20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

22年9月なぜ大手無理?【質問25】第二新卒の転職やめとけ、甘いは本当か?

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を読むあなたへ

  • 第二新卒の転職は、なぜ「やめとけ」と言われるのか知りたい人

  • 今の職場を早く変えたい、と考えている20代の人

  • 第二新卒の転職で成功しやすい人の特徴、面接のコツを知りたい人

かわちゃん(週刊転職・編集長)

なぜ、第二新卒は「やめとけ」と言われるのか?

結論

→最大の理由は、スキルや経験が足りない上に、またすぐにやめてしまうのではないかと思われる可能性があるため。

しかし、今の職場に不満を感じているのならさっさと環境を変えるのは大いにあり。

本記事の信頼性

日系ベンチャー、外資系企業、Webマーケティング会社、アパレル店員、全てを経験したWeb業界歴4年の私(『週刊転職』編集長:かわちゃん)の実体験と分析に基づき、

職場の人間関係や新たな転職先探しに悩むあなたのお役に立てたらと思い、気持ちを込めて書きました。 

第二新卒「やめとけ」は本当か?について特別解説。

ぜひ、お楽しみください。

参考:リクナビ、Webマーケティング、デジタルマーケティングの求人

indeed、未経験Webマーケティングの求人

矢野経済研究所、インターネット広告市場に関する調査

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

重要度が高まるアフターコロナのデジタルマーケティング

<働き方の実態調査>Web業界のテレワーク実施率は70%以上

厚生労働省、IT業界の働き方休み方の推進

【25の質問で解決!】第二新卒の転職「やめとけ」は本当か?大手無理?

第二新卒とは?定義

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→一般的に、「新卒で入社して3年未満」で転職を行う人材のこと。

第二新卒(だいにしんそつ)とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。

(Wikipediaより)

なぜ、第二新卒は「やめとけ」と言われるのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→最大の理由は、スキルや経験が足りない上に、またすぐにやめてしまうのではないかと思われる可能性があるため。

しかし、今の職場に不満を感じているのならさっさと環境を変えるのは大いにあり。

若いうちに離職経験があるマイナスイメージを持たれ、選考に通りにくいのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→全員に当てはまることはない。

※自分の人生戦略を見つめ直すことで、ポジティブな評価を得られるよう、質の高い選択をしていくことが大切。

確かに、何の目的もなくただきついから辞めるとなると、社会不適合者とみなされてしまう可能性もある。

しかし、第二新卒での転職を通じて、より良いキャリアプランを練ることはとても大切であり、あなたがビジネスマンとして力を発揮することに必ず繋がる。

>>【22年9月・社会不適合者に人気の転職先TOP3】社会不適合者・向いてる仕事・独自調査

自分に合った良い企業に入れない可能性があるのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→自己分析や面接対策をおろそかにすると、その可能性はある。

短期間で効率よく第二新卒での転職を考えているのなら、リクルートエージェントをはじめとする、面接対策のサポートを受けながらやるのも大いにあり。

業界トップレベルの非公開求人の中から、あなたにぴったりな選択書をいくつか提示してくれるリクルートエージェントを活用することで自分に合った良い企業に入れる可能性が高まるよ。

第二新卒でもプラスイメージを持たれやすい伝え方はあるのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ある。 ポジティブな言語化をすることが大切。

確かに、第二新卒の面接で「やりたいことができなかった」と答える人は多い。

また、どのような職場であっても、起こり得そうな人間関係の悩み、 残業に関する悩みを取り上げてしまっては元も子もない。

そこで大切なのは、やりたいことができなかったと伝えるのではなく、私の人生設計キャリアプランをこのように考えているため、 是非ともこの部署で力を発揮したいと考えていますと伝えるのがベター。

同僚や上司との人間関係に疲れてしまって転職したいのですが、ありですか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→大いにあり。生きづらさを感じたら、環境変えることがとっても大切。

繊細な友人(体験談担当)

私は、 集団でのコミュニケーションが多い営業職に新卒で配属されたため、毎日気疲れしてしまい長く続かなかったよ。

そんな気疲れしやすい繊細な人にとって、おすすめの業界は Web 業界、IT業界が向いているかも。

>>【22年9月HSPの適職24選・おすすめの転職先TOP3】HSP繊細な人に向いてる仕事

第二新卒は、売り手市場でなのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→はい。売り手市場。転職するなら、今がチャンス!

リクルートワークス研究所の調査によると、2019年卒の求人倍率は「1.88倍」。一般的に売り手市場、言われるのは1.6倍以上であり、たしかに売り手市場ではある。

第二新卒で、転職するなら今。

なぜ、企業は第二新卒のあなたを採用するのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→第二新卒での採用なら研修にかかる時間と採用コストが大幅に削減できるため。

また、新卒採用のように4月入社に合わせ人材を募集する必要はなく、不足しているポジションを必要な時にいつでも募集できるため融通が利く採用形式は企業にとってかなりのメリットである。 

第二新卒、あなたにとってメリットは大きいのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→あなたにとって、第二新卒のメリットは大きいよ。

・あなたによりぴったりの業界会社に若いうちに移れるという意味ではメリットが大きい。

・スキルよりもポテンシャルカルチャーフィットが重視されることもある。

また、最初の就活で失敗してしまっても再チャレンジできる「既卒・第二新卒採用」は、もちろんメリットとなる。

売り手市場であっても、それを前提に安易に就職活動をしてみたり、退職したりしてしまうのは注意する必要。

第二新卒、企業にとってメリットはあるのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→企業にとってもメリットはある。

・前職の影響が少なく自社の文化にも馴染みやすい。

・求職者は基礎的なビジネススキルを備えている。

・新卒採用の激化による人材不足を解消できる。

・第二新卒なら早期に現場で即戦力として起用できる。 

くちこ美(口コミ体験談担当)

また、ビジネスマナーや教育へのコストも少ないという面から、第二新卒の採用制度は企業にとってもメリットだよ。

>>20代の求人が業界トップレベルのリクルートエージェントが最強。

たった30秒で完了!人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルートエージェントに無料登録する!

※非公開求人数がトップレベルのリクルートエージェント。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

第二新卒、あなたにとってデメリットは何なのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ 早くに離職を経験しているため、「またすぐに転職してしまう可能性があるかも」と見られることがある。

ネガティブな離職理由を伝えるのではなく、あなたの将来のビジョンと照らし合わせた上で次の転職先で力を発揮していくことを、前職での学びをもとにポジティブに伝えていこう。

第二新卒、企業にとってデメリットはあるのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ 企業にとってデメリットは少しある。

・第二新卒の人材は知識やスキル経験が浅い。

・第二新卒の人材は、やたら前職と比較しがち。

確かに、企業にとってもデメリットはありそうだが、それ以上に、採用コスト削減、効率化の面から、第二新卒で採用するメリットは企業にとって大きいと言われている。

第二新卒で、自分にぴったりの会社に就職することは可能なのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→可能。しかし、自分にぴったりを求めすぎ、ミスマッチを過剰に恐れるのは逆効果といえる。

そもそも自分の会社にまったく不満がないというサラリーマンはごくわずかである。

仕事経験が少ないのに、自分に完全にハマる企業を選ぶよりも、自分がその会社に合わせていくスタイルが現実的かも。

第二新卒で、新規事業をやりたいという志望動機ってありなの?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→志望動機としては弱い。

チャレンジできそう新しい事業開発経験を積みたいと言った志望動機では、その職場で新規事業のプランあなたの企画が通らなかった場合使えないかもしれないという評価につながりかねない。

解決策として、一度 新規事業携わった経験を積み、何か結果を残してから中途採用新規事業責任者に応募することで、あなたのやりたいことの再現性が高まるとの見方ができる。

第二新卒で転職失敗してしまう人のパターンはどんなの?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ 明確な転職理由や志望動機持っていないと失敗する可能性があるため注意が必要。 

・退職理由に会社や職場を変えてもまた同じような状況になりそうな理由を挙げている。

・今後の明確なキャリアビジョン人生設計プランがない。

・大企業しか眼中にない。

・年収ばかりにとらわれがち。

・退職をした後に転職活動を始めようとする。

くちこ美(口コミ体験談担当)

↑こんなパターンが多かったよ。

第二新卒で転職者の多いタイミングはいつなの?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→春「4月」と秋「10月」に転職者が多い。

10月には異動や転勤など欠員補充のために第二新卒の募集が急増する傾向があり,

需要とともに供給も増加し転職しようが盛んになる時期であることをここで押さえておこう。

第二新卒で経験者でないと転職が難しい業界はどこ?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ 一般的に以下の業界は、転職の難易度が高いと言われているよ。

1:金融・コンサルティング業界(銀行、証券会社、保険会社など)

2:医療業界(医師、看護師、薬剤師)

3:観光業界(ツアーコンダクター、キャビンアテンダント)

4:教育業界(教師、キャリアコンサルタント)

5:美容業界(ネイリスト、化粧品メーカー)

くちこ美(口コミ体験談担当)

確かに、↑どれもスキルが必要そうだね。

未経験からでも転職しやすいおすすめの業界はどこ?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ Web業界、特に Web マーケティング関連職、 広告業職が近年人気。

また、 Web マーケティングスクールで広告運用スキルを学んだ後、そのまま転職するのも大いにあり。

>>【厳選3社比較・未経験OK】広告運用スクール・おすすめについてさらに詳しく 

>>【デジプロの評判と口コミ7つ・超実践的】デジプロについてさらに詳しく

第二新卒と「新卒採用」の違いは何か?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→第二新卒は採用コストが低く、職種別採用が多く、短期間で即戦力にもなり得る。

一方で、新卒採用は仕事の進め方、研修やビジネスの基礎を教育するコストもかかるためコストがかかる採用方法である。

また新卒採用は総合職採用が多いためどこに配属されるか4月までわからないパターンが多い。

第二新卒と「中途採用」の違いは何か?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→スキルよりもポテンシャル面で採用されるのが第二新卒採用。

求職者と会社の方向性が一致していれば第二新卒の人生は高いスキルを持っていなくても採用される場合がある。

また、中途採用の場合前職のやり方や文化に染まっている人も多いため新しい転職先で順応するのに時間がかかるという側面もある。

第二新卒で転職する人は多いのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→近年転職ブームの波から、第二新卒で転職する人はかなり多い。

1987年以降、30年間、新卒の約3割が3年以内に辞めている、その状況はほとんど変化していない。

参考:厚生労働省新規学卒者の離職状況 

3人に1人は第二新卒であるため第二新卒も一つのキャリアプランとして注目されているよ。 

>>Web業界にスピード転職するなら、リクルートエージェントが最強

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

くちこ美(口コミ体験談担当)

特に柔軟な働き方やリモートワークのできる、Web業界に転職する人が年々増加中。

第二新卒の面接で「転職先で働きたい理由」をどうやって伝えたらいいの?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→企業側にとって「あなたを採用するメリット」を具体的に示す必要がある。

実際、第二新卒の面接では、あなたがこの会社で長く働いてくれるかどうかを見ていることが多い。

そのため、前職での経験を見つめ直した上で、あなたを採用するメリットをわかりやすく伝えてあげる必要があるよ。

第二新卒で自分に合った会社がなかなか見つからないって本当?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→前職の経験をもとに自己分析、改善点を明確にしていけばきっと見つかるよ。

自分に合った会社のイメージが湧かない時は、求人数が一番多いリクルートエージェントに登録してサポートを受けると効率が良いよ。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

第二新卒は、新卒の時より簡単なの?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

→ 選考の回数が少ないという意味では、実は簡単かも。

新卒採用の場合

・会社説明会

・インターン

・一次面接

・二次面接

・三次面接

・最終面接

このように長い選考スケジュールを通じて合否が決定する。

しかし、第二新卒の転職活動なら一般的に

・一次面接 

・最終面接

の2ステップで内定が出るパターンも多いと言われている。

そんな、第二新卒の求人が多いリクルートエージェントのサポートを受けながら転職をすると効率が良いよ。

>>20代の求人が業界トップレベルのリクルートエージェントが最強。

たった30秒で完了!人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルートエージェントに無料登録する!

※非公開求人数がトップレベルのリクルートエージェント。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【転職理由TOP4】第二新卒、アンケート調査より。大手無理

くちこ美(口コミ体験談担当)

2020年に学情が行ったアンケートを参考に、第二新卒の転職理由で特に多かった四つを解説していくね!

  • 第二新卒、転職理由TOP4

1:やりがいのある仕事がしたい。29.7%

2:残業を減らし休日を確保したい。26.5% 

3:年収をアップさせたい。26%

4:もっと実力が評価される環境で働きたい。20.7%

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒で転職理由を企業側に伝えるときは、

あなたの具体的に伝え、転職先で採用するメリットを提示することがとっても大切だね!

>>リクルートエージェントの【良い評判8つ】なぜ最強?

>>リクルートが運営/就職shop【正社員への就職で最強!良い評判15】hsp・ニート

>>リクルートダイレクトスカウト【良い評判12㊙︎盲点】ハイクラス向け

第二新卒の転職理由で NGな例4つ 

NG例1:成果が出なくて今の仕事が辛いため

繊細な友人(体験談担当)

自分に合ってない営業職に回されて、私は力が発揮できず、辛い思いをしたなあ。

確かに、あなたは力を発揮できないのは会社の環境や無理やり配属された職種などが原因かもしれない。

しかし、転職先の会社に行くことでそれは解決できるような問題ではなくやる気がない人なのか、社会の常識を知らない人なのか、と評価されてしまうかも。

成果が出ないなら職場の環境、職種を変えていこう!

NG例2:やりたい仕事ではなかったため

繊細な友人(体験談担当)

私にとってやりたくない仕事、特に雑用がいっぱい振られるのは嫌だったなぁ。

確かに、新卒の業務は雑用が多いかもしれない。

しかし、自分のやる気をアピールして上司に交渉することで、自分がやりたい仕事、ポジションに就かせてくれる可能性は高まるよ。

このように、改善の努力をしたというアピールは転職の面接でも有効である。

NG例3:配属先に不満があったため

くちこ美(口コミ体験談担当)

私は希望の部署に異動するための努力をしたけど、そこには入れなかったのが原因で転職を検討しました。

確かに、自分の希望の部署に入れないのはモチベーションが下がるもとだよね。

また、希望の部署に配属されなかったから転職したいという旨は面接では話さない方が良い。

しかし、希望の部署に異動するために、最善の努力を尽くしたと言うことなら環境を変えるために第二新卒で転職するのは大いにありだね。

NG例4:新卒で第一志望に入れず未練があるため 

くちこ美(口コミ体験談担当)

就職はポテンシャル採用だったが、転職活動は前職での経験や実績で評価されることも多いため、高みを目指し続けるの大変だなと私は感じた。 

確かに、第二新卒でリベンジして第一志望の会社に入りたいという気持ちもよくわかる。

しかし、第二新卒で求められる人物像企業の評価の仕方は大きく異なるためそこに適用していく必要がある。

どうしても行きたい転職先があるのなら、実績を積んだ上でその会社に行きたい理由正確に言語化していくことがとっても大切だね。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

NG例4つ

NG例1:成果が出なくて今の仕事が辛いため

NG例2:やりたい仕事ではなかったため

NG例3:配属先に不満があったため

NG例4:新卒で第一志望に入れず未練があるため 

【あるある15】第二新卒の転職でよくある苦労・大手無理?

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒の転職でよくある苦労エピソード、口コミをまとめてみたよ!

※新卒一年目転職を検討してる友人6人に聞いてみた。 

第二新卒あるある1:自分にあった会社がなかなか見つからない。

第二新卒あるある2:面接で「その会社で働きたい理由」を上手く説明できない。

第二新卒あるある3:新卒と同じノリでできると痛い思いをする。

第二新卒あるある4:新卒よりも第二新卒の方が難しい会社が意外とある。

第二新卒あるある5:前職の経験を活かしたら意外と年収がアップした。

第二新卒あるある6:前職での待遇がかなり良いのにも関わらずやりがいを求めて転職するパターンは多い。

第二新卒あるある7:もっと自分にぴったりの会社はないかと無駄に高望みしてしまう。

第二新卒あるある8:とにかく目先の給与が高いことが重要だと考えてしまう。

第二新卒あるある9:プライドの高さから何が何でも大手企業に入りたい気持ちがある。

第二新卒あるある10:成長できる環境の会社を追い求めがち。

第二新卒あるある11:興味のあることやりがいを追い求めがち。

第二新卒あるある12:前職での人間関係が理由で転職をすぐに検討しがち。

第二新卒あるある13:前職の職場環境が自分に合っておらず毎日が辛いため環境を変えたい。

第二新卒あるある14:新卒配属された場所があまりにも苦手な部署だった。

第二新卒あるある15:新卒で入社して1年経っていないのにもう転職したいと考えている人が周りにいる。

【後悔したこと8つ】大手企業を辞め第二新卒で転職して後悔したこと 

くちこ美(口コミ体験談担当)

転職サイトに自分で申し込んで、適当に転職活動をやっても以下のように後悔するだけなので注意が必要!

後悔1:友人や親戚からの評価が下がった。

より良い環境を手にできるのなら、他社からの評価はあまり気にする必要はないかもね。

しかし、評価が下がることは何としても避けたいところだ。

後悔2:給与が下がった。

未経験歓迎の求人に応募すると確かに給与が下がることもある。

そのため前職の経験が活かせる求人に応募すると良いかも。

後悔3:大きな仕事出来なくなった。

確かに、大手企業に勤めているからこそ出来る仕事もあるよね。

しかし、身につけたいスキルや働きやすさなどをベースに転職するのは確かに大切かも。

後悔4:退職金がなくなった。

これから先終身雇用がなくなっていくと思うからあまり心配しなくても良いかも。

しかし退職金が大きい会社であるならば、前職の方が良かったと考える人もいる。

後悔5:優秀な人との繋がりが無くなった。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

やはり優秀な人と一緒に仕事するのは快適だよね!

自分にスキルを身につけて、そのスキルを元にさらなる優勝の人と繋がることができるので、第二新卒のあなたはこれからに期待だ。

後悔6:前職のネームバリューが無くなった。

ネームバリューのある会社から無名な会社に転職する際にしその人も多いよ。

しかしネームバリューよりも、柔軟な働き方のできる会社を求めている人は20代で増加しているよ。

後悔7:福利厚生がなくなった。

大企業だからこそ福利厚生がしっかりしていることってあるよね。

その福利厚生がなくなったとしても、新しい転職先に移るメリットがあるのかがはっきりしていないのなら、 リクルートエージェントに今すぐ相談して話を聞いてみよう。

後悔8: 転職サイトに、難易度の高い会社に自分から複数申し込んで面接で落ちることがよくあった。

くちこ美(口コミ体験談担当)

転職エージェントの方が、効率は良かった。

転職の面接に自信のない第二新卒にとって、強い味方となってくれるのが転職エージェントであると言える。

このような失敗を招かないために、 リクルートエージェントなどの大手転職エージェントに登録することで、効率よくあなたにぴったりの質の高い求人に出会うことができるよ。

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒の転職活動の時、私は、転職エージェントに合計で5社ほど登録しており、転職エージェントを徹底活用してました。

リクルートとマイナビの大手2社がサービスの面でも質の面でもかなり良かったです。

後悔8つ

後悔1:友人や親戚からの評価が下がった。

後悔2:給与が下がった。

後悔3:大きな仕事出来なくなった。

後悔4:退職金がなくなった。

後悔5:優秀な人との繋がりが無くなった。

後悔6:前職のネームバリューが無くなった。

後悔7:福利厚生がなくなった。

後悔8: 転職サイトに、難易度の高い会社に自分から複数申し込んで面接で落ちることがよくあった。

【コツ8・総まとめ】第二新卒の転職成功のコツ!大手無理?

コツ1:企業側が第二新卒のあなたに求める、ニーズから全て逆算せよ。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

長く働く意欲とやる気があることを必ず伝えよう! 

第二新卒の転職成功させるために、大切なのは企業側が第二新卒に求めるニーズを理解すること。

なぜなら、第二新卒の場合はスキルや実績で採用を決めるのではなく、以下の4つで判断されるため。

企業が求める人材のニーズ

・仕事への意欲、ポテンシャルがあるかどうか

・募集職種とマッチするか

・社風にあっている人物像か

・長く働く気があるか

コツ2:仕事への熱意があることをしっかり伝達せよ。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

面接では、しっかりとアイコンタクトを取り熱意を伝えることって大事だよね! 

第二新卒採用だからこそあなたのやる気をしっかりと面接官は見ているよ。

あなたの入社意欲や今後のビジョンを語れるかどうかは、大きな判断材料になってくるよ。

確かに、数字をもとに話す力や論理的なコミュニケーションができることも大切、しかし熱意が伝わってこないと良い印象はなりにくいから注意だね。

コツ3:本当に長く働けそうな職種か検討せよ。

くちこ美(口コミ体験談担当)

柔軟な働き方ができる職種は、 Web業界、IT業界に多いよ!

第二新卒は前職を早期退職しているため、企業側としては「自社でもすぐに辞めてしまうのではないか?」という不安を抱えているよ。

すぐに辞められると困るし、採用コストが無駄になってしまうため、慎重に採用を行っている。

第二新卒者は、前職での仕事への取り組み方や継続できるエピソードを話すことで、企業側

の不安を取り除くことがとっても大切。

企業が第二新卒に求めるニーズを理解して、選考に臨むことで企業側の懸念点を取り除くことや採用するか迷った際の後押しになる。

「本当にこの職種なら働きやすいのか」という視点から逆算して、面接や選考対策をすると良いね。

コツ4:社風や募集職種とマッチするか、多くの求人の中から見極めよ。

くちこ美(口コミ体験談担当)

求人数がトップレベルの「リクルートエージェント」で探すと効率が良かったです! 

募集職種に合った人材かどうかは、直属の上司との相性も絡んでくるので、確実にニーズを理解することは難しいという側面もある。

しかし、社風はネットで検索したり、転職エージェントのキャリアコンサルタントに質問して、事前情報を手に入れておくことで解決できるよ。

自分の印象とマッチしそうな企業かどうかも求人選び際に「リクルートエージェント」を活用して行くとあなたにピッタリの求人が効率よく見つかりやすいよ。 

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

コツ5:転職先の企業を徹底調査した上で面接に望め。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒の転職うまくいくためには転職先の企業について下調べを丁寧にすることが大切!

転職先の企業について詳しく調べていないと、あなたが本当に転職したいのか採用担当者から不審に思われてしまうよ。 

気になっている企業や内定を獲得できた企業があれば、入社後のミスマッチをなくすために、会社の公式サイトはもちろん、 SNS 等で評判をリサーチするのもあり。

コツ6:退職理由を前職、他人のせいにして伝えない。

繊細な友人(体験談担当)

第二新卒の転職理由で、前職であった不満点、愚痴を述べるのはあまり良い印象ではなかったです。 

不満を理由に転職すると、企業側には「今の環境から逃げるために転職したいだけなのかな」と受け取られ、あなたの印象が悪くなってしまうため。

人間関係や会社側に問題があるのは事実だったとしても、外的要因のせいにしていると、会社の不満を理由にまた辞める可能性があると捉えられてしまう。

その会社を選んだあなたにも責任があることを理解し、前職での失敗した経験を活かした改善案を話すことで印象は良くなるよ。

また、退職理由を会社のせいにすることは、会社を見る目がないことや情報収集が足りていないことの表れ。

退職理由は他人のせいにせず、反省点と改善案ベースで話すと良いかもね。

転職の面接に不安があるなら、「リクルートエージェント」のサポートを受けながらやると、うまくいきやすい。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

面接の対策や履歴書添削までしてくれる特典付き。 

コツ7:新卒の就活のノリは忘れ、第二新卒としての転職戦略を理解せよ。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

前職での経験や学びをしっかりと言語化した上で第二新卒の転職に挑もう! 

なぜなら、新卒就活と転職活動では、募集している求人数や就活の進め方が全く異なるため。

例えば、前職での実績がないからといって、学生時代のエピソードを話す必要はない。

新卒就活の時のように数十社へエントリーし、志望動機を使い回しをしていては、戦略的ではないよ。

短い期間でも会社に在籍していたなら、仕事への取り組み方や小さな実績でも話した方が、ポテンシャルを評価してもらえる。

自分の適性に合った企業に応募し、企業ごとに対策を練ることが内定獲得の近道である。

第二新卒の需要は新卒ほど多くはないことを理解した上で、第二新卒としての転職活動の方法を知ることが大切だね。

コツ8:転職エージェントの複数利用はほぼ必須。

くちこ美(口コミ体験談担当)

「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」には必ず登録しておこう! 

第二新卒の多くが転職エージェント2つ以上入れているよ。

サポートの手厚さならマイナビエージェント。

求人数の圧倒的な多さならリクルートエージェント。

>>業界トップクラスの求人数が圧倒的のリクルートエージェント

>>スピード転職を目指すならリクルートエージェントは最強。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

ポイント

コツ1:企業側が第二新卒のあなたに求める、ニーズから全て逆算せよ。

コツ2:仕事への熱意があることをしっかり伝達せよ。

コツ3:本当に長く働けそうな職種か検討せよ。

コツ4:社風や募集職種とマッチするか、多くの求人の中から見極めよ。

コツ5:転職先の企業を徹底調査した上で面接に望め。

コツ6:退職理由を前職、他人のせいにして伝えない。

コツ7:新卒の就活のノリは忘れ、第二新卒としての転職戦略を理解せよ。

コツ8:転職エージェントの複数利用はほぼ必須。

【特徴8つ】第二新卒で「転職に成功しやすい人」の特徴・大手無理?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒で成功するためにはとにかく情報収集することが大切だね! 

ポイント

【特徴8つ】第二新卒で「転職に成功しやすい人」の特徴

特徴1:第二新卒は「やめとけ」に流されない

特徴2:ポテンシャル採用で自分と相性のいい会社を見つけている 

特徴3:職務経験は短いながら、しっかり成果を残している

特徴4:今後のキャリアのビジョンを持っている

特徴5:とにかく行動して情報を得ている。

特徴6:情報収集のために OB 訪問をするなど、フットワークが軽い

特徴7:スピード転職するために、転職エージェント活用している。 

特徴8:面接が苦手なら「リクルートエージェント」で面接対策をしてもらっている。 

【ホントの理由詳細5つ】第二新卒の転職は「やめとけ」と言われる理由再確認!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒で転職するのはやめとけと言われる本質的な理由を解説していくね! 

理由1: 企業、世間からマイナスイメージを持たれやすい。

くちこ美(口コミ体験談担当)

とはいえ、第二新卒転職して自分にぴったりの会社を見つける人も多いよ!

確かに、企業側は、またすぐ辞めるかも、人間性に問題があるのでは、と疑われる可能性もあるため、面接での伝え方には細心の注意が必要だね。

理由2: 働くこと、辛いことから逃げる癖がついてしまう。

繊細な友人(体験談担当)

会社に行くことさえも面倒になってしまうのは避けたいね!

人間関係ややりたくない仕事から逃げるように転職をしてしまうとうまくいかなかったらまた転職すればいいかと言う思考回路に陥ってしまうため注意が必要。

私は営業職から Web マーケティング職に変えて、リモートワークありで快適な新生活を送っているよ!

理由3: 企業の選択肢が新卒よりも少ない。

くちこ美(口コミ体験談担当)

新卒採用は中途採用と似ていて異動や転勤などによる欠員補充として埋めるパターンが多いよ!

診察の時よりも選択肢がやや少ないため、年収の高さや、外資系大企業など高い目標を掲げすぎてしまうと望みどおりにならないこともあるので注意が必要。

近年人気なのは柔軟な働き方ができる、 Web 業界、 Web マーケティング職広告業職が人気上昇中。

>>20代 Web 業界の求人が多い、リクルートエージェントが最強。

>> たった30秒で無料登録完了。 

理由4: 第二新卒ではまだスキルや経験値が少ないダため、年収は大幅アップできない。

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒では、職務履歴や自己 PR の内容が新卒のときよりも薄くなりがち。

実際、新卒で入社して1年程度でついたスキルは、高いスキルだとは言い難いことも多い。

未経験歓迎の求人、ポテンシャル採用の第二新卒の求人を見つけていくと、今の苦しい環境から脱出して快適な職場環境を手にすることができるよ。

理由5: 転職したら次はもう失敗できないというプレッシャーにかられる。

くちこ美(口コミ体験談担当)

企業としては採用コストを回収するために3年以上は働いてもらいたいという気持ちがあるよ。

そのため第二新卒で転職を考えるあなたは、企業にとって貢献できるアピールをする必要がある。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

ホントの理由5つ

理由1: 企業、世間からマイナスイメージを持たれやすい。

理由2: 働くこと、辛いことから逃げる癖がついてしまう。

理由3: 企業の選択肢が新卒よりも少ない。

理由4: 第二新卒ではまだスキルや経験値が少ないダため、年収は大幅アップできない。

理由5: 転職したら次はもう失敗できないというプレッシャーにかられる。

【注意点4】第二新卒で「転職しない」と実は損する!?大手無理?

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒の転職はなるべく早く、効率よく進めていこう! 

注意点4つ

注意点1: 社会人経験が長くなると、選考の難易度も上がってしまう。

注意点2: どんなに小さくても、実績は作っておくと良い。

注意点3: 本当に自分のぴったりの会社を見つけるのは皆難しい。

注意点4: 今の環境が自分に合ってなく、毎日が辛い場合は、すぐに転職を。

>>今すぐリクルートエージェントに無料登録する。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了 

【評価ポイント・面接官の視点9つ】第二新卒の面接で評価される!大手無理?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒のあなたは、面接官の視点をしっかりと押さえておこう!

評価ポイント1:短期で辞めず、長く働けそうか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

前職での経験をもとに転職先では長く続ける強い気持ちを伝えよう!

第二新卒のデメリットとしてまた辞められたら困るという要素がある。

これを払拭するため、第二新卒の面接では、長期的に貢献できる人物をであることをアピールしていこう。

評価ポイント2:転職先の会社にメリットを提示できる人物であるか?

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒の採用では、前職での経験を転職先の会社に生かすと言う意味で、メリットが必ず提示できる!

自分の得意なこと、力の発揮しやすい領域などを明確にした上で、第二新卒の面接に挑もう。

面接が不安なら「リクルートエージェント」のサポートを受けるのもあり。 

>>たった30秒で登録完了。

評価ポイント3:会社の求める人物像に合致しているか?

くちこ美(口コミ体験談担当)

第二新卒はポテンシャル採用も多くその会社にあっていることを伝える必要があるよ!

せっかく職場環境を新しく変えるのだから、あなたによりマッチした文化の会社に応募すると良いね。

評価ポイント4:転職理由と志望動機に一貫性があるか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

転職する目的とあなたのやりたいことが矛盾するの避けよう!

自分が転職する目的を明確にし、 転職理由と志望動機の間に矛盾が生まれないよう気をつけて考えよう。

評価ポイント5:上司のせいにして退職していないか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

転職も自分で選んだ会社なのだから、前向きに改善できることアピールすることが大切!

採用する側の企業は、あなたの今までの行動や意思決定に対して前向きに改善できる人を求めているよ。

面接で言う必要はないが、もちろん退職したいという動機には、会社や上司などどうしても変えられない環境の要素が含まれているものだよ。

評価ポイント6:入社後に成長する見込み、ポテンシャルはあるか?

くちこ美(口コミ体験談担当)

一度離職経験のある第二新卒であっても、入社後に成長する見込みのありそうな人は採用したいものだよ!

第二新卒では前職の経験が浅いことから、これからも長期的に会社に貢献できる人間を求めているよ。

そういった企業側のニーズに合わせて、あなたの強み、成長意欲を示すことがとっても大切。 

評価ポイント7:転職先の会社で配属されるポジション等について詳しく下調べしているか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

転職の面接ではとにかく下調べが超大切!

本当にその会社に第二新卒として転職したいという気持ちを伝えるためには、誰よりも詳しくその会社について調べておく必要がある。

丁寧な準備をすることで、面接当日も落ち着いて臨むことに繋がっていくよ。

評価ポイント8:第二新卒として妥当な転職理由を持っているか?

くちこ美(口コミ体験談担当)

転職することで、あなたが抱えている課題は本当に解決されるのかという視点で面接官はあなたを見ているよ。

例えば、転職理由が、やりたい仕事ではなかった、残業が多かった等を口にしてしまうのは賢明ではない 。

短期間で会社を辞めてしまいそうだなと思われる可能性があるため、注意が必要。

業界トップレベルの求人数の中から選びたいあなたへ。

>>たった30秒で登録完了。

評価ポイント9:前向きな気持ちで転職を検討しているか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒は、ポテンシャル採用も多いためあなたがやる気のある人物かどうかが大切!

特に第二新卒では、企業が求めている人物をとマッチしているかを、面接官は知りたいのである。

経験や実績よりもやる気やポテンシャルに重点が置かれ、長期的に会社で活躍して欲しい人を採用する傾向にあるよ。

転職の理由は人それぞれですが、ネガティブな理由はポジティブな理由に変換しておくと良い。

例えば、ネガティブな転職理由は次のように、ポジティブな転職理由に言い換えることができるよ。

具体例1:希望の部署・職種に配属されなかった。

こう変換する! ポジティブな転職理由

→希望通りとは行かなかったとは言え、配属部署(職種)では◯◯などのスキル・経験を積むことができた。しかし、今後のキャリアを考えた結果、やはり若いうちから希望の部署(職種)で経験を積み、貴社でそのスキルを高めていきたいと考えるに至った。

具体例2:仕事がつまらなかった。

こう変換する! ポジティブな転職理由

→配属された部署での仕事が雑用や上司のサポート業務が中心で、1年経っても自分自身の成長を感じられなかったため、貴社に応募した。確かに、雑用も大切な仕事であるが、ビジネスマンとしてスピード感を持って成長できる環境に身を移したいと考えるに至った。

業界トップレベルの求人数の中から選びたいあなたへ。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

ポイント

評価ポイント1:短期で辞めず、長く働けそうか?

評価ポイント2:転職先の会社にメリットを提示できる人物であるか?

評価ポイント3:会社の求める人物像に合致しているか?

評価ポイント4:転職理由と志望動機に一貫性があるか?

評価ポイント5:上司のせいにして退職していないか?

評価ポイント6:入社後に成長する見込み、ポテンシャルはあるか?

評価ポイント7:転職先の会社で配属されるポジション等について詳しく下調べしているか?

評価ポイント8:第二新卒として妥当な転職理由を持っているか?

評価ポイント9:前向きな気持ちで転職を検討しているか?

【厳選8】第二新卒の求人が多い転職エージェント・大手無理

かわちゃん(週刊転職・編集長)

「リクルートエージェント」か「就職Shop」が第二新卒に人気だよ! 

1:リクルートエージェント 

2:就職Shop

3:キャリトレ 

4:ハタラクティブ

5:マイナビジョブ’20

6:Re就活

7:第二新卒エージェントneo

8:第二の就活

※2つ以上登録必須。 

※上記の人気転職エージェントのうち、一つだけに偏って利用するのは、あなたの転職活動が上手くいかなくなるリスクがあるため注意が必要です。

>>迷ったら、『リクルートエージェント」一択!

たった30秒で完了!人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルートエージェントに無料登録する!

※非公開求人数がトップレベルのリクルートエージェント。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>選択肢を増やしてくれる「リクルートエージェント」、非公開求人数業界トップクラス。 

第二新卒向けの転職エージェントは「今すぐ転職したい人」におすすめ。

第二新卒向け、転職エージェントのサポート内容

かわちゃん(週刊転職・編集長)

無料登録するだけで様々なサポートが受けられるよ! 

・3ヶ月以内に転職できる場合が多い 

・専門のキャリアアドバイザーと相談しながら進められる

・職務経歴書や履歴書など、応募書類を添削してもらえる

・面接が決まった会社の情報提供をしてもらえる

・面接日や入社日など企業との日程調整をしてもらえる

・年収を交渉までやってもらえる

・転職サイトにはない未公開求人の応募できる

・「リクルートエージェント」なら、面接対策と履歴書添削までしてくれる。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【メリット7】転職エージェントを利用するメリット。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

今すぐ転職したい人、面接に自信のない人にとって「転職エージェント」を利用する価値は非常に高い。

※転職サイトなら自分で全てやる必要があるため時間がかかる。

メリット7つ

メリット1:転職サイトには掲載されていない非公開求人2あなたが応募できる。

メリット2:専任アドバイザーが面接の日程、給与交渉、入社時期まで調整してくれる。

メリット3:自己分析では気づくことのないあなたの市場価値や新しいキャリアの可能性などアドバイスが得られる。

メリット4:手厚い面接対策模擬面接を通じてそれぞれの企業の対策ができる。

メリット5:担当のアドバイザーが転職先の企業の内部情報を詳しく提供してくれる。

メリット6:企業へ強く推薦してくれることもあり転職成功率が高い。

メリット7:利用料は全て無料でできる。

どうしても自分で探して自分で応募したいという人は、リクナビNEXTなどの転職サイトを活用してみるのもあり。

数多くの選択肢の中から選び、スピード転職を実現したいあなたは「リクルートエージェント」が最適。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>選択肢を増やしてくれる「リクルートエージェント」、非公開求人数業界トップクラス。 

結論:第二新卒は「やめとけ・大手無理」に流されず、転職エージェントのサポートを受けると効率が良い。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒のあなたは「やめとけ」に流されなくて大丈だよ。

  • 【人気TOP2+2】第二新卒に人気の転職エージェント

以下のリンクから「まとめて2つ以上」無料登録しておこう。

  • 【総合系】非公開求人数もトップクラスで圧倒的→「リクルートエージェント」

  • 【Web・IT業界特化型】柔軟な働き方のできるWeb業界、IT業界特化なら→「マイナビクリエイター」※電話で本人確認を必ずしてね。

>>【マイナビジョブ20's】に無料登録する。

専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違う。

  • 求人数が2番目に多い→「doda」

  • 第二新卒、未経験特化なら→リクルート運営の「就職Shop」

※これら5つのうち、2つ以上登録必須。 

※上記の人気転職エージェントのうち、一つだけに偏って利用するのは、あなたの転職活動が上手くいかなくなるリスクがあるため注意が必要です。

>>迷ったら、『リクルートエージェント」

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

たった30秒で完了!人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルートエージェントに無料登録する!

※非公開求人数がトップレベルのリクルートエージェント。

>>選択肢を増やしてくれる「リクルートエージェント」、非公開求人数業界トップクラス。 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒は、転職のプロの力を借りて、スピード転職しよう。

非公開求人数の圧倒的なに多い「リクルートエージェント」が、あなたの選択肢を広げてくれる。

今よりもあなたらしく働くことのできるできる職場、職種を見つけるお手伝いができたら幸いです。

次回もよろしくね。

『週刊転職』編集長のかわちゃんより。

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先