20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

22年8月【おすすめ3+22社】Webマーケティングに強い転職エージェント未経験

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を読むと分かること。
  • Webマーケティング業界に強い転職エージェント
  • 総合人気の高い転職エージェントを知りたい人
  • 使ってよかった、未経験におすすめの転職エージェントは『就職Shop』
かわちゃん(週刊転職・編集長)

結論

以下のWebマーケティング業界に人気トップ3の転職サービスの中からまずは1つ無料登録しておくと良い。

1:リクルートエージェント(20代30代の非公開求人数がトップレベル)

2:就職Shop(未経験から正社員に転職するなら最強)

3:ビズリーチ(直近年収600万以上のハイクラス向け)

※人気優良求人は早い者勝ち!無料登録はお早めに。

※この中から選べば転職で失敗しにくい。

20代30代で転職成功者の約8割がなんと3社程、転職エージェント併用している。

1社に偏らせて転職活動をするのはリスクがあり注意が必要。

>>網羅型で最強のリクルートエージェントには必ず登録しておこう。

>>たった30秒で登録完了

本記事の信頼性(筆者)

日系ベンチャー、外資系企業、Webマーケティング会社、アパレル店員、全てを経験したWeb業界歴4年の私(『週刊転職』編集長:かわちゃん)の実体験と分析に基づき、

職場の人間関係や新たな転職先探しに悩むあなた、のお役に立てたらと思い、気持ちを込めて書きました。 

Webマーケティングに強い「転職エージェント」についての特別解説。

ぜひ、お楽しみください。

↓↓タップで飛べる目次

「Web系で最強の3つ」Webマーケティングに強い!転職エージェント・未経験OK

かわちゃん(週刊転職・編集長)

元営業マンからWebマーケティング業界に転職した、私の友人が使って非常に有益だった転職エージェントは以下の通りである。

結論、Webマーケティング業界、IT業界に、特に強いおすすめ転職エージェントは、

リクルートエージェント(非公開求人数がトップレベル)

・就職Shop(未経験向け)

・ビズリーチ(Web、IT業界経験者向け)

の3つである。

IT業界、Webマーケティング業界への転職を成功させた、私の友人の多くが言うから間違いないであろう。

これらは必ず、無料会員登録しておこう。

【総合人気TOP3はコレ!】Webマーケティング業界・人気の転職エージェント

くちこ美(口コミ体験談担当)

以下のリンクから、無料で複数登録しておこう。

20代、第二新卒の転職なら→「リクルートエージェント」

※Web業界・IT業界の非公開求人数が圧倒的。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

フリーター、未経験から正社員を目指すなら→「就職Shop」

ニート、フリーター、既卒、高卒から正社員を目指すあなたに最適。

>>【リクルート/就職shop】公式サイトを無料で見る。

専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います。

年収800万〜の求人多数、ハイクラスなら→「ビズリーチ」

ハイクラスで転職を検討いしているあなたに最適。

その他

・Web、IT業界の経験者なら→「マイナビクリエイター」

・理系、IT業界超特化、年収交渉までの手厚さなら→「type転職」

※これらの中から選べば失敗しにくいよ。 

※上記の人気転職エージェントのうち、一つだけに偏って利用するのは、あなたの転職活動が上手くいかなくなるリスクがあるため注意が必要です。

>>今の環境を変えたいあなたへ。

>>迷ったら「リクルートエージェント」が最強。

1:リクルートエージェントの超リアルな口コミ

業界トップレベルの非公開求人数18万件以上 の中から選べて自分にピッタリの転職先に出会えました。

企業との年収交渉を代行してくれ転職初心者の私も効率よく進められました。

全国どの地域からでも「完全無料」で利用できる点がよかった。 

思いの外第二新卒求人がリクルートエージェントは多かった。

第二新卒はやばい第二新卒はやめとけと隣人に言われることもあるけど、リクルートエージェントに相談したらかなり助けられたと私は感じている。

幅広い業界を検討している人にも向いていると感じた。

転職エージェントで万能なのは、リクルートエージェントだと思った。

リクルートエージェントの魅力・強み

リクルートエージェントは非公開求人数を10万件以上も保有している。

利用者数が圧倒的に多く、20代、第二新卒、30代の求人がとりわけ多い。

特に、システムエンジニア、ITエンジニアの求人、営業職、カスタマーサービス職の求人が全体の50%を占めていて、営業職やIT業界の求人がかなり豊富であるのが、リクルートエージェントの魅力。

WebIT業界>不動産業界>小売サービス業>マスコミ広告業界の順で、求人数が多いのがリクルートエージェントの特徴。

リクルートエージェント・おすすめな人の特徴

リクルートエージェントがおすすめな人は以下の通り。

・転職活動が初めての20代30代の人

・良い条件の会社があればすぐに転職したい人

・スピード感を持って、転職活動を進めたい人

・面接対策や給与交渉まで丁寧なサポートを受けたい人

リクルートエージェントと「併用すると良い」転職エージェント

リクルートエージェントは利用者数が多い反面、一人一人のサポートがやや手薄になる可能性もあります。

一方で、よりサポートの手厚さを求めるのならマイナビエージェントなどを併用してみると良い。

また、第二新卒でスカウト型サービスを検討しているのなら「キャリトレ」も併用して行きましょう。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で完了。

2:就職Shopの超リアルな口コミ・Webマーケティング転職エージェント

未経験フリーターから正社員への就職で就職Shopは最強。

就職Shopは書類選考が無くて、未経験でも就職先を教えてもらえて助かりました。

大手リクルートが運営していて求人数もサポート体制も万全。

20代で年収800万円を超えている人の割合を、厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」で見てみると、男女ともに0%であることが判明している。

また、20~24歳までの男性で、もっとも多い割合の賃金階級は200~219.9万円。

女性は180~199.9万円。

そして、25~29歳になると、男性は220~239.9万円、女性も220~239.9万円あり、この層へのサポートに就職Shopは最適だとの見方ができます。

学歴キャリアに自信がない私が活用するには最適。

就職Shopの魅力・強み

就職Shop最大の強みは、書類選考がなく未経験や学歴に自信がない人であっても、就職の相談に乗ってもらえること。

フリーターやニートから、何が何でも正社員へ転職をしたいの人の強い味方になってくれます。

また、転職を繰り返す人や繊細な人にも相談に乗ってくださり、近年就職Shopはhspにも人気の転職エージェントであることがSNSで注目を集めている。

とりわけ、20代、既卒、第二新卒、フリーターの人は就職shopの恩恵をしっかりと受けることができそうだと言えます。

就職Shop・おすすめな人の特徴

就職Shopおすすめな人は以下の通り。

・正社員への就職を検討している人

・営業や事務、接客業の求人に興味のある人

・学歴や経歴に自信のない人

・リクルートが運営している質の高いサービスを受けたい人

就職Shopと「併用すると良い」転職エージェント

就職Shopのは20代の「未経験歓迎」の求人がほとんど。

つまり、正社員経験がない人にとって最適なサービス。

とりわけ、経歴や学歴に自信があり大企業を検討しているのなら、リクルートエージェントを併用しておくと良い。

IT業界やコンサル、ベンチャーに興味があるなら、キャリトレなども併用して行きましょう。

>>【就職Shop】に無料登録する。

>>たった30秒で完了。

3:ビズリーチの超リアルな口コミ・Webマーケティング転職エージェント

ビズリーチは30代40代のハイクラス、外資系、管理職、専門職などを中心とした「スカウト型」転職サービス。

スカウト型転職サービスであり、自分の市場価値を知る際にはかなり役立ちました。

とりわけ、ハイクラス層が年収アップを検討している場合、入れておいて損はなかった。

直近年収600万以上ある人が、年収800万円以上を目指す場合、かなり力になってくれそうだと感じました。

実際、国税庁の「民間給与実態統計調査(令和元年分)」によると、年収800万円を超えている人の割合は全体の9.6%、年収800万円超900万円以下の人の割合は全体の2.9%で、ビズリーチはこの層にマッチしていると感じました。

20代でスキルがあまりない状態だと全然スカウトされないこともありました。

とりわけ自分の市場価値を知るために無料登録するだけでも十分価値がありました。

ビズリーチの魅力・強み 

とにかく高年収の求人が豊富であり年収アップに繋げやすいのがビズリーチの魅力。

実際、ビズリーチは約13万件の求人を保有している。

また、あなたの興味のある職種や業界に精通しているヘッドハンターに無料相談できるシステムがとても良い。

約5000名のヘッドハンターが在籍していて、競合のリクルートダイレクトスカウトの約3000名を超えているのが強みだといえる。

ビズリーチ・おすすめな人の特徴

ビズリーチに登録するのがおすすめな人は以下の通り。

・直近年収が600万以上の人

・自分と相性の良いヘッドハンターを選びたい人

・スカウトメールを通じて自分の市場価値を知りたい人

・ 30代40代でハイクラス転職を検討している人

ビズリーチと「併用すると良い」転職エージェント

直近年収が600万に満たない人や一定のスキルがないとスカウトされにくいのがビズリーチの注意点。

それをカバーすべく、ハイクラス以外の一般的な求人も扱っているリクルートエージェント、リクナビNEXT、マイナビエージェントなどを併用すると良い。

また、同じハイクラスの転職エージェントなら、リクルートダイレクトスカウトやJACリクルートメント、ランスタッドなどが近年人気となっている。

>>【ビズリーチ】に無料登録する。

>>たった30秒で完了。

4:リクナビNEXTの超リアルな口コミ・Webマーケティング転職エージェント

転職を検討している人の8割が利用していて22年8月1月時点で登録者数は約1200万人を超えている。

リクナビNEXTにもスカウトメールが2種類あり、オープンオファーとプライベートオファーがあり面接へ進めることができました。

社交性や慎重性など18種類の強みを分類した「グッドポイント診断」を通じて自己分析を効率よく進められました。

大手企業からベンチャー中小企業への転職に悩む人にも向いていると感じました。

自分に合った求人を自分で探したい人にはピッタリだと感じました。

とりわけ手厚いサポートはないものの求人数の多さは圧倒的。

リクナビNEXTの魅力・強み 

30代向けの求人数が圧倒的に多い。

理想の求人が探しやすく、効率よく見つけることができました。

「グッドポイント診断」で適職候補が探せるなど、面白い機能が付いている。

転職サイトであるため検索機能が充実していて、自分のこだわり条件を元に絞り込みやすかった。

求人を絞り込む条件の一例

・在宅勤務OK 

・業界未経験歓迎

・社会人未経験歓迎

・年間休日120日以上

・17時までに退社可

・月平均残業時間20時間以内

・学歴不問

・外資系企業

・離職率5%以下

・フリーターから正社員を目指す

・上場企業

・株式公開企業

・育児支援託児所あり

・資格取得支援手当てあり

・社宅・家賃補助制度あり

・育児・介護休業取得実績あり

・退職金あり

・女性従業員4割以上

・子育てママ活躍中

転職サイトだからこそ、公開されている多数の求人を効率よく絞り込めるのが良い。

リクナビNEXT・おすすめな人の特徴

リクナビNEXTおすすめな人は以下の通り。

・とにかく沢山の公開求人を見たい人 

・30代40代で転職活動にある程度慣れている人

・業界での経験があり、転職を検討している人 

・ 自分で好きな求人に応募して自分で転職活動を進めたい人

・とりあえず転職サイトに登録して求人を探したい人

・どんな会社があるのか情報収集をしたい人 

リクナビNEXTと「併用すると良い」転職エージェント

リクナビネクストと併用するのにおすすめなのは「転職エージェント型」または「スカウト型」サービス。

転職エージェント型の代表格としてはリクルートエージェントやマイナビエージェントが挙げられます。

ここで、リクナビNEXTとリクルートエージェントの大きな違いを覚えておきましょう。

・リクナビNEX:公開求人数が多い、自分の希望に沿った求人を自分で探すことができます。

・リクルートエージェント:優良非公開求人と出会える、サポートが手厚い、アドバイザーに相談に乗ってもらえます。 

つまり、自分で求人を選んで「自分で転職活動をしたい人」にとってはリクナビNEXT が最適だということが分かります。

また、30代40代の転職で、スカウトを通じて自分の市場価値を知りたいのなら「ビズリーチ」もおすすめ。

>>【リクナビNEXT】に無料登録する。

>>たった30秒で完了。

5:キャリトレの超リアルな口コミ・Webマーケティング転職エージェント

20代第二新卒で転職を検討しているなら最強のサービス。

20代の若手や未経験者にとって自分の市場価値を知るためにも役立った。

社会人経験が少ない私でも未経験歓迎の求人を紹介してくれて助かった。

未経験から異業種に転職する際に、キャリトレを活用して大正解。

スカウト機能やレコメンド機能が他にはない仕組みで良かった。

プラチナスカウトをゲットできたときはかなり嬉しかった。

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」が挙げられており、30.3%を占めている。

近年はワークライフバランスを重視する傾向があり、良い給与をもらえても、プライベートを犠牲にしたくないという考えは年々高まりつつある。

このような若者のニーズに応えるべく、第二新卒に注力している「キャリトレ」はとても魅力的な転職スカウトサービスだと言える。 

スキマ時間で転職活動を進めたい20代にとって最適だと感じた。 

キャリトレの魅力・強み 

キャリトレは、スカウトが来たり、レコメンド機能を通じて隙間時間に転職活動を進めたりする点が魅力だと言える。

とにかく沢山のスカウトメールが届くため、転職先が早く決まりやすい傾向があるとの見方ができる。

特に、面談確約のプラチナスカウトメールを受け取ると早く決まりやすかった。

スカウト型であるため、届いたスカウトに興味があれば返信し、面談をするだけで良いシステムがかなり魅力的。

キャリトレ・おすすめな人の特徴

キャリトレを利用するのがおすすめな人は以下の通り。

・20代第二新卒で自分の強みや理想の職場がわからない人

・IT業界やベンチャー企業への転職を検討している20代の人

・スカウト型サービスを通じて自分の市場価値を知りたい人

キャリトレと「併用すると良い」転職エージェント

キャリトレは スカウト機能に力を入れている反面サポートや面接対策まで丁寧にやってくれるわけではない。

そこでサポートに力を入れている転職エージェントとして有力なのはリクルートエージェントや就職Shop、マイナビエージェント、などが挙げられる。

20代第二新卒での転職を検討しているのなら、 キャリトレで自分の市場価値を知り、 リクルートエージェントを通じて手厚いサポートを受けるなど、使い方を工夫してみると良い。 

>>【キャリトレ】に無料登録する。

>>たった30秒で完了。

転職エージェントもいいけど、最近はスクールも人気らしいね。無理に転職しなくていいし。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

それと、今話題の、Web在宅副業初心者に、おすすめのスクールってある?

くちこ美(口コミ体験談担当)

シーライクスならWebデザインや動画編集、Webライターなど在宅副業が学び放題で超人気。

しかも、コスパ最強!

>>シーライクス良い評判12こ・学び放題でコスパ最強!【なぜ在宅Web副業?】

転職エージェントは、大手「網羅型」、「Webマーケティング業界特化型」に分けて使い方を工夫すると良い「理由2つ 」

目的別に転職エージェントを使い分ける理由は大きく2つある。

理由1:エージェントに所属する担当者ごとに、得意分野が異なるため

転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントごとにも得意分野が異なる。

営業職の支援が得意な人、Webマーケティング業界の支援が得意な人と担当者によって変わってくる。

もし、あなたが志望するのと違う業界に詳しい人が担当者の場合、担当者を変えることは基本的にできない点に注意したい。

従って、あなたと担当者のミスマッチによるリスクを軽減するため、

なるべくWeb マーケティング業界に強い転職エージェントを「複数同時」に利用するのが賢いと言えるのではないだろうか。

理由2:大手と中小転職エージェントではサービスの特徴が異なるため

大手と中小では一概にはいえないが、サービスの特徴がが異なる。

例えば、一度は聞いたことのある、リクルートエージェントやdodaのような大手エージェントは「求人の保有数」が強みである。

幅広い業界、職種をほぼ網羅しているため、「求人の保有数」が強みとなっている。

一方で、中小のエージェントは「サポートの質」が強みである。

大手エージェントは、基本的にキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが異なる片面型を取り入れているのが主。

それに対し、中小のエージェントは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの両方を兼任している両面型を取り入れている場合が多い。

両面型の場合、企業側の要望と求職者の要望を両方知っているため、片面に比べ認識の違いが起こりづらく、より質の高いサポートが可能となっている。

つまり、「自分の実力に自信があり自由に転職を進めたい人」は大手のエージェント、

「面接の対策や自分に合う企業の紹介が欲しい人」は中小のエージェントを利用するのが理にかなっているとの見方ができる。

>>たった30秒で登録完了

 【目的別:24社比較】Webマーケティングに強い転職エージェントをタイプ別に分類

Webマーケティングに強い転職エージェントをタイプ別に分類したよ。

※注目の24社を6つの目的に分類して比較。

【転職初心者におすすめ順】Webマーケティング未経験に強い転職エージェント

リクルートエージェント:求人数業界トップレベルで超定番

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

doda:求人数が2位、

https://doda.jp/

マイナビエージェント:20代の信頼が厚く知名度も高い

https://mynavi-agent.jp/

リクナビネクスト:オファーを待つ形も可能

https://next.rikunabi.com/

パソナキャリア:非公開求人は少なめ

https://www.pasonacareer.jp/

type転職エージェント:キャリア相談の質が高くて有名

など

【20代に人気の高い系】Webマーケティングに強い転職エージェント

マイナビジョブ20's:20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント

UZUZ:第二新卒・既卒、理系の就活を徹底サポート

ワークポート:第二新卒や未経験からWebマーケターを目指すなら

https://www.workport.co.jp/

【広告、PR特化】Webマーケティングに強い転職エージェント

  • マスメディアン:広告、Web、マスコミ業界専門エージェントとして有名

https://www.massmedian.co.jp/

プロの転職:広告、PR業界に精通したエージェントの求人提案が好評

https://proten.jp/

【IT業界特化の転職向け】Webマーケティングに強い転職エージェント

  • マイナビIT AGENT(網羅型):IT業界への転職実績が競合と比べて高い

https://mynavi-agent.jp/it/

ITエンジニア、Webエンジニア向け。

  • レバテックキャリア(クリエイティブ職特化型):ITエンジニア、デザイナー経験者向け

https://career.levtech.jp/

  • IT求人ナビ(クリエイティブ職特化型):IT業界、技術職重視の転職支援サービス

https://it-kyujin.jp/

  • GEEKLY (クリエイティブ職特化型): IT、Web、ゲーム業界へのの転職

https://www.geekly.co.jp/

  • Webist(クリエイティブ職特化型):Webディレクター、デザイナー等のクリエイター専門の求人転職サイト

https://webist-cri.com/

【ハイクラス向け】Webマーケティングに強い転職エージェント

CAREERCARVER(キャリアカーバー):リクルートのハイクラス転職サービス

ビズリーチ:ハイクラス、管理職特化の転職専門エージェント

JAC Recruitment:30代〜のスキルアップ転職に強い

アクシスコンサルティング:外資系、IT系に強い

マーケティング転職.com:マーケティング職向けの相談が無料だが好評

【情報収集・オファー待ってる人向け】Webマーケティングに強い転職エージェント

Green(グリーン):IT業界特化で口コミ多数

https://www.green-japan.com/

キャリトレ:年収アップ確定面談をAIによるマッチングで導く

https://www.careertrek.com/

ミイダス:年収UP確約オファー勝手に届く、自分の市場価値診断できる

https://miidas.jp/

Webマーケティングの業務内容→ 軸は大きく3つ

Webマーケティングの業務内容は大きく3つあるよ。

どれも、本業でやっている業務を、そのまま副業ですることができるという意味で、以下の職種に転職するメリットは大きいよ。

  • Webマーケティングの業務内容3つの軸

ポイント

Webマーケティングの業務内容3つの軸

・SEO系=(副業ならブログ運営、Webメディア運営、Webライター)

・SNS系=(副業ならインスタグラマー、ティックトッカー、YouTuber)

・広告運用系=(副業なら在宅で広告運用代行)

軸1:SEO系の職へ転職する

SEO系の業務に携わりたい人は、自社でWebメディアを運営している会社に転職すると良い。

また、WebライターとSEOはセットとなっていることも多い。

キーワード、つまりクエリごとにコンテンツの書き方が異なるため、Google Analytics を使ったキーワード分析の業務もすることになるであろう。

したがって、キーワード選定や言葉に関心があり、Webメディアの運営、コンテンツ制作、記事の編集者にも興味がある人にとっては、SEOの業務は向いていると言える。

>>Webマーケティング副業、独学についてさらに詳しく

軸2:SNS系の職へ転職する

SNS系に興味がある人は、TwitterやInstagram、Facebook、公式LINE等をマーケティング施策として行なっている会社、または SNS運用の代行業務、インフルエンサーマーケティング等を行っている会社に転職するのが良い。

こちらもキーワードやハッシュタグコンテンツ等をしっかりと練った上で、効果的にユーザーへリーチさせるような投稿を考えて、施策を検討する業務が多いと言われている。

したがって、SNSを通じて、あなたの打った施策が、しっかりとユーザーにリーチさせて行くことに返してやりがいを感じる人は、このポジションが向いているかもしれない。

軸3:広告運用系の職へ転職する

広告運用とは Web広告や SN 広告を通じてサイトにユーザーを集客して行く支度のことである。

例えば、まずは認知度を高めるために打つ広告として主流なのが、動画広告、SNS広告、純広告である。

次に、潜在層にリーチさせるためには、ディスプレイネットワーク、インフィード広告などが有効であるといわれている。

そして、顕在層、つまり購入意欲が高い人にリーチさせる広告としては、リスティング広告、リターゲティング広告が主であると言われている。

これらの広告運用を通じて、あなたが狙うターゲットに対し適切な広告配信を、データ分析を基に行うのが広告業の仕事である。

したがって、メディアのコンテンツ自体にはあまり興味がなく、キーワードやデータの分析を通じて広告施策を改善すること自体に興味がある人に、特に広告運用の仕事は向いていると言える。 

>>たった30秒で登録完了

「超具体的!転職戦略4つ」:Webマーケティング市場の最新動向から読み解く

Webマーケティング業界への転職戦略について、データを元に解説していくね。

転職戦略1:動画メディアのプランナー、デジタルマーケティング支援等を行っている、ネット系企業に転職すると良い。

↓動画広告市場推計・予測 (デバイス別)(2019年-2024年)

ポイント

・2020年の動画広告市場は、昨年対比114%の2,954億円に達する見通し。

・22年8月には3,889億円、2024年には6,856億円に達する見込み。

・スマートフォン動画広告の需要は昨年対比114.8%の成長を遂げ、動画広告市場全体の89%に。

・2020年は、大手広告媒体において、広告主の商品・サービスの幅広い認知を促進することを目的にした広告商品の機能改良が進む。

・また、その一方で、より広告主の商品・サービスの販売促進に直結した広告効果が得られる広告商品の提供も進んだ。

↓動画広告市場推計・予測(広告商品別)(2019年-2024年)

ポイント

・2020年は販促用途の広告商品需要が増加した。

・2020年は、商品・サービスの認知拡大や興味喚起などのブランドリフトのみならず、販売を直接的に促進することを目的とする広告商品の需要が大きく増加。

・市場全体で動画広告の活用の幅がさらに広がった。

・大手SNSにおいては、その高い集客力を活用し、短期的に幅広く認知を獲得することが出来る広告商品への需要が高まりました。

・大手通信キャリアによるモバイル通信料金の引き下げや、5Gの普及が今後本格的に開始されることにより、ユーザーのスマートフォンによる動画コンテンツ視聴は、引き続き拡大することが予想されている。

調査概要

調査主体:株式会社サイバーエージェント

調査時期:2020年10月から12月

参考:「サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表」:2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し 22年8月に3,889億円、2024年には6,856億円に達すると予測

参考:

働きたくないと思う理由は何?働く男女1,000人にアンケート調査

<働き方の実態調査>Web業界のテレワーク実施率は70%以上

矢野経済研究所、インターネット広告市場に関する調査

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

重要度が高まるアフターコロナのデジタルマーケティング

20代「初めての転職理由」&「転職活動で失敗したこと」ランキング!男女554人アンケート調査

【転職エージェントを利用するメリット・デメリットランキング】218人アンケート調査

若手の中途採用・転職意識の動向 【企業】社会人経験1年未満者の採用企業は約8割 【20代転職者】ライフフィット×成⾧機会を求める傾向

厚生労働省、IT業界の働き方休み方の推進

経済産業省:「多様で柔軟な働き方」より

厚生労働省:令和2年上半期雇用動向調査結果の概要

総務省:2019年の転職者数は351万人と過去最多

転職戦略2:未経験から広告運用のスキルを「Webマーケティングスクール」で身につけて、Webマーケティング業界に転職すると良い。

ポイント

・運用型広告が、全体の約80%を占めた。

・前年比115.2%と成長、予約型広告も前年比117.4%と2桁成長した。

>>広告運用は独学が難しいため、スクールで短期集中で学ぶと転職が成功しやすい

>>広告運用で人気のWebマーケティングスクールについてさらに詳しく

blank
22年8月コスパ◎マケキャン評判・学習コース口コミ9つ転職で最強!

この記事を読むと分かること 卒業生の体験談に基づく、マケキャンの評判、口コミ、強みが分かる。 マケキャンの転職保証のしくみ、転職先のWebマーケティング会社、注 ...

続きを見る

22年8月なぜ濃密で最強!?デジプロ評判・口コミ9つ転職,通学

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

続きを見る

blank
22年8月【最安値!良い評判10こ】テックアカデミーWebマーケティングコース

↓↓タップで飛べる目次 テックアカデミー「Webマーケティングコース」の評判と支持層【お得に受講する方法・4パターン】テックアカデミーの「W ...

続きを見る

blank
22年8月体験談【おすすめ4+10社比較】Webマーケティングスクール

この記事を読むと分かること Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ→質もコスパ良いのは2社。 広告営業向けならマケキャンが最強、広告運用職向けなら ...

続きを見る

次は、ソーシャル広告市場についても見ていこう。

転職戦略3:SNS広告の運用ポジション、SNS広告を自社で(インハウス化)運用している企業へ転職すると良い。

ポイント

・ソーシャル広告費は4,899億円で、インターネット広告媒体費全体の29.5%を占める。

・ソーシャルメディアのサービス上で展開されるソーシャル広告は、前年比126.0%の4,899億円と高い成長率で推移。

・SNS広告は、インターネット広告媒体費全体の29.5%を占めた。

転職戦略4:SNS運用、アカウントプランナー職のあるWebマーケティング会社へ転職すると良い。

ポイント

・ソーシャルメディアの種類別に「SNS系」「動画共有系」「その他」に分類すると、「SNS系」が2,280億円で規模が最大。「動画共有系」1,139億円と続いた。

調査概要

調査主体:株式会社D2C / 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI) / 株式会社電通 / 株式会社電通デジタル

調査時期:2019年12月~2020年2月

参考:電通、2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

>>たった30秒で登録完了

>>完全網羅で最強 

結論:→複数登録必須。 Webマーケティング業界の転職に強い「リクルートエージェント」等に無料登録しておこう!

くちこ美(口コミ体験談担当)

Webマーケティング業界に強い「リクルートエージェント」を使い倒すことで、あなたの転職戦略がさらに合理化、効率化されること間違いなし。

人気TOP3社!

【Webマーケティング&IT業界に強い転職エージェント最強の3つ】

・Webマーケティング、IT業界、非公開求人数の多さなら→「リクルートエージェント」

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

・Webマーケティング、IT業界で、Web業界の経験者なら→「マイナビクリエイター」

>> 【マイナビジョブ20's】に無料登録する。

・理系、IT業界超特化で、年収交渉まで手厚い→「type転職」

次回もよろしくね。かわちゃんより。 

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先