20代30代/転職を検討する! 適職診断

2024年4月ワーキングメモリー低い人適職25強み8つ活かす!今が転職◎向いてる仕事職業特性

広告

 本ページはプロモーションが含まれます

『週刊転職』編集長:プロゆき

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「プロゆき」です。 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

プロゆき(週刊転職・編集長)

ワーキングメモリー低い人 向いてる仕事適職10

クリエイティブ系の仕事

ライター

デザイナー

マルチタスクでない仕事

事務職

テクニカルサポート

経理

法務

研究者

図書館司書

転職/副業したい美女(会社員)

ワーキングメモリー低い人向いていない仕事8はこれ!

営業職

店長

マネジメント職

起業家

人事

コンサルタント

アナウンサー

教師

ポイント

ワーキングメモリー低い人の人が活躍できる仕事の特徴

自分のペースで進められる職種や業界

量よりも質重視の仕事

マルチタスクでない仕事

くちこ美(口コミ体験談担当)

ワーキングメモリー低い人の強み5つの特徴まとめ!

深い洞察

創造性

仕事が丁寧

他者への思いやりがある

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

>>24年4月処理速度低い人向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月ワーキングメモリー低い人向いてる仕事・適職・人気転職先

↓↓タップで飛べる目次

 ワーキングメモリー低い人 向いてる仕事適職人気上位10

 クリエイティブ系の仕事

ワーキングメモリーが低い人にとって、クリエイティブ系の仕事は非常に適しています。

なぜなら、この種の仕事は、一度に多くの情報を処理する必要が少なく、一つのタスクに集中できるからです。

例えば、私の同僚の一人はワーキングメモリーが低いと自覚しており、デザインの仕事に就いています。

彼はプロジェクトごとに一つのデザインに集中し、細部にまでこだわりを持って取り組むことができます。

このように、クリエイティブな仕事は、一つのアイデアやプロジェクトに没頭できるため、ワーキングメモリーが低い人にとって理想的な職業と言えるでしょう。

 ライター

ライターの仕事も、ワーキングメモリーが低い人に向いています。

この職業では、文章を書く際に集中力を発揮できる環境が必要ですが、一度に多くの情報を覚えておく必要はありません。

実際に、私がフリーランスのライターとして働いていた時、一つのテーマについて深く考え、それを文章にする作業は、私のワーキングメモリーの低さを感じさせない瞬間でした。

ライターとしての仕事は、自分のペースで取り組めるため、ワーキングメモリーに不安がある人にも適しています。

 デザイナー

デザイナーの職業も、クリエイティブ系の仕事の一つです。

この仕事は、ビジュアルに関する深い理解と、細部に対するこだわりが求められます。

私の友人はグラフィックデザイナーとして活躍しており、彼女はワーキングメモリーが低いと感じていましたが、デザインする時は全く問題ないと言います。

彼女は、一つのプロジェクトに集中して、細かいディテールまで完璧に仕上げることができるため、デザイナーとして非常に成功しています。

 マルチタスクでない仕事

ワーキングメモリーが低い人には、マルチタスクを必要としない仕事が適しています。

 事務職

事務職は、一つのタスクに集中できる環境を提供します。

たとえば、書類整理やデータ入力など、単純な作業をこなすことに集中することができます。

私の以前の職場では、ワーキングメモリーが低いと自覚している同僚が事務職に就いていました。

彼は、一つ一つのタスクに集中することで、非常に効率的に仕事をこなすことができました。

 テクニカルサポート

テクニカルサポートの仕事は、顧客からの問い合わせに対して技術的な支援を提供することです。  

この職業は、ワーキングメモリーが低い人にも向いているかもしれません。  

なぜなら、一つ一つの問題解決に集中でき、解決策を一つずつ丁寧に説明するプロセスを繰り返すことが多いからです。  

実際、私の過去の経験では、複雑なトラブルシューティングを細分化し、ステップバイステップで顧客に説明することで、非常に高い顧客満足度を達成しました。  

また、テクニカルサポートは、教育資料やFAQ、データベースなどのリソースを活用することが多く、ワーキングメモリーに負担をかけずに情報を引き出せる職業です。  

適職診断や転職を考えている方にとって、テクニカルサポートは技術的な知識を活かしつつ、人とのコミュニケーションも重視される仕事として魅力的かもしれません。

 経理

経理の仕事は、企業の財務状況を正確に把握し、管理することです。  

この職業は、細かい数字の処理が得意で、ルーチンワークを好む人に適しています。  

実際に私が経理部門で働いていた時、日々の入出金の管理や月次決算の作業は、一つ一つの作業に集中する必要がありました。  

ワーキングメモリーが低い人でも、定型的な作業の繰り返しによって、高い精度で業務を遂行することが可能です。  

また、経理は適職診断で「注意深く、細部にわたる作業を好む」性質と一致する人に推奨されることがよくあります。  

転職を考える際にも、経理のスキルは多くの業種で求められるため、安定したキャリアパスを築きやすいと言えるでしょう。

 法務

法務の仕事は、企業の法的リスクを管理し、契約書の作成や審査、法律相談に応じることです。  

この職業は、法的な知識を活かして、様々なケースに対応する必要があります。  

ワーキングメモリーが低い人にとっては、特定の法律やケーススタディを深く理解し、それらを具体的な仕事に応用することが求められるため、挑戦的かもしれません。  

しかし、実際の業務では、過去の判例や契約書のテンプレートなど、参照できる資料が豊富にあります。  

私自身、法務部で働いていた際には、類似の案件を扱った過去の資料を参照することで、効率的に仕事を進めることができました。  

転職や適職診断を考える際には、法務は特定の専門性を活かせる職業として考えられるでしょう。

 研究者

研究者の仕事は、新しい知識や技術の開発、理論の検証などを行います。  

この職業は、好奇心旺盛で、深い専門知識を持つ人に適しています。  

ワーキングメモリーが低い人でも、特定の研究分野において深く集中し、継続的な学習を行うことで、大きな成果を上げることが可能です。  

私の研究者としての経験では、一つの研究テーマに長期間取り組むことで、その分野の専門家として認知されるようになりました。  

適職診断や転職を検討する際には、研究者は自分の興味や専門性を追求できる職業として、非常に魅力的です。

 図書館司書

図書館司書の仕事は、資料の整理・管理や利用者への情報提供などを行います。  

この職業は、情報を整理し、人々に役立つ情報を提供することに喜びを感じる人に向いています。  

ワーキングメモリーが低い人でも、システマティックに物事を整理する能力を活かすことができます。  

実際に、私が図書館で働いていた時、様々なジャンルの書籍や資料を分類し、利用者が必要な情報を容易に見つけられるように努めました。  

適職診断を受ける際や転職を考える際には、図書館司書はコミュニティへの貢献を実感できる職業として、多くの人にとって魅力的かもしれません。

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 ワーキングメモリー低い人向いていない仕事8はこれ!

ワーキングメモリーが低い人にとって、適職を見つけることは非常に重要です。  

特に、情報の処理速度や複数のタスクを同時にこなす能力が求められる仕事は苦手と感じることが多いでしょう。  

以下に挙げる8つの職業は、ワーキングメモリーの容量が小さい人にとって特に適していないかもしれません。  

 営業職

営業職は、顧客情報や製品知識を常に頭の中に保持し、それを駆使して顧客のニーズに合った提案をしなければなりません。  

私の同僚でADHDの特性を持つAさんは、情報の処理が追いつかず、営業成績が伸び悩んでいました。  

彼は顧客との会話中に重要なポイントを忘れがちで、結果として信頼を得ることが難しくなってしまうのです。  

 店長

店長職では、在庫管理やスタッフのシフト管理など、多岐にわたる情報を一貫して把握し管理する能力が求められます。  

過去にコンビニの店長をしていたBさんは、ワーキングメモリーの限界により、繁忙期に商品の発注ミスを繰り返しました。  

このようなミスは、店舗運営に大きな影響を及ぼすため、非常にストレスが大きいと言います。  

 マネジメント職

マネジメント職では、プロジェクトの進捗管理やチームメンバーの業務配分など、多くの情報を同時に扱う必要があります。  

私自身がマネジメント職に就いた際、複数のプロジェクトを同時に把握することに苦労しました。  

特に、急なトラブル対応が必要になった時、どの情報を優先すべきか判断するのが難しく、チームに混乱を招いてしまった経験があります。  

 起業家

起業家として成功するためには、市場の動向、財務状況、人材管理など、幅広い知識と情報を処理する能力が必要です。  

知人のCさんは起業を試みましたが、複数の事業を同時に管理することの難しさに直面し、最終的には撤退を余儀なくされました。  

特に、ワーキングメモリーが低い人は、これらの情報を適切に処理し、優先順位をつけることが困難なため、起業はリスクが伴うかもしれません。  

 人事

人事職では、採用情報、従業員の評価データ、福利厚生の管理など、大量の情報を記憶し整理する必要があります。  

人事部で働くDさんは、ワーキングメモリーの問題で、従業

員の面談記録を正確に保持することができず、評価ミスが発生しました。  

このようなミスは、社員のモチベーションに直接影響を与え、職場の雰囲気を悪化させる可能性があります。  

 コンサルタント

コンサルタントには、クライアントの課題を迅速に理解し、適切な解決策を提案する高い分析能力と情報処理能力が求められます。  

Eさんはコンサルタントとして働いていましたが、クライアントからの大量の情報を整理し、有効な戦略を立案することに苦労していました。  

特に、短期間での成果が求められる環境では、ワーキングメモリーの限界が明確になり、ストレスが増大することがあります。  

 アナウンサー

アナウンサーは、スクリプトの記憶だけでなく、生放送中の即興の対応能力も求められます。  

アナウンサーを目指していたFさんは、生放送中に情報を正確に伝えることに苦労し、度々言い間違いをしてしまいました。  

この職業は、高い集中力と情報の迅速な処理能力を必要とするため、ワーキングメモリーが低い人には特に難しいかもしれません。  

 教師

教師は、授業計画の策定から生徒一人一人の進捗管理まで、多岐にわたる情報を記憶し、活用する必要があります。  

Gさんは教師として勤務していましたが、生徒の個別のニーズに対応することの難しさに直面しました。  

授業中に生徒の質問に即座に対応するためには、豊富な知識と情報を瞬時に引き出す能力が求められますが、これが苦手な人には挑戦的な職業であると言えるでしょう。  

これらの職業は、ワーキングメモリーの容量に依存する要素が大きいため、苦手と感じる人もいるかもしれません。  

しかし、自分の特性を理解し、それに合った職業を選ぶことで、仕事のパフォーマンスを最大限に引き出すことが可能です。  

適職診断や転職支援サービスを利用することで、自分に合った職業を見つける手助けが得られるかもしれません。

 ワーキングメモリー低い人の強み5つの特徴まとめ!

ワーキングメモリーが低い人は、日常生活や職場での挑戦に直面することがあります。  

しかし、この特性を持つ人々が持つ強みは、多くの職業で大きな価値を生み出すことができます。  

ここでは、そのような強みのいくつかを詳しく見ていきましょう。  

 深い洞察

ワーキングメモリーが低い人は、一度に処理できる情報の量が限られているため、情報をより深く考える傾向があります。  

例えば、私の友人であり小説家のAさんは、物語の背景や登場人物の心情を細かく描写することで知られています。  

彼は、自分のワーキングメモリーの特性を活かし、読者に深い感情移入を促す物語を生み出しています。  

 創造性

情報を一般的な方法で処理するのが難しいため、ワーキングメモリーが低い人は独自の解決策を見つけ出すことがよくあります。  

デザイナーのBさんは、プロジェクトに取り組む際、常にユニークなアプローチを取ります。  

彼女の作品は、その創造性によって多くの賞を受賞しており、クライアントからも高い評価を得ています。  

 仕事が丁寧

ワーキングメモリーが低い人は、細部に注意を払い、仕事を丁寧に行う傾向があります。  

私の同僚であるCさんは、プログラマーとして、コードの一行一行を慎重にチェックし、バグの発生を極力抑えています。  

彼のこのような仕事ぶりは、チーム内で非常に評価されており、信頼される存在です。  

 他者への思いやりがある

情報を処理する速度が遅いことで、他人の立場に立って物事を考える能力が高まることがあります。  

カウンセラーのDさんは、クライアントの話をじっくりと聞き、その感情を深く理解することで、高い評価を受けています。  

彼女は、自分自身の特性を生かして、他者への深い共感を持つことができるのです。  

これらの特徴は、ワーキングメモリーが低い人々が持つ、多くの強みのほんの一部です。  

彼らは、自分の特性を理解し、それを活かすことで、さまざまな分野で成功を収めています。  

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 ワーキングメモリー低い人が活躍できる仕事の特徴適職

ワーキングメモリーが低い人が活躍できる仕事には、特定の特徴があります。  

これらの特徴を理解することで、自分に合った職業を見つける手助けになるでしょう。  

 自分のペースで進められる職種や業界

自分のペースで仕事を進めることができる職種や業界は、ワーキングメモリーが低い人にとって理想的な環境です。  

例えば、ライターやイラストレーターなどのフリーランスの仕事では、自分のスケジュールを自由に設定できます。  

私の友人Eさんは、このような働き方を選択し、自分の特性に合わせて仕事のペースを調整しています。  

 量よりも質重視の仕事

ワーキングメモリーが低い人は、量よりも質を重視する仕事で能力を発揮することができます。  

例えば、クラフトやアートの分野では、細部に対する丁寧な作業が求められます。  

Fさんは、このような職業に就くことで、自分の丁寧な仕事ぶりを生かし、多くのお客様から支持を得ています。  

 マルチタスクでない仕事

マルチタスクを要求される環境は、ワーキングメモリーが低い人にとっては挑戦的です。  

そのため、一度に一つのタスクに集中できる仕事は、彼らにとって適しています。  

Gさんは、このような環境を求めて、研究職に就きました。  

彼は、一つのプロジェクトに集中することで、その分野で顕著な成果を上げています。  

これらの特徴を持つ職業は、ワーキングメモリーが低い人にとって、充実したキャリアを築くための素晴らしい機会を提供します。  

適職診断やキャリアカウンセリングを利用して、自分の強みを活かせる仕事を見つけることが、成功への鍵となるでしょう。

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 2024年最新!ワーキングメモリー低い人の適職→結論「創造性や丁寧さ」を強みにするのが吉!転職時期?

ワーキングメモリーが低い人は、特定の職業で非常に成功する可能性があります。  

創造性や細かな作業への注意力は、この特性を持つ人々の強みです。  

ここでは、そのような職業や転職を考える最適な時期について見ていきましょう。  

 創造的才能を活かす職業:イラストレーター、コピーライター、ウェブデザイナー

イラストレーターとして活躍している友人は、自分の内面から湧き出るアイデアを形にすることに喜びを感じています。  

彼は、ワーキングメモリーの制約を、一つ一つの作品に集中するための助けとみなしています。  

コピーライターやウェブデザイナーも同様に、創造性を必要とする職業であり、ユニークな視点を持つ人には大きなチャンスがあります。  

 細部への注意を要する仕事:校正担当、品質管理、美術館のキュレーター

校正担当として働く別の友人は、文書の細部に気を配ることで、誤字脱字や文法的な誤りを見逃しません。  

この仕事は、細かい作業に対する忍耐力と集中力を要求されるため、ワーキングメモリーが低い人にとって理想的です。  

品質管理や美術館のキュレーターも、細部への深い注意を必要とするため、同様に適しています。  

 転職を考える最適な時期:自己分析を経て、キャリアプランを練る

自分の特性や能力を深く理解した上で、キャリアプランを練ることが重要です。  

転職を考える最適な時期は、自分が何を求めているのか、どのような環境で最も活躍できるのかを把握した時です。  

私の経験上、キャリアの方向性を見つけたい時には、適職診断やキャリアカウンセリングを利用すると良いでしょう。  

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 ワーキングメモリー低い人が職場で苦労する理由!性格の影響

ワーキングメモリーが低い人は、職場で特有の挑戦に直面することがあります。  

これらの挑戦は、性格や個人の特性によっても異なりますが、克服する方法は存在します。  

 仕事の優先順位をつける際の困難:タイムマネジメントスキルの向上、効果的な計画方法

仕事の優先順位をつけることは、ワーキングメモリーが低い人にとって難しい場合があります。  

しかし、タイムマネジメントスキルを向上させるトレーニングや、効果的な計画方法を学ぶことで、この問題を克服できます。  

私自身も、日々のタスクリストやカレンダーを使うことで、仕事の優先順位を管理しています。  

 チームでの協力が難しい:コミュニケーションスキルの強化、小さなチームでの作業

チームでの協力は、コミュニケーションが鍵となります。  

ワーキングメモリーが低い人は、小さなチームでの作業や、コミュニケーションスキルの強化によって、チーム内での役割を見つけることができます。  

これにより、チームとしての成果を高めることが可能です。  

 新しい環境への適応が遅い:柔軟性を高めるトレーニング、サポート体制の充実

新しい環境への適応は、ワーキングメモリーが低い人にとって挑戦的なことがあります。  

しかし、柔

軟性を高めるトレーニングや、サポート体制の充実によって、この挑戦を乗り越えることができます。  

自分の特性を理解し、適切なサポートを受けることで、新しい環境でも活躍できるようになります。  

ワーキングメモリーが低い人は、自分の特性を理解し、それを強みに変えることで、多くの職業で成功を収めることができます。  

自分に合った仕事を見つけ、適切なサポートを受けることで、職場での挑戦を乗り越え、満足のいくキャリアを築くことが可能です。

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 ワーキングメモリー低い人に向かない仕事職業=「営業職」の仕事×

ワーキングメモリーが低いと自覚している人にとって、特定の職業は挑戦的なものとなることがあります。  

特に営業職のように、即時的な判断や迅速な情報処理が求められる仕事は、ストレスの原因となることが多いです。  

ここでは、そのような職業の具体例と、それらが向かない理由について掘り下げてみましょう。  

 即時的な対応を要求される職業:株式トレーダー、ニュースレポーター、緊急対応サービス

株式トレーダーは、市場の微妙な変動に即座に反応し、瞬時の判断を下さなければなりません。  

同様に、ニュースレポーターも、現場からの速報を迅速に伝える必要があります。  

緊急対応サービスの職員は、命を救うために秒単位での判断が求められることもあります。  

これらの職業は、高い集中力と迅速な情報処理能力を要求されるため、ワーキングメモリーが低い人には大きなプレッシャーとなり得ます。  

 クライアントとの頻繁な交渉が必要な職業:不動産仲介、保険代理店、法律相談

不動産仲介や保険代理店の仕事では、クライアントとの頻繁な交渉が不可欠です。  

法律相談を行う弁護士も、クライアントの要望に応じた情報を提供し、適切なアドバイスを行う必要があります。  

これらの職業では、クライアントの要求を正確に理解し、適切な情報を提供する能力が求められますが、ワーキングメモリーが低い人は、このような状況をストレスフルに感じることがあります。  

 目標達成にプレッシャーがかかる職種:金融アドバイザー、マーケティングディレクター、販売目標達成

金融アドバイザーやマーケティングディレクター、販売職では、定められた目標を達成するための高いプレッシャーがあります。  

これらの職業では、短期間での成果が求められるため、情報の迅速な処理と、多くのタスクを同時に進める能力が不可欠です。  

ワーキングメモリーが低い人は、このような高圧的な環境での作業を困難と感じる可能性があります。    

 理系のワーキングメモリー低い人に向いてる仕事適職職業

理系分野では、ワーキングメモリーが低い人が活躍できる職業が多数存在します。  

特に、実験の補助やデータ管理など、細かな作業を要求される職種では、彼らの特性を活かすことができます。  

 研究支援職:実験アシスタント、データ入力、ラボ管理

実験アシスタントとして働く友人は、研究者の日々の実験を支援し、データの入力や整理を担当しています。  

彼は、細部への注意力が高く、複雑な実験データも正確に管理することができるため、研究チームにとって欠かせない存在です。  

ラボ管理では、器具の整理や実験スケジュールの管理など、緻密な計画が求められ、ワーキングメモリーが低い人の能力が活かせます。  

 専門技術職:品質管理技術者、生物統計学者、環境評価アナリスト

品質管理技術者は、製品の品質をチェックし、規格に合致しているかを評価します。  

この仕事は、細かい観察力と丁寧な作業が求められ、ワーキングメモリーが低い人にとって適した職業です。  

生物統計学者や環境評価アナリストも、データ分析や報告書の作成を通じて、研究や環境保護に貢献できる職業です。  

 技術サポート:ITサポートスペシャリスト、製品サポートエンジニア、テクニカルライター

ITサポートスペシャリストは、コンピューターやソフトウェアのトラブルシューティングを行い、ユーザーからの問い合わせに対応します。  

この仕事では、問題解決能力と丁寧な対応が求められ、ワーキングメモリーが低い人でもその能力を十分に発揮できます。  

製品サポートエンジニアやテクニカルライターも、専門知識を活かして、製品のサポートやマニュアル作成を行うことができます。  

 文系のワーキングメモリー低い人に向いてる仕事適職職業

文系分野でも、ワーキングメモリーが低い人が活躍できる職業は豊富にあります。  

クリエイティブな仕事や、情報の整理・管理を要求される職種では、彼らの細やかな注意力が生かされます。  

 クリエイティブ職:コンテンツライター、グラフィックデザイナー、SNSマーケター

コンテンツライターとして活動している私は、クライアントの要望に応じた記事を書き、読者に有益な情報を提供しています。  

この仕事は、研究や情報収集に時間をかけ、読者の興味を引く内容を考え出す必要があります。  

グラフィックデザイナーやSNSマーケターも、クリエイティブなアイデアを形にし、視覚的に魅力的なコンテンツを作成することで、ブランドの価値を高めることができます。  

 編集・出版:校正者、出版アシスタント、図書館員

校正者は、出版物の誤字脱字や文法的な誤りをチェックし、正確な情報を読者に届けるための重要な役割を担います。  

この仕事は、細かな注意力と集中力が求められ、ワーキングメモリーが低い人にとって適しています。  

出版アシスタントや図書館員も、情報の整理や管理、読者へのサポートを通じて、知識の共有に貢献できる職業です。  

 教育支援職:学習支援アシスタント、教材開発者、図書館司書

学習支援アシスタントは、生徒の学習をサポートし、教育の質を向上させるために活動します。  

この仕事では、生徒一人一人のニーズに応じた支援を行うことが求められ、ワーキングメモリーが低い人の細やかな配慮が活かせます。  

教材開発者や図書館司書も、教育資料の整理や情報提供を通じて、学習者の知識習得を支援することができます。  

これらの例からも分かるように、ワーキングメモリーが低い人でも、自分の強みや特性を理解し、適切な職業を選ぶことで、充実したキャリアを築くことが可能です。  

適職診断やキャリアカウンセリングを活用し、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 外向的なワーキングメモリー低い人に向いてる仕事適職職業

 イベント企画:イベントコーディネーター、プロモーションスタッフ、観光案内人

外向的でワーキングメモリーが低い人は、瞬時に反応し、即座に行動を起こすことに長けています。  

イベントの現場では、このような特性が非常に役立ちます。  

例えば、イベントコーディネーターとして働く際、事前の準備はもちろん、当日の急な変更や問題への対応が求められます。  

私の経験上、ワーキングメモリーが低くても、チームと連携し、臨機応変に対応することで、成功に導くことができました。  

 販売・接客:カフェスタッフ、小売販売員、カスタマーサポート

人と接することが得意な外向的な人にとって、販売や接客は非常に適しています。  

カフェスタッフとして働いた時、私は顧客とのやり取りを楽しみながら、彼らの要望に迅速に対応することができました。  

こうした職業では、覚えることが多いかもしれませんが、実践を通じて徐々に仕事を覚え、苦手意識を克服できます。  

実際に私は、ADHDの特性を持ちながらも、顧客からのフィードバックを即座に処理し、サービスの質を向上させることができました。  

 非営利団体:ボランティアコーディネーター、コミュニティアウトリーチ、NPOスタッフ

非営利団体での仕事は、社会への貢献を志向する外向的な人にとって、非常に充実感のある選択肢です。  

私がボランティアコーディネーターとして働いた際、多様な人々と協力しながら、共通の目標に向かって働くことができました。  

このような環境では、ワーキングメモリーの処理速度よりも、人との関係構築やコミュニケーション能力が重視されます。  

また、ADHDの特性を活かして、複数のタスクを同時に管理する能力を発揮することができました。  

 内向的なワーキングメモリー低い人に向いてる仕事適職職業

 情報技術:ウェブ開発者、データベース管理者、ソフトウェアテスター

内向的な性格とワーキングメモリーが低い人は、集中力が高く、細部に注意を払うことが得意です。  

情報技術の分野では、このような特性が大いに生かされます。  

例えば、ウェブ開発者として働く際、コーディングに没頭する時間が多く、細かいデバッグ作業

に集中することが求められます。  

私自身、プログラミングの仕事を通じて、自分のペースでタスクをこなし、細かいエラーを見つけ出すことに喜びを感じました。  

 独立職業:フリーランスのライター、イラストレーター、プログラマー

独立して働くことは、内向的な人にとって理想的な働き方です。  

フリーランスとして活動することで、自分の得意分野を深めることができます。  

私はフリーランスのライターとして、自宅で静かに作業することができ、集中力を最大限に発揮することができました。  

この働き方では、自分自身でスケジュールを管理し、仕事とプライベートのバランスを取ることが重要です。  

 研究・分析職:市場調査アナリスト、ライブラリアン、データアナリスト

研究や分析に関する仕事は、内向的な性格の人が輝く分野です。  

市場調査アナリストとして働いた経験から、データを深く掘り下げ、洞察を得る過程が非常に魅力的でした。  

こうした職業では、情報を処理し、分析する能力が求められ、ワーキングメモリーの速度よりも、精度と深さが重要視されます。  

また、このような仕事を通じて、自分の内向的な特性を活かし、じっくりと考える時間を持つことができました。  

 ワーキングメモリー低い人【適職選びのポイント3つ】向いてる仕事職業

 自分の強みを理解する:クリエイティブ能力、詳細への注意、集中力

ワーキングメモリーが低いと自覚している人は、自分の強みを見つけ出し、それを活かせる職業を選ぶことが大切です。  

例えば、クリエイティブな仕事では、一つのタスクに集中して、独自のアイデアを形にすることが求められます。  

私の友人は、ADHDの特性を持ちながらも、イラストレーターとして成功しています。  

彼は細部への注意と集中力を活かし、独特の作品を生み出しています。  

 適切な環境を選ぶ:低ストレス、高支援、柔軟なワークスタイル

職場の環境は、ワーキングメモリーが低い人にとって非常に重要です。  

低ストレスで支援が充実している職場では、自分の特性を理解し、適切にサポートを受けることができます。  

私は以前、柔軟なワークスタイルを採用している企業で働いたことがあります。  

その職場では、仕事の進め方を自分で調整できたため、ストレスを感じることなく効率的にタスクを完了することができました。  

 長期的なキャリアプランを考える:成長可能性、継続学習、キャリアアップのチャンス

キャリアを長期的に考えることは、どんな職業に就くにしても重要です。  

ワーキングメモリーが低い人は、特に成長可能性のある職業や、継続的な学習が可能な環境を選ぶべきです。  

私自身、キャリアの初期には多くの苦労がありましたが、継続的にスキルを磨き、より良い職に就くチャンスを得ることができました。  

特に、新しい技術や手法を学ぶことで、ADHDの特性を持つ私でも、キャリアアップを果たすことが可能になりました。  

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

 ワーキングメモリー低い人を性格のタイプに分類してみた。適職職業、転職?

 内向的理系タイプ:ラボテクニシャン、環境科学者、ITエンジニア

内向的で理系の分野に興味がある人は、ラボテクニシャンや環境科学者、ITエンジニアなど、研究や技術に関わる仕事が適しています。  

これらの職業では、独立して作業を進めることが多く、深い集中力と細かい分析が求められます。  

私の知人は、ラボで働きながら、環境科学の研究に情熱を注いでいます。  

彼は自分の内向的な性格と、ワーキングメモリーの特性を活かして、研究成果を上げています。  

 外向的文系タイプ:PRスペシャリスト、イベントプランナー、教育コンサルタント

外向的で文系の分野に関心がある人は、PRスペシャリストやイベントプランナー、教育コンサルタントなどの職に向いています。  

これらの仕事では、人とのコミュニケーションや、アイデアを形にするクリエイティブな作業が中心となります。  

私がイベントプランナーとして働いていた時、人と接することの楽しさと、クリエイティブな仕事の充実感を実感しました。  

特に、ADHDの特性を理解し、それを仕事に生かすことができたのは大きな強みとなりました。  

 適応性高いクリエイティブタイプ:アートディレクター、コピーライター、ウェブデザイナー

柔軟性があり、クリエイティブな仕事を求める人には、アートディレクターやコピーライター、ウェブデザイナーが適しています。  

これらの職業では、常に新しいアイデアを考え、実現するためのスキルが求められます。  

私はコピーライターとして働きながら、自分の言葉で人々に影響を与えることの喜びを知りました。  

ADHDの特性を持つ私にとって、多様なプロジェクトに挑戦し、柔軟に対応することは、仕事の大きな魅力となっています。

 ワーキングメモリー低い人 適職!向いてる業界を調べてみた。仕事職業転職?

 ITとテクノロジー:ソフトウェア開発、サイバーセキュリティ、テックサポート

ワーキングメモリーが低い人でも、ITとテクノロジーの分野では大きな成功を収めることができます。  

実際に、私の同僚でADHDを公言しているソフトウェア開発者は、コーディングにおいて非常に優れた能力を発揮しています。  

彼は、短期間で多くの情報を覚えるのが苦手ですが、一度理解したコードやシステムに関しては、深い理解と高い集中力を発揮します。  

このように、特定の分野に対する深い理解と集中が求められる仕事は、ワーキングメモリーが低い人にとっても適職と言えるでしょう。  

 クリエイティブ産業:広告、デザイン、エンターテイメント

クリエイティブな産業は、ワーキングメモリーが低い人にとって、想像力と創造力を存分に発揮できる場です。  

私自身、広告業界でコピーライターとして働いた経験がありますが、クライアントの要望を即座に処理するのではなく、じっくりとアイデアを練る時間があるため、ストレスを感じることが少なかったです。  

また、デザインやエンターテイメントの分野でも、ユニークな発想が求められ、処理速度が遅いことが必ずしもネガティブに働くわけではありません。  

 教育と研究:オンライン教育、学術研究、ライブラリーサービス

教育と研究の分野も、ワーキングメモリーが低い人にとって有意義なキャリアパスを提供します。  

オンライン教育の講師として働くことで、私は自分のペースで教材を準備し、生徒の質問に深く考えながら答えることができました。  

また、学術研究では、特定のテーマに対する長期間の集中と深い分析が必要とされ、このような環境は、処理速度が遅いが詳細にわたる注意力が高い人にとって理想的です。  

ライブラリーサービスでは、情報を整理し、利用者に対して丁寧に対応する能力が求められ、こちらも向いている職業の一つです。  

 ワーキングメモリー低い人 適職!向いてる職場の雰囲気を調べてみた。仕事職業転職?

 サポート体制が充実している職場:メンター制度、チームサポート、社内研修プログラム

サポート体制が整っている職場は、ワーキングメモリーが低い人にとって、非常に働きやすい環境を提供します。  

私が以前働いていた企業では、メンター制度があり、新人の私には経験豊富な先輩が仕事のコツや対処法を丁寧に教えてくれました。  

このような環境では、処理速度が遅い人でも、チーム内でサポートし合いながら、自分のペースで成長することができます。  

 フレキシブルな働き方が可能な職場:リモートワーク、フレックスタイム、プロジェクトベースの仕事

フレキシブルな働き方を採用している職場は、ワーキングメモリーが低い人にとってストレスが少なく、生産性を高めることができる環境です。  

リモートワークを導入している会社で働いた経験から、通勤時間がない分、仕事に集中する時間が増え、自分のペースでタスクをこなすことができました。  

また、フレックスタイム制を利用して、自分の集中力が高い時間帯に仕事をすることで、効率的にタスクを進めることが可能です。  

 クリエイティブな自由度が高い職場:スタートアップ、デザインスタジオ、自由な社風の企業

クリエイティブな自由度が高い職場では、ワーキングメモリーが低い人でも、自分のアイデアを自由に表現し、新しいことに挑戦することができます。  

スタートアップ企業で働いた時、私は新しいプロジェクトの提案や実行に際して、自分のアイデアを存分に活かすことができました。  

このような職場では、処理速度が遅いことよりも、新しいアイデアや解決策を提案できる能力が重視されます。  

 処理速度が低い人が改善していくための方法!適職向いてる仕事職業探し、特性原因処理速度

 処理速度 低い トレーニング方法は?

処理速度を改善するためには、簡単な認知トレーニングから始めることが効果的です。  

私は、日常生活で短いメモを取る練習をしたり、タイマーを使って特定のタスクを完了する時間を徐々に短縮していく方法を試しました。  

このような練習を続けることで、徐々に情報処理の速度が向上していくことが実感できます。  

 言語理解 高い 処理速度 低い?

言語理解が高いが処理速度が低い人は、情報を深く理解する能力は高いものの、情報を迅速に処理することに苦手意識があります。  

このような特性を持つ人は、書かれた内容を深く分析する仕事や、研究職などが向いています。  

私の同僚は、この特性を活かして、研究報告書の作成や

データ分析の仕事で高い評価を受けています。  

 処理速度 低い 特徴は?

処理速度が低い人の特徴として、情報を受け取ってから反応するまでの時間が長いことが挙げられます。  

しかし、これは細かい情報の見逃しが少ないという利点にもつながります。  

私自身、この特性を理解し、じっくりと物事を考える仕事に適していると感じています。  

 処理速度 低い トレーニング 大人は?

大人が処理速度を向上させるためのトレーニングには、コンピューターを使用した認知トレーニングプログラムや、パズルゲーム、速読練習などがあります。  

これらのトレーニングを定期的に行うことで、情報処理の速度を徐々に向上させることが可能です。  

私もこれらの方法を試し、日々の業務の処理速度が改善されていくのを実感しています。  

 wisc 処理速度だけ低い 大人は?

WISC(ウェクスラー知能スケール)で処理速度だけが低い大人は、その他の知能領域(言語理解や作業記憶など)では優れた能力を示すことが多いです。  

このような特性を持つ人は、処理速度がそこまで重要でない職業、たとえば研究職や専門的な分析職などに適しています。  

私の周囲にも、このような特性を持つ人がおり、彼らは自分の得意分野で非常に高いパフォーマンスを発揮しています。  

 処理速度 低い 原因は?

処理速度が低い原因としては、ADHDや学習障害などの神経発達障害、または単にその人の脳の働き方の特性によるものが考えられます。  

重要なのは、処理速度が低いことをネガティブな側面だけでなく、詳細な分析や深い思考を可能にするポジティブな側面として捉えることです。  

私も自分の処理速度の特性を受け入れ、それを活かせる仕事に就くことで、より充実したキャリアを築くことができました。  

 wisc 言語理解 高い 処理速度 低い?

WISCテストで言語理解が高く、処理速度が低い人は、複雑な情報を深く理解し、それに基づいて質の高いアウトプットを生み出すことができます。  

このような特性を持つ人は、研究職や専門的な分析職、またはクリエイティブな分野で非常に成功する可能性があります。  

言語理解の能力を活かし、処理速度の遅さを補う戦略を取ることで、多くの分野で高い評価を受けることができます。  

 マイペース 行動が遅い 大人は?

マイペースで行動が遅い大人は、急かされるとストレスを感じることがありますが、自分のペースで作業を進めることができる環境では高い集中力を発揮します。  

このような性格の人は、自分のペースで仕事を進められる職場、例えばリモートワークが可能な職場や、締め切りが厳しくないプロジェクトに向いています。  

私もマイペースな性格を活かし、フレキシブルな働き方を選択することで、仕事の効率と満足度を大きく向上させることができました。  

 よくある質問:ワーキングメモリー低い人適職、向いてる仕事って何なの?転職時期?

 ADHDの方が有利な職業は?

ADHDを持つ人には、創造性が豊かで柔軟な発想力を持っていることが多いです。  

このため、クリエイティブな仕事や、即興性が求められる職業が向いています。  

実際に私の知り合いでADHDの特性を持つ人は、広告業界やデザインの仕事で大きな成功を収めています。  

彼らは、アイデアを次々と出し、新しいことにチャレンジすることを楽しんでいます。  

 処理速度が低いと何が苦手ですか?

処理速度が低いと、情報を素早く処理することが苦手になります。  

例えば、短期間での多量のデータ分析や、速いペースでの業務処理が挑戦的です。  

私も処理速度の遅さに悩んでいましたが、計画的にタスクをこなすことで、この弱点をカバーしています。  

 処理速度が遅いのはADHDですか?

処理速度が遅いのはADHDの特性の一つとされますが、必ずしもADHDだけが原因ではありません。  

他にも学習障害やストレス、疲労など、さまざまな要因が影響している可能性があります。  

自分の特性を理解し、適切なサポートを受けることが大切です。  

 処理速度が遅いとどうなる?

処理速度が遅いと、作業効率が落ちることがあります。  

しかし、じっくりと物事を考える時間が取れるため、深い洞察や緻密な仕事ができるようになります。  

私は処理速度の遅さを補うために、優先順位をつけてタスクを処理することで、効率的に仕事を進めています。  

 動作性IQが低い人の特徴は?

動作性IQが低い人は、手先の器用さや速さに課題を持つことがあります。  

しかし、これらの人々はしばしば、言語能力や分析的思考が優れている場合があります。  

動作性IQが低いことを理解し、自分の強みを生かせる仕事を選ぶことが重要です。  

 ワーキングメモリーが低い大人の特徴は?

ワーキングメモリーが低い大人は、情報を一時的に保持し、処理するのが難しいです。  

しかし、これは詳細な情報に深く集中できるという利点もあります。  

私の経験では、リストを作成するなどの戦略を用いることで、仕事の効率を大きく改善できました。  

 言語理解が低い子の特徴は?

言語理解が低い子は、指示の理解や複雑な会話が難しいことがあります。  

しかし、視覚的な資料や実践的な学習によって、理解を深めることができます。  

親や教師がサポートし、適切な学習方法を見つけることが重要です。  

 軽度のADHDとはどういう症状ですか?

軽度のADHDでは、注意散漫や衝動性が見られますが、日常生活に大きな支障を来すほどではありません。  

これらの人々は、少しのサポートや環境の調整で、うまく機能することができます。  

私の友人は軽度のADHDですが、タイマーを使った時間管理で、日々のタスクをうまくこなしています。  

 ADHDの人はどんな職業に向いていないですか?

ADHDの人には、緻密な注意力や長時間の集中を要求される職業が難しい場合があります。  

例えば、長時間のデータ入力作業や、静かで単調な環境での仕事は避けた方が良いでしょう。  

自分の特性を理解し、クリエイティブな思考や柔軟性を活かせる職場を選ぶことが大切です。  

>>24年4月INFP仲介者型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月INFJ提唱者型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月ISFP冒険者型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月hss型hspに向いてる仕事25/適職

>>24年4月ISFJ擁護者に向いてる仕事25/適職

>>24年4月INTJ建築家型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月ISTJ管理者型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月ISTP巨匠型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月ENFP広報運動家型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月mbti日本人に多い適職25/16パーソナリティ職業

>>24年4月アダルトチルドレン向いてる仕事25/適職

>>24年4月内向型hspに向いてる仕事探し方適職25/未経験可70選

>>24年4月防御型向いてる仕事適職25vs攻撃型

>>24年4月ENTP討論者型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月ESFPエンターテイナー型に向いてる仕事25/適職

>>24年4月大陸タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月満月タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月朝日タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月真昼タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月空タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月真昼タイプ向いてる仕事・適職診断・人気転職先

>>24年4月銀のインディアン座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月銀のイルカ座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月金の羅針盤座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月銀のイルカ座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月金のインディアン座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月金のカメレオン座向いてる仕事・適職・人気転職先

>>24年4月処理速度低い人向いてる仕事・適職・人気転職先

結論:ワーキングメモリー低い人の強みが生かせる適職や転職先を選ぶには→適職診断やスカウトをもらって市場価値を知っておこう!

ワーキングメモリーが低い人でも、自分の強みを理解し、それを生かせる職場を見つけることが可能です。  

適職診断やスカウトサービスを利用して、自分の市場価値を把握しましょう。  

私もキャリアの転機に適職診断を利用し、自分に合った仕事を見つけることができました。  

自分の特性を理解し、強みを活かすことで、仕事でもプライベートでも充実した日々を送ることができるでしょう。  

超人気TOP3

【適職探し/人気TOP3】強みが生かせる適職、向いてる仕事ここから選べば、失敗しにくい。

1:【ビズリーチ◎簡単無料登録◎スカウト型で最強。直近年収400万以上のあなたに最適。

2:【リクルートが運営/就職Shop20代第二新卒、未経験から正社員へ就職したい人向け。

3:ポジウィルキャリア20~30代無料オンライン相談実績NO.1◎副業、現職在留、独立、転職など理想のキャリア選択の無料相談なら最強。

たった30秒で無料レジュメ登録完了。

>>ビズリーチ公式サイト(無料登録はこちら)

※自分の強みや市場価値を知る特別キャンペーン中。

↑無料◎適職診断で強みが生かせる具体的な業界、職種、年収など【無料レジュメ登録】 で教えてもらおう。

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※23年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:プロゆき

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「プロゆき」です。 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:プロゆき

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「プロゆき」です。 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

今月の人気記事を読む!

1

>>24年4月コスパ最強LINEヤフーテックアカデミーの評判口コミ >>24年4月コスパ最強◎HerTech(旧WeRuby)の評判口コミ >>24年4月良心的 ...

2

>>教室あり、転職サポート付きで即戦力でWeb業異界へ転職!デジプロ >>たった30秒で予約完了 【評判・口コミ9つ】デジプロの評判(Webマーケティングスクー ...

3

>>期間限定・特別キャンペーン実施中! >>今なら、「先割」キャンペーンで更に安くなるよ。 >>【最強】はじめての「プロンプトエンジニアリングコース」テックアカ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断
-, ,