Web副業/転職スキルを学ぶ 適職診断×人気転職先

22年6月【全25項目比較】ConoHaWINGとmixhostの決め手!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

今回の記事は、「ConoHa WINGかmixhostにしようかサーバー選びで迷っている人」に向けて、詳細かつ分かりやすい比較を通じて、あなたにぴったりのサーバーは何なのかお伝えしていく内容となっています。

国内最速は本当なのか?コスパを重視するならどっちなのか?アフィリエイト、副業ブログにぴったりなのはどっちなのか?そのヒントをしっかりとお答えしていきます。

また、「私がConoHa WINGに契約を決めた決定的ば要素」や「サーバーの正しい選びの方」もわかりやすく伝授していきます。

この記事を読み終わった頃には、「あなたに本当に向いているのはConoHa WINGなのかそれともmixhostなのか」「選ぶ根拠」が明確になることでしょう。

それでは、今回も詳細な比較レビューをぜひお役立てください。

  • この記事を読むあなたへ

  • 購入直前で、ConoHa WINGかmixhostにしようかサーバー選びで迷っている人へ

  • ハイスペックでコスパ最高のレンタルサーバーを知りたい人へ 

  • ConoHa WINGは本当に国内最速なのか?副業ブログ運営に最適なレンタルサーバーを知りたい人へ 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】かわちゃんから読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・デジタルマーケティング)をする傍ら、現場の社員の悩みを観察し得られた本音や知見

2:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音

等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『週刊転職』読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

【2022年最新】ConoHa WINGとmixhostの比較してみて分かったこと!独自調査。

ConoHa WINGが向いている人(本音の独自レビュー)

・少しでもサーバーにかかる費用を減らしたい人 

・個人ブログ、サイト運営「超初心者」の人 

・「他社サーバーからの乗り換え」を検討している人 

・スピードを重視しユーザーの利便性を追求したい人

・複数サイト、複数アフィリエイトサイト運営をしたい人 

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

mixhostが向いている人(本音の独自レビュー)

・アダルトや出会い系サイトを量産したい人 

・他人に領域を再販したりするサイト運営者

・他サイトの影響を受けずコスパを重視する(仮想サーバー派の人)

・スピードを重視しユーザーの利便性を追求したい人

・複数サイト、複数アフィリエイトサイト運営をしたい人 

ConoHa WINGとmixhostの「比較レビュー早見表」

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
プラン WINGパック ベーシック スタンダード
ユーザー数 今後に期待!? 多い
速度 早い 早い
月額料金(1年契約) 900円 980円
月額料金(3年契約) 800円 880円
無料お試し期間 初月無料(最大31日間)
※無料後は料金発生
30日(※無料でなく返金保証)
アダルトサイト ×
出会い系サイト ×
バックアップ
復元コスト
無料 無料
遠隔バックアップ サイトに記述なし ○(東京 or 北海道)
自動ファイルバックアップ 14日分 14日分
自動DBバックアップ 14日分 14日分
共用か仮想か 共用サーバー 仮想サーバー
ドメイン取得 同一サービス 同一サービス
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
無料SSL
独自SSL
メール
チャット 平日10:00~18:00 ×
電話 平日10:00~18:00 ×
サーバー引っ越し
オプション
無料ツールあり
有料依頼:6980円~
有料依頼:9980円~
プランアップグレード 即時 即時
プランダウングレード 即時 即時(差額は返金)
最上位プラン能力 スペックアップ即時可能。
超大規模サイト可能。
スペックアップ即時可能。
超大規模サイト可能。
サーバーソフト nginx LiteSpeed
HTTP/2
HTTP/3 ×
QUIC
(新高速化技術)
×
ディスク容量 250GB 250GB
使用ディスク 完全SSD 完全SSD
メモリー アクセスで自動可変 4GB
CPU アクセスで自動可変 4コア
転送量目安 4.5TB/月(平均:150GB/日) 月区切り 例:一日のみなら500GBでもOK 4.5TB/月(平均:150GB/日)
月区切り
例:一日のみなら500GBでもOK
WEBフォント利用機能 × ×
メールアカウント 無制限 無制限
メールマガジン × ×
メーリングリスト
メール転送
WEBメール
メール自動返信
メールボックス容量設定
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
ブログシステム
簡単インストール
WordPress : ○
EC-CUBE:○
WordPress : ○
Drupal : ○
Joomla : ○
concrete5 : ○
Movable Type : ○
WordPress簡単インストール
支払方法 クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
クレジットカード
PayPal
銀行振込
運営会社 GMOインターネット株式会社 アズポケット株式会社
サーバー運営歴 2018年〜 2016年〜
ConoHa WINGとmixhostの「比較レビュー早見表」

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

【判断基準5つ】「購入直前のあなたへ」ConoHa WINGとmixhost

  • ConoHa WINGとmixhost「共通のメリット、契約の決め手」はアレでした!(私の体験談)

・無料バックアップ、リストア体制が万全である

・無料でSSL化できる

・WordPress 移転を依頼することができる

・転送量、空き容量が十分にある

・マルチドメインが可能

・一か月1000円未満でサーバーを借りることができる

・数10万PV/月 規模のサイトでも余裕で運営可能

これらは、ConoHa WINGとmixhost「共通のメリット、契約の決め手」に該当する要素であると考えられる。

続いて、私が、ConoHa WINGを選んだ時の判断基準を具体的にお伝えするね!

  • 私がレンタルサーバーを選んだ基準を公開!「絶対外せない上位5ポイント」(利用体験談)

  • 判断基準1:「管理画面」が簡単で操作しやすいかどうか

実は、コレが、「ブログ初心者にとっての盲点」であり、「私の利用体験に基づく一番重要なポイント」だと考えている。

管理画面が初心者でも使いやすいレンタルサーバーは使い勝手が良く、圧倒的に作業がはかどる。

サーバーの管理画面は、あなたがブログサイト運営をしている際に、定期的に触る機会がある。

そのため、「エックスサーバー」をはじめとする「使いにくい管理画面」(管理画面が複雑で直感的な操作がしにくい画面」だとストレスが溜まり、作業効率が低下する。

実際、ConoHa WINGとmixhostは、ドメイン管理もサーバーの管理画面からできるようになっている。

私の利用体験を元に伝えると、ConoHa WINGとmixhostは、管理画面のUI もシンプルで使いやすく、あなたの作業がはかどること間違いないと感じている。

その点、「エックスサーバーは管理画面の操作が複雑」という観点から、初心者にとって、あまりおすすめできないレンタルサーバーと言える 。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

  • 判断基準2: WordPress のインストールが非常に簡単であること。

レンタルサーバーに「WordPress が簡単にインストールできる機能」が付いているかまずは確認してみよう!

実際、「WordPress 簡単インストール機能」が付いているサーバーなら、管理画面から数分であなたのブログサイトを立ち上げることができる。

ブログ、サイト運営の初心者にとって非常に便利な機能である。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

特に、ConoHa WINGは WordPress に特化したレンタルサーバである

>>「ConoHa WINGと WordPressで今すぐブログを始める方法」をさらに詳しく知りたい人はこちらから。

  • 判断基準3:「SSL化が無料」のレンタルサーバーであること

SSL化とは、「あなたのサイトセキュリティを高め、安全な通信にできるようにすること」である。

具体的には、

SSL化未対応:http://onayamikennsaku.com

SSL化済み:https://onayamikennsaku.com

つまり、SSL化とは、「http を https に変更することである」。

2020年現在、SSL 化は一般的にどのサイトにも対応しているのだが、中には SSL化が有料のレンタルサーバーも存在している。

もし、「SSL化が有料なレンタルサーバー」をあなたが選んでしまうと、毎年コストがかかってしまう点に注意したい。

ConoHa WINGとmixhostでは、無料でSSL 化ができるよ。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

  • 判断基準4:ディスクが「SSD」であるかどうか

実際、レンタルサーバーにおいても、PC のようにデータを保存するディスクが存在している。

かつては HDDという規格のディスクが主流であった。

しかし、現在は HDD よりも高速通信ができる、「SSD 」のディスクがレンタルサーバーにおいて主流となっている。

※格安サーバーの場合、未だに HDD を採用しているところもある。

ConoHa WINGもmixhostも、ディスクが「全てSSD」で構成されており、「一番低価格のプランであっても250 GBの十分な容量」を兼ね備えている。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

  • 判断基準5:マルチドメインが「無制限」かどうか

マルチドメインとは、「一つのサーバーで複数のドメインを持ち、サイトを立ち上げること」である。

個人ブログや小規模なサイトであれば、1契約で複数のサイトを立ち上げることがよくある。

つまり、マルチマルチドメイン無制限であれば、サーバーにかかる無駄なコストを削減することができる。

ConoHa WINGもmixhostも、マルチドメインが無制限となっており、非常にコスパが良いと言える。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

それでは、ConoHa WINGとmixhostを25項目で比較していくね!

【全25項目比較・保存版】ConoHa WINGとmixhostを細かく比べてみた。

比較1:プラン

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
プラン WINGパック ベーシック スタンダード

ConoHa WING

mixhost

ConoHa WING、mixhostとも様々なスペックによりに応じてプランが用意されている。

今回は最も安く、副業ブログ初心者であっても始められるプランを比較していくとする。

実際、私が使ってみて思うことは、「一番低価格なプランとはいえ、十分な機能を兼ね備えている」とい言うこと。

「初めて WordPressでサイト運営、副業ブログ運営をする人」ならまずはこのプランで全く問題ないと言える。

コノハウィングでと WordPress で副業ブログサイト運営を始めて一番簡単に初めてる方法を知りたい人はこちらから 

比較2:ユーザー数

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
ユーザー数 今後に期待!? 多い

ConoHa WING

ConoHa WINGの検索数:275,000

ConoHa WINGの月間検索ボリューム:2400

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

mixhost

mixhostの検索数:295,000

mixhostの月間検索ボリューム:8100

2020年現在では、mixhostの方がユーザーが多いと推測できる。

比較3:サーバーの速度(独自検証結果)/性能面

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
速度 早い 早い

  • ConoHa WING使用時のサイト表示速度:96

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

  • mixhost使用時のサイト表示速度:96

全く同じでした。

WEBサーバーの性能は、サーバーの速さ、性能の指標となる。

ここで注意したいのはあくまでも性能の面であるという点である。

サイト表示速度のことではないってに注意したい。

mixhostはWEBサーバーに「LiteSpeed」を採用しているのに対して、Conoha WINGは「nginx」。

WEBサーバーの性能については、LiteSpeed Technologies社が公式に性能試験データ(PHPスクリプトの要求に対するWebサーバーの応答時間の比較)を公開されている。

上記の青色のグラフが「LiteSpeed」、緑色のグラフが「nginx」。

この結果からWEBサーバーは以下の順で「性能が高い」ということがわかる。

LiteSpeed>nginx>Apache

つまり、「WEBサーバーの性能面」は「mixhost>Conoha WING」ということになります。

その他の速さ性能に関係するスペックは、2社とも同等なので、スペックだけ見るとmixhostに軍配が上がる。

比較4:契約料金(月額料金)

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
月額料金(1年契約) 900円 980円
月額料金(3年契約) 800円 880円

1年契約の場合、ミックスホストは月額料金が980円。

それに対して、ConoHa WING WINGパック ベーシックは900円である。

3年契約をした場合、月々料金を比較して行くと、mixhostのスタンダードが880円。

それに対して、ConoHa WING WINGパックベーシックは800円である。

そこまで大差はないが年単位で契約する場合運営コストを比較するとconohaの方が若干安いという点に注目したい 。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較5:無料お試し期間

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
無料お試し期間 初月無料(最大31日間)
※無料後は料金発生
30日(※無料でなく返金保証)

mixhostは30日間のお試し期間があり、返金保証がついている。

一方で、ConoHa WINGは初月無料である。

つまり、ConoHa WINGは、初月(最大31日間)の無料期間後、料金が発生するという点に注意したい。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較6:アダルトサイト出会い系サイトの可否

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
アダルトサイト ×
出会い系サイト ×

mixhostは、アダルトサイトも出会い系サイトも可能である。

一方で、ConoHa WINGはアダルトサイトや出会い系サイトは禁止されている。 

比較7:バックアップ復元コスト/自動バックアップ/保存期間

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
バックアップ
復元コスト
無料 無料
遠隔バックアップ サイトに記述なし ○(東京 or 北海道)
自動ファイルバックアップ 14日分 14日分
自動DBバックアップ 14日分 14日分

バックアップ復元コストは、mixhostもConoHa WINGも無料である。

ポイントとしては、mixhostの場合、東京と北海道に遠隔でバックアップを保存している施設がある。

たとえ、東京のバックアップサーバーがダウンしたとしても、北海道でもバックアップを取っているため、あなたのデータは全て守られる。

この点は、mixhostの強みであると言える。

復元方法は、いずれも管理画面から復元できる。

バックアップデータの復元に費用がかかるサーバーも多い中、管理画面から簡単に過去のデータに戻すことができる点は、非常に魅力的であると言える。

自動バックアップ/保存期間

自動バックアップは、ConoHa WINGもmixhostも、過去14日間分、バックアップが取られている。

つまり、過去2週間の情報はしっかりと、バックアップとして保存されているのである。

比較8:共用か仮想か

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
共用か仮想か 共用サーバー 仮想サーバー

Conoha WINGは従来の通りの共用レンタルサーバーであり、みんなで1台のサーバーの使用量を共有しているため、他のサイトの影響を受けやすくなっています。

それに対し、mixhostは「仮想CPU・メモリ」でアカウント毎に使用量が割り当てられており、他のサイトの影響を受けにくいです。

mixhostは「個別に使用量が与えられる」のがスタンダードなシステムとなっているので、いかにコスパが良いかご理解いただけるかと思います。

わかりやすく例えるなら、「Conoha WINGはシェアハウス、mixhostは賃貸マンション」です。

あなたはどちらに住みたいでしょうか?

サーバー選びも同じ、他サイトの影響を受けずコスパを重視するならmixhostを選ぶと良いかもしれません。

比較9:ドメイン取得

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
ドメイン取得 同一サービス 同一サービス
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限

ドメイン取得は同一サービス内でできる。

また、マルチドメイン、サブドメインも無制限である。

比較10:SSL化

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
無料SSL
独自SSL

ConoHa WING、mixhostどちらも「無料SSL」「 独自SSL 」にも対応している。

サイトの SEO においても SSL 化は必須である。

無料SSLと独自SSLの違いとは。

共用(無料)SSL 独自SSL
概要 レンタルサーバー会社がその会社のドメイン用に取得したSSLを、複数の利用者が共有して利用する 利用者独自で申請し、取得する
メリット ・手続きが非常に簡単
・SSLの更新手続き不要
・基本的に無料
・安全性をしっかりアピールできる
・独自ドメインで利用できる
デメリット ・安全性をアピールしづらい
・独自ドメインでは利用できない
・手続きと設定が煩雑で時間がかかる
・相当の費用がかかる
・更新手続きが必要(:1年毎など)
費用 レンタルサーバー会社のサービス利用者は基本的に無料 年間で数万円から数十万円(SSLのブランドによる)
用途 個人情報や機密情報を扱わない、個人サイト ・重要な個人情報を扱うECサイト
・信頼性が求められる法人サイト

実際、インターネット上では

誰でも自由に様々なデータを送受信することができる。

しかし、この自由度を逆手に取る悪用する人もいるそのため防衛対策をする必要がある。

データの悪用や東洋あなたのサイトに被害がを防ぐ有効な手段として 、SSL 化による盗聴、改ざん、なりすまし防止をする必要がある。

SSL化前

SSL化後

防止策の内容と目的を見ていこう。

【SSL化3つの重要な役割】

①:データの盗聴を防ぐ

例えば、あなたのサイトを SSL 化していないと、サイト内で仕様した顧客の個人情報、クレジットカード情報などが悪用される危険性が高まってしまう。

これは、SEO 対策においても、セキュリティの面から危険性の高いサイトとみなされ、あなたのサイトの順位が下がってしまう。

したがって、SSL化をすることで、ショッピングサイトの中に行き買っているデータを盗まれ、あなたのクレジットカード番号やなどの重要な情報を不正入手されることを防ぐ必要がある。

②:データの改ざんを防ぐ

例えばあなたのサイトの中に行き交っているデータに侵入されて、サイト内の数字を書き換えられてしまうことも考えられる。

そうするとあなたのサイトに大きな被害が出てしまう。

データを元のまま、完全な状態で送受信するには SSL での暗号化が必須である。

③:なりすましを防ぐ

あなたのサイトによく似たサイトを別の誰かが作り、あなたと偽って顧客から不正に金銭を得たり、情報を入手したりする危険性がある。

なりすましを防ぐには、あなたが利用しているドメイン URL アドレスの正しい所有所有者であることを証明する必要がある。

したがってあなたのサイトを SSL 化させることで、あなたのサイトは保護されているた上で、SEO 効果も発揮されるというのである。

比較11:サポート/メール対応

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
メール
チャット 平日10:00~18:00 ×
電話 平日10:00~18:00 ×

mixhostはメール対応のみとなっている。

一方で、ConoHa WINGは電話、チャット、メールでの幅広い対応となっている。

サポート対応はやはり、ConoHa WINGの方がしっかりしていると言えるのではないだろうか。

何かあなたが困った時に、電話での問い合わせに対応、そしてチャットで気軽に聞けるのも大変便利である。

よって、サポートの比較は、ConoHa WINGに軍配が上がる。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較12:サーバー引っ越しオプション

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
サーバー引っ越し
オプション
無料ツールあり
有料依頼:6980円~
有料依頼:9980円~

mixhostはサーバー引越しをする際に、有料依頼手数料として9980円〜かかってしまう。

一方でConoHa WINGは、無料ツールでサーバー引っ越しをすることができる。

木の葉では 「WordPress 引っ越しツール」が提供されており、WordPress のアカウント情報を入力することで、ワンクリックでサイト移転が行える仕様になっている。

注意点として、プラグインとの兼ね合いやデータ量が多すぎると言う場合、うまく作動しない場合もある。

サイトを引っ越す際には、自分でその点を調査し慎重に行う必要がある 。

もちろん、有料依頼で6980円〜することも可能。

ConoHa WING基本料金 6980円
SSL化しているサイト オプション料金3000円
非SSL化サイト オプション4000円で移行後のSSL化も対応

よって、サーバー引っ越しオプションの比較においては、ConoHa WINGに軍配が上がるといえる。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較13:プラン即時アップグレード

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
プランアップグレード 即時 即時
プランダウングレード 即時 即時(差額は返金)
最上位プラン能力 スペックアップ即時可能。
超大規模サイト可能。
スペックアップ即時可能。
超大規模サイト可能。

ConoHa WING、mixhostどちらも即時にアップグレード、ダウングレードできる。

ポイントとしては、ミックスホストの場合、「差額」は返却される。

差額分を返却してくれる、ミックスホストは初心者でも安心して始められると言える 

比較14:サーバーソフト

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
サーバーソフト nginx LiteSpeed

ConoHa WINGは、「nginx」。

速さが売りのサーバーソフトである。

Webサーバーのシェアは、NginxはApacheに次いで第2位である。(w3techs.com、2020年4月時点)。

mixhostは、「LiteSpeed」。

「Apache」「Nginx」「Microsoft」に次ぐ第四のWebサーバーと呼ばれており、導入も増えてきて確実にシェアを伸ばしている。

「Apacheとの互換性と新しいプロトコルの「HTTP/2」をサポートしている。

比較15:HTTP対応

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
HTTP/2
HTTP/3 ×

HTTP2にはConoHa WINGもmixhostも対応している。

一方で、HTTP3にも対応しているのは、mixhostである。

HTTP対応に関しては、mixhostが一歩先に進んでいるといえる。

比較16:最新高速化技術

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
QUIC
(新高速化技術)
×

最新高速化技術(QUIC)は、mixhostにのみ搭載されている。

mixhostは、「HTTP/2」よりも速いと言われているGoogleが開発した通信プロトコル「QUIC」に対応している日本唯一のレンタルサーバーである。

一方で、ConoHa WINGには搭載されていない 。

比較17:ディスク容量/ストレージ

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
ディスク容量 250GB 250GB
使用ディスク 完全SSD 完全SSD

ConoHa WINGもmixhostも、250GBのストレージ。

ConoHa WINGもmixhostも、ディスクは完全SSDである。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較18:メモリー/CPU

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
メモリー アクセスで自動可変 4GB
CPU アクセスで自動可変 4コア

ConoHa WINGの場合、メモリも CPU もアクセスに応じて自動で調整がなされる。

一方で、mixhostの場合、メモリは4GB、CPUは4コアである。

比較19:転送量

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
転送量目安 4.5TB/月(平均:150GB/日) 月区切り
例:一日のみなら500GBでもOK
4.5TB/月(平均:150GB/日)
月区切り
例:一日のみなら500GBでもOK

転送量の目安は、ConoHa WINGもmixhostも、4.5TB/月(平均:150GB/日) 月区切りである。

両者とも月間数十万 PV 程度なら全く問題ないと言われている。

実際この価格帯では、最高レベルのデータ転送量である。

しかし、何かのキーワードでバズりはじめ、アクセスが急増した場合、上位プランへ即時変更することも可能。

ConoHa WINGもmixhostも、安心して利用できると言える 。

比較20:Webフォント利用

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
WEBフォント利用機能 × ×

Web フォント利用機能は、ConoHa WINGもmixhostも、利用することができない。

比較21:メールアカウント/メルマガ

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
メールアカウント 無制限 無制限
メールマガジン × ×
メーリングリスト
メール転送
WEBメール
メール自動返信
メールボックス容量設定

ConoHa WINGもmixhostもメールアカウントは無制限に利用できる。

しかし、メールマガジンは利用することができない。

比較22:セキュリティ対策

比較項目 ConoHa WING
WINGパック
ベーシック
mixhost
スタンダード
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化

アンチウィルス、スパムフィルター、メール暗号化。

セキュリティ保護のシステムが、ConoHa WINGにもmixhostにも搭載されている。

比較23:WordPress対応/簡易インストール

ブログシステム
簡単インストール
WordPress : ○
EC-CUBE:○
WordPress : ○
Drupal : ○
Joomla : ○
concrete5 : ○
Movable Type : ○
WordPress簡単インストール

WordPressなら、ConoHa WINGもmixhostも対応している。

利用率ナンバーワンのWordPressで副業ブログ、サイト運営を早速始めてみよう。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較24:支払い方法

比較項目 ConoHa WING mixhost
支払方法 クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
クレジットカード
PayPal
銀行振込

もしあなたが、クレジットカードを持っていなくても、別の方法で利用できると言える。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

比較25:運営会社/運営歴

比較項目 ConoHa WING mixhost
運営会社 GMOインターネット株式会社 アズポケット株式会社
サーバー運営歴 2018年〜 2016年〜

  • ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年から、運営会社は GMO インターネット株式会社(資本金50億円)が運営している。

所在地 :東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表取締役会長兼社長・グループ代表 :熊谷 正寿

事業内容 

・インターネットインフラ事業

・インターネット広告・メディア事業

・インターネット金融事業

・仮想通貨事業

とあり会社規模が大きく非常に信頼がおける。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

  • mixhost

mixhostは、2016年から、アズポケット株式会社(資本金200万)が運営している。小さめの企業が運営していると言える。

所在地:【大阪本社】〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-10-5-702

代表取締役:伊丹浩

事業内容

・インターネットインフラ事業

・電気通信事業法に基づく電気通信事業

ConoHa WINGとmixhostの注意点(デメリット)を比較!

ConoHa WINGのデメリット

・無料お試し期間がない

・現時点で利用者数が少ない

・アダルトジャンルのサイトの運営は不可能

・無料お試し期間がない(ConoHa WINGのデメリット)

コノハウィングは無料お試し期間はないしかし食器は無料である契約した瞬間から料金が発生してしまう点に注意したい。

その点、mixhostは1ヶ月間文の返金保証制度はついているまたエックスサーバーは無料お試し期間がある

・現時点で利用者数が少ない(ConoHa WINGのデメリット)

利用者数が少ないのは、コノハウィングの大きなデメリットであると言われている。

木の葉ウイングは運営歴が浅く利用者数がまだ少ない状況である。

実際、利用者数が少ないサービスはトラブルの対処方法に関して情報共有をしてくれるブログ記事がネット上に出回っていることが少ないため、不便であると言われている

一方で、「共用(レンタル)サーバーが現時点では早い理由」も、利用者数が少ないことが挙げられているため、ConoHa WINGはスピードが早いとの見方もなされている。

・アダルトジャンルのサイトの運営は不可能(ConoHa WINGのデメリット)

ConoHa WINGは「アダルトジャンルのサイトは運営できない点」に注意しよう。

アダルトジャンルや出会いジャンルで運営をしていきたい人は、mixhostのレンタルサーバーに契約しよう 。

mixhostのデメリット

・サポート内容が少し物足りない

・管理画面のパネルが非常に使いにくい。

・独自ドメインが、初期ドメインのサブディレクトリとして「強制登録」されてしまう

・サポート内容が少し物足りない(mixhostのデメリット)

mixhostは、「メールのみで対応」。

チャットと電話での即座の対応はしてくれない点が、初心者にとって不満を覚えるところである。

チャットがないため、「意思疎通やトラブル状況を伝えるのに時間がかかる点」が懸念される。

・管理画面のパネルが非常に使いにくい(mixhostのデメリット)

管理画面の使いにくさは、mixhost最大の難点であると言える。

実際、管理画面を見て行くと色々なものが簡単にインストールできるようにな仕様になっている。

そのため、解説がしっかないと、パソコンに不慣れな人はインストールのやり方が分からない。

「初心者が直感的に操作しやすい画面とは言い難い」との見方ができる。

・独自ドメインが、初期ドメインのサブディレクトリとして「強制登録」されてしまう(mixhostのデメリット)

あなたのドメイン名、つまり独自ドメインを登録すると、

mixhostと契約した時に設定されている「初期ドメインのサブディレクトリ」「サブドメイン」としても強制的に登録されてしまう点に注意したい。

【初期ドメインがhttp://abcdefg.mixh.jpの場合の例】

①http://example.comを登録

→ 独自ドメインページにアクセスできる

②http://example.abcdefg.mixh.jp

→ 独自ドメインページにアクセスされてしまう

③http://abcdefg.mixh.jp/example.com

→ 独自ドメインページにアクセスされてしまう

普通ではあり得ないことではあるが、テスト用に使えるようという意味でこの体制をとっている。

つまり、複数の無駄なデータが通常の3倍ほど出来上がってしまうとも言える。

これは SEO 的によろしくない。

特に、「3つのドメイン全部にGoogleの評価が分散」してしまう点が最大の問題である。

ブログの検索順位のがなかなか上がらない要因はここにあるともされている。

そのため、ConoHa WINGに乗り換えることで改善された例は多数ある。

こういった、初心者にとって分かりにくい仕組みが、未だに改善されていない点も多いことから、mixhostは「初心者にとってありがた迷惑なサーバー」でもあるとの見方ができる。 

ConoHa WINGとmixhostのメリットを比較!

ConoHa WINGのメリット

・管理画面が使いやすい

・他社サーバーからの移行が簡単

・他社よりもプランが充実している 

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

・管理画面が使いやすい(ConoHa WINGのメリット)

ConoHa WINGの管理画面は非常にシンプルで、初心者でも本当に使いやすいと私も感じている。

特徴としては、「ドメインとサーバーを一括管理できる」ようになっている点が大変魅力的である。

ウェブサイトの運営は「サーバー、ドメイン、WordPress」 と管理する場所が複数あり、初心者にとっては混乱の元となりがちである。

しかし、「ConoHa WINGで一括管理」することで、作業のストレスは大幅に解消できる。

特にConoHa WINGは「直感的に操作しやすい管理画面」が私のお気に入りポイントである。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

・他社サーバーからの移行が簡単(ConoHa WINGのメリット)

ConoHa WINGは、他社のレンタルサーバーからの乗り換えサービスが大変便利である。

他社サーバーからの移行が簡単な点を支持するブロガーが多く、

 エックスサーバーから乗り換えているブロガーも現在増加中。

「 WordPress 簡単移行ツール」でワンクリックでデータを丸ごとConoHa WINGに移行することができる。

また、さらに安全に移行したい人向けに「 WordPress 移行代行サービス」も提供されている。

確かに、9980円かかるがサーバーの専門スタッフに移行作業を依頼しトラブル対応もしてもらえるので、安全にサイトを移管することができる。

これは、移管に不安を感じる人やブログサイト運営初心者の人にとって、大変ありがたいサービスであると言える。

もし、あなたが現在お使いのサーバーで、「速度改善施策がうまくいっていない人」は木の葉ウイングに乗り換えるのも一理ありかもしれない。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

・他社よりもプランが充実している (ConoHa WINGのメリット)

ConoHa WINGは後発であることもあり、競合のエックスサーバー、mixhostを意識し、他社を上回る性能を誇っている。

これは、「ConoHa WINGに乗り換えを検討する人が近年増加中」である理由の一つであるとされている。

つまり、後発の強みを生かした料金ブランを用意することで、コノハウィングは、「現在、速度改善施策がうまくいっておらず、乗り換えを検討している人」にも向いているレンタルサーバーとの見方もできる 。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

mixhostのメリット

・総合的にコスパが最高な点(アダルトサイト運営も可能)

・データベースが無制限

・通信速度が早く、最新の技術を取り入れている

・総合的にコスパが最高な点(アダルトサイト運営も可能)mixhostのメリット

スタンダードプランで880円(1年契約では980円)。

Apacheサーバーの上位となるLiteSpeedに対応しているため、サーバー速度も早く、性能的にも悪くない。

メールの送信制限もスタンダードプランで1日、15000通まで可能。

レンタルサーバーを使ってメールマガジンを発行しようと思っている方には十分すぎるほどの性能である。

また、「アダルトサイトも運営可能」なためジャンルを問わずサイト運営をすることができる点が、大変魅力的であると言える。

さらに、運営歴がコノハウィングよりも長い点から信頼がおけると言えるのではないだろうか。

・データベースが無制限(mixhostのメリット)

全てのプランにおいて、データベースが無制限であるため、ブログ、サイトを作り放題の料金プランとなっている。

※この点は、ConoHa WINGも同じである。

一方で、エックスサーバーの場合データベースに制限があり、一番下のプランでは30個しか作ることができない。

例えば、アフィリエイトサイトで複数ブログをサイトを運営したり、他人にサーバー領域を貸し出したりすると、データベースが30個というのは即座に限界を迎えてしまう。

この点から考えると、アフィリエイト、アダルトサイト、他人に領域を再販したりするサイト運営者に向いているサーバーと言えるのではないだろうか。

・通信速度が早く、最新の技術を取り入れている(mixhostのメリット)

mixhostの速さの秘密

mixhostは、「LiteSpeed Webサーバー」を日本で初めて導入しているサーバーである。

 LiteSpeedは従来のApacheサーバーと比べてどのくらい処理速度が速いのか?

・HTMLサイト:最大9倍

・SSLサイト:最大3倍

・PHP:最大1.5倍

相当速いことが分かる。

ブログ高速化を実現する機能

・HTTP/2(大量のデータを効率的に処理できる次世代型プロトコル)

・QUIC(ブログの高速表示)

・MariaDB(高速データベース)

このような機能があるからこそ、仮想サーバーにも関わらず高速処理が可能となっている。

mixhostは「最新の技術を取り入れ、スピードを重視しようとする姿勢」が伺える。

結論、どちらも人気のレンタルサーバーであるが、サイト運営初心者ならConohaWINGが向いていると考えられる。

>>【期間限定】特別キャンペーン中!ConoHa WING「WINGパック」公式サイトから申し込む!

次回もよろしくね.

「副業マガジン」編集長のかわちゃんより。

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-Web副業/転職スキルを学ぶ, 適職診断×人気転職先