20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【㊙︎チェックリスト付き・3大領域別】Webマーケティングに向いている人の特徴

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

Webマーケティングに「向いている人」の特徴について特別解説していきます。

Webマーケティング業界にいる私の友人に聞いた、Webマーケティングに向いている人向いていない人の特徴の一般的な傾向について、

現役Webマーケターである、編集長のかわちゃん(私)が特別解説しております。

データ分析や IT 系の仕事Web マーケティング業務に私は本当に向いているのか。

Webマーケティング業界に転職すべきかどうか悩んでいるあなたへ。

私もかつてWebマーケティング業界、SEOコンサル職に身を置く前、Webマーケティング業界が自分に本当に合っているのか不安で、インターンに応募することさえも悩んでいた時期がありました。

実際、Webマーケティング業界に勤めている友人には、データ分析が本当に得意な人、チームを巻き込むリーダーシップのある人、営業力やトークで打ち負かす人など様々な人がいることもよくわかりました。

当時、私は、Webマーケティング業界の実態も知らず、 Webマーケティングが副業と最も親和性の高い業界であることも知りませんでした。

さらに、広告運用を中心とした、Webマーケティングスクールの存在など知らず、本ばかり読み、情報収集ばかりで、ノウハウコレクターになっていた当時の自分もいました。

そこで今回は、現役Webマーケターである私の考察とWebマーケティング業界にいる友人にきいた「Webマーケティングに向いている人の特徴」と「とるべき戦略」について詳しくお伝えしていきます。

本記事で、あなたに必要なところだけしっかり読んで、無駄なところはすっとばしていきましょう。

Webマーケティング業界に転職するのは、今がチャンスで。

この記事を読み終わった後には、あなたに最適な Web マーケティング業界への転職方法、

あなたに向いている領域が明確になっていることでしょう。

結論(解決法)

→SEO、SNS、広告運用のどれかを選び、 

→本業(Webマーケティング業務)+副業(本業で学んだことをそのままやるWebマーケティング副業)で年収アップを目指そう。

※月5万から10万を確実に増やしたいあなたは「広告運用」一択である。

  • 想定読者

  • Webマーケティング業界に転職すべきか悩んでいる人

  • 副業ブログ、広告運用代行の副業に興味のある人

  • Webマーケティング副業を通じて年収をアップさせたい人

 要点はコレ

【SEO系に向いている人の特徴(まとめ)】

・キーワード分析、言葉、心理学

・メディア運営に興味

・粘り強さがある人は、

→SEO系職種のあるWebマーケティング企業に転職か副業ブログを始めよう

【SNS系に向いている人の特徴(まとめ)】

・画像や動画SNS、トレンド分析

・インフルエンサーに興味

・SNSアカウント運用の代行

に興味のある人は

→SNS系職種のあるWebマーケティング企業に転職しよう

 【広告運用系に向いている人の特徴(まとめ)】

・ ネット広告での集客、心理学、宣伝、オークション的

・一度Web マーケティング企業に転職+副業でも確実に月5万以上に興味

・広告主のプロダクト引き立てる気持ちがある人は、

→広告運用系職種のあるWebマーケティング企業に転職orWebマーケティングスクールで広告運用について短期集中で学ぼう.

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

【3大領域別】 Webマーケティングに向いている人の特徴

Webマーケティング業界は SEO SNS 広告運用の大きく三つに分類される。

  •  Webマーケティング業界3大領域

 Webマーケティング業界3大領域 

 【SEO系】:SEOコンサル、Webメディア運営、副業ブログ、アフィリエイト

 【SNS系】:SNS運用、インフルエンサーマーケティング

 【広告運用系】:広告運用代行、ネット広告代理店

まずはじめに、SEOに向いている人の特徴(チェックリスト)を見てみよう。

 【SEO系】Webマーケティングに向いている人の特徴

 【SEO系】Webマーケティングに向いている人の特徴

・言葉屋キーワードに興味のある人。

・数字で物事を分析するのが好きな人。

・ Google Analytics等ツールを使って分析するのが好きな人。

・心理学や人が物を買う時の行動パターンに興味がある人。

・なぜこのキーワードが検索されるのか、検索意図を特定することに興味のある人。

・ 一つのことに粘り強く取り組むのが得意な人。

・あまりおしゃべりが好きではなくとにかく分析することに没頭したい人。

・ ブログ記事の執筆や Web メディアの運営に関わりたい人。

・ Google の検索エンジンで上位表示を取ることにやりがいを感じる人。

・ Google の検索エンジンの裏側を学び、スキルを高めたい人。

・検索エンジンからアクセスを集めることに興味のある人。

・最新のSEO、 キーワードのトレンドに興味がある人。

・ 最新のボリュームのあるキーワードを特定したり考察するのが好きな人。

・ 集客につながるキーワードや購買につながるキーワードを特定する業務に携わりたい人。

・直接営業するのではなく、いかに人に読んでもらう記事を作成するかに興味のある人。

・副業ブログやアフィリエイトでマネタイズしたいと考えている人。

・寝ている間にお金を稼ぐ仕組みを学びたい人。 

・最新情報に関する情報感度が高く、情報収集能力のある人。

・自分で記事を書いてメディアを運営してみたい人。

・文章を通じた、情報発信ビジネスに興味のある人。

ポイント

SEO系

・キーワード分析、言葉、心理学

・メディア運営

・粘り強さ

>>【経験者の転職に最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【Webマーケティングに慣れ親しむ姿勢が非常に大切】

現役Webマーケター、SEOコンサル、副業マガジン編集長(かわちゃん)の特別解説。

「Webマーケティング業界未経験であるあなたは、どのような姿勢でWebマーケティング業務に取り組むべきか」についての考察。 

結論、誰かに習うより、Webマーケティングに慣れ親しむ姿勢が非常に大切。

Webマーケティング施策を考える際、

なぜこの課題が発生しているのか、どのようにして行けば改善できるのかなど、

数字は客観的データを基に、

現状を論理的に分析し、企画、施策を遂行していく力が求められる。

実際、あなたが立てたWeb マーケティング施策に客観性やロジックが通っていない場合、社内で上司に OKされないことも多々ある。

したがって、客観的なデータを基に論理的に考える力は Web マーケターとして非常に重要なスキルとなってくる。

確かに、データ分析に抵抗を感じる人もいるかもしれない。

しかし、Web マーケティングに必要な考え方データ分析との向き合い方については実際に業務経験を積んでいく中で、見ぬいていくものであるため、未経験であっても心配不要である。

業務を通じて、Webマーケティングの仕事、頭の使い方に、慣れ親しむ姿勢がとても大切だね。

次は、SNS系の業務に向いている人の特徴(チェックリスト)である。

【SNS系】Webマーケティングに向いている人の特徴

【SNS系】Webマーケティングに向いている人の特徴

・SNSの運用代行に興味のある人。

・Twitter やインスタお通じて集客することに興味のある人。

・インフルエンサーマーケティングに興味のある人。

・文章ではなく画像や図解で、バズる投稿を考えるのが得意な人。

・ 動画を通じて人々に発信することに興味のある人。

・ SNSでフォロワーを増やすことに興味のある人。

・ フォロワーの増える仕組みやハッシュタグの付け方について深く学びたい人。

・ SNSのトレンドに関して情報感度の高い人。

・インフルエンサーのキャスティング業務に興味のある人。

・派手で華やかなインフルエンサーを引き立てる仕事に興味のある人。

・自分がインフルエンサーになるのではなく、裏で戦略を練る人になりたい人。

・ブログではなく、SNSでマネタイズする方法を学びたい人。

・ Webサイト制作やメディア運営などのサイト(ブログ)運営スキルではなく、 SNSで集客する手法に興味のある人。

・画像や動画を通じた、情報発信ビジネスに興味のある人。

ポイント

SNS系

・画像、動画、トレンド分析

・インフルエンサー

・SNSアカウント運用の代行

>>【王道かつ最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【事実をベースに冷静に話す姿勢(習慣)が大切】

現役Webマーケター、SEOコンサル、副業マガジン編集長(かわちゃん)によるの特別解説。

Webマーケティング業界に未経験から転職する人に大切な「話し方の習慣」についての考察。

Webマーケティング業務の多くがデータを分析し、その上で自分の頭で考えることが多く求められる。

確かに 、客観的なデータをもとに考察する場合、感情に基づいた主観的な考察は受け入れられることが非常に少ない。

そのため論理的に考えることを怠る場合、あなたが Webマーケティング業界で活躍するチャンスを狭めてしまうことになりかねないと言える。

しかし、自分が考えた仮説を一旦保留し、間違えている可能性があることを頭に入れながら正しい答えをに近づいていくという姿勢で、Web マーケティング業務に臨むことが非常に大切である。

つまり、感情に任せて、イチカバチカで相手を説得するのではなく、

客観的なデータをもとに、一時的な仮設を保留しながら、正解に最も近い選択肢を提示できるという姿勢で取り組むのがコツである。

したがって、Webマーケティング業界の賢者は、感情や営業トーク力でクライアントをねじ伏せるのではなく、心を穏やかにして、事実をベースに冷静に話す姿勢は、

Webマーケティング業界で力を発揮するために、適応した喋り方であるとの見方ができるね。

次に、広告運用系の業務に向いている人の特徴(チェックリスト)である。

 【広告運用系】Webマーケティングに向いている人の特徴

 【広告運用系】Webマーケティングに向いている人の特徴

・インターネット広告お通じた集客に興味のある人。

・ SNS 広告を通じた集客に興味のある。

・自ら情報発信するのではなくクライアントの広告施策の改善に興味のある人。

・大きな金額の広告運用を任されることにやりがいを感じる人。

・ 広告運用代行に興味のある人。

・客観的なデータや数字をもとに 考えるのが得意な人。

・本業で広告運用アカウントプランナーをやりつつ副業でも広告運用代行の案件を獲得したい人。

・これから市場規模が拡大していくインターネット広告事業に携わりたい人。

・オークションに参加する感覚でインターネット広告運用に携わりたい人。

・ インターネット広告のクリエイティブ制作にも興味のある人。

・クリックされやすいキーワードを特定し広告施策を打つことに興味のある人。

・購買に繋がりやすいキーワードとそれにマッチした広告を結びつけで考えるのが得意な人。

・広告主のプロダクトを引き立てるべく、ネット広告運用をすることに興味のある人。 

・ブログよりも確実に、月5万を達成すべく広告運用代行案件を始めたい人。

ポイント

広告運用系

・ ネット広告での集客、宣伝、オークション的

・一度Web マーケティング企業に転職+副業でも確実に月5万以上

・広告主のプロダクト引き立てる気持ち

>>【経験者の転職に最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【補足】Web マーケティング協会でも領域はかなり広くある。

Webマーケティングといっても、下記のように扱う領域は広くある。

・Web上での集客に関わるスキル(SEO、広告運用、SNS運用、メルマガ、Lステップ、アフィリエイト、アドセンス、純広告など)

・コンテンツ、クリエイティブ制作

・Webライティング

・プロダクト改善の知識(開発、UI/UXデザインなど)

・サービス価値の創出・ブランディング

・PR、広報

・データ分析、統計

・ECサイト構築

・インフルエンサーマーケティング、キャスティング

・D2C

・グロースハッカー

など

これらのスキルや経験を積み副業でも稼ぎたいと考えている人にとって、Webマーケティング業界は最適であると言える。

もちろん、上記の Web マーケティング専門領域だけでなく、何度も仮説検証を繰り返していく中で、思考力を高め分析力をつけてインターネットを味方につけた稼ぎ方を学びたい人にも、Webマーケティング業界に身を置くことはメリットが大きいといえる。

また、Webマーケティングの最新の集客手法は、日々アップデートされているため、近年の稼ぎ方のトレンドを

肌感覚で身につけながらスキルアップしていく姿勢も大切である。

次に、Webマーケティングに「向いていない人」の特徴についてチェックリストを用意したので詳しく見ていくとする。

以下にあてはまったら要注意

 Webマーケティングに「向いていない人」の特徴を詳しくまとめたのでぜひ参考にしてみてほしい。

これは私がWeb マーケティング業界にいる友人に直接聞いたWeb マーケティングに向いていない人の特徴である。

Webマーケティング業界に行くと、「恩恵を受けられない人の思考パターン」の特徴でもある。

あなたが、これらのパターンに沢山該当していないかチェックしておこう。

 

【要チェック】Webマーケティングに向いていない人の特徴

 Webマーケティングに向いていない人の特徴

・常に感情的に考え、論理的な思考が苦手な人。

・営業トークで心を掴む事の方が圧倒的に得意な人。

・最新のトレンドやスキルの向上に興味のない人。

・昔ながらのやり方にこだわる、保守的な考えの人。

・本業でガッツリと稼ぐことが一番大切だと考え、安定ばかり求める人。 

・主体性がなく他力本願な性格の人。 

・有名な会社に入りさえすれば、お金持ちになれると考えている人。

・数字をもとに考えるのが苦手な人。

・変化に対応するのが苦手な人。

・新しいことを学ぶのが苦手な人。 

・データ分析に携わりたくない人。

・自分の頭で問題解決する意識が低い人。

・自分で独学し学び続けてスキルアップをする気のない人。 

・お金を稼ぐことが第一ではなく、SNSで自分が人気者になりたい気持ちが強い人。

・SNSでの情報発信は、自分の承認欲求を満たすために最適だと考えている人。

・自分自身がただ目立ちたいから、SNSに携わる仕事がしたいと考えている人。

・上司からの指示をずっと待っている受け身なタイプの人。

・ネット上の人の心理や行動パターンに興味のない人。 

・最新のツールの使い方を、自分で学ぼうとする気のない人。

・長期的に地道に取り組むのが苦手で、すぐに結果ばかり求める人。

・ インターネット上のビジネスに不信感ばかり感じる人。

・本業と副業を両立させて収入をアップさせようと考えていない人。

・在宅ワークではなく会社に出社して仕事をしたい人。

・ パソコンを触ること自体に、ものすごく抵抗を感じる人。

・長時間パソコンの前に座ること自体に、苦痛を感じる人。

・ウェブサイトの運営や情報発信に興味のない人。

・ データ分析、仮説構築、施策の立案、仮説検証のプロセスを踏むことがめんどくさいと感じる人。

・スキルではなくチームワークばかり考える人。

・営業トークやおしゃべりこそがが最高の営業スキルだと考えている人。

ポイント

 Webマーケティングに向いていない人

・営業トーク、おしゃべりの方が得意

・保守的、受け身、安定が一番だと考える人 

・パソコンの前にずっと座っているのが苦手

>>【経験者の転職に最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

【黄金戦略3つ】Webマーケティングに向いている人へ 

  • 【今すぐ副業を始める手順:SEO系】

  • 【転職する手順:SEO、SNS系】

  • 【スクールに通うのもあり:広告運用系】

【今すぐ副業を始める手順:SEO系】Webマーケティングに向いている人へ 

Webマーケティングに関する本や SEO に関する本を読み漁った上で、 副業ブログが自分に向いているなあと感じた人は、

今すぐワードプレスとコノハウィングで副業ブログを開設して情報発信をしてみよう。

一般的によくある勘違いとして、Web マーケティング会社に身を置けばスキルアップが早まるとの見方がある。

確かに、ひとりで SEO について独学するよりも、企業の Web メディアの運営に携わることで SEO の本質を効率よく学びとることもできるのも事実である。

実際、私もSEO コンサル職のインターンをしていた時、

学ぶスピードは確かにゆっくりではあったが、実務経験を積むことで得られる、記事執筆の手順、キーワード選定、データ分析に関して、お給料をもらいながら学ぶことができる点はメリットが大きいと感じている。

しかし、副業ブログを通じて「個人で稼ぐこと」にフォーカスして考えて見ると、「受け身な人」である場合、

いくらWebマーケティング会社に身を置いて、吸収しようと思っても、学ぶスピードが遅くなってしまい、あなたが自力で稼ぐ日がさらに遠のいてしまう可能性が懸念される。

つまり、Webマーケティング会社、SEOコンサル会社に勤めているだけで、副業ブログやアフィリエイトで稼ぐ力が自然と高まると考えるのは早計である。

したがって、以下のように考えることが望ましいと行る言える。

  • 【副業ブログで稼げるようになるための思考法2つ】

  • 【稼ぐ大人の思考法1】

Webマーケティングを独学でいいから「今すぐ始める」と習得も早くなる。

会社で実務経験を積むより、自分の手でブログを運営していた方が学ぶことも多く学習スピードの早い。

その結果、副業ブログで稼げる時期が早まることにもつながるのである。

  • 【稼ぐ大人の思考法2】

自分でブログを立ち上げるという「重い責任を持つこと」で全力で取り組め、習得も早くなる。

WordPressで副業ブログを始めることで、キーワード選定からアナリティクスの分析サイト設計、アフィリエイト案件探し、に至るまで一連の業務を全て自分でこなすことで自力で稼ぐことを「低いリスク」で学ぶことができる。

その結果、副業ブログで集客に成功収益化ができたのなら、Webマーケティング会社に勤めていたとしても評価が高まることにもつながる。

ぜひ、「副業マガジン」の読者の皆様は、稼げる大人になる思考を持って、Webマーケティング業界に飛び込んでいってほしいものである。

【転職する手順:SEO、SNS系】Webマーケティングに向いている人へ 

Web マーケティング業界に転職したいあなたへ

 SEOに興味がある人は「ワークポート」か「JACリクルートメント」という転職エージェントに登録してみよう。

転職や就職サイトは自分の市場価値を知ると同時に自己アピールをしっかりと記述することが大切である。

例えば、副業ブログで月1万 PV。 と書くだけで SEO に関する知識がある人だという信頼性が与えられる。

つまり過去の実績を具体的に書くことで、非公開案件やあなたに対して特別な転職先を紹介してくださることも往々にしてある。

是非、転職サイトに登録する際は、あなたの過去の実績アピールを具体的に書いておこう。

  • 【業務内容】Webマーケティング企業が請け負うコンサルティング

【業務内容】Webマーケティング企業が請け負うコンサルティング

・SEOコンサルティング

・SEOライティングコンサルティング

・SNS運用代行

・SNS運用コンサルティング

・CVOコンサルティング

単価は、15万円/月〜50万円/月(半年プラン〜1年プラン)でのコンサルが一般的である。

コンサルティングは、単月で請け負うということはほぼない。

  • SEOコンサル職関連業務

SEOコンサル職関連業務

・キーワード選定

・競合サイト分析・ページ分析

・キーワード関連ページ作成

・被リンク対策(外部SEO)

・内部SEO(内部リンク・タグの見直し)

・大規模サイトのSEOサイト設計

・記事納品までのディレクション業務

・Webライターへの指示出し

このような施策を行い、キーワードで上位表示を狙っていくのが一連の業務内容である。

  • 【判断基準】「自社メディアを持っているかどうか」でSEOコンサル会社を選ぼう。

自社メディアを持っているSEOコンサル会社で有名な企業

・ベーシック(Ferret-plusで有名)

・バズ部

・ウェブライダー(沈黙のWebライティングで有名、WordPress有料テーマ賢威でも有名)

SEOコンサル業界で有名なのは上記の会社である。

ポイントは SEO コンサルもしながら自社メディアも所有しているという点である。

Webマーケティング会社を選ぶ際に、「自社メディアを持っているかどうか」は判断基準として非常に重要である。

なぜなら、あなた自身がウェブメディアの運営に携わることができ、SEOコンサルノウハウも学ぶことができるためである。

従って、SEO に興味のあるあなたは自社メディア所有しているSEOコンサル会社に転職することで、

あなたも副業ブログやアフィリエイトサイトで稼ぐ手法を学ぶことが可能になる。

一方で、自社メディアを所有していない SEOコンサル会社も存在する。

「自社メディアを所有していない」SEOコンサル会社を選ぶ場合、会社での学びはやや物足りないものとなる可能性がある。

しかし、SEOに関する知識は十分身につくため、あなたに見合った車社風や綿棒や待遇の良い会社である場合そこに転職するのは大いにありだと言える。

「自社メディアなし」の SEOコンサル会社はたくさんある。

そこで近年人気の「自社メディアなし」のSEO コンサル会社について紹介しておくとする。

  • 「自社メディアなし」で SEO コンサルを行っている企業

「自社メディアなし」で SEO コンサルを行っている企業

・セプテーニ(副業推奨の働き方、企業家精神の持つ人が多いことで有名)

・アイレップ

・CINC

>>【王道かつ最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【補足】転職先に ASP 会社は学べることが多いのか、結論、否。

結論、 SEOコンサルや副業ブログで稼ぎたいあなたが、ASP会社に転職しても学べることが少なくなってしまう可能性がある点に注意しよう。

ASPとは。

ASPとは「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略語である。

アフィリエイトにおけるASPでは、広告主とアフィリエイターを仲介する役割をはたしている。

直接広告主と交渉をするよりもASPを通した方が楽にはじめることができる点や、

ASPを通してさまざまな情報が得られる点がアフィリエイターにとっても大きなメリットとである。

アフィリエイターはASPに登録することで、そのASP会社が契約している広告主のサービスを扱うことができるのが最大の特徴である。

広告主の定めた成果条件を満たすと、それに応じた報酬が支払われる仕組み、

つまり、成果報酬型がアフィリエイトである。

確かに、Web、マーケティングやアフィリエイトについて学ぶという観点から見たら、

ASP系の会社、A8ネット、バリューコマース、もしもアフィリエイト、afb などに転職するのも一理ある。

しかし、ASP系の会社の主な業務はアフィリエイト広告を出稿する企業への営業とアフィリエイターへの案件提案作業が中心である。

上記のような業務を通じてアフィリエイトや副業ブログで稼ぐための経験とスキルが身につきやすいかと聞かれた場合その答えは否である。

つまりアフィリエイト広告に関して詳しくなるためアフィリエイトの裏側を知ることにはなるが直接的にあなたの副業ブログでの集客の仕方や SEO に関する知識を身につくことにはつながりにくいのである。

したがって、SEOコンサル会社に転職するのが最短ルートであると言える。

ポイント

副業ブログ、アフィリエイトで稼ぎたいあなたへ 

「自社メディアを持っている」 SEO コンサル会社に転職するのが最短ルート。

>>【経験者の転職に最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【年収】SEO関連のWebマーケティング会社は「年収450万」がひとつの基準となる。

SEO支援に強いWebマーケティング会社とその平均年収は下記の通りである。

  • SEO支援に強いWebマーケティング会社の平均年収(目安)

SEO支援に強いWebマーケティング会社の平均年収(目安)

・アイレップの平均年収:「450万円」

・オプトの平均年収:「500万円」

・メンバーズの平均年収:「480万円」

・電通の平均年収:「750万円」

・博報堂の平均年収:「750万円」

  • 【年収】SNS関連のWebマーケティング会社は「年収400万」がひとつの基準となる。

  • SNSマーケティング会社の平均年収(目安)

SNSマーケティング会社の平均年収(目安)

・アライドアーキテクツの平均年収:「500万円前後」

・サイバーバズの平均年収:「400万前後」

・ホットリンクの平均年収:「400万前後」

・フルスピードの平均年収:「400万前後」

・コムニコの平均年収:「350万前後」

  • インフルエンサーマーケティング会社の平均年収(目安)

インフルエンサーマーケティング会社の平均年収(目安)

・AnyMindGroup:「550万前後」

・UUUMの平均年収:「500万前後」

・3ミニッツの平均年収:「400万程度」

・クロスリングの平均年収:「500万前後」

そこで、近年人気の「転職エージェント」について解説していくとする 。

転職サイト、転職エージェントについて。

  • 転職サイト、転職エージェントの例

リクナビNEXT

doda

ビズリーチ

リクルートエージェント

マイナビITエージェント

レバテックキャリア

マイナビ転職

エン転職

type転職

転職EX

マスメディアン

Green

以外ですと。

以下、Webマーケティング 、IT系転職を重視して選出しました。

  • まずは【Webマーケティング・IT業界に強い】以下の転職サイトで情報収集してみよう。

>>【王道かつ最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験、20代の転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒、20代の転職に強い】JHR転職エージェント

  • 【未経験、フリーター、第二新卒の転職なら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【第二新卒の転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

【合理的活用手順】転職サイト、転職エージェントの使い方(保存版)

①条件が具体的に「決まっていない」ときに重要な、転職サイト選びの3大ポイント

手順1:求人数がより多い

手順2:求人が多種多様

手順3:サポートがより充実している

そして、条件が具体的に決まっているときは、次の2つを満たせるように、複数の転職サイトを組み合わせて使うのが活用の仕方としてさらに合理的である。

②「条件が具体的に決まっているとき」に重要な転職サイト選びの追加ポイント

手順1:サポートがより充実している

手順2:独自の求人が多い

>>今すぐ無料登録、無料相談をお試しあれ

>>【王道かつ最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

【スクールに通うのもあり:広告運用系】Webマーケティングに向いている人へ 

Webマーケティング未経験者のあなたへ

近年人気の広告運用が学べる、Webマーケティングスクールでスキルを身につけて、そのままWebマーケティング会社に転職するのは大いにあり。

>>近年人気のWebマーケティングスクールについてさらに詳しく

>>テクアカデミー「Webマーケティングコース」ならコスパ最高

>>Webマーケティングを独学する人はこちらから

広告運用をメインに行なっている会社には広告代理店型とインハウス型と二つが存在する。

  • 広告代理店に転職するメリット

・最新のノウハウや手法を詳しく学ぶことができる。

・企業のトップと近い目線でネット広告ビジネスを学ぶことができる。

  • インハウス自社系に転職するメリット

・広告運用施策の自由度が高く成長スピードは速い。

・あなたが成果を出せば、そのぶん報酬も大きく期待できる。

このようなメリットの比較から、Webマーケティング未経験者であるあなたの場合、

ノウハウや手法に関して総合的に学べる「ネット広告代理店」にまずは転職することで、

あなたが効率よく学べ、ステップアップすることにつなげられると考察できる。

つまり、インターネット広告運用、アカウントプランナーの職につくことで本業で広告運用スキルをお金をもらいながら学びつつ副業でも同じ事をすれば、あなたの年収が大幅upすること間違いなしである。

しかも、副業ブログのように「収益化できるまでに時間がかかることがない点」が広告魚の美味しいところである。

実際、「月5万から10万を確実に手に入れるため」には、広告運用代行案件を副業で受けることは非常にコスパが良いと言える。

広告運用代行案件は、一般的に運用額の20%があなたの報酬となることが多い。

そのため、あなたが100万円の広告案件を請け負えば、月に20万はあなたのもとに入ってくるのである。

>>【転職保証付きなら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

次に広告代理店、ネット広告運用領域の仕事内容について詳しく見ていくとする。

インターネット広告運用とは、

Google の検索エンジンに表示されるリスティング広告や SNS に表示される 、Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告などを運用する仕事である。

例えば 、クリスマスの時期にケーキを売る場合、 Web 広告を使って宣伝することで多くの人に通知する。

12月に「ケーキ」というキーワードで検索する人が増加するため、そこに向けて広告を作成し、 Googleの検索エンジンや Facebook広告、Instagram広告で、広告を配信していくのがざっくりとしたの流れである。

広告運用業務の具体的な流れは以下の通りである。 

  • 広告運用代行とは、広告プランナーのような立ち位置でもある。

とある会社が新作のケーキをクリスマスの時期に販売するために作った時、

広告プランナーであるあなたはどのような広告クリエイティブのデザインで、

どのようなキーワードを含めてキャッチコピーを作成し、

どのくらいの予算で入札して行くのか、

を明確にしていく。

こういった業務を日々行うのが広告運用の仕事、広告アカウントプランナーという職種である。

一方で、電通や博報堂のように「広告クリエイティブ制作が第一ではない」のが、Web マーケティング会社における「広告運用職」の位置づけである。

つまり、インターネット広告を通じて、クリック率、集客や購買率を高めるための施策を考え、ひたすら改善していくことに携わる仕事であると言える。

次に、「インターネット広告事業」を運営しているWebマーケティング会社について見ていくとする。

ネット広告に特化しているWebマーケティング会社は「ネット広告代理店」「アドテクノロジーベンダー」に分類される。

実際、インターネット広告運用、広告アカウントプランナー職に転職する場合、「ネット広告代理店」に転職する人が多い。

そこでインターネット広告代理店の平均年収について見ていくとする。

  • インターネット広告代理店の平均年収(目安)

インターネット広告代理店の平均年収(目安)

・セプテーニの平均年収:「460万円前後」

・リクルートの平均年収:「600万円前後」

・サイバーエージェントの平均年収:「550万円前後」

・オプトの平均年収:「500万円前後」

・Speeeの平均年収:「500万円前後」

  • 【転職保証付き】で Webマーケターになれるマケキャン 

>>【転職保証付きなら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

  • 【広告運用特化】でWebマーケターになれるデジプロ 

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>【広告運用特化】デジプロで広告運用の副業で稼ぐスキルを身につけよう

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【心理学が好きと広告運用は親和性が高い】

現役Webマーケター、副業マガジン編集長(かわちゃん)によるの特別解説。

心理学に興味を持っているあなたは、広告運用にかなり向いている。

広告運用お通じて人間の心理や行動に興味のある人は広告運用の業務にかなり向いている。

データや数字の裏側には一人ひとりの人間がいる。

広告のキャッチコピー屋コンテンツ色に関する子供 Web マーケティング業務の一つである。

・なぜこのキーワードだと購買に繋がりやすいのか、

・なぜこのキャッチコピーだとクリック率が高まるのか、

・なぜこの色だと反応率が低くなったのか、

・さらにクリックしてもらうためにはどういった施策が最適なのか、

これらについてひたすら考えていく業務が広告運用の仕事である。

つまり、人間の行動心理から逆算して、インターネット広告の施策を打つことに興味のある人にとって広告運用の仕事は最適であると言える。

言い換えれば、データ分析をもとに企画を練る時は、論理的な頭を使い、

インターネット上のユーザーの行動や心理を分析する場合、 心理学的な分析に基づく考察をすると言った頭の使い分けをしていくことも必要である。

このような考察系、心理学に興味のあるあなたは広告運用の仕事もかなり楽しめる業務であると言えるのではないだろうか。

>>Webマーケティング副業の始め方についてさらに詳しく

結論:Webマーケティングに向いている人は「今すぐ副業か転職」を検討せよ。 

結論、

Webマーケティングに向いている人は「今すぐ副業か転職」を検討することであなたの人生が豊かになる。

  • 転職保証付きWebマーケティングスクール(マケキャン)で学ぶのもあり 

【転職保証付き】で Webマーケターになれるマケキャン 

>>【転職保証付きなら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>無料カウンセリングはこちらから(DMM WEBCAMP:転職保証付き)

>>たった30秒で予約完了

  • 転職エージェントであなたの市場価値を知るのもあり

>>【王道かつ最強】

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHRリクルートメント

>>【第二新卒、20代の転職に強い】JHR転職エージェント

>>【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 広告運用特化の副業向けWebマーケティングスクール(デジプロ)で学ぶのもあり 

【広告運用特化】でWebマーケターになれるデジプロ 

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>【広告運用特化】デジプロで広告運用の副業で稼ぐスキルを身につけよう

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

確かに、 Webマーケティング業界の私の友人に聞いた、Webマーケティングに向いている人向いていない人の特徴には、一般的な傾向はある。

しかし、実際はあなたが思っている程気にする必要はない。

なぜならどんな業界であれ、論理的に考える力や、営業トーク力、行動力は必要であることに変わりはない。

実際 Web マーケティングに向いていないような雰囲気の人であっても私の友人に成果を出している人がたくさんいる。

あなたが客観的なデータや数字に対して抵抗を感じる場合でも、

実体験や感性、Twitterのフォロワーを増やす企画を上司に提案し受け入れられることも往々にしてある。

また、パソコンでの作業やデータ分析が苦手な人であっても、

チームマネジメントが得意で、Webマーケティングチームを率先してリードすることができれば、そこで大いに力を発揮することができるのである。

つまり、Web マーケティング業界に向いている人の特徴に例えあてまらなかったとしても、全く気にすることはないのである。

したがって、Web マーケティング業界は自分に向いていないかもしれないと早めに諦めるのは失うものが大きいと言える。

つまり、未経験者の私でもきっとできるだろうという感覚でWebマーケティング業界に飛び込んでみることは非常に価値ある行動だと言える。

 Webマーケティング業界へ、新しく挑戦してみることで得られる恩恵は山ほどある。

日常生活では見ることのできないインターネット広告の裏側に携わるという貴重な経験、

本業で学んだことが副業でそのままできること、

自由な働き方が推奨されている点、

これから成長市場であることなど

あなたは多くのメリットを手にするであろう。

>>Webマーケターに未経験からなる方法についてさらに詳しく

実際、私もWebマーケティング企業で、SEOコンサル職をしていたとき、

パソコンでの作業、Excelでのデータ分析の作業に最初はかなり抵抗を感じていた。

しかし、Web マーケティングスキルを身につけることで、自分の人生が大きく好転したことは間違いない。

「副業マガジン」の読者であるあなたも SEO、SNS、広告運用のどれかのスキルで、1点突破を目指し、

あなたらしく、お金も時間も自由になる生活を手に入れて行くことを私は願っている。

「副業マガジン」編集長のかわちゃんより

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!