20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【徹底検証】Webマーケティング資格は必要か?:資格不要で実績必要

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「新時代を創る、副業から転職へ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

Webマーケティング資格は必要か?(資格不要で実績必要)

Webマーケティングの資格は本当に必要か。資格なしでも未経験からWebマーケティング業界に転職できるのか。Web マーケティングの実績を作るための方法って何。

こんなお悩み抱えていませんか。

Webマーケティング未経験から、「資格を取得せず」転職を成功させる方法を知りたい人向けに書きました。

確かに、Web マーケティング資格を取ることもメリットはあります。

しかし、それ以上にWebマーケティングで実績を作ることの方が Webマーケティング業界では受けがいいと私は感じています。

今回の記事では、Web マーケティングの資格を紹介するとともに、 Webマーケティングの資格を取得せず、未経験からWebマーケティング業界に転職するための戦略も大公開。

結論(解決法)

→Webマーケティング業界に転職するなら、副業ブログ、SNS、広告運用のどれかで小さな実績を作ろう。

→Webマーケティング業界は「資格不要」で、実績があるとなお良い。

本記事の要点まとめ

・Webマーケティングに資格は不要(実績は強力なアピールになる)

・実績作りに副業ブログを始めている人は多い(副業ブロガー近年増加中)

・Webマーケティングの業務は「資格なし」でもできる業務がほとんど

・Webマーケティング資格を取得するメリットは少ない (名刺に資格取得と記載できるくらい)

・「20代30代なら実績なし」でも Webマーケティング業界に転職可能

・広告運用を学ぶなら独学は大変(Webマーケティングスクールで短期集中で学ぼう)

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】かわちゃん「現役Webマーケター」から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・マーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員を観察し得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

ぜひ、『副業マガジン』で、あなたのお悩みをどしどし検索してみてください。

読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

記事末の「本日の名言」もお楽しみに。

Webマーケティング資格(実は不要だった件)

まずは、Webマーケティング担当者にとって役に立つ資格を紹介。でも実は不要。

興味のある資格があればチェックしてみてね。

  • マーケティング・ビジネス実務検定

・マーケティングについて幅広い知識が問われる。

・定型業務ができるレベルから戦略立案などができるレベルまで3つの級に分かれており、・試験内容もマーケティング概念から時事問題まで多岐にわたる。

  • IMA検定

・実際の業務におけるオペレーションを意識した資格。

・Webマーケティング全般についての実務スキルが問われる。

・コースにはStandardとProfessionalの2種類があり、ステップアップしながら学習可能。

  • ネットマーケティング検定 

・Webマーケティング担当になってまだ経験が浅い方に適した資格。

・業務上で学べる知識だけでは偏ってしまうこともあるため、総合的な知識の習得やWebマーケティングの基礎を学ぶのに役立つ。

・試験内容はマーケティング分野だけでなく、システムや法務的なものも含まれるため、コンプライアンス意識も高められる。

  • ウェブ解析士

・ウェブ解析士は、Webマーケティングにおいて基本的な業務の1つである解析に焦点を当てた資格。

・講座を受講せずに直接試験を受ける場合は「ウェブ業界・ウェブ解析業務経験5年以上の方」をおすすめとしており、実務経験のある方の知識やスキル向上も期待できる。

・「ウェブ解析士」から「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」と3つのステップがあり、知識やスキルの習得だけでなく、自身が認定講座の講師を目指すことも可能。

  • 統計検定

・解析スキルアップのために、統計について体系的に学びたい方に人気の資格。

・級は4級から1級まであり、データやグラフなどについての基礎的知識から、統計学まで広く問われる。

・より適切な分析ができるようになりたい人向け。

  • Google広告認定資格

・Googleが公式に認定する資格で、専門知識があることをアピール可能。

・基礎的なテストに加え、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告など受験できるテストの種類は複数ある。

  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験

・基準のスコアを満たすと名刺に記載もでき、名刺交換の際にアピール可能。

  • Webディレクション検定

・実践力を持ったWebディレクターになるための講座。

・企業のWeb担当者や、ディレクションスキルの必要性を感じている方を対象。

・企画立案までできるようになりたい人向け。

  • WEB検定

  • Webライティング能力検定

  • WEBデザイン検定

  • ネットショップ検定(ネットショップ実務士)ネットショップ検定(ネットショップ実務士)などもある

  • Webマーケティング資格早見表

Webマーケティング関連資格(資格名) 分野 難易度 受験料
マーケティング・ビジネス実務検定 マーケティング全般 C・B級・・・初心者向け A級・・・中級者以上 C級・・・6,270円 B級・・・7,480円
IMA検定 マーケティング全般 Standard・・・初級者 Professional・・・中級者以上 Standard・・・19,800円 Professional・・・27,500円
ネットマーケティング検定 マーケティング 全般 3級・・・初心者向け 6,000円
ウェブ解析士 分析能力 初心者〜 17,280円
統計検定 統計 3,4級・・・初心者向け 2級以上・・・実務経験者向け 3,000円〜10,000円(受験資格による)
Google広告認定資格 SEO/リスティング広告 初心者〜 無料
Google Analytics Individual Qualification(GAIQ) 分析能力 初心者〜 無料
WEBディレクター試験 Webマーケティング総合 初心者〜 10,000円
WEB検定 分析能力 初心者〜 10,000円
WEBライティング能力検定 SEO/リスティング広告 2,3級・・・初級 1級・・・中級者以上 13,500円
WEBデザイン検定 Webデザイン 初心者〜 10,000円
WEBアナリスト検定 分析能力 3級・・・初心者向け 6,000円
ネットショップ検定(ネットショップ実務士) ネットショップ レベル1・・・初学者 レベル5・・・上級者 レベル1,3・・・7,000円 レベル2・・・7,500円
資格早見表1

Webマーケティング関連資格(資格名) 合格率 受験資格 2020年試験実施期間の例 詳細ページ
マーケティング・ビジネス実務検定 非公表 特になし 2020年11月8日 国際実務マーケティング協会
IMA検定 非公表 特になし 2020年7月22日 クラウドマネージメント協会
ネットマーケティング検定 60% 特になし 2021年2月14日 株式会社サーティファイ
ウェブ解析士 60〜70% 特になし 常時 ウェブ解析士協会
統計検定 3級・・・69% 2級・・・45% 特になし 2020年11月22日(6月と11月に実施) 一般財団法人統計質保証推進協会
Google広告認定資格 80% 特になし 常時 Google
Google Analytics Individual Qualification(GAIQ) 非公表 特になし 常時 Google
WEBディレクター試験 非公表 特になし 常時 全日本能率連盟登録資格 Web検定
WEB検定 非公表 特になし 常時 全日本能率連盟登録資格 Web検定
WEBライティング能力検定 非公表 特になし 2020年8月30日/2020年11月29日 一般社団法人日本WEBライティング協会
WEBデザイン検定 非公表 特になし 常時 一般財団法人統計質保証推進協会
WEBアナリスト検定 70% 特になし 月3回程度 一般社団法人日本web協会
ネットショップ検定(ネットショップ実務士) 70% レベル1,2・・・特になし
レベル3・・・優良ネットショップでの勤務実績
常時 一般財団法人ネットショップ能力認定機構
資格早見表2

Webマーケティング資格の取得が向いている人の特徴

・転職を考えており、自分のスキルを証明したいと思っている人

・実績は持っていないけれど、資格取得という方法でアピールしたいと思っている人 

・Webマーケティング職に転職を考えている人

・部署異動などで勉強し直したい人

WEBマーケティング資格取得のメリット

WEBマーケティング資格取得のメリットは2つ。

  • 資格のメリット1:転職する際に少し効果はある(名刺にも記載できる)

転職する際に少し効果はありそう。

これは Web マーケティング未経験の人にとってメリットが大きいといえる。

Webマーケティングのスキルがあることを、実績がないときに証明するのは確かに難しい。

しかし、資格を活用すれば、自身のスキルを証明できるため転職の時に有利に働くことがある。

  • 資格のメリット2:体系的な知識の習得が可能

体系的な知識の習得をする目的で活用できる。

資格は、必要なスキルや知識が体系的にまとめられているため、マーケティングで必要なことを偏ることなく学習できる。

しかし、Webマーケティング資格取得以上に、「実績を作る」とWebマーケティング業界ではウケが良い 。

つまり、Webマーケティング資格取得のメリット以上のものをあなたは手にするであろう。

Webマーケティング業界なら資格より「実績」

Webマーケティング業界でアピールになるのは資格ではなく「実績」である。

それを証明する、実際にあったお話をひとつここで紹介しよう。

  • Webマーケティング企業の採用面接で「二人の候補者」を比較(実際にあった事例)

候補者A:Webマーケティング資格は持っているがウェブサイト運営をしたことがない人

候補者B:Webマーケティング資格は持っていないが Web サイトを運営し月3万 PV を出した実績のある人

もし、二人の候補者がいたとしたら、あなたはどちらを採用しますか。

そして、実際どちらが採用されやすいのだろうか。

結論は、間違いなく後者、「資格はないがサイトを運運営した実績のある人」である。

最大の理由は、客観的な指標の中でも資格より「数字に基づく実績(実務経験)」があった方が、

候補者の実力を的確に把握しやすいというのが採用担当者の本音(視点)である。

他業界や未経験業界への転職であれば、転職活動を少しでも有利に進めるために資格をとって置くことが役に立つかもしれない。

しかし、資格の取得には準備や勉強、受験も含めると数十時間を必要とする。

そもそも短時間で取得できる資格に価値は低い。

数十時間かけて資格に合格したのに、面接に有利に働かないって悲しすぎだよね。

また、「Webマーケティング資格を持っていても仕事ができない人」がたくさんいるという恐ろしい事実がある。

これらは Web マーケティング資格の「隠されたデメリット」であるといえよう。

Webマーケティング業界にいる私の友人も言っていたが、

Web マーケティング資格を持っている=仕事ができる、優秀という構図は、Web マーケティング業界では成立しないのである。

つまり、Webマーケティング業界への転職を有利に進めるため時間をかけるのであれば資格ではなく実績を作ってしまう戦略がWeb マーケティング業界で特に「ウケ」がいい。

資格ではなく「実績」があることは強力な武器となる。

そこで今回は、Webマーケティングの三大領域、SEO系、SNS系、広告運用系の三つに分けて、あなたが実績をアピールしやすい方法を詳しく提案していくね。

まずは定番、SEO系(副業ブログ)について 。

資格なしの実績アピール方法1:SEO系(副業ブログ)

  • 例1:副業ブログで「月間3万PV」とってみる。

・多少時間がかかる点に注意。

・「ブログを書いて月に3万PVとりました」というのは業界への関心やスキルの基礎力があることの証明となる。

・初心者でもキーワード選定とスキルによっては半年程度で達成できるくらいの難易度。

・もしあなたが簡単に3万PVがとれたら、転職しなくてもそれを本業にすればいいかも。

  • 例2:副業ブログ「アフィリエイト」で月10万稼いでみる。

・ブログでPVを書くことからひとつレベルアップしてアフィリエイトで少額でも稼いでいるという実績はさらに強力。

・Webマーケティング会社で実際に働いている人でもできない人も多く存在する。

・「月に10万のアフィリエイト収入」があるだけでも、「Webマーケティング業界(ブログアフィリエイト界)の上位25%」に入れるのではないでしょうか。

  • 副業ブログ、アフィリエイトでの1ヶ月の収入(データ)

アフィリエイトマーケティング協会(2019)

1ヶ月で10万円を越えれば上位25%に入れるよ。

参考:「アフィリ エイト・プログラムに関する意識調査 2019」有効回答数 2,097 件、アフィリエイトマーケティング協会(2019)

ブログアフィリエイトって夢があるよね。

ぜひ、この記事を読んでいるあなたも、副業ブログから挑戦。

「初期投資も固定費も非常に低く」、「在庫も人件費も抱えず」始められる副業ブログ。

>>一番簡単な方法なら「ConoHaWINGサーバーとWordPress」 

>>「WordPressブログ、副業ブログの始め方」についてはこちらから。


資格なしの実績アピール方法2:SNS系

  • 例1:Twitterで2000フォロワーを目指す(Twitterで上位10%)

・半年で2000フォロワー獲得を達成するのは資格の獲得よりもはるかにアピールになるのではないでしょうか。

・2000フォロワー以上を獲得しようとすると、有益な投稿、アカウントのキャラクターやポジションを設定したり、バズるツイート内容を考える必要がある。

・フォロワーを獲得するために考えた戦略やどのようにそれを実行したか?を説明できればWebマーケティング能力が優れていると評価されるはず。

・Webマーケティング未経験者にとっても「一番手軽な方法」が Twitterでの情報発信であるといえそう。

  • 例2:インスタで5000フォロワーを目指す(企業案件獲得レベル)

・インスタでフォロワーを伸ばすのは時間がかかるのであまりおすすめしない。

・すでに趣味でやっているアカウントがあればそれを伸ばすのはあり。

・SNSに関してはTwitterやインスタでなくてTikTokでも良い。

・SNS運用ポイントはやってたら自然とフォロワーが集まったではNG。

・例えば、「30代の主婦層にターゲットに絞って、〇〇のコンテンツが刺さるのではないか、と仮説を立てて実行したら、こんな成果が得られた」という具体的な話をするとWebマーケティング業界ではウケが良い。

資格なしの実績アピール方法3:広告運用系

・近年Webマーケティング業界では、広告運用のポジションが人気上昇中

・広告運用なら、SEOほど時間がかからず収益化が可能

・広告運用は副業として成り立ちやすい(休日に広告運用代行案件をこなす主婦も増えている)

・広告運用のスキルは独学では身につきにくい 

>>広告運用を学ぶならWebマーケティングスクール短期集中で学ぼう


21年12月マケキャン良い評判口コミ9つ【転職先】保証は最強!

この記事を読むと分かること 卒業生の体験談に基づく、マケキャンの評判、口コミ、強みが分かる。 マケキャンの転職保証のしくみ、転職先のWebマーケティング会社、注 ...

続きを見る


21年12月【最安値!良い評判10こ】テックアカデミーWebマーケティングコース

↓↓タップで飛べる目次 テックアカデミー「Webマーケティングコース」の評判と支持層【お得に受講する方法・4パターン】テックアカデミーの「W ...

続きを見る

あなたにぴったりなスクールはどれ?(まとめ)

  • タイプ1:広告運用特化で、質重視の人→「デジプロ」

>>無料オンライン説明会はこちらから(デジプロ)

  • タイプ2:広告プランナー、企画戦略、営業職のアウトプットトレーニング重視で、転職保証があると安心な人→「マケキャン」

  • タイプ3:コスパ重視で、広告運用とSEOも体系的に学びたい人→「テックアカデミー」

Webマーケティング業界なら「未経験、資格なし」で転職可能(実話)

確かに、資格があると良いと考える方も多いかと思われる。

しかし、実際は資格を取得しなくても、20代30代であるならば、転職エージェント経由で簡単に転職が可能である。

そこでさらに、副業ブログなどで PV や収益が得られているのならばかなりのアピールに。

若ければ若いほど、Webマーケティング業界への転職は簡単である。

実際、私の友人も副業ブログを休日にやりながら、大手広告代理店からWeb マーケティング業界に転職した人が何人かいる。

彼は副業ブログで、月10万円以上稼げるようになり、副業ブログの実績をアピールして転職する方法は、間違ってなかったと私に何度も言ってくる。(笑)

これは確かに実行しやすく、再現性の高い転職戦略、実績アピールの方法であると言えるのではないだろうか。

  • Webマーケティング「資格なし」で転職成功したの友人が使った転職エージェント(参考)

転職サイト、転職エージェント選びの合理的活用手順(保存版)

①条件が具体的に「決まっていない」ときに重要な、転職サイト選びの3大ポイント

手順1:求人数がより多い

手順2:求人が多種多様

手順3:サポートがより充実している

そして条件が具体的に決まっているときは、次の2つを満たせるように、複数の転職サイトを組み合わせて使うのが活用の仕方としてさらに合理的である。

②「条件が具体的に決まっているとき」に重要な、転職サイト選びの追加ポイント

手順1:サポートがより充実している

手順2:独自の求人が多い

>>今すぐ無料登録、無料カウンセリングをお試しあれ。

転職サイトについて。

「全業界網羅系」転職サイトの例

リクナビNEXT

リクルートエージェント

マイナビ転職

JACリクルートメント

ビズリーチ

type転職

転職EX

エン転職

以外ですと。

以下、IT系転職を重視して選出しました。

IT系転職にぴったりの転職サイトまとめ

  • doda(超定番:ダイアモンド級)

・求人件数10万で幅広く大規模&IT業界多数が魅力

>>業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

  • マイナビ ITエージェント(超定番:ダイアモンド級)

・IT、Web業界に非常に強い転職エージェント

>>IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

  • マイナビジョブ20's(超定番:ダイアモンド級)

・20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント

  • レバテックキャリア転職(準定番:プラチナ級)

・IT系・Web系転職超特化しているのが強み

  • IT求人ナビ転職(準定番:プラチナ級)

・IT業界、エンジニアとして働く方を最大限サポート

  • ギークジョブ転職(準定番:プラチナ級)

・実務未経験からエンジニア職に転職成功事例多数

  • ゲキサポ転職/ポジウィルキャリア(NEW:ゴールド級)

・キャリアアドバイザーの質がとにかく高いことで有名

>>無料オンライン相談はこちらから(ゲキサポ!転職/ポジウィルキャリア)

  • 第二新卒エージェントneo

・第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援に強い

  • アクシスコンサルティング(NEW:ゴールド級)

・外資系、IT業界を中心にハイクラス転職に強くて人気

  • リクルートのCAREERCARVER(キャリアカーバー)(NEW:ゴールド級)

・妥協しないハイクラス専門の転職はコレ

結論 :Web マーケティング資格は不要(実績があると良い)

本記事の内容をもう一度まとめておくね。

本記事の要点まとめ

・Webマーケティングに資格は不要(実績は強力なアピールになる)

・実績作りに副業ブログを始めている人は多い(副業ブロガー近年増加中)

・Webマーケティングの業務は「資格なし」でもできる業務がほとんど

・Webマーケティング資格を取得するメリットは少ない (名刺に資格取得と記載できるくらい)

・「20代30代なら実績なし」でも Web マーケティング業界に転職可能

・広告運用を学ぶなら独学は大変(Webマーケティングスクールで短期集中で学ぼう)

私もかつて Web マーケティング、 IT業界でインターンをしていた。

そして私の友人も現在 Web マーケティング業界で働いている。

その体験談から言えることは、

本当に働きやすいということ。

服装自由、リモートワークOK 、副業OK、お給料をもらいながらWeb マーケティングの知識が身につく。

しかも、Webマーケティング市場は年々拡大中。

ぜひ、この記事を読んでいるあなたも、Webマーケティング業界の素晴らしい環境を活用すべく、

Webマーケティング資格の勉強をするのではなく、「Webマーケティングの実績を作ること」に時間を注ごう。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

本日の名言:「平等(資格)の追い求めすぎに気をつけよ。」 

「平等」を求める人は、たいてい劣っている者で、

能力の低い者ほど、「平等」を要求する。

また中位の連中は、

むしろ優越を欲して特権を要求する。

しかし、真に優れている人は、

平等も要求しないし、優越も要求しない。

これはWeb マーケティングの資格試験という、枠組みにも置き換えることができる。

Webマーケティングで「資格」ばかりを求める人は、大抵劣っている者で、

真の実力の低いものほど、「資格」を求める傾向にあるのではないだろうか。

「資格」の求めすぎには気をつけよ。

参考(哲学者、万学の祖:アリストテレス) 

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「新時代を創る、副業から転職へ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「新時代を創る、副業から転職へ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むと分かること 卒業生の体験談に基づく、マケキャンの評判、口コミ、強みが分かる。 マケキャンの転職保証のしくみ、転職先のWebマーケティング会社、注 ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むあなたへ HSP繊細な会社員10人に聞いた、使ってよかった「転職エージェント、転職サイト」がわかる。 HSP繊細な人こそ、転職エージェントを使うこ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先