ)

1位:Webアプリケーションコース

2位:フロントエンドコース

3位:PHP/Laravelコース

この章(転職向け5選)ではとにかく、「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコースを5つ解説していくね。

ここでの判断基準は

・エンジニアとして、より確実に転職できる講座内容かどうか。

1位:テックアカデミープロ(テックアカデミーのエンジニア転職保証コース)

  • テックアカデミーの手厚い転職保証が魅力

転職保証は32歳以下である点に注意。

「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコース、第1位は転職できなければ全額返金の「テックアカデミープロ(エンジニア転職保証コース)」 。

エンジニア転職保証コースの1番のメリットは確実にエンジニアになれることである。

もしあなたが確実にエンジニアに転職したいならまずはこのコースが最適。

プログラミング未経験の私の友人も、このコースに通い、短期間でプログラミングスキルを身につけ、広告代理店の営業職からITエンジニアに転職した事例がある。

>>テックアカデミープロ(旧エンジニア転職保証コース)についてさらに詳しく

2位:Javaコース(テックアカデミー)

「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコース、第2位がJavaコース。

Javaコースは学習内容はエンジニア転職コースで学ぶ内容と同じ。

ただしエンジニア転職保証が付いていない点には注意が必要。

しかし、Javaと言う言語は非常にニーズの高い言語で、求人数も圧倒的に多いという特徴をもつ。

実は、1〜5位までのランキングは言語別求人数のランキング順になっているよ。

そのためJavaの基本的なスキルを身につければ転職に困ることはない。

>>テックアカデミーのJavaコースについてさらに詳しく。

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

3位:PHP/Laravelコース(テックアカデミー)

「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコース、第3位はPHP/Laravelコース 。

PHPは言語別求人ランキングで第2位に入る人気言語。

習得すれば「Javaの次にエンジニアに転職しやすい」と言われている。

>>テックアカデミーのPHP/Laravelコースの詳細についてさらに詳しく

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

4位:Webアプリケーションコース(テックアカデミー)

「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコース、第4位はWebアプリケーションコース。

Webアプリケーションコースで学ぶRubyは、言語別求人ランキングで第3位に入る人気言語。

最近のWEB系の自社開発企業を目指す人の多くが勉強している。

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

5位:フロントエンドコース(テックアカデミー)

「未経験からITエンジニアに転職したい人向け」のテックアカデミーのおすすめのコース、第5位はフロントエンドコース。

Webデザインやクリエイター視点で進められる人におすすめ。

コースの内容については、以下のフロントエンドコースのレビュー記事で解説しているよ。

>>テックアカデミーのフロントエンドコースは初心者向けか?【テックキャンプの元受講生が辛口レビュー】

結論:テックアカデミーおすすめコースの中からまずは「オンラインで無料体験」してみよう

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

今回の記事のポイントをもう一度まとめておくね。

目的別:テックアカデミーおすすめコース5つ

【副業系】

・副業やフリーランスを目指す人→「フロントエンドコース」

・教養としてプログラミング知識を知りたい人→「はじめてのプログラミングコース」

【転職系】

・エンジニア未経験からの転職を目指す人→「TechAcademy Pro」

・33歳以上でエンジニア転職する人→「Javaコース」

・一通りのエンジニアスキルを身につけたい人→「Webアプリケーションコース」

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

「コース難易度ランキング」:テックアカデミーのおすすめコース

1難易度「高」:Webアプリケーションコース

2難易度「中」:フロントエンドコース、Webデザインコース、TechAcademy Pro、Javaコース

3難易度「低」:WordPressコース、はじめてのプログラミングコース、動画編集コース、Webマーケティングコース等

「未経験からの転職」したい人向け優先度順ランキング

1位:テックアカデミープロ(エンジニア転職保証コース)

2位:Javaコース

3位:PHP/Laravelコース

4位:Webアプリケーションコース

5位:フロントエンドコース

「自社開発のWEB系企業に転職」したい人向け優先度順ランキング

1位:Webアプリケーションコース

2位:フロントエンドコース

3位:PHP/Laravelコース

 TechAcademyが向いている人の特徴

・通学する時間がもったいないと感じる人

・地方に住んでいるので、そもそも都市部にある教室には通えない人

・短期集中で学習して即戦力になりたい人

・卒業後もカリキュラムテキストを見て勉強を続けたい人

・メンター(現役エンジニア)の質にはこだわりたい人

・オンラインで隙間時間に学習したい人 

受講中に必ずやるべきこと3つ(私の体験談)

・バグ等を自力で解決する習慣を身につける訓練をする

・メンターに質問を沢山し、最新の技術や仕事に関するリアルな話を聞く

・あなたのポートフォリオを作成する

>>今なら1週間無料体験

>>今すぐカリキュラムを見る

>>【オンライン無料体験はこちら】テックアカデミーについてさらに詳しく

次回もよろしくね。かわちゃんより

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-Web系/転職スキルを学ぶ, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!