20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【超解・人気爆発】Webマーケティングのメリット・デメリット

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

Webマーケティングのメリット・デメリットについて特別解説していきます。

Webマーケティング未経験者や Webマーケティングについてあまり詳しくない人でもイメージしやすいようまとめた上で、

現役Webマーケターである私の実体験に基づく、Webマーケティング業界に身を置くメリットやデメリットについて、解説していきます。

・Webマーケティングに興味はあるけれど、「転職するとどのくらいメリットがあるのか」知りたいあなたへ。

・「転職や副業で稼ぎやすい職種」はどれか知りたいあなたへ。

かつて私は、Web マーケティング業界で、Webメディアの運営とSEOコンサルでの実務経験があり、実際に業務を遂行していく中で、本当に稼げる職種は何なのか、何度も悩み考えていた時期がありました。

実際、SEOに関してはデータ分析や粘り強さが必要な仕事であり、心理学や言葉に興味のある人にとって向いている職種だということがよくわかりました。

また、Webマーケティングは副業と親和性が最も高いと言えます。

特に「本業+副業」で年収を最大化する戦略として広告運用のポジションにつくことが、

月5万から10万を確実に、副業で増やすための戦略として効率が良いということもよくわかりました。

そこで今回は、現役Webマーケターである私の体験談に基づく、 

Webマーケティング業界への転職戦略を「大きく3つ」提示しながら、あなたの進むべき道について解説していきます。

Webマーケティング業界に転職するなら、今が絶好のチャンスです。

この記事を読み終わった後には、

あなたに最適な転職戦略、 Web マーケティングのメリットを最大限活かす方法について理解が深まっていることでしょう。 

  • 想定読者

  • Webマーケティング業界に身を置くメリット、デメリットを知りたい人。

  • 「本業+副業」で年収を最大化しやすいWeb マーケティングの職種を知りたい人。

  • 広告運用、インターネット広告に興味のある人。

結論(解決法)

戦略1:事業会社、ネット広告代理店に転職し「上層部」を目指す(本業のみ・非現実的)

【秘伝の戦略2】:広告運用職に転職し「3年以上」勤め、のちに広告運用代行案件のできるフリーランスとして独立を目指す。

【秘伝の戦略3】:Webマーケティング業界(SEOコンサルかSNS運用、広告運用)に転職し「本業+副業」で稼ぐ。

これらのうち、【秘伝の戦略2】【秘伝の戦略3】のどちらかが実行しやすいといえる。

要点はコレ

【Webマーケティングのメリット10】

メリット1:初期費用が低く抑えられる。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット2:業務内容は同じでありながら、高単価の案件を受託できる。(広告運用)

メリット3:毎月安定収入が期待できる。(広告運用)

メリット4:クラウドソーシング案件も多く、訪問営業が不要。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット5:可視化されにくいサービスのため新規参入が少ない。(広告運用)

メリット6:小規模事業者にとって、Webマーケティング需要が急増している。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット7:非常に細かい顧客ターゲティングが可能で効率もよい。(広告運用)

メリット8:インターネット広告市場が拡大中であるため需要も大きい。(広告運用)

メリット9:企画から実行、修正のスピードが速い。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット10:全世界に発信可能。(SEO、SNS運用、広告運用)

【Webマーケティングで「副業する5大メリット」】

1:本業で学んだことと「同じことをやる副業」で稼ぐことが可能。

2:会社に依存せず、「あなたのスキル」で稼ぐことが可能になる。

3:「3年程度実務経験」を積むだけで本業以上に稼ぐことが可能。

4:高いスキルのあるWebマーケターは「転職でもかなり有利」になる。

5:「広告運用のスキルに特化」するだけでも十分重宝される人材になれる。

【Webマーケティング業界に「転職する3大メリット」】

1:ホワイト企業、働きやすい職場が多い。

2:Webマーケティング会社に勤めているだけで無料でスキルを学べる。

3:トーク力は低くても、Webマーケティングスキルが高ければ評価される。

【Webマーケティングのデメリット】

・SEO単体での Web マーケティングに関しては難易度が年々高くなっている(コストがかかる)。 

・あなたのスキル、Webマーケティング担当者のスキルに依存する。

・広告運用の代行をしたとしてもあなたの資産になるわけではない。

・トレンドの移り変わりが早くスキルを維持することが大変

・地域密着型のビジネスには向いていない。

・あなたのスキルに対して、信用を得るのに時間がかかる

・成果を出すのに時間がかかる領域(SEO、副業ブログ等)がある

・一つのことに長期間取り組む必要がある。

・商品などの価値が充分に伝わらない。

・実際メディアの運営や情報発信コンテンツ制作ではなく、コンサルや代行案件も多い。 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職・副業にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の実体験、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を後押しできること、大変嬉しく思っています。

↓↓タップで飛べる目次

Webマーケティングのメリット10

  • Webマーケティングのメリット10

メリット1:初期費用が低く抑えられる。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット2:業務内容は同じでありながら、高単価の案件を受託できる。(広告運用)

メリット3:毎月安定収入が期待できる。(広告運用)

メリット4:クラウドソーシング案件も多く、訪問営業が不要。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット5:可視化されにくいサービスのため新規参入が少ない。(広告運用)

メリット6:小規模事業者にとって、Webマーケティング需要が急増している。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット7:非常に細かい顧客ターゲティングが可能で効率もよい。(広告運用)

メリット8:インターネット広告市場が拡大中であるため需要も大きい。(広告運用)

メリット9:企画から実行、修正のスピードが速い。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット10:全世界に発信可能。(SEO、SNS運用、広告運用)

メリット1:初期費用が低く抑えられる。(SEO、SNS運用、広告運用)

 Webマーケティングにかかる、広告費用なら、かなり低い値段でスタートできる。

広告運用で始めやすいのは Facebook 広告と言われている。

一方で、テレビのコマーシャルの場合一本で数百万以上かかる場合も多い。

雑誌に掲載する広告であっても、一本10万円以上かかるというのが相場である。

したがって、Webマーケティングにおける広告運用は「費用がかかりにくい」というメリットがあげられる。

また、副業で、副業ブログを始める人にとっても、

サーバー代に月1000円、ドメイン代(無料も多い)、 WordPress有料テーマ一回買い切りで1万5000円程度で、1年間にかかる初期費用はおおよそ「2.5万円程度」と言われている。

このように低い投資で始められることが Web マーケティングの最大の魅力であると言える。

しかも「在庫ゼロ」、 「利益率の高い領域」であり、「低いリスク」で始められるのがWebマーケティング最大のメリットであると言える。

メリット2:業務内容は同じでありながら、高単価の案件を受託できる。(広告運用)

広告運用なら、実務経験3年以上の人にとって高単価の案件が獲得しやすい。

広告運用なら、広告予算の約20%が手数料として受け取れる。

(月100万の予算で運用を任された場合、あなたに20万円が毎月入ってくる )

従って、業務内容はほとんど同じでありながら、運用金額が変わるだけで報酬が増えるという仕組みがあるのが、

広告運用代行副業は非常に魅力的であると言える。 

メリット3:毎月安定収入が期待できる。(広告運用)

広告運用代行を中心に毎月決められた金額を報酬としてえられる仕事が数多く存在する。

まる。代行 という案件は確かにあなたの膝にはなりにくいのがデメリットである。

しかし、広告運用代行、SNS運用代行、SEOコンサル等を通じて、毎月確実に収入を得るという点が期待できる。

一方で、副業ブログやアフィリエイトで月10万の安定収入を目指すのは、キーワードやジャンルによる縛りがあることはもちろん、収益化に時間がかかることもあり、難易度が高いと言われている。

したがって、「本業+副業」で稼ぎたいと思っているあなたは、

毎月の安定収入を最大化させるために、

「広告運用」のスキルを身につけておくことは得策だと言える。

以下の転職エージェントに登録して、情報収集しておこう。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

メリット4:クラウドソーシング案件も多く、訪問営業が不要。(SEO、SNS運用、広告運用)

Webマーケティングのメリットは、やはり訪問営業がほぼ不要である点である。

つまり、トーク力不要で集客ができ、購買に至らせる仕組みを作ることができるのがWeb マーケティングの強みである。

その反面、一つのことを粘り強く取り組むのが向いている人にとって、Webマーケティングは最適である。

長期的な戦略を通じて仮説検証を繰り返していくのが Web マーケティングの業務の根幹でアリ粘り強さが求められる。

また、クラウドソーシングでの案件も豊富にあるため、自分の実績をしっかりとアピールする文章をメールで書くことができさえいれば、高単価案件を獲得することも可能である。

したがって、訪問営業は「トーク力重視」であるならば、Webマーケティングは、「粘り強さや分析力重視」であると言える。

おしゃべりが苦手なあなたであっても、Webマーケティング業界に身を置くことで、力を発揮しやすいといえるのではないだろうか。

メリット5:可視化されにくいサービスのため新規参入が少ない。(広告運用)

インターネット広告ははっきりと広告だと気づいている人も少ないのが現状である。

例えば検索エンジンの上の所に表示されるリスティング広告を単なる記事だと勘違いしてしまってクリックしている人も多いであろう。

このように何が広告で何が、普通に作られた記事なのかも、分かりにくいのが現状であったりもする。

したがって、広告運用という言葉自体が2020年現時点では多くの人に知られていないのは、可視化されにくいサービスと広告運用自体の仕組みにあると言える。

ここで広告運用という言葉について知っているあなたはかなり優秀である。

新規参入が少ない今だからこそ広告業のスキルを身につけることであなたは、即戦力となる優秀の Web マーケターとして重宝されるのである。

広告運用のスキルを高めたいと考えるあなたは、以下のスクールで学ぶと効率が良い。 

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

メリット6:小規模事業者にとって、Webマーケティング需要が急増している。(SEO、SNS運用、広告運用)

Web マーケティングの施策は小規模事業者との親和性も高く、効果的な施策であると考えられている。

理由は、低い価格でありながらも、ターゲットを絞り込み、顧客に適切な広告を配信することが可能であるためである。

このように中小企業の多くが、

Webマーケティングに力を入れて行く必要性があると感じているため、 

Web マーケティングスキルの高いWebマーケターの需要は、今後も高まっていくとの見方がなされている。

メリット7:非常に細かい顧客ターゲティングが可能で効率もよい。(広告運用)

Webマーケティング施策においては、非常に細やかなターゲティング可能である。

例えば、北海道札幌市に住む30代の男性のような形で、細かく広告配信のターゲティングを絞り込むことができる。

そうすることで売り込みたい商品を効率よく届けることが可能になる。

実際そうすることで、北海道札幌市に住む30代の男性が、通うのに最適なメンズサロンや髭除毛の広告を打つことで集客、購買に結びつけていくのである。

従って、Webマーケティングなら、リアルでは不可能なレベルでの細やかなターゲティングをすることができる点が、大きなメリットであると言える。

メリット8:インターネット広告市場が拡大中であるため需要も大きい。(広告運用)

実際、インターネット広告市場は、年々市場規模が拡大している。

これは、Webマーケティング業界に身を置くあなたにとって、メリットであることは言うまでもない。 

インターネット広告媒体費は、2015年から比べると約1.5倍成長していることが以下のグラフからよくわかる。

  • 「2015年から、1.5倍成長」(電通、日本の広告費2019)

(電通、日本の広告費2019)

参考:https://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/

確かに、インターネット広告の市場規模は、毎年10%近く上昇している。

ここで注目したいポイントは「インターネット広告費が上昇している」という点にある。

つまり

・参入している企業が増加している。

・競争率が高くなり広告費自体が高値になっている。

とも言い換えることができる。

一方で、テレビのコマーシャルや新聞の広告市場は年々減少している。

実際、若者のテレビ離れが進むと同時に、若者だけでなく全世代においてテレビや新聞離れは起こっている。

  • テレビ広告費、新聞広告費は年々減少している

テレビ広告費、新聞広告費は年々減少している

参考:https://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2019/media2.html

テレビ広告費や新聞広告費が減少しつつ、インターネット広告費が上昇しているというのが現状である。

したがって、Webマーケティングの中心である、インターネット広告に携わり、広告運用のスキルを高めておくことであなたは大きな市場で戦うことができ、

優秀なWebマーケターとなることで、年収アップに繋げることが可能となる。

>>Webマーケティングの将来性についてさらに詳しく

メリット9:企画から実行、修正のスピードが速い。(SEO、SNS運用、広告運用)

印刷物、雑誌、書籍などは企画から制作、印刷までにある程度の時間がかる。

また、テレビのコマーシャルは、企画制作にあたって非常に時間がかかってしまう3ヶ月から半年かかるものも数多く存在する。

一方で、Webマーケティングはスピーディーに行うことが可能。

また、戦略の変更なども素早く行うことができる。

例えば 、Webマーケティングの施策なら、

1時間ぐらいで広告配信設定が出来たり、記事の修正も速攻で完了させられるのがメリットである。

したがって、Webマーケティングの領域なら、企画から実行、修正のスピードも速い点がメリットであると言える。

メリット10:全世界に発信可能。(SEO、SNS運用、広告運用)

インターネット、Web マーケティングなら、世界中と繋がっているので、世界に発信することができる。

例えば、 SNS を通じて日本初のアメリカ人向け和風スイーツを宣伝する場合、日本の製品であるのにも関わらずアメリカで販売することだって可能となる。

一方で、例えば、渋谷109に純広告を掲載する場合、

渋谷109付近を通った人しか目にすることはない。

そのため、リアルにおいての広告は、そこを通った人にしか目に入らない、地域限定という点がデメリットであると言える。

これらがWebマーケティングのメリット10選である。

また、Webマーケティング業界における主な職種は以下の通りである。

  • Webマーケティング業界の主な職種 

Webマーケティング業界の主な職種 

・Webディレクター

・SEOコンサル

・SNS運用

・リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告など広告運用アカウントプランナー(広告運用)

・インフルエンサーマーケター

・インフルエンサーキャスティングマネジメント 

・グロースハッカー

  • 【上から順に安定感あり・稼ぎやすい】Webマーケティング業界で副業で同じことをやっても稼ぎやすい職種 

【上から順に安定感あり・稼ぎやすい】Webマーケティング業界で副業で同じことをやっても稼ぎやすい職種 

・広告運用系(広告運用代行)

・SNS運用系(インスタ、Twitter、TikTok運用代行)

・SEOコンサル系(副業ブログ、アフィリエイト)

  • Webマーケティングに「ぴったり」なビジネスの例

Webマーケティングに「ぴったり」なビジネスの例

・ FX

・ビットコイン

・オンライン英会話スクール

・オンライン予備校

・オンラインプログラミングスクール 

・ ECショップ

・ 情報商材

  •  Webマーケティングに「合わない」ビジネスの例

 Webマーケティングに「合わない」ビジネスの例

・地域密着型の不動産屋

・個人経営のアパレルショップ

・既存の人脈、繋がりから探す系のビジネス

※インターネットの拡張性を活かせないビジネス全般

つまり、地域密着型である場合、機会損失が起こってしまう。

大阪府の地域密着型の不動産会社の場合。

不動産の情報を発信しているが、大阪府以外の顧客がアクセスした場合成約につながらない。

一方で、全国規模の不動産会社の場合。

不動産情報を発信し、全国からお客を集めることができている。

インターネット SNS からのアクセス全てを収益化につなげることができるため効率が良いのである。

このように、 Webマーケティングが大活躍する領域と、

そうでない領域をしっかりと理解した上で、 Web マーケティング業界でスキルを磨いていくていく姿勢がとても大切である。

Webマーケティングのメリット(恩恵)を受けやすい人の特徴 

  • Webマーケティングのメリット(恩恵)を受けやすい人の特徴 

・トーク力よりも分析力に自信のある人

・チームワークよりも自分のスキルに自信のある人 

・一つのことに粘り強く取り組むのが好きな人

・トレンドに乗っかるのが好きな人

・心理学が好きな人

・言葉やキーワードに興味のある人

・「本業+副業」でガッツリ稼ぐことに挑戦したい人 

・在宅ワークが好きな人

・一人で一つの事に黙々と取り組むのが好きな人

・自分のスキルを試してスキルの幅を広げたいと考える人

・リアルに人脈がなくてもスキルで勝負できると考えている人

・ 何か一つのスキルに秀でたスペシャリストになりたいと考えている人

・ 将来独立してフリーランスになりたいと考えている人

・自由な働き方をしたいと考えている人

・年々会社のボーナスが減少傾向にある企業に勤めている人

・常にスキルアップを怠らない人

・ 本業+副業で年収1000万を超えたいと考えている人 

Webマーケティング業界に「転職するメリット」

  • Webマーケティング業界に「転職するメリット」

・ホワイト企業、働き安い職場が多い。

・Webマーケティング会社に勤めているだけで無料でスキルを学べる。

・トーク力は低くてもWebマーケティングスキルが高ければ評価される。

・動画広告市場、YouTubeやSNS広告領域の市場の伸びは特に大きい。

・SNS、SEO、広告運用など複数の集客経路を作ることのできるWebマーケターは、市場価値が高いため仕事に困らなくなる。

・Webマーケティング業界は20代30代なら「未経験」でも転職しやすい。

・最終的に Web マーケティングで独立することが可能。

・3年以上(広告運用で200万以上の運用額の経験が目安)勤めてから、広告運用代行の副業をすると(高単価の仕事が取りやすく)圧倒的に稼ぎやすい。

Webマーケティング業界にあなたが「転職する3大メリット」について以下に詳しく解説する 。

  • Webマーケティング業界に「転職する3大メリット」

Webマーケティング業界に「転職する3大メリット」

1:ホワイト企業、働き安い職場が多い。

2:Webマーケティング会社に勤めているだけで無料でスキルを学べる。

3:トーク力は低くてもWebマーケティングスキルが高ければ評価される。

>>Webマーケターに未経験からなる方法

>>Webマーケティング未経験30代からの転職戦略

  • 1:Webマーケティングスキルと最新のトレンドやノウハウを無料で学べる。

Webマーケティング会社で働く一番のメリットは、SEOやSNS、インターネット広告に関するのノウハウを自然と身につけられる点が挙げられる。

一方で、一般的な企業に勤めていると、ブログやアフィリエイトを副業で頑張ろうと思っても、土日や平日の夜に時間を取ることとなる。

これは、本業と違うことをやるために時間を割くため、 SEO に関する知識や経験が不足した状態で取り組むため、成果を出すまでに時間がかかるのである。

その点、本業で Web マーケティング業務に携わっていれば、

仕事中もずっとSEOやメディア運営について学び、施策を考えて、仮説検証を繰り返すことができる。

やはり、副業ブログをやるにしても、Webマーケティング業界にいる人にはかなわないのである。

副業ブログは始めたいと考えるあなたは、 Web マーケティング業界の「SEOコンサル職に転職する」のは一つの戦略である。

もちろん、最初はゼロから学ぶことになるため大変であるが、帰宅後にわざわざ SEO を勉強するための時間を取るよりも圧倒的に楽である。

さらに、副業で自分のサイトやブログを運営することが、そのまま本業に役立つ勉強になるのも、あなたのスキルの証明になるため一石二鳥であり相乗効果も見込めるのである。

  • 2:ホワイト企業、働きやすい会社が多い。

Webマーケティング業界の企業は、残業が少なかったり、副業OK、私服勤務、リモートワーク可だったりと、働きやすい企業がかなり多い。

しかし、注意点としてはそのぶんスキルが求められる数字で結果を出すことが求められるという点である。

また、実際社員の中で個人でサイト運営をしている人、

 Web 制作をやっている人、

広告運用をやっている人も数多くいるため、

刺激を受けやすく、成長できる環境も整っている。

つまり、あなたが Web マーケティング業界に身を置くことでモチベーションも上がりやすいというメリットも得られるのである。

>>Webマーケティング企業人気ランキングについてさらに詳しく

  • 3:トーク力は低くてもWebマーケティングスキルが高ければ評価される。

Webマーケティング業界では、即戦力となるスキルが求められる。

そのため、愛想がいいだけ、上司に可愛がられてるだけ、では評価されないのである。

もちろん、トーク力が高いに越したことはないが、自分のスキルを高めた上で実績をアピールしていく姿勢が大切である。

したがって、「おしゃべりが得意な営業マンに勝ちやすい職場」として Webマーケティング業界は大いにありだと言える。

実際、 Web マーケティング業界に転職した友人の多くがスキルで客観的に評価された数字で評価されたいと考えている人ばかりであった。

もし、あなたが数字で客観的に評価されたいと考えているならば、

Webマーケティング業界は転職先として最適であると言えるのではないだろうか。

これらが Web マーケティング業界に転職する3大メリットであると考えられる。

Web マーケティング業界に転職するなら今すぐ情報収集を始めることとても大切である。

以下、の転職エージェントに登録して、「副業マガジン」の読者の皆さんは是非、優秀な Webマーケターになっていて欲しいと私は願っている。

>>【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

>>【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

次に、Webマーケティングで「副業するメリット」について詳しく解説していくとする。

Webマーケティングで「副業する5大メリット」

  • Webマーケティングで「副業する5大メリット」

Webマーケティングで「副業する5大メリット」 

1:本業で学んだことと「同じことをやる副業」で稼ぐことが可能。

2:会社に依存せず、「あなたのスキル」で稼ぐことが可能になる。

3:「3年程度実務経験」を積むだけで本業以上に稼ぐことが可能。

4:高いスキルのあるWebマーケターは「転職でもかなり有利」になる。

5:「広告運用のスキルに特化」するだけでも十分重宝される人材になれる。

1:本業で学んだことと「同じことをやる副業」で稼ぐことが可能。

Web マーケティングにおける副業はバイトやウーバーイーツ副業のように本業とは異なった副業で年収を増やすという方法ではない10を覚えておこう。

 Webマーケティングの副業の本質は本業と同じことをやる天にある。

・SEOコンサルなら、副業ブログ、アフィリエイトで稼ぐ。

・SNS運用なら、SNS での集客を通じてアフィリエイト、情報発信で稼ぐ。

・広告運用なら、広告運用代行の副業で稼ぐ。

このように、Webマーケティング業界では、

「本業で学んだこととそのまま同じことをやる」ことで稼ぐことにつながるため、

あなたに向いている領域を見つけて、そのスキル一つを通じて、「本業+副業」で年収大幅アップを実現することができるのである。

また「本業+副業で月10万」確実に安定的に達成し、最も実行しやすいのは「広告運用」であることをここで押さえておこう。

2:会社に依存せず、「あなたのスキル」で稼ぐことが可能になる。

会社に勤めていればたとえスキルが低かったとしても、収入を確保することができる。

しかし、あなたがもし月100万レベルの力を発揮していたとしても、

サラリーマンとして雇われている場合、月50万円が固定給ならそれに従う必要がある。

このように、あなたにスキルがある場合、ずっとサラリーマンとして本業一本で行くのはあなたのスキル宝の持ち腐れであると言える。

そこで大切なのは、「本業+副業」でさらに年収を増やすという戦略である。

会社のボーナスがたとえ減ったとしても、そのぶん副業で補うことが可能である。

「本業+副業」を実行していくことで、あなたの年収は大幅アップすることが可能となる。

従って、Webマーケティングを通じて、副業するメリットとして、

会社に依存するのではなく、「あなたのスキルに依存させる」という視点をもことが大切であることをここで押さえておくとよい。

3:「3年程度の実務経験」を積むだけで本業以上に稼ぐことが可能。(広告運用)

3年程度の実務経験を積むだけで、広告運用の案件に関しては副業でもかなり高額の案件が転がっている。

例えば、運用額500万円の案件を半年から1年間代行することで、運用額の20%である100万円が毎月あなたの報酬となる。

  • クラウドワークスにおける「広告運用代行案件」の例

クラウドワークスにおける「広告運用代行案件」の例

したがって、3年程度の実務経験を積み、広告運用代行の副業で本業以上に稼ぐ戦略をとることは実現性が高く、

「広告運用代行」は、 Webマーケティングの副業として近年人気となっている。 

4:高いスキルのあるWebマーケターは「転職でもかなり有利」になる。

Web マーケティング業界の転職市場においては特に即戦力が求められる。

つまり、副業であなた個人のスキルで案件を獲得できた場合スキルを客観的に証明できることにつながる。

さらに、Web マーケティングは企業の戦略の根幹を担う職種であるため、Webマーケティングスキルのある人材は非常に高値で取引されている。

このような理由から、 Web マーケティングの副業を通じて、小さな実績を積むことで転職でもかなり有利になること間違いなし。

5:「広告運用のスキルに特化」するだけでも十分重宝される人材になれる。

Webマーケティング業界には、SEO、SNS、広告運用と大きく三つの領域がある。

しかし、これを全て遂行できるWebマーケターは少ないのも事実である。

もちろん、全てを遂行できるに越したことはないが、

その中でも近年需要が高まっているのは「広告運用のスキル」を持っている Webマーケターである。

したがって、もしあなたが20代30代でWebマーケティング未経験者である場合、

あなたが力を入れるポイントを「広告運用に特化」するだけで引く手数多になる可能性が高いと言える。

是非、未経験者であるあなたは、短期集中で広告運用スキルを磨くために以下のスクールで学ぶか、インターンを通じて広告運用スキルを早速身に付けていこう。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

>>たった30秒で予約完了

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

確かに、Web マーケティング業界はメリットがたくさんであるが、ここでデメリットについてもしっかりと言及しておくとする。

Webマーケティングのデメリット

  • Webマーケティングのデメリット

・SEO単体での Web マーケティングに関しては難易度が年々高くなっている(コストがかかる)。 

・あなたのスキル、Webマーケティング担当者のスキルに依存する。

・広告運用の代行をしたとしてもあなたの資産になるわけではない。

・トレンドの移り変わりが早くスキルを維持することが大変

・地域密着型のビジネスには向いていない。

・あなたのスキルに対して、信用を得るのに時間がかかる

・成果を出すのに時間がかかる領域(SEO、副業ブログ等)がある

・一つのことに長期間取り組む必要がある。

・商品などの価値が充分に伝わらない。

・実際メディアの運営や情報発信コンテンツ制作ではなく、コンサルや代行案件も多い。 


そこで、 Webマーケティング業界に身を置き年収をアップさせる戦略について詳しく解説していくとする。

【秘伝の戦略は2つ】Webマーケティング業界に「3年以上勤めてから独立」or「本業+副業」のどちらかである 

実際のところ、年収をアップさせる戦略は大きく3つある。

しかし、実現性が高いのは、【秘伝の戦略2】と【秘伝の戦略3】である。

戦略1:事業会社、ネット広告代理店に転職し「上層部」を目指す(本業のみ・非現実的)

【秘伝の戦略2】:広告運用職に「3年以上」勤めてから独立。

【秘伝の戦略3】:Webマーケティング業界に転職し「本業+副業」で稼ぐ。(実行しやすい)

以下に、詳しく解説していくとする。

戦略1:事業会社、ネット広告代理店に転職し「上層部」を目指す(本業のみ・非現実的)

Webマーケティング業界に転職し上層部を目指す場合、基本的に本業一本でしっかりと稼ぐという道が賢明だと言える。

メリット:本業一本で年収1千万を超えることが可能、トーク力&チームワーク力がある人に向いている

デメリット:スキル以外の要素も重視される、上層部になれる人はほんのわずかである 

転職して間もない頃は、Webマーケティングのスキルは少なめだが、3年ぐらいで、

未経験者のあなたであっても、実力が認められる頃となる。

例えば、社内でマーケティングマネージャーや事業責任者に近いポジションが目指しやすそうな会社に、まずは転職して、社内で上層部を目指すという戦略である。

実際、数多くのWebマーケティング会社やベンチャー企業は、

「副業マガジン」の読者の皆様のように学習意欲の高い優秀な Webマーケターを干している。

そのため、スキルのあるWebマーケターにあなたがなれば、引く手あまたで仕事に困ることはないであろう。

つまり、Webマーケティング関連の事業会社、インターネット広告代理店に、

Webマーケティングの部長やマーケティングマネージャー職を目指して、Webマーケティング業界へ転職するのも、

Webマーケティング業界にあなたが身を置く最高の花道と言える。

しかし、会社の上層部やマネジメント、経営に携わることはしたくない、

部下にたくさん指示を出す仕事やチームでやる仕事が多いと「力が発揮できない」と考えている場合、この道はあまりお勧めできない。

その場合、「残された2つの道」が最良の選択肢(秘伝の戦略)であると言える。

以下、「残された2つの道」秘伝の戦略である。

【秘伝の戦略2】:広告運用職に「3年以上」勤めてから独立。

デメリット:資産性は低い

メリット:安定、即金性、最もフリーランスとしてなりやすく需要も単価も高い

まずは、Webマーケティング業界の広告運用職に転職し、3年以上勤めるという戦略である。

その後、フリーランスとして広告運用代行案件を獲得する。

このようなステップを踏むと、広告運用代行の案件で、高単価の案件を確実に獲得することができる。

次は秘伝の戦略3についてである。 

【秘伝の戦略3】:Webマーケティング業界に転職し「本業+副業」で稼ぐ(実行しやすい)

デメリット:SEOやSNSでの副業(副業ブログ、アフィリエイト)は収益化を図るのに時間がかかる、

メリット:SEO,SNSでの情報発信系は資産性が高い、

広告運用なら3年程度の実務経験でも高単価を副業で目指せる、

本業で学んだことを副業でやるだけ、

失業のリスクが低い等。

フリーランスとして独立するのは少しリスクがあるけど、

本業でやった事をそのまま副業としてやる形で年収を増やしたいと考えているあなたへ。

まずは、Webマーケティング業界に身を置き、

「SEOコンサル」か「SNS運用」に関するWebマーケティングスキルを身につけよう。

もちろん、広告運用代行を本業にし、副業で「広告運用代行」をするのも良い。 

そして、本業で学んだことをそのまま副業で発揮すると良い。

例えば、SEOコンサル会社で学んだことを、そのまま「副業ブログ」で生かしていく。

SNS運用職で学んだことを、そのまま「SNS(インスタやTwitter)での情報発信」で生かしていく。

この方法だとデメリットがかなり少なく、メリットが大きいと言える。

ポイント

SEOとSNSマーケティングの本質
本質1:あなたが集めたい顧客、「潜在顧客」を検索エンジン、SNSで集めること。
本質2:フォロワーや熱心なファンになってもらうこと。
本質3:あなたの売りたい商品売り場に「顕在顧客を」誘導し購入してもらうこと。 

>>Webマーケティングで独立する方法についてさらに詳しく

  • 「本業+副業」で稼ぐメリット

「本業+副業」で稼ぐメリット

・会社のボーナスに依存しない。

・あなたのスキル次第で、青天井で稼ぐことができる。

・本業で学んだことを、そのまま副業でやるだけでよい。

・本業で最低限のお給料を確保した上で、新しいチャレンジができる。

・あなたが欲しい年収を自分で調節できる。

「本業+副業」、つまり本業で学んだことを「そのまま同じことをする副業」ならリスクはかなり低い。

もし、あなたが副業で、本業以上に稼ぐことができれば収入は倍増する。

つまり、この戦略を取れば、会社員とフリーランスのよいとこを取ることができメリットを最大化することができる。

本業で、最低限の生活費を確保しつつ、

Webマーケティング業界で学んだ「スキル」を副業でそのまま活かすことで稼ぐ副業。

「本業+副業」という戦略こそが、これからの社会は生きていく中で特に再現性が高く、リスクを最小限に抑えて始められ、

メリットが最大化できるキャリア戦略であると言えるとの見方がなされている。

>>未経験からのWebマーケティング副業の始め方についてさらに詳しく 

  • Webマーケティングで身につく力

Webマーケティングで身につく力

・集客力

・Webでの営業力

・コピーライティングスキル

・マーケティング(分析)力

・粘り強さ

>>Webマーケティングで独学する方法についてさらに詳しく

  • Webマーケティングで身につく「3つの分析力」

Webマーケティングで身につく「3つの分析力」

・顧客の行動分析力

・市場を分析する力

・問題設定、仮説検証力

  • 顧客の行動分析力

Webマーケティングの中で最も重要なのは「顧客の行動分析力」である。

つまり、 Web マーケティングの仕事の大部分が顧客のニーズを徹底的に調べ上げて戦略を練り的確な施策を打つ。

そしてコンバージョンに至らなかった顧客やリピートに繋がらなかった子役の行動を分析することで主索を改善し、次に活かしていくのである。

このようにして、Web マーケティングを通じて顧客の行動分析が身につくのである。

しかも、顧客の行動分析は「心理学」とも近い。

もし、あなたが心理学に興味を持っているのな、Webマーケティングに向いている可能性がかなり高いといえる。

  • 市場を分析する力

Webマーケティングにおいて、

例えば、検索エンジンを通じて商品を売る場合、

どのようなターゲットに読まれやすいのかを調べる。

そしてその結果、顧客にマッチしたキーワードを選定し、記事作成コンテンツを制作する。

例えば、商品を購入直前のユーザーに対しては、〇〇比較、〇〇レビュー、〇〇最安値、などのキーワードを入れ顧客にマッチしたコンテンツを用意する。

一方で、現時点では関心が浅く、購入する気が薄いユーザーに対しては、〇〇とは、〇〇内容、〇〇需要、などがマッチしたキーワードであると言える。

このようにして、市場のニーズ顧客の心理にマッチした施策を打つことを通じて、市場を分析する力がつくと言えるのではないだろうか。

Webマーケティングに軸足をおいて、市場分析力をアップさせよう。

  • 問題設定、仮説検証力

マーケティングにおいて成果を出すためには顧客のデータをもとに仮説を立てて検証を繰り返す必要がある。

その際に適切な問題設定をし、適切な施策を打つために仮説を立てる力が必要となる。

例えば、高めの広告単価でリピーターが増えないのであれば、キーワードを変更し、

もう少し広告単価の低いキーワードにし、ターゲットをずらして、広告を打つという戦略に変更する必要がある。

従って、何が原因で顧客が購買に至らなかったのか、なぜクリックされたかったのか等の原因を特定する必要がある。

そこで求められるのが正しい問題設定力、仮説検証力である。

Webマーケティングを通じて、あなたの問題設定力仮説検証力にさらに磨きをかけていこう。

これらの力を引き上げるために実務経験が一番であると私は考えている。

インターンを始めるもよし、自分でブログを立ち上げて情報発信するもよし、 SNS運用をして集客する方法を研究するもよし。

もし、あなたが20代、30代でありWebマーケティング未経験であり、

「資産性」よりも「お金の安定性、即金性のある副業」「本業+副業」を求める場合「広告運用」のポジションに転職するのが最良の選択肢であると言える。

一方で、「資産性を求める」「長期的な粘り強さがある」「SEOで勝ちやすいジャンルにあなたが参入する」の場合のみ、副業ブログが向いているといえる。

もちろん、広告運用を学ぶ場合、独学する方法もあるが、

 Webマーケティングスクールで2ヶ月集中で学ぶという方法も大いにありである。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

>>たった30秒で予約完了

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

>>たった30秒で予約完了

また、どのようなスキルを持っている人が広告運用アカウントプランナーの職に転職しやすいのか、

知っておくために以下の転職エージェントに登録しておくのも下準備としてとても大切である。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

ポイント

Webマーケティング業界への転職なら「広告運用」 

・20代30代未経験から転職するなら「広告運用」一択

・「本業+副業」で広告運用で稼ぐ戦略が現実的に実行しやすい。

・月5万から10万を効率よく稼ぐなら副業ブログではなく「広告運用」。

結論:Webマーケティングのメリットはかなり大きい 

私はWebマーケティングに軸足を置いてから、人生が大きく好転した一人である。

実際、Webマーケティング会社に勤務しながら、副業ブロガーを始め成功を収めている人は数多くいる。

例えば、副業ブロガーのTSUZUKIさん。

彼はWebマーケ会社に勤務しながら、副業ブログを続けて大きな成功を収めた人の一人である。

本業だけに偏るのではなく、「本業+副業」しかも、本業と同じことをやる副業で稼ぐという戦略が、今回私が提示した、秘伝の戦略である。

実際、数多くの人々は、自ら本業だけで稼ぐという既存のルールを変えることなど、思いつきもせず、

従来の「本業だけで稼ぐ」というルールの中で戦っていく。

確かに、これは一つの戦略である。

しかし、それと同時にそれは消耗戦へと向かっている場合がある。

もし、あなたが、毎日一生懸命頑張っているのにも関わらず、会社で幹部候補になれず平社員のままになってしまった場合がその一例である。

あなたが、本当に得意な領域で、戦いやすい試合ができるよう稼ぎ方を、あなたなりに工夫する必要がある。

そうすることで、あなたの努力が正しく報われ、しっかりと稼ぐことができ、時間にも自由な生活を実現することができるのである。

従って、Webマーケティングのメリットを存分に活かすべく、

以下の、【秘伝の戦略2】or【秘伝の戦略3】を本記事では、推奨している。

  • 【秘伝の戦略2】:広告運用職に転職し「3年以上」勤め、のちに広告運用代行案件のできるフリーランスとして独立を目指す。

もしくは、

  • 【秘伝の戦略3】:Webマーケティング業界(SEOコンサルかSNS運用、広告運用)に転職し「本業+副業」で稼ぐ。

したがって、上記のどちらかの戦略からあなたにピッタリのものを選ぶと、より良い人生が実現しやすくなる。

Webマーケティングスキルが身につければ、サラリーマンとして需要が高いため仕事に困ることはない。

また、個人でも稼ぐスキルが身につくため、会社に依存せずフリーランスとして生計を立てるという道も選択することができる。

このようにして、本業だけの収入に依存せず、あなたらしく自由に生きていくことで、

幸せな毎日を送ることにつながる。

さらに、20代30代であれば、Webマーケティング業界は、

「未経験でもかなり転職しやすい」ことで有名である。

 Webマーケティング業界に転職するなら今がお得である。

是非、まずは Webマーケティング業界におけるあなたの市場価値を知るために転職エージェントに登録して情報収集から始めてみよう。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

とにかく行動に移し、情報種収集し、一歩一歩前に進んでいくことが大切だね。

「副業マガジン」読者の皆様が、Webマーケティングを通じて、あなたらしい生き方ができることを応援しております。

次回もよろしくね、「副業マガジン」編集長のかわちゃんより。

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!