20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【簡単・戦略4つ】営業からWebマーケティングに転職する方法

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容 

営業からWebマーケティングに転職する戦略について詳しく解説しました。

転職先に人気で、近年注目が集まっているWebマーケティング業界。

営業職からWebマーケティングに転職するメリットや注意点について、

広告代理店の営業マンから、Web マーケティング会社に転職した私の友人の体験談等に基づき、

Webマーケティング業界への転職ノウハウについて、現役 Webマーケターである「副業マガジン」編集長のかわちゃんの「鋭い視点」を交えて解説しております。

実際、キャリアチェンジとしての転職は勇気がいるものですよね。

職場を変えてメリットがたくさんならば良いけれど、わからないことだらけで不安だからなかなか行動できないそんな人もいるかと思います。

そこで今回は、「営業職からWebマーケティングに転職」を検討しているあなたとって最適な転職戦略を4つ紹介していきます。

Webマーケティング業界に転職するなら、今が絶好のチャンスです。

Webマーケティング業界に身を置けば、「本業+副業」で年収1千万を超えることは実現可能です。

この記事を読み終わった頃には、

営業職のあなたが取るべき戦略、 今営業職のあなたにとって向いている Webマーケティング職のポジションが明確になっていることでしょう。

  • 想定読者

  • 「現職が営業職」で Webマーケティング職に転職を検討している人

  • 「営業や企画に絡む」Webマーケティングのポジションが転職先として気になっている人

  • 「Webマーケティング未経験のあなた」がWebマーケティング業界に身を置くメリットを知りたい人 

結論(解決法)

【戦略4つ】営業からWebマーケティング会社へ転職する

→戦略1:未経験OKの求人に応募する

→戦略2:契約社員やアルバイト、インターン経由で正社員を目指す

→戦略3:まずは広告営業、企画職からWebマーケティング業界に入る

→戦略4:いきなり広告運用職がスキル的に無理なら、Webマーケティングスクールで学んでから転職する

のうちどれかを選んで、今すぐ行動に移そう。

要点はコレ

【手順3つ】営業からWebマーケティングに転職するための

手順1:あなたが転職する目的を決める

手順2:転職エージェントで情報収集、求人に応募する

手順3: Webマーケティング会社の面接を受けに行く

※補足「副業ブログ」で実績を積むorスクールで「広告運用」を学ぶ のもあり(オプション)

オプション1:「副業ブログ」で実績を積んで転職でアピールする

オプション2:「広告運用のスキル」をWebマーケティングスクールで身につけてから転職する

【メリット4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職する

メリット1:Webマーケティング市場は年々拡大中であるため

メリット2:本業での学びを副業でそのまま活かすことができるため

メリット3:営業職でありながらも、Webマーケティングスキルが身に付けられるため

メリット4:Webマーケティング会社の多くはホワイト企業で未経験OKの求人もあり転職しやすいため 

【理由4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職しやすい

理由1:営業とWebマーケティングの共通点、頭の使い方はほぼ同じであるため。

理由2:営業もWebマーケティングも粘り強さを持っている人が多いため。

理由3:営業力のある人はWebマーケティングに限らず重宝されるため。 

理由4:営業職の経験をWebマーケティングにも活かせるというアピール方法が可能なため。

【ポジション4つ】転職先のWebマーケティング会社

1:Webマーケティングで「広告営業職系(営業企画重視)」のポジションへ転職する

2:Webマーケティングで「広告運用系(運用スキル重視)」のポジションへ転職する

3:Webマーケティングで「SEO系」のポジションへ転職する

4:Webマーケティングで「SNS系」のポジションへ転職する

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO、Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/営業職、企画職、転職/副業にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

【戦略4つ】営業からWebマーケティングに転職する方法

【戦略4つ】営業からWebマーケティング会社へ転職する

戦略1:未経験OKの求人に応募する

戦略2:契約社員やアルバイト、インターン経由で正社員を目指す

戦略3:まずは広告営業、企画職からWebマーケティング業界に入る

戦略4:いきなり広告運用職がスキル的に無理なら、Webマーケティングスクールで学んでから転職する

戦略1:未経験OKの求人(Webマーケティング)に応募する

未経験からインターネット広告運用担当者になるためには、

求人サイトや転職エージェントなどで未経験可の求人を探してみよう。

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】未経験からWebマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】未経験からWebマーケティング業界に転職するなら今!

第二新卒や既卒といった20代のあなたなら、「ポテンシャル採用枠」でWebマーケティング会社に転職もしやすいよ。

戦略2:契約社員やアルバイト、インターン経由で正社員を目指す

広告運用業務において、パート・アルバイトや契約社員などで募集する求人もある。

正社員での採用が難しい場合は、まずは派遣契約などからでも職場にはいっていって実績を積む方法もあり。

戦略3:まずは広告営業、企画職からWebマーケティング業界に入る

広告運用で採用されない場合、まずは広告代理店やデジタルエージェンシーに営業やセールスで入社するという方法もある。

・入社後に同じ会社の部署移動で広告運用に部署異動することや

・数年間Webマーケティング業界で働いてから、別の会社の広告運用職へ転職することで、広告運用担当職を目指すことができる。

戦略4:いきなり広告運用職がスキル的に無理なら、Webマーケティングスクールで学んでから転職する

広告運用職は、インターネット広告に関する知識とある程度の経験が必要である。

そのため、広告運用全くの未経験であると採用されないことも多い。

もし、あなたが広告業の知識とスキルが全くないのであれば、Webマーケティングスクールで広告運用に関する知識と経験を身につけてから、

またはインターン経由で、転職先に応募してみると転職しやすくなると言える。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン【無料オンライン説明会】DMM公式サイトを見る!

一方で広告運用の副業スキルを身につけたい場合は「デジプロ」一択である 。

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】公式サイトを見る!

次は、Webマーケティング会社に営業職から転職する際の注意点についてである。

【注意点】Webマーケティング会社に営業職から転職する際の

【注意点】Webマーケティング会社に営業職から転職する際の

・Webマーケティング会社の平均年収は400万円程度である

・転職先で何をやりたいか目的をはっきりさせる必要がある

・分析に興味のない人には向いていない可能性がある 

・ネット広告代理店から事業会社に転職するパターンが多い 

・年齢が若くないだけで転職で不利になることも多い 

・Webマーケティング業界ではスキルを身につけていく姿勢が求められる

このように注意点やデメリットは確かに少なそうに見えるが、今一度確認しておいてほしい。

>>Webマーケターに「未経験からなる方法」についてさらに詳しく

次に Web マーケティング会社に営業職から転職するメリットについて解説していくとする。

【メリット4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職する

【メリット4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職する

メリット1:Webマーケティング市場は年々拡大中であるため

メリット2:本業での学びを副業でそのまま活かすことができるため

メリット3:営業職でありながらも、Webマーケティングスキルが身に付けられるため

メリット4:Webマーケティング会社の多くはホワイト企業で未経験OKの求人もあり転職しやすいため 

メリット1:Webマーケティング市場は年々拡大中であるため

Web マーケティングつまりインターネット広告市場は年々拡大中である。

そのため Web マーケティングの将来性はあると見てよい。

市場が拡大していくということは、あなたのいる業界に出回るお金の量が増えるということを意味する。

特に,

利益率の高い Web マーケティング会社は、 社員の給料も上昇することは当然であり、 市場が拡大しているのならなおさらである。

従って、 営業職からWebマーケティング業界へ転職を検討しているなら今がチャンスであると言ってよい。

>> Webマーケティングの「将来性」についてさらに詳しく

メリット2:本業での学びを副業でそのまま活かすことができるため

Webマーケティング業界に身を置く最大のメリットとして、 

「本業で学んだことを副業でそのまま活かす」ことができるという点がある。

つまり、本業で広告運用やっているのなら副業で広告運用代行の仕事で稼ぐことも可能である。

こうすることで、練習を本業だけに頼らず副業を通じて大幅アップを見込むことができる。

しかも、会社にいる時間は新しいスキルを学ぶ時間都市副業の時間はそれをアウトプットする時間という風に考えれば何も損はないのである。

さらに、 Web マーケティング業界の美味しい所は、最終的にフリーランスとして独立している人も数多くいるという点がある。

実際、広告運用代行のフリーランスとして独立ている友人を、私は身の回りに3人ほど知っている。

彼らは最初は Webマーケティング業界で広告業のスキルを身につけて3年以上実務経験を積んだ後、

副業で広告運用代行の案件を獲得できるようになり、

現在はフリーランスとして独立を果たしている。

このように、Webマーケティングを通じて新しい働き方をすることが可能なのもメリットのひとつといえるのではないだろうか。

>> Webマーケティングの「メリット」についてさらに詳しく

メリット3:営業職でありながらも、Webマーケティングスキルが身に付けられるため

もしあなたが Web マーケティング業界で営業職企画職のポジションに転職した場合、

高度なウェブマーケティングスキルを求められることはあまりない。

しかし Web マーケティング業界に身を置くことで、トレンドを肌感覚で身につけることができ知識を自然と増やすことができる。

つまり、 Web マーケティング会社の営業職に軸足を置くことで、様々な観点から知識とスキルアップをすることができる点がメリットであるということができるのではないだろうか。

>> Webマーケティング「スキル」についてさらに詳しく

メリット4:Webマーケティング会社の多くはホワイト企業で未経験OKの求人もあり転職しやすいため 

Webマーケティング会社の多くはホワイト企業であり、さらに未経験OKの求人もたくさんあるため転職しやすいと言われている。

例えば,

あなたが営業職から Web マーケティング職に転職したいと考えている場合、

第二新卒の求人や「ポテンシャル採用枠」を狙っていくことが合理的であると言える。

 Webマーケティングはプログラミングほどのとがった専門的なスキルではなく、

Web上で行われるマーケティングスキルという感じである。

実際、文系でWeb マーケティングをやっている人は数多くいる。

一方でプログラミングは理系がほとんどであるのも事実である。

したがって、未経験からでも実務経験を3年ほど包めばかなりの Web マーケティングスキルを身につけることが可能である。

働きやすい環境が整っていることはもちろん、未経験者でも馴染みやすいというのが Web マーケティング業界に転職するメリットであると言えるのではないだろうか。

>> Webマーケティング業界「30代未経験からの転職方法」についてさらに詳しく

【理由4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職しやすい

【理由4つ】Webマーケティング会社に営業職から転職しやすい

理由1:営業とWebマーケティングの共通点、頭の使い方はほぼ同じであるため。

理由2:営業もWebマーケティングも粘り強さを持っている人が多いため。

理由3:営業力のある人はWebマーケティングに限らず重宝されるため。 

理由4:営業職の経験をWebマーケティングにも活かせるというアピール方法が可能なため。

理由1:営業とWebマーケティングの共通点、頭の使い方はほぼ同じであるため。

営業と Webマーケティングの共通点は、「起点が顧客」にある。

「顧客が何を望んでいるかを考える」という意味では頭の使い方がほぼ同じである。

営業もWebマーケティングもクライアントの悩みをしっかりと見極め、耳を傾けて、提案をする姿勢がとても大切である。

営業の場合、「目の前にいる一人のクライアントさんの表情」を見ながら話す機会も多いため、悩みをより鮮明に理解できる。

一方で、Web マーケティングの場合、「会ったことのない人の悩みを想像」する力が求められる。

このような観点から考えると、自分たちの商品を通じて、どんな悩みを解決したいのか、

想像を働かせて、顧客の悩みを想像する解像度の高さがWebマーケティングではより求められるとの見方もできる。

従って、Webマーケティングの仕事と営業職の仕事は「親和性がかなり高い」といえる。

理由2:営業もWebマーケティングも粘り強さを持っている人が多いため

実際、営業職で仕事をしている人なら、日々の業務で何かと泥臭さを感じることも多いであろう。

例えば、わざわざクライアント先に出向いたり、既存のクライアント様への訪問も欠かさずするなど小さな積み重ねや粘り強さが求められる局面もたくさんある。

確かに、Web マーケティングの業務はクライアント先に出向くことはそんなに多くはない。

 マーケティングの業務はクライアント先に出向くことはそんなに多くはないし A地道な積み重ねや粘り強さ泥臭い仕事がかなりたくさん含まれているのは事実である。

営業職の場合,

クライアント様へ直接問題解決を提案することが多い。

 Webマーケティングの場合、直接クライアントに出向くところをインターネットに関するスキルを用いて集客売上 up につなげていくのである。

これを異性との出会いに例えるならば、

営業職は、街中での声かけナンパ(トーク力と人柄重視)、

Webマーケティング職はマッチングアプリ(テクノロジーと効率重視)のようなものである。

理由3:営業力のある人はWebマーケティングに限らず重宝されるため 

営業力は、ビジネスにおいて普遍のスキルである。

自分を売り込む力、自社の商品をクライアントのニーズに合わせて的確に売り込む力。

これらの力は Webマーケティングの業務でも多いに生かすことができる。

営業のように対面で行うのか、インターネットの力を利用してデジタル上でやるのかの違いである。

実際、営業職の経験のあるあなたなら、

Webマーケターとして活躍するために、かなりのポテンシャルを秘めていると言い換えることができる。

また、営業経験のあるあなたをWebマーケターとして採用したいと考えている企業の人事はかなり多いのも事実である。

営業経験のあるあなたは、 今まで頑張ってきた営業での経験を糧に Web マーケティング業界に身を置くことで、さらにパワーアップした活躍の場を得ることができるであろう。

したがって、営業経験のあるあなたが、Webマーケティングスキルを身につけたら鬼に金棒であるということができる。

理由4:営業職の経験をWebマーケティングにも活かせるというアピール方法が可能なため。

実際職種を変更して転職する場合、一般的には未経験からスタートと言うパターンが多い。

つまり、未経験からスタートすると年収が下がって当たり前な場合がよくある。

しかし、Web マーケティングと営業の場合相乗効果がもたらせるため親和性が高く営業での経験を Web マーケティングに活かせる人材なら欲しいと考えるのは自然な流れである。

従って、営業から Webマーケティングに転職する場合、

ぜひ「あなたの営業経験」を「どのようにWebマーケティングで活かすのか」をしっかりと言語化した上で転職活動していくとよいであろう。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

【特徴】営業からWebマーケティングへ・転職が向いている人 

【特徴】営業からWebマーケティングへ・転職が向いている人 

・今の営業職に不満を感じている人

・若くて学習意欲のある人 

・20代第二新卒の人

・30代でも営業職時代に実績を残してきた人

・ブログや SNSで実績のある人

・本業と副業で年収を大幅アップさせたい人 

・トーク力ではなくWebマーケティングスキルを身につけたい人

・ Webマーケティングを通じて一人で稼ぐ力を身につけたい人

・商品を売る仕組みを作る業務に携わりたい人

・体育会系の職場が苦手な人

・自由な社風で働きたい人

・残業が少ない会社で働きたい人

・トーク力ではなくスキルでアピールしたい人

・インターネットや心理学に興味のある人

・デジタルという実態のないものに興味のある人

・日々数字で成果がハッキリと見られるポジションで働きたい人

Webマーケティング会社の営業職の仕事内容

Webマーケティング会社における営業職の仕事内容について知りたいあなたへ。

 Web マーケティング会社手の営業企画職においては主にクライアントに対してネット広告 SNS 運用サイト運営に関する企画や提案を一貫して行う。

その営業企画に関する業務の中で様々な音を同時に行うのである。

以下の業務が Web マーケティング会社での営業や企画に関する仕事である。

・Webマーケティングの企画と提案

・Webサイト構築、SNS企画の提案

・デジタルマーケティングの提案

・システム構築近くの提案

・外注先とのコラボの提案

  • Webマーケティングの企画と提案

Web マーケティング会社の営業や企画において特に多いのがこのポジションで。

主に SEO に関する知識と広告運用に関する知識が必要になってくる。

競合の Web マーケティング会社との差別化を図ることを通じてクライアントの企業が狙うべきターゲットコンテンツの企画情報の分析等を行い、

ウェブサイトからの集客 SNS からの集客を通じて利益を生み出すためにどのような施策が的確なのか Web マーケティングの観点から提案を行なっていくのである。

  • Webサイト構築企画の提案

Web マーケティングにおいて、ウェブサイトの運営構築に関して企画や提案をする業務も多くは。

特に新しいサイトの解説やサイトをリニューアルさせる中で Web マーケティング のノウハウを提供することでウェブサイトの構築プラントを提案していくのである。

例えば

・どのキーワードを通じて集客したいのか

・顧客はどのようなペルソナなのか

・メルマガ登録者数を今まで以上に増やすための導線設計

・ジャンルはどこまで拡がるのか

・キラーコンテンツの制作

に関する提案である。

  • デジタルマーケティングの提案

Webマーケティングとよく似た言葉でデジタルマーケティングという領域がある。

Webマーケティングとは、プロモーションを行う企業が「自社のページを訪れる人」をターゲットとして行われる場合が多い。

一方で、デジタルマーケティングとは、自社サイトではなく「既に存在している別のサイト、 SNSなど(外部の要素)」を活用するという手法である。

このようにして、自社サイトだけでなくすでに存在している別サイトや SNS 等の集客導線に関する提案も業務に含まれることがある。

  • システム構築の提案 

システムの構築とは、

例えば、会員ページや決済機能ログインページ、有料会員限定ページなど、

サイト内のシステムに関する提案内容を最適化し、クライアントの要件に合わせて電話する業務に携わることがある。

  • 外注先とのコラボの提案

Webマーケティング会社だけでは補えない内容に関しては、広告代理店やデザイン会社などと一緒に提案をする場合がある。

例えば、ウェブサイトを刷新する際に、デザイン会社と協力して新しいウェブサイトの構築の提案を行ったりすることはある。

コラボレーションすることを通じた企画、営業は、じつにWeb マーケティングのやりがいを感じられるポイントでもあると言える。

>> Webマーケティングの「やりがい」「魅力」についてさらに詳しく

  • Webマーケティング会社での営業や企画の立ち回り方は大きく二つある。

・既存営業

・新規開拓営業

  • Webマーケティング会社における「既存営業」とは

Webマーケティング会社における既存の営業をする場合、

ウェブサイトの構築ならおおよそ3年以上のスパンで行われる。

例えば、無料でウェブサイトの運用に関するコンサルを行い、

既存の顧客の信頼を獲得した上でより良くするための提案、企画、営業をしていくという流れである。

実際、 Webサイトは一回作ってそれで終わりというものではない。

ウェブサイトを制作した後クライアントと一緒にさらに改善を繰り返しより良いサイト運営をやっていく必要がある。

サイト分析を通じて、新しい施策を提案していくことで、 長期的なスパンで既存のクライアントに対して営業をしていくのが一般的な流れであると言える。

 

  • Webマーケティング会社における「新規開拓営業」とは

新規開拓営業の場合、 Web マーケティング業界の中で、競合同士でクライアントを奪い合う曲面が多いと言える。

新規開拓営業においては特に新しい案件を自社の強みを活かしてどのように提案していくかが鍵となる。

 Web マーケティング会社の新規開拓営業の場合何とかして問い合わせを増やすことを通じて案件が増えられる仕組みを作っていく必要が。

例えば

・セミナーを通じた問い合わせ

・メルマガを通じた問い合わせ

・資料ダウンロードを通じた問い合わせ

・Web サイトからの直接

・展示会を通じた問い合わせ

・テレアポ

などを通じて新規案件が振られる仕組みをつくり出していくのである。

実際、2021年においてテレアポや飛び込み営業はかなり減っている。

一方でインバウンドマーケティングというマーケティング手法が年々増加中である。

営業担当者が自ら動かないでも案件を獲得する仕組みを構築する営業手法のことである。

このように、Webマーケティング業界の多くは、時代にあった、新規開拓営業の方法を取り入れることで、

従来のテレアポや訪問営業ばかりではない営業方法、スキルが求められるという側面があることをここで押さえておこう。

>>Webマーケティングの「仕事内容」の詳細についてさらに詳しく

Webマーケティング会社の営業職の年収

Webマーケティング営業の年収の相場は以下の通りである。

  • 年数別

・1年目から3年目:400万円から600万円前後

・4年目以降:600万円から800万円前後

  • 役職別

・役職なし:〜500万円前後

・課長クラス:500万から600万前後

・部長マネージャークラス600万から800万前後

dodaの情報によると、ネット広告、Webマーケティングの平均年収は419万円であった。

これは全年齢で男性も女性も含めて集計した平均値である。

特に、給与水準が高いのは、総合広告代理店や外資系の広告メディア企業などである。

本業一本で稼ぎたいという場合は、総合の大手広告代理店や外資系広告メディア企業に転職すると良い。

従って、未経験から、一般的な Webマーケティング会社へ転職し、Webマーケターになった場合400万円前後が多いと言われている。

確かに、高い給与体系とはなかなか言えないかもしれない。

Webマーケティング会社で学んだスキルをそのまま副業で活かして、年収アップを狙う場合、年収1000万を超えることが実際可能である。

>> Web マーケターの「年収」についてさらに詳しく

  • 選択肢としては、大きく三つある。

・広告運用代行の副業で稼ぐ

・副業ブログで稼ぐ

・SNS運用で稼ぐ

>> Webマーケティング副業の「始め方」についてさらに詳しく 

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

【ポジション4つ】転職先のWebマーケティング会社

【ポジション4つ】転職先のWebマーケティング会社

1:Webマーケティング業界で「広告営業職系(営業企画重視)」のポジションへ転職する

2:Webマーケティング業界で「広告運用系(運用スキル重視)」のポジションへ転職する

3:Webマーケティング業界で「SEO系」のポジションへ転職する

4:Webマーケティング業界で「SNS系」のポジションへ転職する

1:Webマーケティングで「広告営業職系(営業企画重視)」のポジションへ転職する

広告営業、営業企画に関するポジションを目指すあなたへ。

このポジションなら Webマーケティングスキルが低かったとしても一般的に採用されやすい。

未来の営業職のスキルをそのまま活かすこともでき、 Web マーケティングの知識があればなおさら良いと言える。

営業との親和性が高く、インターネット広告を通じた企画や戦略に興味のある人にはぴったりのポジションである。

また、広告営業企画職、広告運用アカウントプランナーに転職したいと考えているあなたは Webマーケティングスクール「マケキャン」で学んで、そのまま転職するのも大いにありだと言える。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業企画職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>マケキャン【無料オンライン説明会】DMM公式サイトを見る!

>>たった30秒で予約完了

2:Webマーケティングで「広告運用系(運用スキル重視)」のポジションへ転職する

広告運用のスキルが必要とされるポジションに転職したいあなたへ。

このポジションの場合広告運用のインター経由で入るか、

Webマーケティングスクール「デジプロ」でスキルを身につけてから入る、

のどちらかである。

広告運用に関してはツールの使い方などのスキルが求められるため、基本的に募集は実務経験がある人になっている場合が多い。

そこでもしインターンがあるならばインター経由で入社するのも戦略としてあり。

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>デジプロ【無料オンライン説明会】公式サイトを見る!

>>たった30秒で予約完了

3:Webマーケティングで「SEO系」のポジションへ転職する

SEO に興味のあるあなたへ。

副業ブログで稼ぎたいならこのポジションが最も親和性が高い。

本業で SEOコンサル職をやりながら、副業ブログで、副収入を得るという戦略が可能である。

最大のメリットは、Webマーケティング会社で学んだことをそのまま活かしやすく、

副業ブログは「本業+副業」で実行しやすい組み合わせの一つでもある。

したがって、副業ブログをやってみたいと言われたわ是非 SEO コンサル食やメディア運営に携われるポジションに応募してみよう。

4:Webマーケティングで「SNS系」のポジションへ転職する

 SNS 系のポジションに興味のあるあなたへ。

 SNS 系のポジションとは、 SNS 運用代行、インフルエンサーマーケティングなどである。

日頃から SNS をよく触っていたりトレンドに乗っかるのが好きなあなたにはピッタリである。

さらにインフルエンサーに興味があり彼らのキャスティングはマネジメント業務をやってみたい人にもこのポジションを向いていると言える。

トレンド好きや新しいもの好き派手好きな人にはこのポジションは Web マーケティング業界の中でかなり親和性が高いと考察できる。

そこで、近年人気の SNS でインフルエンサーマーケティングに強い企業を紹介しておく。 

  • 【近年注目の企業】:「Any Mind Group」

会社名

・AnyMind Group株式会社

https://anymindgroup.com/ja/

本社所在地

・東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31F

・TEL: 03-6384-5540(代表)

代表者

・代表取締役CEO 十河宏輔

設立

・2016年4月

事業内容

・インフルエンサーマーケティング事業

・クリエイターサポート、マネジメント事業

・D2Cプラットホーム事業

・デジタルマーケティング事業

・HRソフトウェア事業

 SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングを始めとする領域に強い会社で有名なのが 「Any Mind Group」である。

六本木ヒルズに東京本社、シンガポール、タイにも支部がある近年注目のグローバル企業である。

【SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングに強い会社】

>>「Any Mind Group」についてさらに詳しく。

また補足として広告運用型には Web マーケティング会社の系統が3つあることもここで押さえておくと良い。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

【3つの系統】広告運用・Webマーケティング会社

広告運用で働くには「総合広告代理店」「ネット広告代理店などの受託企業」と「広告主・メディア企業のインハウス担当、ハウスエージェンシー」という3つの系統がある。

  • 1:総合広告代理店

例:電通、博報堂、ADKなど、テレビCM、ラジオを中心としたマス広告からイベント、ポスターまで幅広い広告を総合的に取り扱う代理店。

  • 2:インターネット広告代理店

例:サイバーエージェント、アイレップ、セプテーニ、オプトなど、Web上に表示するインターネット広告を中心に取り扱う代理店。

  • 3:ハウスエージェンシー

例:ジェイアール東日本企画、東急エージェンシー、デルフィスなど、親会社をメインのクライアントとして活動する代理店。

ポイント

・総合広告代理店→本業で大きく稼ぎやすい

・インターネット広告代理店→副業で稼ぐために学ぶことができるポジションが多い

・ハウスエージェンシー→スキルアップの転職先として最適 

>>「転職先で人気」のWebマーケティング会社のランキングについてさらに詳しく

次に営業から Webマーケティングに転職するための手順について解説していく。

【手順3つ】営業からWebマーケティングに転職するための

【手順3つ】営業からWebマーケティングに転職するための

手順1:あなたが転職する目的を決める

手順2:転職エージェントで情報収集、求人に応募する

手順3: Webマーケティング会社の面接を受けに行く

「副業ブログ」で実績を積むorスクールで「広告運用」を学ぶ のもあり(オプション)

オプション1:「副業ブログ」で実績を積んで転職でアピールする

オプション2:「広告運用のスキル」をWebマーケティングスクールで身につけてから転職する

手順1:あなたが転職する目的を決める

Web マーケティング業界へ転職する再目的をしっかりと設定する必要。

例えばよくある転職する目的とは以下のようなものである。

・本業の練習を少しでもアップさせるため

・営業での経験をWebマーケティングで生かしたいため

・副業で稼ぐスキルをWebマーケティング業界で身につけるため

・本業と副業の総収入で年収を大幅アップさせるため

・今の職場環境から変えるため

・自分に合った自由な社風の会社に転職するため

・営業職辞めること(キャリアチェンジ)に意味があるため

・たとえ年収が少し下がっても、働きやすさを重視したいため 

上記のような目的をもって転職活動をする人は多いであろう。

あなたの希望がすべて叶うという天職はそれなりの経験と実績のある人でないとなかなか難しい。

現時点で、あなたがキャリアで実績を積めていないのなら本業での年収を上げるためのスキルアップ転職ではなく、

別の要素、

例えば

・職場をホワイト企業に変えるための転職

・Webマーケターへ、キャリアチェンジとしての転職

などが第一の優先事項となる。

つまり、あなたが一番優先すべき事項と、これは外しても良いと考えるものを明確にすることが、転職戦略を練る上でとても大切だと言える。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

手順2:転職エージェントで情報収集、求人に応募する

目的が明確になったら、 次は情報収集あなたの市場価値を把握しておく必要がある。

その際、転職エージェントを利用することで、

あなたにピッタリの企業を紹介してくれることだけでなくあなたの経歴で受かりそうな企業がどこかを把握することが可能となる。

つまり、現状を理解した上で次の行動に移す明確な基準が建てられるのである。

実際、転職エージェントは無料で利用できるものがほとんどなため、登録しておいて損は何もない。

あなたの行きたい Web マーケティング企業転職先の年収や残業に関する裏事情を仕入れることができ、

ネットで情報収集するよりも転職先の企業のイメージがより鮮明となること間違いなし。

Webマーケティング未経験や第二新卒であるあなたは次のステップでもう面接を受けに行ってみると良い。

手順3: Webマーケティング会社の面接を受けに行く

転職エージェントに登録して、あなたに向いている企業の紹介が届いたら面接を受けに行ってみるのも大いにあり。

もし、あなたが面接に自信のない場合転職エージェントのアドバイスを頼りに面接で伝えるべき内容についてしっかり舎人あげることが大切である。

面接の数をこなしていくことでスキルは上達し十歳早ければ、

応募から一週間で内定が決まる場合も Web マーケティング業界なら多々ある。

今すぐあなたが行動することで1ヶ月後には転職先の Web マーケティング会社が決まっている可能性も十分にあるといえる。

進むべき方向性が決まったら、早速転職エージェントに登録して今すぐ行動してみると良い。

Webマーケティング業界に転職するなら今である。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

Webマーケティングスキルを学んでから転職するという方法もあるので、ここではオプションとして紹介しておくとする。

「副業ブログ」で実績を積むorスクールで「広告運用」を学ぶのもあり(オプション) 

オプション1:「副業ブログ」で実績を積んで転職でアピールする

もしあなたがブログ、アフィリエイトで副業収入を得たいと考えているのなら、

Webマーケティングスキルを活かした実績を、副業ブログを通じて作っておくと転職先の企業にアピールしやすい。

副業ブログと親和性の高い会社は、 Webマーケティング業界の中で、SEOコンサル会社、 Webメディア運営などである。

副業ブログなら、未経験者であるあなたも 低い初期費用で始められ、ブログの運営を通じて Web マーケティングスキルを身につけられることも多いためメリットが盛りだくさんである。

また SNS での集客も組み合わせることで、 Web マーケティング全体に関する経験値が高まり、インターネット広告の動向に関する見識も深めることができるのがメリットである。

従って、 SEO、 Web メディア、アフィリエイト、 副業ブログに興味のあるあなたは今すぐWordPress とConoHaWINGでブログを立ち上げてみよう。

>> 【超簡単】WordPress とConoHaWINGで作る「副業ブログの始め方」についてさらに詳しく

オプション2:「広告運用のスキル」をWebマーケティングスクールで身につけてから転職する

広告運用に興味のあるあなたへ。 

Webマーケティングには大きく三つの領域がある。

・ SEO

・ SNS

・ 広告運用

この中で広告運用だけが、自分で学ぼうと思った場合初期費用が大きくかかってしまい、損害が出やすいため、Web マーケティング未経験者は自費で広告運用をやるにはリスクが伴う。

そこでオススメなのは、

 ・Webマーケティング会社のインターンで、広告運用を学ぶか

・ Webマーケティングスクールで、広告運用を短期集中で学ぶ

のどちらかがおすすめである。

近年人気のWebマーケティングスクールは以下の三つである。

どれも広告運用を学ぶことが可能である。

  • Webマーケティングスクール大手3社比較

デジプロ マケキャン テックアカデミー(Webマーケ)
転職/副業/教養 副業と転職向き 転職向き 教養向き
向いている人 広告運用ツールの使い方を詳しく学びたい人 広告戦略の企画立案、転職サポートを受けたい人 広告運用ツールの使い方を広く体系的に学びたい人
料金 35万円(2か月) 59万8000円(3か月) 20万9000円(2か月なら)
入学金 3万円 3万円 なし
全額返金保証 7日間 20日間 基本なし
レッスン 2時間×8回 5時間×8回(集団) 30分×15回
チャットサポート 10時~22時 11時~18時 19〜23時
広告戦略立案
広告運用実践
SEO × ×
SNS運用 × × ×
講師 現役マーケター 現役マーケター 現役マーケター
教室 渋谷、大阪、福岡 渋谷 なし
マンツーマン
就職サポート
転職保証制度 × ×
目指す職種 広告運用代行、インハウス運用 広告営業職 Web担当者
ポイント 広告運用特化 転職保証付き SEOも学べる
主なニーズ 広告運用をアウトプット重視で学ぶ 未経験からの転職 ビジネスの教養として
Webマーケティングスクール大手3社比較

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン【無料オンライン説明会】DMM公式サイトを見る!

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】公式サイトを見る!

  • 【SEOについてを学びたいなら】

>>テックアカデミーの「Webマーケティングコース」もあり

Webマーケティングスクールで学べることの多くは広告運用であり、

Webマーケティングスクールの二大巨頭は「デジプロ」と「マケキャン」である。

 その中で特に転職を最重視している場合、

「マケキャン」一択であると言える。

結論:営業からWebマーケティングへの転職は簡単!

営業からWebマーケティングへの戦略は大きく4つある。

  • 【戦略4つ】営業からWebマーケティング会社へ転職する

【戦略4つ】営業からWebマーケティング会社へ転職する

戦略1:未経験OKの求人に応募する

戦略2:契約社員やアルバイト、インターン経由で正社員を目指す

戦略3:まずは広告営業、企画職からWebマーケティング業界に入る

戦略4:いきなり広告運用職がスキル的に無理なら、Webマーケティングスクールで学んでから転職する

これらの中であなたに一番ピッタリで戦略を選べば良い。

Webマーケティング業界は将来性があり転職するなら今である。

Webマーケターへ、キャリアチェンジすることを通じてあなたらしい自由な生き方そして年収アップに繋げていってほしいと心から願っている。

私もWeb マーケティング業界に身を置くことで人生が大きく変わった。

会社に通っていっぱい、人と話すことをあまり好まない人であっても、

力を発揮することができる Web マーケティング業界は働きやすさとやりがいを同時に感じることができストレスも少なく快適に仕事ができるの日々実感している。

もしあなたの今の職場がストレスを感じたりあなたらしく仕事に取り組めていないという節があるのなら転職を検討してみるのは大いにあり。

確かに、Webマーケティング業界の本業だけの年収はそんなに高いとは言えない。

しかし、Webマーケティング会社で学んだことをそのまま副業で生かすことで年収大幅アップが見込めるという美味しい業界でもあることを忘れてはならない。

実際、副業ブログを始めた、私の友人は、 元々広告代理店で営業マンをやっていた。

後に26歳でウェブマーケティング会社に転職し副業ブログで月50万も副収入で稼いでいる。

本業と合わせれば、年収一千万を超えているという。

彼にならって、勇気を持って行動してみることをおすすめする。

この記事を読んでいるあなたも、営業からWebマーケティングへ転職する場合、

20代であることや若さは転職する際の大きな武器となるため、

早めに行動することがかなり有効である。

以下、Webマーケティングに強い転職エージェントである。

【転職エージェント3つ】営業職からWebマーケティング会社への転職に強い

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

営業からWebマーケティングに転職して、あなたらしい働き方はもちろん、

年収大幅アップも同時に目指そう。

ここまで読んでくれてありがとう。

次回もよろしくね。

「副業マガジン」編集長のかわちゃんより。

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むと分かること 卒業生の体験談に基づく、マケキャンの評判、口コミ、強みが分かる。 マケキャンの転職保証、転職先、注意点が分かる。 広告運用アカウント ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること キャリーナは、なぜ転職 OB 訪問で最強なのか、リアルな評判がわかる。 キャリーナは、なぜ転職エージェント転職サイトと併用すると効果 ...

4

この記事を読むあなたへ ポテパンキャンプの評判、注意点について知りたい人 ポテパンキャンプの転職先、卒業生の口コミについて知りたい人 Web開発(Ruby)で、 ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!