20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

22年11月【良い評判10】リクルートエージェントhspの感想

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOアナリスト)→TECH CAMPにてデータ分析の勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を読むと分かること

  • リクルートエージェントはなぜ、20代30代から評判が良いのか人気の秘密が分かる。
  • リクルートエージェントは、転職初心者の人はほぼ全員入れておいて方がいいのか、大きな特徴がわかる。 

  • リクルートエージェントと併用すると良い転職エージェントの特徴がよく分かる。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

結論

→リクルートエージェントは、転職を検討している人は入れておいて損することはない。(※20代で転職成功した、私の友人15人中14人もいれていた)

→リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多い。(転職エージェントでトップレベルの求人数)

→幅広い業界職種に対応している。(転職が初めて、自信のない人にも最適)

→リクルートエージェントの手厚いサポートを受けることで、あなたの転職活動がスムーズに行くこと間違いなし。

独自調査の概要

今回は20代30代のうちに転職を成功された「私の友人15名」に聞いた、リクルートエージェントの評判(22年11月独自調査)をもとに徹底解説していきます。

この記事を読み終わった後には、リクルートエージェントの評判だけでなく、リクルートエージェントの使い方倒し方にまでかなり詳しくなっていることでしょう。

GoogleReviewより

↓↓タップで飛べる目次

【22年11月、転職の王道】リクルートエージェントの評判・hspの感想

リクルートエージェントはリクルートが運営している転職エージェントである。

求人数がナンバーワンであるリクルートエージェントは、面接対策年収交渉を含めてあなたを転職成功に導いてくれるエージェントである。

転職が初めての人や幅広い業界職種に対応している求人を検討している場合、リクルートエージェントが向いていると言える。

また、リクルートが運営している第二新卒の転職エージェントなら就職 SHOP が近年人気急上昇中である。

さらに、リクルートはハイクラス向け求人の多いキャリアカーバーも運営している。

一方で、転職エージェントとは異なる転職サイトとしてリクルートは「リクナビNEXT」を運営している。

※「リクナビNEXT」は情報収集用として転職活動の際に活用すると良い。

【特徴分析1】リクルートエージェント ・評判

かわちゃん(週刊転職・編集長)

求人数の多さと質の高さが圧倒的のリクルートエージェント! 

  • 求人数→◎☆

リクルートエージェントの求人数は約98000。

転職エージェントの中で圧倒的1位である。

  • 交渉と提案力→◎☆

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーの提案に関しても好評で企業との交渉力にも長けているエージェントである。

  • サポートの手厚さ→◎

リクルートエージェントはサポートが非常に丁寧であることで有名。

総合的にリクルートエージェントは悪い評判が少なく転職活動を検討しているあなたがまずは入れておくべき転職エージェントだと言える。

>>日本で一番求人数の多い「リクルートエージェント」はなんと利用料が「無料」!

【特徴分析2】リクルートエージェント・評判

20代30代の求人がとにかく多いリクルートエージェント! 

  • 第二新卒→○

リクルートエージェントは第二新卒の求人もしっかりと扱っている。

第二新卒特価の転職エージェントを活用したい場合は就職 SHOP が最適かも。

>>リクルートが運営/就職shop【未経験から正社員への就職で最強!良い評判15】hsp・ニート

  • 20代の転職→◎☆

リクルートエージェントは20代後半向けの求人が特に多い。

実際私の友人の多くも二十代後半で転職活動をしている人が多くその大半がリクルートエージェント活用していたのである。

  • 30代の転職→◎

リクルートエージェントは30代向けの求人も多い。30代でキャリアアップを目指しているのならハイクラス向けのキャリアカーバーかビズリーチなどを活用してみるのも良い。

  • 40代50代の転職→△

リクルートエージェントは第二新卒から40代以上の年齢層にも幅広く求人が掲載されている。

管理職以上の求人を探すのなら「キャリアカーバー」か「ビズリーチ」を活用してみよう。

>>20代30代のあなたには最強の味方になってくれること間違いなし!

>>優良求人・非公開求人と早めに出会って選択肢を広げよう!

【似ている4つを比較】「リクルート運営」の転職エージェント比較

  • 「リクルートエージェント」

あなたに担当者がつき転職活動を最後まで徹底サポートしてくれるのが強み。

  • 「リクナビNEXT」

→ 担当者はつかないが求人数が豊富で情報収集に役立つ。

  • 「就職Shop」(リクルートが運営)

→ 第二新卒、フリーター、未経験からの就職、転職にとにかく強い。担当者もつく。

  • 「キャリアカーバー」(リクルートが運営)

→ハイクラス向け、転職エージェント。

各転職エージェントの利点を最大限活かすためには、転職エージェントを併用して行くことで非公開求人や優良求人に会える確率が高まるよ!

リクルートエージェントは、20代30代利用者層が「全体の90%」

※全会員数はなんと約90万人 

>>今すぐ無料登録して優良求人を見つけよう! 

  • 要点はコレ!

ポイント1

【良い評判8つ】リクルートエージェントの評判

リクルートエージェント良い評判1:求人の量が圧倒的に多い。

リクルートエージェント良い評判2:求人の質が高い。

リクルートエージェント良い評判3:全国エリアの求人に対応している。

リクルートエージェント良い評判4:企業との条件交渉をしっかりやってくれる。

リクルートエージェント良い評判5:面接対策が充実している。

リクルートエージェント良い評判6:独自の転職サポートが豊富にある。

リクルートエージェント良い評判7:第二新卒、20代の求人も豊富にある。

リクルートエージェント良い評判8:Web業界の求人もしっかりある。

ポイント2

【注意点4つ】リクルートエージェントのネガティブな評判

リクルートエージェント注意点1:メールの対応が遅いときがある。

リクルートエージェント注意点2:キャリアアドバイザーの対応に差がある。

リクルートエージェント注意点3:希望条件に合わない求人を紹介されることもある。

リクルートエージェント注意点4: 3ヶ月のサポート制限があり、長期的な支援ではない。

ポイント3

【おすすめな人の特徴】リクルートエージェント

・とにかく多くの求人を見たい人

・幅広い地域に対応している求人を探している人

・転職活動が初めての人

・転職の面接に自信のない人

・手厚いサポートをしっかりと受けたい人

・早く転職したい人

・面接対策や個別指導をしてほしい人

・給料や待遇面を交渉してほしい人

・知名度や成功実績を気にする人

リクルートエージェントは幅広い職種業界に対応している。

特にシステムエンジニア、ITエンジニア職

営業、販売、カスタマーサービス職の求人が全体の半数を占めている。

また、業界別の求人率を見ていくと Web 業界 IT 業界を中心に求人を揃えていることがわかる。

リクルートエージェントの強い「職種」

・システムエンジニア

・ITエンジニア

・営業職

・販売、カスタマーサービス

リクルートエージェントの強い「業界」

・Web業界(インターネット業界)

・IT 業界

・広告、マスコミ業界

これらの業界に興味のあるあなたは、リクルートエージェントがかなりぴったり。

Web業界、IT業界における、エンジニア転職、営業職への転職なら最強のリクルートエージェントだね! 

次は、 リクルートエージェント活用して転職を成功した20代30代の私の友人15名に直接聞いてみたインタビューをもとに、リクルートエージェントの評判について詳しく解説していくね。

【良い評判8つ・22年11月独自調査】リクルートエージェントの評判・hspの感想

【良い評判8つ】リクルートエージェントの評判

リクルートエージェント良い評判1:求人の量が圧倒的に多い。

リクルートエージェント良い評判2:求人の質が高い。

リクルートエージェント良い評判3:全国エリアの求人に対応している。

リクルートエージェント良い評判4:企業との条件交渉をしっかりやってくれる。

リクルートエージェント良い評判5:面接対策が充実している。

リクルートエージェント良い評判6:独自の転職サポートが豊富にある。

リクルートエージェント良い評判7:第二新卒、20代の求人も豊富にある。

リクルートエージェント良い評判8:Web業界の求人もしっかりある。 

リクルートエージェント評判1:求人の量が圧倒的に多い。

リクルートエージェントの最大の強みは求人数がとにかくオーク28万件以上揃っている点である。

このように競合の転職エージェントと比較した場合でも、リクルートエージェントは大差をつけて求人数で勝っている。

求人の多さに関する評判と口コミ

くちこ美(口コミ体験談担当)

実際、私も面接の時に100件以上の求人を、リクルートエージェントが紹介してくれたため様々な選択肢を検討することができ非常に役に立った。

27歳・友人K.S

自分で情報収集するよりもリクルートエージェントのサポートを受けるとよりスムーズに行くこと分かった。

転職エージェント選びでやはり求人数の多さは大切だと感じた。

26歳・友人S.W

リクルートエージェント評判2:求人の質が高い。

リクルートエージェントは転職サイトとは異なりエージェントがしっかりとあなたと向き合いあなたの条件に見合った求人を紹介してくれる。

このような点からあなたの希望に合った質の高い求人が提案される可能性が高いと言える。

従って、リクルートエージェントの評判として、求人の量だけでなく、求人の質の高さが伺える。

求人の質に関する評判と口コミ

くちこ美(口コミ体験談担当)

私の職務経歴や性格希望条件などをしっかりと聞いてくれた上で質の高い企業を紹介してくださった。

職場の環境まで教えて頂けたため非常に安心感があった。

31歳・友人O.H

リクルートエージェント評判3:全国エリアの求人に対応している。

全国エリアの求人に関する評判と口コミ

リクルートエージェント評判4:企業との条件交渉をしっかりやってくれる。

リクルートエージェントには多数の優秀なキャリアアドバイザーが在籍してい。

任せられるため安心感があるよ!

実際、年収交渉やあなたの挙げる条件交渉を始め、企業とのすり合わせを担当者が行なってくれる。

特に、転職を成功されたうちの62%が年収アップしたというデータが出されている。

企業との条件交渉に関する評判と口コミ

くちこ美(口コミ体験談担当)

転職の面接が決定した後面接対策のアドバイスを頂くことができた。

また転職が決定した後も給料の交渉をしっかりと行なってもらうことができ給与の上顎が実現できた。

リクルートエージェントの担当者はやはり質が高いと感じた。

28歳・友人D.Y

私が転職活動する際にはまずは職場の環境、次に給料、 やりたい職種の順で優先順位をつけて転職活動をした。

こういった条件交渉をする際に、リクルートエージェントの担当者はしっかりと企業と間に入ってくださるため私はとても助かった。

29歳・友人M.Y

リクルートエージェント評判5:面接対策が充実している。

リクルートエージェントの評判の高さはやはりサポート面接対策までしっかりと行って下さる店にある。

リクルートエージェントなら本番のシュミレーションを兼ねた模擬面接を受けることができる。

また、個別の面接対策だけでなく登録すれば無料で参加することができる面接力向上セミナーも評判が高いとされている。

面接対策に関する評判と口コミ

くちこ美(口コミ体験談担当)

リクルートエージェント初めて利用した時に私についてくれた担当者がしっかりと話を聞いてくれた。

特に職務履歴書へのアドバイスや書類作成の添削などが役に立った。

また面接へのアドバイスが非常に助かった。

26歳・友人T.K

企業の求める人物像を詳しく教えていただけたため,

転職活動が初めての私であってもすぐに不安を解消することができた。

リクルートエージェントの評判の高さは徹底した面接対策のサポートにあると感じた。

27歳・友人J.Y

私についていたリクルートエージェントの担当者は相手の質問に対してその質問の意図を正確に理解することの大切さを教えて下さり非常に的確なアドバイスであったと感じている。

リクルートエージェントは手厚い面接対策があったので本番の準備がしっかりと整えることができた。

二十代後半で Web 業界に効率よく手に職できたのはリクルートエージェントのおかげだと感じている。

26歳・友人E.S

リクルートエージェント評判6:独自の転職サポートが豊富にある。 

リクルートエージェントには他社サービスにはない独自の転職サービスが提供されている.

イカの独自サービスを活用することでさらに詳しい求人情報職場選びのポイント必要書類の作成方法など転職初心者にはありがたい情報を入手することができる.

リクルートエージェント独自の転職サービス

1:『AGENT Report』
→業界分析から選考のポイントまで、独自に収集、分析した生の情報が得られるサービス。企業の特徴や業界のトレンドを把握できる.

2:『パーソナルデスクトップ』
→求人への応募手続きの依頼が簡単にできるサービス。

案内に従って情報を入力するだけで、職務経歴書が作成できる

リクルートエージェント評判7:第二新卒、20代の求人も豊富にある。

リクルートエージェントは、特に20代後半の求人が多いと評判である。

また、第二新卒に特化した転職エージェントとして、リクルートは「就職SHOP」も運営している。

  • 【第二新卒・フリーターからの転職に強い】(リクルート/就職shop)

>>【リクルートが運営/就職shop】

※(リクルート/就職shop)がおすすめな理由

・書類選考無しで100%面接可能!

・実績豊富なアドバイザーが「面接対策」を徹底サポート!

・未経験からの転職に強い

>>リクルートが運営/就職shop【未経験から正社員への就職で最強!良い評判15】hsp・ニート

↑【登録無料】Web業界に未経験から転職するなら今!

リクルートエージェント評判8:Web業界の求人もしっかりある。 

リクルートエージェントが扱っている求人の中で、特に多いのが IT、Web業界、It エンジニアシステムエンジニア、営業職などである。

これらの業界職種に興味のあるあなたはリクルートエージェントに登録して転職エージェント初めて見るとあなたにピッタリの求人が見つかるかも!

>>【将来性あり・穴場】Webマーケティング業界の「将来性」についてさらに詳しく

近年注目が集まっている業界は、Webマーケティング業界!

柔軟な働き方や個人で稼ぐ力が身につくため20代30代の若者に人気が集まっている。

補足1:Web、IT業界で身につくスキルとは?

Web、IT業界で働くことで、あなた自身が成長できることはもちろん、専門的なスキルを身につけることができます。

  • Web、IT業界で身につくスキルの例

・PCの基本スキル

・Webマーケティング(デジタルマーケティング)

・SNS

・ネット広告の知識

・プログラミング

・分析力

・個人で稼ぐ力 

変化の早いWeb業界では、常に新しい知識を吸収する必要があるため、様々なスキルを働きながら学ぶことができる。

また、数字のデータを扱うことが多いため、論理的思考能力も高まる。

IT業界は、常に新しいことにチャレンジし続けるので、自分のスキルも成長させやすい業界である。

おしゃべりが苦手な人は営業職でなく広告運用や Webマーケティング職が向いているかもしれないね!

>>【特徴比較】Webマーケティングに「向いている人VS向いていない人」の特徴についてさらに詳しく

>>【心理学好き・必見】Webマーケティングの「やりがい、仕事の魅力」についてさらに詳しく

補足2:IT未経験でもチャレンジできる職種と業種とは?

未経験でも、IT業界に転職することは十分可能です!

もちろん専門的なスキルが必要な職種もありますが、文系やIT未経験でも転職しやすい職種があります。

  • 未経験でも転職しやすいIT職種

・Web広告運用

・広告営業、企画職

・Webマーケター

これらのWebマーケティング職なら副業で稼ぐ事もでき、最終的にフリーランスとして独立している人もたくさんいるよ!

>>【3つの黄金戦略】Webマーケターに「未経験からなる方法」についてさらに詳しく

>>【戦略3つ】Webマーケティングで「独立・フリーランスになる方法」についてさらに詳しく

近年は、ネット広告の運用を学ぶ、Webマーケティングスクール人気が高まっている。

>>【コスパ最強TOP3・質が高くて安い順】Webマーケティングスクールについてさらに詳しく 

>>【厳選3社比較・未経験OK】広告運用スクール・おすすめについてさらに詳しく

Webマーケター、広告運用職を目指すなら「Webマーケティングスクール経由」で転職するのもアリ!

広告運用なら「デジプロ」や「マケキャン」で学んで転職するのもあり! 

>>【デジプロの評判と口コミ7つ・超実践的】デジプロについてさらに詳しく

>>【マケキャンの評判と口コミ・転職保証】DMMのマケキャンについてさらに詳しく

ポイント

【良い評判8つ】リクルートエージェントの評判

評判1:求人の量が圧倒的に多い。

評判2:求人の質が高い。

評判3:全国エリアの求人に対応している。

評判4:企業との条件交渉をしっかりやってくれる。

評判5:面接対策が充実している。

評判6:独自の転職サポートが豊富にある。

評判7:第二新卒、20代の求人も豊富にある。

評判8:Web業界の求人もしっかりある。 

【注意点3つ】リクルートエージェントのネガティブな評判

リクルートエージェントのネガティブな評判を私の友人に直接インタビューしてきたのでそれを詳しく紹介していくとする。

リクルートエージェント注意点1:メールの対応が遅いときがある。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントを利用した友人に聞いてみたところ、メールや電話の対応が遅い時があったという評判が少しあった!

確かに、メール対応が遅くなってしまうこともあるかと思わ。

対応が遅くなる理由としては登録者が多いためリクルートエージェントの担当者も多くの仕事に追われているのかもしれない。

転職が決まりそうな人から順にサポートしてくださるため、あなたもしっかりと転職する時期などを伝え担当者の目にとまるよう心がけよう!

リクルートエージェント注意点2:キャリアアドバイザーが自分に合わない時がある。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントにおいてもキャリアアドバイザーの経験値により差があるという評判を、私は友人から耳にしたよ!

そのためキャリアアドバイザーの経験値があなたとの相性が合わなかった場合早めに担当者の変更を申し出ることをお勧めする。

リクルートエージェント注意点3: 3ヶ月のサポート制限があり、長期的な支援ではない。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントのサポートは3ヶ月なんだね!

転職エージェント サポート期限
リクルートエージェント 3ヶ月
doda 3ヶ月
マイナビエージェント 無期限
spring転職エージェント 無期限
type転職エージェント 無期限
リクルートエージェントのサポートは3ヶ月

そのため半年以上後もサポートしてもらいたいと考えている人は転職エージェントに多くのことを求めすぎであるかもしれない。

したがって、転職エージェントのサポートを受けたい人は、3ヶ月以内に転職する目処が立ってから申し込むのがポイントである。

ポイント

【注意点3つ】リクルートエージェントのネガティブな評判

注意点1:メールの対応が遅いときがある。

注意点2:キャリアアドバイザーが自分に合わない時がある。

注意点3: 3ヶ月のサポート制限があり、長期的な支援ではない。

リクルートエージェントに申し込んだら本人確認のメールや電話にしっかりと対応すること、転職希望時期を伝えることはとても大切だね!

【おすすめな人の特徴6つ】リクルートエージェント・評判

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントは基本的に3ヶ月以内に転職予定の人には誰でもお勧めできる最強の転職エージェントである!

しいて言うならば以下のような人にリクルートエージェントはかなりぴったりだと言える。

ポイント

【特徴6】リクルートエージェントがおすすめな人

特徴1:業界を縛らず、求人情報を知りたい人。

特徴2:転職活動を初めてする人。

特徴3:経験豊富な担当者の転職サポートを受けたい人。

特徴4:地方でも利用できる転職エージェント探している人。

特徴5:年収が少しでも上がる転職先を探している人。

特徴6:質の高い求人、優良企業を探している人。 

ネットの評判だけでなく私の友人にも直接聞いてみたところ、やはりリクルートエージェントは評判も高かった。

豊富な転職に関するノウハウを持っており優良企業との太いパイプ思っているリクルートが運営しているため転職活動未経験のあなたにとっても心強い存在になること間違いなしだね!

>>人気の優良求人は早い物勝ち!

>>リクルートエージェントで無料サポートを受ける!

【人気の理由5つ・独自調査】なぜ、リクルートエージェントは人気なのか?

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントが人気の理由を独自調査しました!

理由1:求人数No.1でがとにかく多いため。

リクルートエージェントは公開求人数約9点6万件、あり転職エージェントの中でダントツの1位であるのが魅力的だね!

とにかくリクルートエージェントを利用することで求人の選択肢にあなたは困らなくなる。

またリクルートエージェントは求人数が豊富なだけでなく幅広い業界年代層に対応していることがよくわかる。

今の職場に不満を感じており転職を検討しているあなたは以下のリンクからリクルートエージェントに登録でサポートを受けてみよう。

理由2:幅広い業界、職種に対応しているため。

リクルートエージェントは幅広い業界職種に対応した求人を持っているのが強みだね!

リクルートの職種別求人率を見てみると

一番多いのが、

・システムエンジニア、ITエンジニア。→「27%」 

次に多いのが

・営業、販売、カスタマーサービス。→「23.6%」 

・その他のエンジニア13.3%

・土木建築設備10.7%

・クリエイティブ系6.5%

・その他18.8%

リクルートエージェントの業界別求人率を見てみると

一番多いのが

・Web、インターネット業界→「19.5%」

次に多い業界は、

・IT、通信業界→「17.4%」 

・不動産建設業界13.5%

・小売サービス業界10.6%

・マスコミ広告業界9.6%

・人材業界5.9%

・その他23.5%

Web業界、IT業界に興味のある『副マガ』の読者の皆様はリクルートエージェントがかなりピッタリだね!

理由3:大手リクルートが運営しており安心して利用できるため。

リクルートエージェントはメガベンチャーのリクルートが運営しており、信頼が厚いことで有名だね!

転職活動が初めてでどの転職エージェント使ったら一番良いか迷っているあなたにもやはりリクルートエージェントが最適であると言える。

大手メガベンチャーのリクルートが運営しているのはあなたの心の支えにきっとなることでしょう。

理由4:面接対策が手厚く、充実しているため。

リクルートエージェントは面接対策をしっかりやってくれると私の友人も多数入っていた!

リクルートエージェントはサポートがとにかく手厚いことで有名である。

転職の面接で何が聞かれるからどのような人がこの企業に受かりやすいかなどの情報をたくさん持っているなめ一人で転職活動するよりもあなたに有利に働くこと間違いなし。

過去の面接の質問例や受かりやすい人の特徴なども詳しく教えてくれるため、あなたの転職をしっかりと最後までサポートしてくれることでしょう。

理由5:「職務経歴書エディター」で簡単に職務経歴書が作れるため。

リクルートエージェントを利用すると職務履歴書を簡単に作ることができる職務履歴書エディターを利用することができるのが嬉しいね!

職務履歴書エディター

・転職活動が初めてで書き方が全く分からない人

・自分の職務履歴をどのようにアピールしたらいいかわからない人 

・スマホで食事液晶を簡単に作りたい人

これらの人 に最適である。

リクルートエージェントに登録していれば、職務履歴書レターオカツヨシに流れに沿ってあなたの経歴を入力していくだけでそのまま提出することができるのが嬉しい。

今すぐ無料登録して非公開求人に出会おう!

理由6:自分で転職活動をするよりもエージェント経由した方が効率よく進むため。

リクルートエージェント活用していったほうがやはり自分一人でやるよりもスムーズに転職活動が入ったという人多数!

転職エージェントを活用することであなたが自分で詳しく調べる時間を省くことが出来る。

もし自力で転職活動をしたいと考えているのなら転職サイトに登録して自分で求人を探し自分で応募するのもアリである。

このような点から転職活動が初めての人にとってはやはりリクルートエージェントを通じてより良い求人を見つけてもらうというのも転職戦力としてかなり合理的であるといえそうである。

ポイント

【人気の理由6つ】リクルートエージェントが人気な5つの理由 【メリット】

理由1:求人数No.1でがとにかく多いため。

理由2:幅広い業界、職種に対応しているため。

理由3:大手リクルートが運営しており安心して利用できるため。

理由4:面接対策が手厚く、充実しているため。

理由5:「職務経歴書エディター」で簡単に職務経歴書が作れるため。

理由6:自分で転職活動をするよりもエージェント経由した方が効率よく進むため。

友人にインタビューしてみたところ、やはり求人数がとにかく多く、運営がリクルートのためという理由が多かったよ!

22年11月も大人気のリクルートエージェントをぜひ使い倒していこう!

【都道府県別】リクルートエージェントの評判と求人数

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントは全国で大人気!

1:東京のリクルートエージェントの評判と求人数

リクルートエージェント東京における求人数は約42500件である!

東京の求人数が多い転職エージェントは1位リクルートに Do DA 3位パソナ4位マイナビエージェントである。

リクルートエージェントの東京オフィスは以下の通りである。

・JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分

・東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩5分

のグラントウキョウサウスタワーにあります。

東京本社所在地

東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

東京で転職したい方はぜひ、下記リンクからリクルートエージェントに登録しておこう!

2:神奈川のリクルートエージェントの評判と求人数

リクルートエージェント神奈川の求人数は7300件ほどである!

勤務地が神奈川の企業に転職したい人はリクルートエージェントに登録しておこう!

エージェントの担当者と面談が行われる横浜オフィスは横浜駅より直結徒歩3分のスカイビル16階である。

横浜支店所在地

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16階

神奈川で転職したい方はぜひ、下記リンクからリクルートエージェントに登録しておこう!

3:大阪のリクルートエージェントの評判と求人数

リクルートエージェント大阪における求人数は約9200件となっている!

リクルートエージェントは大阪でも非常に多くの求人を持っている。

また、リクルートエージェントと面談が行われる大阪のオフィスは以下の場所である。阪急梅田駅より徒歩約3分

・JR大阪駅より徒歩約4分

・阪神梅田駅より徒歩約3分

・地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約2分

・地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩約2分

の、梅田阪急ビルオフィスタワー31階にあります。

大阪支店所在地

大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F

大阪で転職したい方はぜひ、下記リンクからリクルートエージェントに登録しておこう!

4:愛知のリクルートエージェントの評判と求人数

リクルートエージェント市求人数は約8200件となっている!

リクルートエージェントは愛知でも非常に充実した求人を保有している。

面談が行われる名古屋オフィスは、

・JR各線、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅

・名鉄名古屋駅

・近鉄名古屋駅  

より直結の、スカイビル 16階にあります。

名古屋支店所在地

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ42階

愛知で転職したい方はぜひ、下記リンクからリクルートエージェントに登録しておこう!

5:福岡のリクルートエージェントの評判と求人数

リクルートエージェントの福岡に起きる求人数は約4200件となっている!

リクルートエージェントは福岡でも求人数が一番多いエージェントである。

面談が行われる福岡オフィスは、

・地下鉄空港線 天神駅 1番出口より徒歩5分

・福岡市地下鉄空港線 赤坂駅 5番出口より徒歩7分

・西鉄天神大牟田線 西鉄福岡駅 北口より徒歩7分 

の、リクルート天神ビル 6階にあります。

福岡支店所在地

福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階

福岡で転職したい方はぜひ、下記リンクからリクルートエージェントに登録しておこう!

6:都道府県別のリクルートエージェント求人数ランキング

最後にリクルートが保有する各都道府県の求人数をランキング形式でまとめてみたよ!

  • 都道府県別のリクルートエージェント求人数ランキング表(22年11月現在)

順位 都道府県 求人数
1位 東京都 約4万2,500件
2位 大阪府 約9,200件
3位 愛知県 約8,200件
4位 神奈川県 約7,300件
5位 福岡県 約4,200件
6位 京都府 約3,000件
7位 兵庫県 約2,900件
8位 埼玉県 約2,600件
静岡県
広島県
11位 千葉県 約2,400件
12位 北海道 約2,100件
13位 宮城県 約2,000件
14位 岐阜県 約1,500件
15位 岡山県 約1,400件
16位 茨城県 約1,200件
三重県
18位 新潟県 約1,000件
19位 栃木県 約900件
長野県
滋賀県
熊本県
23位 福島県 約800件
富山県
石川県
長崎県
27位 岩手県 約700件
群馬県
香川県
愛媛県
31位 福井県 約600件
山口県
33位 山形県 約500件
鹿児島県
35位 青森県 約400件
奈良県
徳島県
大分県
沖縄県
40位 秋田県 約300件
山梨県
佐賀県
宮崎県
44位 和歌山県 約200件
鳥取県
島根県
高知県
都道府県別のリクルートエージェント求人数ランキング表

かわちゃん(週刊転職・編集長)

日本全国に幅広く求人を持っているのがリクルートエージェントの強みだね!

【併用はコレ!】リクルートエージェントと併用するとよい「おすすめ転職エージェント」

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントと併用するなら、

1:併用すべき転職エージェントの選び方

まず転職エージェントには大きく総合型の転職エージェントと業界特化型の転職エージェントの二つが存在する。

まずはメインで使う総合型の転職エージェント決めよう。

総合型転職エージェントがおすすめの人の特徴

・転職活動が初めての人

・良い求人があれば業界や職種にこだわらずに応募したい人

・今までとは違う業種職種を検討している人

・求人数がとにかく多いエージェントを活用したい人

その次に業界特化型のエージェントを一つ選ぶ。

業界特化型エージェントがおすすめな人の特徴

・希望する業界が明確な日

・希望する職種が明確な人

・今いる業界や職種での経験が長くスキルアップ転職をしたい人

・その業界特有の面接対策をサポートして欲しい人

・希望する業界出身の担当者に相談をしたい人

転職エージェントには大きく2タイプがあるんだね!

また、転職サイトは、情報収集用に向いていると言われている。 

2:併用すべきおすすめ「総合型」転職エージェント

転職エージェントを利用する際に見るべきポイントは大きく三つ!

  • 1:求人数の量が多いかどうか。

→優良求人がオーク求人数も十分にあるかを確認しておこう。

  • 2:担当者の質が高いか。

→あなたの希望条件にあった求人を紹介してくれるか確認しよう。

  • 3:手厚いサポートがあるか。

→転職活動に不安を覚える人に対して丁寧にサポートしてくれるか確認しよう。

総合型転職エージェントの中で「リクルートエージェント」はこれらをすべて満たしているよ!

3:併用でおすすめ「業界特化型」転職エージェント

かわちゃん(週刊転職・編集長)

各業界特化エージェントは10社以上とかなりたくさんあるよ!

業界/特化エージェント おすすめエージェント
第2新卒/未経験 マイナビジョブ'20
第2新卒/フリーター 就職shop
IT・Webエンジニア レバテックキャリア
海外・ハイクラス ビズリーチ
外資 CAREERCARVER
管理職・エグゼクティブ CAREERCARVER
女性 パソナキャリア
アパレル クリーデンス
看護師 看護roo
薬剤師 薬キャリ
介護 きらケア
保育士 保育ひろば
「業界特化型」転職エージェント

【併用人気TOP3】併用は2つ以上必須!リクルートエージェントと併用するとよい「おすすめ転職エージェント」

くちこ美(口コミ体験談担当)

転職活動に不安を感じている20代のあなたへ。

転職活動初めてなら、「リクルートエージェント」メインで活用していこう。

※リクルートエージェントを単独で使うのは、賢明な選択肢ではないかも。

求人数を網羅するためにも『リクルートエージェント』に登録しつつ、下記の人気転職エージェントにもう1社以上登録するのは大いにあり。

併用で人気TOP3

  • リクルートエージェントと併用におすすめ【求人が多くて20代に人気のTOP3】

  • 1:リクルートが運営/就職Shop:未経験、フリーター、既卒から正社員を目指す人に最適

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

>>【リクルート/就職shop】公式サイトを無料で見る。

  • 2:マイナビジョブ20's:第二新卒向けで最強

>>【マイナビジョブ20's】に無料登録する。

  • 3:リクルートダイレクトスカウト:ハイクラス向けで最強!年収600万以上の求人を探すなら最強。

上記を複数併用している人も多いよ!

専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違う。

※20代で転職成功者のなんと8割が「3社程」転職エージェントに登録。

上記の人気転職エージェントのうち、一つだけに偏って利用するのは、あなたの転職活動が上手くいかなくなるリスクがあるため注意が必要です。

※優良求人は早い者勝ち! 無料登録はお早めに 。

正社員への就職を検討しているなら「就職Shop」は最強。

>>リクルートが運営/就職shop【正社員への就職で最強!良い評判15】hsp・ニート

直近年収600万以上なら『リクルートダイレクトスカウト』もあり。

>>リクルートダイレクトスカウト【良い評判12㊙︎盲点】ハイクラス向け

【準備のポイント3つ】リクルートエージェントを最大限活用するための

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントをフル活用するためのポイントを解説していくね! 

準備のポイント1:転職時期は最短可能日程で答える。

一番大切な準備ポイントは転職時期を最短可能日を決めておきしっかりとリクルートの担当者に伝えるということである。

リクルートの担当者には必ず転職時期はいつ頃を考えていますかと聞かれるのでこの時期にいいところがあればすぐにでも面接受けますと答えるようにしておこう。

自分の希望を測定することであなたの優先順位を上げてリクルートエージェントは対応してくれることでしょう。

しっかりと、事前に転職希望時期を決めておくことはとっても大切である!

準備のポイント2:同じ案件に複数の転職サービスから応募しない。

複数の転職サービスエージェントを経由して同じような案件に応募しないようにしよう。

同じような案件に別の転職エージェントから応募してしまうと、企業だけでなく担当者にも不信感を与え転職がうまくいかないこともある点に注意しよう。

まずは、リクルートエージェントからの求人に絞って転職活動を始めてみよう!

準備のポイント3:担当者としっかりとコミュニケーションをとる。

リクルートエージェントに登録したらあなたに担当者担当コンサルタントが好きサポートしてくださる。

もしあなたと相性が合わなかったりした場合担当者の変更を申し出てみよう。

〈担当者変更メールの例文〉

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

私自身転職活動が初めてで、不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他の担当者、コンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

このような感じで「担当者変更のメール」を作成してみるのも良いね。

また、リクルートが運営している他のエージェントでおすすめは以下の通りである。

リクルートが運営のサイトまとめ

・転職サイトなら、「リクナビNEXT」

・第二新卒なら「就職shop」

・ハイクラス転職なら「キャリアカーバー」

かわちゃん(週刊転職・編集長)

求人数を網羅するためにも『リクルートエージェント』をメインで登録しつつ、下記の人気転職エージェントにもう1社登録するのは大いにあり

  • リクルートエージェントと併用におすすめ【求人が多くて20代に人気のTOP3】

  • 1:マイナビジョブ20's:第二新卒、未経験向けで最強!

  • 2:doda:非公開求人がリクルートエージェントの次に多い。非公開求人を探すならデューダ!

>>【doda/デューダ】に無料登録】する。

  • 3:リクルートキャリアカーバー:ハイクラス向けで最強!年収600万以上の求人を探すならキャリアカーバー!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

是非、これらはまとめて登録しておこう!

準備のポイント4:経歴やスキルに嘘を記入しない。

あなたが最初に登録する情報過去の経歴スキル等についてはすべて記録に残ってしまっ。

そのため少し前にあなたが登録した情報をを更新しておく必要がある。

あなたの職務経歴に嘘をたくさん盛り込んでしまうと後々あなたが困ってしまうことになるため注意したいところである。

準備のポイント5:推薦文は必ず確認する。

ほとんどの担当コンサルタントはあなたについて200字から1000字程度での推薦文を書き、企業に伝達する。

その推薦文は面接時に効果があるとされている。

そのためあなたの目でその推薦文を一度見ておきたいと考えているの連絡しておくことが大切である。

準備のポイント6:紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』等で下調べする。

紹介された転職先についてはしっかりと口コミサイトで確認しておくことも大切である。

例えば、オープンワークなどには口コミがたくさん集まっているため会社の評判や雰囲気を予測することができる。

ポイント

【準備のポイント】リクルートエージェントを最大限活用するための

準備のポイント1:転職時期は最短可能日程で答える。

準備のポイント2:同じ案件に複数の転職サービスから応募しない。

準備のポイント3:担当者としっかりとコミュニケーションをとる。

準備のポイント4:経歴やスキルに嘘をつかない。

準備のポイント5:推薦文は必ず確認する。

準備のポイント6:紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』等で下調べする。

【初回面談で失敗を防ぐポイント4つ】リクルートエージェント

リクルートエージェントの初回面談、の前にしっかりと準備をしておくことはとっても大切だよ! 

1:基本的な自己分析は事前に終わらせておく。

2:面談前に必要資料は全て提出する。

3:面談当日は、転職活動への意欲を熱意を持って伝える。

4:希望条件や職務経歴などアピールポイントなどをメモにまとめておく。 

【使い方で失敗しないのためのコツ3つ】リクルートエージェント活用の際に

リクルートエージェントを活用する際、不都合が生じてしまうこともある。

例えば、

・紹介される転職先の条件があなたの希望に合致しない。

・給与の交渉をなかなかしてくれない。

・エージェントの担当者との相性が合わなかった。

・他のエージェントどのように栄養したら良いのかよくわからなかった。

など様々な不都合が生じることもあり得る。

そこで今回はリクルートエージェントの使い方で失敗しないためのコツを三つほど紹介していくね。

コツ1:担当者と合わない場合は変更してもらう。

あなたと相性の合わないエージェントの担当者に当たった場合、早めに担当者を変更をしてもらうことも大切である。

確かに、転職エージェント初めて使う人にとってはどんな漢字なのかわからないことも多いかもしれない。

しかし、手遅れになる前に自分と相性のよくない担当者に当たってしまった場合は速やかに変更することも大切である。

コツ2:あなたの要望、あなたの情報は正しく伝えて返信も早くする。

リクルートエージェントを活用する際に、あなたの情報を正確に伝えることはとても大切である。

確かに、自分の過去の実績を守りたくなるという気持ちもよくわかる。

しかし、あまりにも逸脱した過去の経歴を伝えてしまうと本当に良い転職先と巡り会えない可能性もあることを覚えておこう。

また、担当者からの連絡にはなるべくスピーディーに変身する必要がある。

そうすることで、あなたは転職に本気なんだということがリクルートのエージェントの担当者にも伝わるため良い条件の案件が回ってきやすくなるとの見方もなされている。

コツ3:他の転職エージェントも併用する。

空に失敗しないためには、 リクルートエージェント以外のエージェントも併用することが大切である。

 転職エージェント併用することであなたは以下のようなメリットを得ることができる。

・各エージェントが持っている非公開求人を見ることができる。

・あなたと相性の良い担当者と出会える可能性が 高まる。

・ まだ出会ったことのない求人に出会うことができる。

おすすめな活用の仕方は、幅広い求人を探しつつ、

「業界特化型」のエージェントや「特定の年齢層特化」のエージェントを併用することである。

転職活動に不安を抱えているあなたへ。

転職活動初めてなら、まずは「リクルートエージェント」メインで活用していこう。

※リクルートエージェントを単独で使うのは、賢明な選択肢ではないかも。

求人数を網羅するためにも『リクルートエージェント』に登録しつつ、下記の人気転職エージェントにもう1社登録するのは大いにあり。

  • 【求人が多くて20代に人気のTOP3】

  • 1:マイナビジョブ20's:第二新卒、未経験向けで最強!

  • 2:doda:非公開求人が2番目に多い。非公開求人を探すならデューダ!

>>【doda/デューダ】に無料登録】する。

※マイナビエージェント:上記に当てはまらなかった人向け

是非、これらはまとめて登録しておこう!

IT業界でも年収が高く、キャリアアップを目指す人におすすめの転職サイトは次の2社です。

  • 【ハイクラス系】で人気の転職エージェント

  • 3:リクルートキャリアカーバー:ハイクラス向けで最強!年収600万以上の求人を探すならキャリアカーバー!

【使い方で失敗しないのためのコツ3つ】リクルートエージェント活用の際に

1:担当者と合わない場合は変更してもらう。

2:あなたの要望、あなたの情報は正しく伝えて返信も早くする。

3:他の転職エージェントも併用する。

【断られたときの対処法3つ】リクルートエージェントに

対処法1:再挑戦する。

もう一度時間を空けてその求人に再挑戦するのも大いにあり。

対処法2:他の転職エージェントを利用する。

断られてしまった時は他の転職エージェントを利用してみるのもあり。

  • 【求人が多くて20代に人気のTOP3】

  • 1:マイナビジョブ20's:20代、第二新卒、未経験向け

  • 2:doda:非公開求人が2番目に多い。非公開求人を探すならデューダ!

>>【doda/デューダ】に無料登録】する。

  • 3:リクルートキャリアカーバー:ハイクラス向けで最強!年収600万以上の求人を探すならキャリアカーバー!

対処法3:転職サイトを利用する。

転職サイトを利用すれば、自分で自由に応募することができる。

ある程度自信のある人には、以下の最も求人の多い「リクナビNEXT」から応募するのも有効であるといえる。

リクナビNEXT

ポイント

【断られたときの対処法3つ】リクルートエージェントに

対処法1:再挑戦する。

対処法2:他の転職エージェントを利用する。

対処法3:転職サイトを利用する。

【手順7つ】リクルートエージェント無料登録〜転職成功までの全流れ

手順1:Webで無料登録。

リクルートエージェントから、電話、メールで「本人確認の連絡が来た場合」は必ず対応するようにしょう!

手順2:面談日程の調整。

リクルートエージェントから、電話、メールで「面接日程の確認の連絡が来た場合」は必ず対応するようにしょう!

手順3:面談に行く。

面談の申し込みが完了した後リクルートエージェントの担当者キャリアアドバイザーと面談をすることになる。

準備するものは

履歴書職務経歴書事前に送付する

筆記用具

写真※指示された場合

これらを忘れず持って行こう。

面談の所有時間は、おおよそ1時間から1時間半であることが多い。

あなたの転職希望条件をしっかりと伝えリクルートエージェントの担当者と一緒に転職活動を進めて行こう!

手順4:求人紹介を受ける。

面談が終わったらリクルートエージェントの担当者から求人情報の紹介の連絡が届く。

連絡の受け取り方はメール電話から選べるのであなたにとって都合のよい方法をしっかりと伝えておこう。

手順5:書類添削・企業の面接対策。

リクルートエージェントなら、手厚い面接対策や書類添削をしてくれる。

サポートをしっかりと活用して、次の企業との面接にしっかりと準備をして挑もう。

手順6:企業との面接。

転職先の先行に応募して書類選考を通過したら企業の面接を受けにいく。

リクルートエージェントの担当者キャリアアドバイザーから事前に面接対策を抜けていくことでスムーズに面接を通過することができるよ。

手順7:内定、条件交渉、退職サポート。

企業の面接に動くきたら内定ゲット!

ここでの注意点はすぐ決めてしまうのではなく待遇面などもしっかりと確認することが大切である。

給料や希望の条件に納得していない場合、リクルートエージェントの担当者に企業と交渉してもらうことも大切で。

実際、私の友人もリクルートエージェントの担当者が最後まで条件交渉をし、サポートしてくれたためより良い転職先に就職することができたのである。

このように、リクルートエージェントを徹底活用して、より良い転職先に移れることを私は願っている!

ポイント

【手順】リクルートエージェント登録方法と内定を得るまでの全流れ

手順1:Webで会員登録。

手順2:面談日程の調整。

手順3:面談に行く。

手順4:求人紹介を受ける。

手順5:書類添削・企業の面接対策。

手順6:企業との面接。

手順7:内定、条件交渉、退職サポート。

【補足1】リクルートエージェント利用後について 

リクルートエージェントを退会した人の主な理由

1:担当者が合わなかった。

2:自分の求める求人を紹介してもらえなかった。

【補足2】リクルートエージェント退会の手順 

手順1:公式ホームページから退会手続きをする

1:公式HPの「退会フォーム」へアクセス

2:名前・住所等の必要事項を入力

3:入力内容を確認して送信

また、スカウトメールを止めたい場合、リクナビ NEXT も退会する必要がある。

手順2:リクナビNEXTを退会する

1:リクナビNEXTにログイン

2:「各種設定」を選択

3:「退会」ボタンを押す

さらに、個人情報まで消去したい場合は個人情報の消去を申請する必要がある。

手順3:個人情報の削除を申請する

1:リクルートエージェントの「問い合わせフォーム」へアクセス

2:名前・住所等の必要事項を入力

3:お問い合わせ内容」に個人情報の削除依頼を入力

どんなときも、リクルートエージェントから、電話、メールで「本人確認の連絡が来た場合」は必ず対応するようにしょう!

以上で、退会手続きはすべて完了。

また、個人情報削除を申請しなくても、退会から一定期間を経過すると消去されるので、ご安心ください。

ただ、保存期間が明確ではないため、心配な方は削除申請するのもあり。

【よくある質問16】リクルートエージェント

かわちゃん(週刊転職・編集長)

リクルートエージェントに関するよくある質問をまとめておくね!

質問1:既卒やフリーターでも利用、できますか?

リクルートエージェントでも既卒やフリーターの求人を紹介することは可能だが求人紹介を断られる可能性もある。

既卒フリーターお得にサポートしている転職エージェント併用することが望ましいと言える。

既卒フリーター転職に最適なエージェントは以下の通り。

ポイント

【第二新卒、フリーター、未経験向け転職エージェント】

・マイナビジョブ20s:初めての二卒転職におすすめ

・就職Shop:リクルートが運営。第二新卒、フリーター、未経験

・ハタラクティブ:レバテックが運営。 第二新卒、フリーター、未経験

・DYM就職:第二新卒の就職に強い。

・リクらく:未経験向け。内定率94%

・JAIC:フリーターから正社員へ徹底サポート。

質問2:利用するとどのくらい費用がかかりますか?

リクルートエージェントは「完全無料」で利用できるよ!

リクルートエージェントは転職したい人に対して、求人を紹介し企業から内定が出て入社した時点で採用した企業から採用成功報酬を受け取っている。

このような仕組みから、あなたは無料でリクルートエージェントを利用することができている。

もし、入社して半年以内に退職してしまった場合企業に採用成功報酬を返金するルールも設けて。

無理に希望条件に合わない9時を進めることや合意に転職を勧めることが少なくなってきている。

リクルートエージェントはあなたの希望に対して最適な転職先を提示してくれる心強い転職エージェントだね!

質問3:リクルートエージェントはどの年齢層に強いですか?

→20代30代の求人にとても強いです。

※ITエンジニアから営業職まで人気の求人が多数保有しています。

質問4:初回の面談でいつ頃転職すると伝えれば良いのですか?

→3ヶ月以内。「なるべく早く転職を検討している」という旨を必ず伝えよう。

そうすることで担当者はあなたの優先度を高めてくれより良い求人があなたに回って来やすくなるよ。

質問5:リクルートエージェントに断られる場合はありますか?

→あまりにも求人と合致していない場合、断られる可能性も稀にあります。 

質問6:応募を急かされたら、どうすれば良いですか?

→全ての求人に応募する必要はありません。

しかしなるべく早く応募することで、より良い転職先に行ける可能性が高まります。

※有料求人は数少ないため。

質問7:本当にリクルートエージェントは無料で利用できるのですか?

→はい。完全無料で利用できます。

質問8:電話で面談しても良いですか?

→はい。オンラインで面談することも可能です。

質問9:相性の悪いキャリアアドバイザーにあたったらどうすれば良いですか?

→キャリアアドバイザー、担当者変更をお申し出ください。 

質問10:ハイクラス向けの求人を探しているのですがハイクラス特価の転職エージェントはありますか?

→はい。リクルート運営ですとキャリアカーバーがおすすめです。

また、他社ですと JAC リクルートメント。

ビズリーチがハイクラス向けで人気となっています。

質問11:紹介された求人に応募しないことも可能なのでしょうか。

→求人紹介はリクルートエージェントの担当者との面談を踏まえた上で行われる。

その全ての求人にあなたは応募する必要はない。

質問12:面接対策ではどんなことをしてもらえますか?

面接対策では転職先の企業でよく聞かれる質問やわかりやすい人の特徴など面接を突破するためのノウハウを教えてもらうことができるよ。

またリクルートエージェントでは模擬面談をしてもらえるため本番の面接もスムーズに受け答えができるようになり転職先の企業から高い評価を得られる可能性が高。。

 まだリクルートエージェントの面接力向上セミナーでは、面接における転職理由や自己 PR のシナリオ作成方法までかなり詳しい転職に必要な実践的スキルを身につけることができるよ。

このように、リクルートエージェントの手厚いサポートで是非内定を勝ち取って行こう!

質問13:「リクナビ就職エージェント」との違いを教えてください。

リクナビ就活エージェントはリクルートが運営している新卒向けの就活エージェントのことである。

大学生にはぴったりの就職エージェントである。

一方でリクルートエージェントは社会人向けの転職エージェントである。

質14:「リクナビNEXT」との違いを教えてください。

リクナビ NEXT は担当者のつかない情報収集用の「転職サイト」のことである。

求人数は約4万件とかなりの数揃っている。

一方でリクルートエージェントはあなたに担当者がつきサポートを受けながら転職活動を行う「転職エージェント」である。

まだリクルートエージェントの求人数は9万8000件さらに非公開求人が10万8000件も揃っている。

質問15:やめる方法、退会方法を教えてください。

リクルートエージェントがもしあなたに会わなかった場合簡単に退会することができ。

名前メールアドレス生年月日を入力するだけで簡単に退会できるよ。

質問16:リクルートエージェントにアプリがあると聞いたのですが

リクルートエージェントでは利用者の方向けにアプリも出しています。

  • スマホアプリの主な機能は以下の5つ。

・求人検索

・応募した求人の選考状況の確認

・職務経歴書の作成

・履歴書・職務経歴書のチェック

・面接対策や企業情報の確認

リクルートエージェントを利用する方はぜひダウンロードしましょう。

iPhone用のアプリはこちら

android用のアプリはこちら

質問17:エージェントのレポートって何ですか?

インシデントレポートとは普通の転職サイトでは得ることができない業界分析や選考のポイントを伝えてくれる。

エージェントレポートに記載される内容は以下の通りである。

・転職エージェント担当者から見たポイント

・活躍する人材の特徴

・企業の特徴、業界トレンド 

・仕事のやりがい働く環境につい

・選考について

是非リクルートエージェントでエージェントレポートを活用して転職活動をさらに効率よく進めていこう。

質問18:パーソナルデスクトップって何ですか?

パーソナルデスクトップとはリクルートエージェントのマイページのことで。

マイページに行くとリクルートエージェント登録者専用のサイトやアプリの管理を行うことができるよ。

質問19:キャリアシートって何ですか?

キャリアシートとは履歴書のことで。

キャリアシートをに関してはリクルートエージェントに登録していない場合でも閲覧ダウンロードすることができるよ。

質問20:企業スカウトは転職に有利ですか?

企業スカウトとはスカウトメールを通じて選考に応募することである。

もちろん必ず内定が出るという保証はないが一般の募集に比べてあなたが少し有利に転職活動を進めることができるよ。

  • スカウトサービスは以下の2種類。

・書類選考が免除される「面接確約」。

・通常の応募よりも書類選考の通過率が3倍ほど高い「応募歓迎」。

この2つのパターンである。

スカウトメールは求職者にとって有利になることが多いためあなたはキャリアシート、履歴書を充実させておくことが望ましいと言える。

質問21:利用期間に制限があるのですか?

リクルートエージェントは転職支援サービスの期間を約3か月としている!

実際転職エージェントを利用している人の多くが3ヶ月以内に転職成功しているためである。

3ヶ月以内に転職を検討しているのならリクルートエージェントに今すぐ登録しておこう!

各転職エージェントのサポート期間の比較。

質問22:マイページにログインできないのですか?

リクルートエージェントに登録を送られてくる専用マイページ Personal Desktop のご案内というメールに記載された ID 仮パスワードでログインをまずは行なってください。

上記のメールもうなくしてしまった場合はパスワードを忘れになった方は仮パスワードを再発行することができるよ。

質問23:リクルートエージェントは再登録できますか?

リクルートエージェントに登録することは可能で。

再登録の手順は新規登録と同じであるリクルートエージェントの公式サイトから会員登録を進めていこう。

また前回の利用から5年以内ならば以前の登録内容をそのまま使って再登録することもできるよ。

質問24:リクルート運営の第二新卒向けエージェントはあるの?

リクルート運営の第二新卒向けエージェントは「就職shop」である。

就職shopは、第二新卒やフリーターからの求人を数多く取り揃えている点が強みである。

リクルートが運営しており信頼が厚いため、近年人気急上昇中である。

結論:リクルートエージェントは、評判以上に人気で最強!

リクルートエージェントを活用することで、柔軟な働き方のできる Web業界への転職が効率よくできるよ。

特に、求人数も多くリクルートが運営しているため安心して転職がはじめての人でも利用できる点が魅力である。

転職に迷っている20代30代のあなたは今すぐリクルートエージェントを活用して転職のサポートを受けてみよう!

※有料求人の数には限りがあります。

転職に迷っているあなたは早めに無料登録しておこう。

【転職、初心者必見!】22年11月、転職活動に不安を抱えているあなたへ。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

転職活動初めてなら、まずは「リクルートエージェント」メインで活用していこう。

※リクルートエージェントを単独で使うのは、賢明な選択肢ではないかも。

求人数を網羅するためにも『リクルートエージェント』に登録しつつ、下記の人気転職エージェントに、もう1社登録するのは大いにあり。

  • 【リクルートエージェントと併用におすすめ・人気のTOP3】

  • 1:マイナビジョブ20's:第二新卒、未経験向けで最強!

  • 2:doda:非公開求人がリクルートエージェントの次に多い。非公開求人を探すならデューダ!

>>【doda/デューダ】に無料登録】する。

  • 3:リクルートキャリアカーバー:ハイクラス向けで最強!年収600万以上の求人を探すならキャリアカーバー!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

是非、これらはまとめて登録しておこう!

リクルートエージェントを活用して、今よりも柔軟な働き方のできる職場に、効率よく転職するのは最高の選択肢だね!

次回もよろしくね。

『週刊転職』編集長のかわちゃんより。

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOアナリスト)→TECH CAMPにてデータ分析の勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOアナリスト)→TECH CAMPにてデータ分析の勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先