20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【12スキルから逆算術+仕事内容】Webマーケティング・スキル

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

 Webマーケティングのスキルと仕事内容について特別解説しました。

近年人気のWebマーケティング業界、未経験30代、第二新卒であっても転職可能なWebマーケティング業界は、

「本業+副業」で年収大幅アップを狙える転職先として、注目を集めている。

・Webマーケティング業界に興味はあるけれどどんなスキルを持っている人が力を発揮しやすいのか?

・Webマーケティングのスキルと仕事内容はどのようにして結びついているのか?

・これからどんなスキルを身につけていけば、Webマーケティング業界へ転職活動がうまくいきやすいのか?

こんなお悩み抱えていませんか。

そこで今回は、現役Web マーケターである編集長のかわちゃんのWebマーケティング会社での実務経験をもとに得られた、本質的なWebマーケティングスキルについて特別解説していきます。

この記事を読み終わった頃には、

「あなたが身につけるべきスキル」とこれからやるWebマーケティング業界での「仕事内容」についてかなり詳しくなっていることでしょう。

結論(解決法)

→ 本記事内のWebマーケティングスキル「基本7つ」をチェックして、

5つ以上当てはまったら、あなたの転職先にWebマーケティング業界はかなりぴったりである。

以下、7つのうち5つ以上当てはまったあなたへ。

【未経験からWebマーケターになる黄金戦略3つはコレ】

→戦略1:Webマーケティング企業へ転職する。(転職エージェントに登録する)

→戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティング副業(副業ブログ)を始める。

→戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)を学ぶ。

  • 想定読者

  • Webマーケティング職で「必要なスキル」を知りたい人

  • Webマーケティングの「具体的な仕事内容」を知りたい人

  • 「Webマーケティング未経験のあなた」に「向いている」仕事内容を知りたい人

要点はコレ

 Webマーケティング・スキル12

【基本7つ】 Webマーケティング・スキル・仕事内容

1:分析力

2:ググる力(自ら調べる力)

3:粘り強さ(長期的な視点)

4:数字で解決する力(事実ベース)

5:コミュニケーションスキル(交渉力)

6:エクセル(Office系ソフト)スキル

7:トレンド把握力(好奇心)

【目的別5つ】Webマーケティング・スキル・仕事内容

8:SEOの知識とスキル

9:SNSの知識とスキル

10:広告運用の知識とスキル

11:Webライティングスキル

12:Webサイト構築スキル

【8つ】Webマーケティング・仕事内容

1:仮説構築(アナリティクス、データ分析等)

2:集客施策の遂行(企画立案・BtoB営業)

3:コンテンツ制作(Webライティング、SEO、SNS)

4:広告運用(Web広告、SNS広告)

5:リピーター獲得施策を考える(メルマガ、Lステップ等)

6:インフルエンサーキャスティング

7:Webディレクション(指示出し・マネジメント)

8:プログラミング(Web制作、HTML/CSS

 Webマーケティング業界3大領域 

 【SEO系】:SEOコンサル、Webメディア運営、副業ブログ、アフィリエイト

 【SNS系】:SNS運用、インフルエンサーマーケティング

 【広告運用系】:広告運用代行、ネット広告代理店

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO、Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/Webマーケティング職、転職/副業にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

  • 【Webマーケティング・広告運用関連スキル】を短期集中で身につけるための「人気Webマーケティングスクール」はこちら。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

一方で、広告運用の実践スキルを身につけたい場合は「デジプロ」一択である 。

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

【基本7+目的別5】 Webマーケティング・スキル(仕事内容)

  • 【基本7つ】 Webマーケティング・スキル

1:分析力

2:ググる力(自ら調べる力)

3:粘り強さ(長期的な視点)

4:数字で解決する力(事実ベース)

5:コミュニケーションスキル(交渉力)

6:エクセル(Office系ソフト)スキル

7:トレンド把握力(好奇心)

1:分析力

分析力とは、出来事に対して深く洞察を与え、「原因と背景を的確に探り当てる力」のことである。

Webマーケティングの業務の至るところで、分析力が求められると私は感じている。

例えば、4月にあなたの運営しているブログサイトのPV数(閲覧数)が増えた最大の原因は、何かを特定する際に、

・あなたの執筆した記事のキーワードの月間検索ボリュームが4月だけ伸びたこと

・SNS流入が増加したこと

・内部リンクお通じてたくさんの記事が見られるようになったこと

・ロングテールキーワードで1位を量産できたこと

・ビッグキーワードで上位表示ができたこと

など、様々な原因と背景を推測する必要がある。

Webマーケティング業務のほとんどが分析を通じた考察が必要になるため、 SEO SNS 広告運用どの領域であっても、求められる必須スキルとして分析力をここで取り上げておく。

また、言い換えれば、商社マンのようにダントツのコミュニケーション力(トーク力)が、最重視されるのではなく、

あなたの分析力、論理的思考力、Webマーケティングスキルがあらゆる場面で必要とされるとの見方もできる。

そのため、もしあなたがおしゃべりが得意じゃない場合であっても、

 Webマーケティング業界なら力を発揮しやすいということができる。

>>Webマーケティングに「向いている人VS向いていない人」の特徴についてさらに詳しく

>>Webマーケターに「未経験からなる方法」についてさらに詳しく 

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【ポテンシャル採用枠あり・未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

>>Webマーケティング「未経験30代からの転職戦略」についてさらに詳しく

2:ググる力(自ら調べる力)

Webマーケティングの仕事の中で、もしあなたが分からないことがあったら自らの手で、調べるという姿勢がとても大切である。

例えば、Macのパソコンの画面でスクリーンショットを撮る方法がわからなかった場合、

「スクリーンショット Mac 取り方」

ど検索エンジンで入力し、やり方を自分で調べるのである。

実際、エンジニアがバグで行き詰まった場合、自らの手で的確にバグの原因を見つけるという習慣を身につけている。

Webマーケターもエンジニアの良き習慣の真似をして、わからないことがあったらすぐググるという癖をつけておくと良い。

私はかつてプログラミングスクールで、バグに直面した時の対処法として、「適切なググり方」を身につけておくことの大切さを学んだ。

「わからないことがあったら、常に自分で調べる」という癖をつけておくことは Web マーケティング業務でも大いに生かすことができると言える。

また、自分で調べる習慣を持っておくことで、

周りの同僚や上司の知らないやり方まであなただけが獲得することができる。

このように、最新の情報を仕入れたり、分からないことがあったらすぐ手に入れるという習慣を身につけておくと、 Webマーケティング業界で、かなり重宝される人材になること間違いなし。

>>Webマーケティングで「情報収集メディア、お役立ちサイト」についてさらに詳しく

3:粘り強さ(長期的な視点)

Webマーケティングの業務に携わる場合、「長期的な視点」で課題に向き合い、粘り強く取り組む姿勢がとても大切である。

例えば、SEOの業務なら、サイト立ち上げ時は、ロングテールキーワードで執筆し、アクセスを集める記事を書き、その後ミドルキーワード手の記事を執筆することでしっかりとアクセスを集め、集客をするという長期的な視点で業務に取り組む必要がある。

また、SNS運用ならば、一か月ごとのユーザーの行動を分析することで、当時のトレンドとキーワードを結びつけコンテンツを考え、改善を繰り返していく必要がある。

つまり、Web マーケティングの業務の多くが「長期的な視点」に立ち、改善を繰り返していく場合が多いと言える。

一方で、 あなたの売った施策が「数字にはすぐに小さく現れる」場合もあるため、 あなたが取り組んだ業務の成果が、客観化されやすいとの見方もできる。

そのため、「やりがいも感じやすい」というのが、Webマーケティング業務の魅力である。

>> Webマーケティングの「やりがい、仕事の魅力」についてさらに詳しく

4:数字で解決する力(事実ベース)

Webマーケティング業界、 IT業界では特に、主観的な交雑による提案は特に却下されやすい点に注意したい。

つまり、物事を事実やデータに基づいて、考察した上で提案する必要がある。

「成約率」

「クリック率」

「リピート数」

「売上」

「原価」

「客単価」

「顧客の数」

「前年比」

「運用時間」

などの数字で表すことができる指標は、

Webマーケティング業界では数多く目にする。

例えば、あなたの運営している Web メディアの成約率が20%であるということは、

100人の見込み客に見られた場合、そのうちの20人に商品を売るスキルがあるということが言える。

また、売上を2倍にするために、見込み客を2倍にするのかそれとも成約率を2倍にするのかを考える際にも「数字で考える」必要がある。

あなたの部署、スキル経験値に応じて的確な施策を以下のように検討していくことが大切である。

「見込み客を2倍にする方が実行しやすい」のなら、メールマーケティングやDM、Lステップなどについて「数字で話す姿勢」が大切である。

一方で、成約率を2倍にする方が実行しやすいのなら、サイト訪問件数、コンバージョンボタンの検討、コピーライティングなどについて数字で話すことが大切である。

・単に売り上げを伸ばそう、

・成約率を引き上げよう、

ではなく、

・「売上を2倍に伸ばすため」にはどのWeb マーケティング施策が最適か、

・「成約率を40%に伸ばす」にはどの施策が最適か、

と数字で言い換えていくことで、目標が明確になることはもちろん、説得力が増し、優秀な Webマーケターとして認められることに繋がるであろう。

このように、企画や提案「売上を先月の2倍にする」に対して、 

具体的な行動を促し説得力を高めるため、数字で話すスキルを身につけておくことはとても大切であると言える。

ポイント

・事実ベースで話そう

・数字で話す習慣を身につけよう

5:コミュニケーションスキル(交渉力)

ここでいうコミュニケーションスキルとはビジネスにおける交渉力、チームワーク力のことである。

単に、よく喋ることや場を盛り上げるという力は、あくまで円滑なコミュニケーションを図るための一部である。

・「チームで」ビジネスを行う際に、円滑な意思疎通ができる、

・同僚やクライアントの「ニーズに応える提案」をすることができる、

・「事実をベース」に議論を展開することができる、

など、

従って、会社組織におけるチームワークを大切にしながら、

ビジネスにおける課題解決を円滑に進める交渉力、コミュニケーションスキルを身につけておくことがとても大切である。

>>「営業からWebマーケティング」に転職する方法についてさらに詳しく

6:エクセル(Office系ソフト)スキル

Webマーケティングの仕事をする際に、デジタルツールの使い方に慣れておく必要がある。

例えば、Microsoft Office に関するソフトの中で、

「Excel」などの表計算ソフトは、「データ分析の業務」際に非常に役に立つ。

実際、顧客のデータを大量に所有している web マーケティング会社で仕事をする際に SQL を叩いてデータ抽出をすることもある。

したがって、データ分析に関する業務に携わる場合、

SEO のキーワード分析、月間検索数ボリュームのデータ分析、顧客の行動分析をする際に、エクセルは非常に役に立つのである。

また、自分がまとめ上げたデータを、パワポで資料を作成するというスキルも大切になってくる。

プレゼンの資料あなたが魅力的に作ることができれば、あなたがクライアントに営業する際に、説得力の高い交渉ができること間違いなし。

7:トレンド把握力(好奇心)

Webマーケティング業界に身を置くあなたへ。

Webマーケティング業界のトレンドは移り変わりがとても早い。

そのため、最新のインターネット広告事情、 SNS のトレンド、などには特に敏感になっておく必要がある。

つまり、Web マーケティング業界は、新しいもの好き、トレンドに乗っかりたいという強い人にはぴったりの業界であると言える。

例えば、

・メールマガジンの形式が、Lステップに変わったり、

・TikTok からYouTube に人を流すというコンテンツ配信者が増加中であったり、

・ノーコードで Web サイト制作をする動きが広がりつつある、

など、

 Webマーケティング領域の流行やトレンドに興味をもつ姿勢がとても大切である。

したがって、 Webマーケターという職業を通じて、

お金と時間に自由な人生を実現させたいのなら、常に好奇心を持ち、最新のWebトレンド情報にアンテナを張っておく必要があると言える。

>>以下の 「Webマーケティング系情報サイト」で最新情報を手に入れて知識を身につけておこう。

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【ポテンシャル採用枠あり・未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

次は、コク的別にWebマーケティングスキルを見ていくとする。

  • 【目的別5つ】Webマーケティング・スキル(仕事内容)

【目的別5つ】Webマーケティング・スキル

8:SEOの知識とスキル

9:SNSの知識とスキル

10:広告運用の知識とスキル

11:Webライティングスキル

12:Webサイト構築スキル

8:SEOの知識とスキル

Webマーケティングのなかで、SEOからの集客に携わるあなたへ。

Googleの検索エンジンで評価される「重要度の高い要素」についてしっかりと勉強しておく必要がある。

例えば、Google が良質なコンテンツかどうかを判断する基準として専門性権威性信頼性の三つを提示している。

  • 「専門性」とは、

キーワードやペルソナの統一された記事が読者を満足させる十分な情報量と密度あった上で大きな力のあるコンテンツを提供していること。

  • 「権威性」とは、

コンテンツ制作者記事執筆者の掲載されているウェブサイトが特定のジャンルにおいて信頼できるウェブサイトや SNS からの引用言及がされていること。

  • 「信頼性」とは、

サイト運営者が実在する法人や個人によって運営されそのサイトやサービスを利用しても問題は発生しないと言う信頼があること。

このように、SEO 集客における重要な要素に関する知識を勉強した上で、日頃の業務にアウトプットしていくことがとても大切である。

また、記事やコンテンツを執筆するときに文字数は何文字が良いのか、

画像はどのくらい入れるべきか、

という要素を気にする人も多いが、

実際のところ、質の高いコンテンツを作るうえで大切にしておくべき考え方は、

「ユーザーにとってどのくらい有益で、どのくらい便利かという視点」でコンテンツを制作することも大切である。

つまり、文字数や画像の数のような表面的なユーザーのニーズだけではなく、

潜在的なニーズを探り当てることを通じて、良質なコンテンツを執筆していく必要があるということも押さえておこう。

  •  SEO の知識と経験を積みたいなら副業ブログを始めてみるもう一つの手。

>> 【超簡単】WordPress とConoHaWINGで作る「副業ブログの始め方」についてさらに詳しく

>>Webマーケティング副業の「始め方」についてさらに詳しく 

9:SNSの知識とスキル

Webマーケティングの中で、SNSからの集客に携わるあなたへ。

SNS からの集客を考える場合、「ネット上の消費者の行動」をしっかりとイメージしたうえで業務に取り組む姿勢がとても大切である。

例えば、AISASと言う消費者行動モデルを、「バナナスムージーが流行るまで」を取り上げて説明していくと以下のようになる。

  • AISAS(アイサス)とは、

Attention(認知)・Interest(興味)・Search(検索)・Action(購入)・Share(共有)の頭文字である。

STEP1:大学の授業終わりのある日インスタで大学の友達が渋谷で人気のバナナジュースの画像をアップしていた(認知)

STEP2:美味しそうだなーと気になり始めた(興味)

STEP3:ハッシュタグで検索してみると友達のバナナジュースは渋谷の通学路付近にあると知った(検索)

STEP4:帰りについでに買ってみた(購入)

STEP5:思っていた以上に美味しかったので自分もインスタに投稿してみた(共有)

インターネットの普及した現代にマッチした消費者行動モデルのことである。

これがAISASの流れである。

特にSNSで認知されてから購入スピードを加速させているのは検索というポイントである。

ハッシュタグで検索されるには、あなたの友人の投稿、口コミがとても大切であり、それがSNS 集客につながる。

SNSアカウントの運用でとても大切なのは「口コミを効果的に集める施策」を検討することである。

SNSのユーザーは、人との新たなつながりを求めてアカウントを所有しているため企業の広告宣伝に対して嫌悪感を抱くこともある。

ブランドイメージを上げるための夫婦であり集客には向いていないのである。

たとえば、Instagram からヘアサロンへの集客を試みる場合、美容室まるまるという企業のアカウントを作成するのではなく、

スタッフアカウントを作成して、投稿の7割をプライベートや最近のサロンでの出来事に関する内容を投稿しビジネス要素を残りの3割以下に止めると言う運用方法も有効だったりする。

このような知識を身につけるには日頃から、自分でも SNSを通じて情報発信して見るのも学びが多く有効である。

>> 「Webマーケティング副業」についてさらに詳しく。

したがって、消費者の行動心理をしっかりと理解した上で、SNS運用の業務に取り組む姿勢がとても大切であると言える。

心理学に興味のある人にとっては Web マーケティング業務はかなりやりがいを感じられるだろうと言い換えることもできるのではないだろうか。

>> Webマーケティングの「やりがい、仕事の魅力」についてさらに詳しく 

10:広告運用の知識とスキル

  • 総合広告代理店系

総合広告代理店とは、テレビ、マス広告、イベントまで幅広い広告事業を行なっている会社のことである。

 例

電通

博報堂、

電通デジタル、

ADK、

読売広告社など

  • ネット広告代理店系

ネット広告代理店とは、Webでの集客施策に特化している会社のことである。

インターネット広告やSEO、サイト作成など軸としている。

サイバーエージェント、

セプテーニ、

アイレップ、

オプトなど

  • ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、親会社の宣伝活動のためにある事業子会社の広告代理店のことである。

トヨタ系のデルフィス、

JR系のジェイアール東日本企画、

東急電鉄系の東急エージェンシーなど。

このように Web マーケティング会社には大きく三つのタイプがある。

ネット広告代理店に転職するメリットは以下の通りである

  • ネット広告代理店に転職するメリット

・最新のネット広告の手法を学ぶことができる。

・ノウハウを学べるサポート体制が整っていることも多い。

・より経営者と近しい視点でビジネスを学ぶことができる

一方で、インハウス系に転職するメリットは以下の通りである。

・施策の自由度が高く、成長のスピードも早い。

・あなたが成果を出せば見返りも大きくなりやすい。

インハウス型の注意点としては 、業務の幅が広くなりやすいためある程度の知識や経験を積んだ後に身をおくのが望ましいとの見方もできる。

これらが、広告運用型のポジションを目指して Web マーケティング業界へ転職するメリットである。

実際、各Webマーケティング会社の役職において言えることは、総合代理店夜規模の大きいネット広告代理店になればなるほど年収の幅は大きくなる。

また、ネット広告代理店はベンチャー企業が多いため年収よりもやりがいや副業のしやすさなどを求めて転職する人も多いと言われている。

>>「転職先で人気」のWebマーケティング会社ランキングについてさらに詳しく

  • 広告運用のポジションに興味のあるあなたへ。

  • 結論、未経験者なら第二新卒枠として、広告運用未経験でも採用される会社に応募してみよう。

もし、今あなたがWebマーケティング業界に身を置いているのなら、

実際、Webマーケティング業界へ転職、を検討する場合、戦略は2つある。

 一つ目は、ネット広告代理店から「他の広告代理店や総合広告代理店へ転職」する。

二つ目は、ネット広告代理店から「インハウスへの転職」する。

いずれの場合も中途採用の場合は前職での経験が求められる場合が多い実際3年以上の実務経験と広告運用のスキルは大切なポイントとなってくる。

したがって、あなたが、今Webマーケティング業界に身を置いていないのなら、

Webマーケティング広告運用未経験、を対象としたチャレンジ枠「第二新卒枠」を用意しているWebマーケティング会社に転職するのが実行しやすい転職戦略であると言える。

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【ポテンシャル採用枠あり・未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料・ポテンシャル採用枠あり】Webマーケティング業界に転職するなら今がチャンス!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

↑【登録無料】Webマーケティング業界に未経験から転職するなら今!

11:Webライティングスキル

Web マーケティング業界で SEO関連の業務に携わりたいと考えているあなたへ。

 SEO コンサル続やメディア運営に携わるのなら Web ライティングスキルがとても大切になってくる。

確かに動画の方が伝わりやすいと思われる領域も多々ある、多くの人の心をつかみ集客紅梅2繋がりやすい容器もまだまだたくさんある。

そこで Webライティング、コピーライティングを通じて、読まれる文章の特徴についてここでまとめておく。

  •  Webライティングで読まれる文章の特徴

 Webライティングで読まれる文章の特徴

・ユーザーの心理状況、モチベーションに合わせた記述がなされている。

・キーワードに合わせて、心が揺さぶられやすい文章を的確に合わせている。

・ ポイントが端的にわかりやすく書かれている。

・読んでいてなめらかな文章の流れがある。

・メリットだけではなく注意点やデメリットもしっかりと表記されている。

・ その商品を買った後に得られる未来ベネフィットをしっかりと提示できている。

・読者を飽きさせない工夫として画像や図解なども付いている。

・読み終わった後に新たな発見や満足感を与える文章。

また、Webライティングを独学で、上手くなるためのやり方について、以下に私の体験談をもとに解説していく。

  •  Webライティングが上手くなるための方法

 Webライティングが上手くなるための方法

・毎日たくさん本を読む

・毎日たくさんブログ記事アフィリエイトサイトの記事を読む

・ Twitter でバズりやすい投稿、文章の特徴を見つける

・毎日一定量の文字数をブログでアウトプットする

・自分がクリックしたくなるようなのマイクロコピー、キャッチコピーをアフィリエイト記事から探す 

・Webライターの案件を獲得してみる

・個人でブログを運営してみる

・ブログを通じて収益化できる記事をとことん書いてみる

このような、方法を通じて私は Web ライティングスキルを高めることができた。

是非、Webライティングに興味を持っているあなたは、

人気ブロガーの記事を読むなり、個人でブログを始めてみるなりして、

頭の中で考えているだけではなく、是非ともアウトプットの機会をたくさん獲得するようにして行って欲しい。

>>副業ブログの始め方についてさらに詳しく

>> Webマーケティングの「独学法」についてさらに詳しく 

12:Webサイト構築スキル

エンジニア、 Web デザイナーとして初心マーケティング業界に身を置きたいあなたへ。

ウェブサイトの構築つまり、WEB 制作、Webデザイナー、フロントエンドエンジニアの領域においては、プログラミングスキルが必要となってくる。

・HTML/CSS

・JavaScript

・ jQuery

・ PHP

・ WordPress

・ サーバー

・ Adobe のデザインツール

など

についてのスキルを身につけることで、Web制作があなた自身で出来るようになる。

>>ウェブ制作に興味のあるあなたはテックアカデミーの「フロントエンドコース」が最適

※Webデザインコースだと簡単で物足りないという人が多いと言われている。 

【8つ】Webマーケティング・仕事内容

【8つ】Webマーケティング・仕事内容

1:仮説構築(アナリティクス、データ分析等)

2:集客施策の遂行(企画立案・BtoB営業)

3:コンテンツ制作(Webライティング、SEO、SNS)

4:広告運用(Web広告、SNS広告)

5:リピーター獲得施策を考える(メルマガ、Lステップ等)

6:インフルエンサーキャスティング

7:Webディレクション(指示出し・マネジメント)

8:プログラミング(Web制作、HTML/CSS)

1:仮説構築(アナリティクス、データ分析等)

仮説構築とは主にデータ分析等を用いてユーザーの行動を的確にとらえ施策に落とし込むという仕事である。

【仮説構築系】Webマーケティングの仕事内容

・データ解析

・統計学

・トラッキング懐解析

・アルゴリズム解析

・ヒートマップ解析

・クッキーへの理解

・ AB テスト

・ API について

・タグへの理解

・ダッシュボード構築

・ DNP について

・ネットユーザーの行動心理

・カスタマージャーニー

・購買行動フローについて

・コンバージョンファネルについて

・ユーザビリティについて

>>Webマーケティングに「向いている人VS向いていない人」の特徴についてさらに詳しく

2:集客施策の遂行(企画立案・BtoB営業)

集客施策の遂行には大きく5つの領域がある。

1つ目は、認知集客

2つ目は、コンバージョン

3つ目は、リテンション

4つ目は、クリエイティブ制作。

5つ目は、Web制作である。

【集客施策の遂行系】Webマーケティングの仕事内容

  • 1:認知と集客領域

・コンテンツSEO

・SEM

・Web広告

・SNS広告

・アフィリエイト

・純広告

・アドセンス

・SNSアカウント運用

・ハッシュタグについて

・クチコミについて

・UGGについて 

・広報、PR

  • 2:コンバージョン領域

・UI

・UX

・LPO

・CTA

・コンバージョンボタン

・サイト内検索

・案件ページ

・CV記事

・ブランド記事

・回遊記事

・ホワイトペーパー

・サイトスピード

  • 3:リテンション領域

・メルマガ

・Lステップ

・プッシュ通知

・ショートメッセージ

・ブラウザプッシュ

・MA

  • 4:クリエイティブ制作領域

・バナー

・キャッチコピー

・アイキャッチ画像

・動画制作

  • 5: WEB制作領域

・HTML

・CSS

・JavaScript

・PHP

・PWA

・AMP

・データベース

3:コンテンツ制作(Webライティング、SEO、SNS)

コンテンツ制作兄の Web マーケティング業務に携わるあなたへ。

コンテンツ制作は主に SEO と SNS での情報発信である。

ここでは SEO について詳しく取り上げておくとする SEO とは検索エンジンでキーワード検索をした際に、

自社メディア、あなたの運営しているサイトが検索結果の順位で上位に表示されるようにウェブサイトを作成、記事執筆などをすることである。

主に、ユーザーや検索エンジン側に対して高く評価されるコンテンツを制作する「内部対策」と、

他の信頼できるサイトから被リンクをもらう「外部対策」等がある。

 SEO からの集客は記事執筆がメインとなるため、 Web ライティングやコピーライティング、をはじめとする言葉に関する興味をもつこともとても大切である。

例えば、「渋谷美容室おすすめ」と検索する人の心理と「〇〇美容室△△美容室料金比較」なら、 後者の方が購入直前の心理状態であるということが考察できるなど。

キーワードとユーザーの行動心理を分析することを通じてコンテンツを制作していく必要がある。

これは、SEOに限らず、SNSのコンテンツ制作においても似たようなことが言えるのではないだろうか。

4:広告運用(Web広告、SNS広告)

広告運用庭大きくリスティング広告と SNS 広告がある。

リスティング広告とは検索エンジンの検索結果に掲載される広告のことである。

ユーザーが検索したキーワードに関連性の高い子が表示されるのが特徴である。

一方で SNS 広告とは SNS のフリード2表示される広告のことである。

ユーザーの関心の高いキーワードジャンルに応じて表示される広告のことである。

この世にユーザーのニーズにあった広告を表示させることで、購買意欲の高いユーザーをあなたのサイト等へ誘導することができる。

しかし SEO と違い広告を打つためには初期費用が必要で入札や設定を行う必要があるため、予算はどれくらい必要かどのキーワードが適切かを検討し改善を繰り返し広告運用していく必要がある。

実際広告運用広告運用代行の仕事はインターネット広告代理店に依頼することが多い。

また、Web マーケター自身で運用することもできるため、実務経験3年以上があればフリーランスとして広告運用代行の仕事もできるのが特徴である。

しかも、広告運用代行の仕事は、 月5万から10万の副業収入を得るには確実な方法であると言われている。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン 【無料オンライン説明会】はこちら

一方で広告運用の副業スキルを身につけたい場合は「デジプロ」一択である 。

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】はこちらから

5:リピーター獲得施策を考える(メルマガ、Lステップ等)

リピーター施策を検討する仕事に関心のあるあなたへ。

会員のユーザーや購入したことのあるお客さんなどとメルマガや Lステップ(公式LINE)などを通じてコミュニケーションをとり購入につなげるという Webマーケティング施策がある。

例えば、メール配信システムの登録者に対し、メルマガを配信したり公式LINE を登録したりして、Lステップで購入への導線を作っておくことで、

ユーザーがわざわざサイトにアクセスしなくても、

メルマガ配信者側からユーザーに対し、能動的に情報をピンポイントで届けることがリピート施策の強みである。

実際、Webマーケティング情報サイトの「フェレット」においては、

中小企業のWeb マーケティング担当者、法人顧客を対象としたコンテンツが発信されており、

メールマガジンでのセミナー案内や資料ダウンロード見込み顧客への販売促進なども行われている。

このようにして、「潜在顧客やリピーター」に対して的確な施策を検討する仕事も Web マーケティングの仕事の一つであることをここで押さえておこう。

6:インフルエンサーキャスティング

SNSを通じた集客において、企業が自ら商品を紹介するのではなく、インフルエンサーに商品を紹介してもらう施策(商品とインフルエンザを結びつける施策)のことをインフルエンサーキャスティングという。

SNS マーケティングの中における、インフルエンサーキャスティング領域ということができる。

自社の商品の認知度を高め、売り上げをアップさせるべく、なんとかしてSNSで集客したいが、

「うちの商品が刺さりそうな顧客を多く抱えているインフルエンサーに紹介してもらった方が、認知度、購入率アップに繋がりやすい」と考える場合、

以下のような課題に直面する。

・宣伝したい商品やサービスに適したインフルエンサーが誰なのかわからない

・ブランドイメージを傷付けたくない

・インフルエンサー起用にかかる費用を抑えたい

・インフルエンサーの起用にあたり、支払い等管理が大変そう

・効果測定が大変そう

このような課題に対して向き合うのが、「インフルエンサーキャスティング」のサービスである。

キャスティングとは、商品やサービスに適した人材を割り当てることを意味する。

まだ、インフルエンサーキャスティングを通じてインフルエンザをマネジメントする業務もセットで行われることが多い。

以下にインフルエンサーマーケティングに強い会社をあげておくとする。

インフルエンサーマーケティング会社の例

・AnyMindGroup

・UUUM

・VAZ

・3ミニッツ

・クロスリングなど

特に、近年勢いのあるインフルエンサーマーケティング会社、 SNSマーケティング会社として、「Any Mind Group」が有名である。

六本木ヒルズに東京本社、シンガポール、タイにも支部がある近年注目のグローバル企業である。

会社名

・AnyMind Group株式会社

https://anymindgroup.com/ja/

本社所在地

・東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31F

・TEL: 03-6384-5540(代表)

代表者

・代表取締役CEO 十河宏輔

設立

・2016年4月

事業内容

・インフルエンサーマーケティング事業

・クリエイターサポート/マネジメント事業

・D2Cプラットホーム事業

・デジタルマーケティング事業

・HRソフトウェア事業

【SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングに強い会社】

>>「Any Mind Group」についてさらに詳しく。

7:Webディレクション(指示出し・マネジメント)

Web ディレクション Web ディレクターの仕事とはサッカーで言うと監督のような立ち位置である。

 Web ディレクションの仕事内容は顧客との打ち合わせを通じて Web サイトの方向性ジャンルペルソナ頭を決め企画をまとめるそして必要なスタッフ頭を集めコンテンツの品質管理までを行う。

・サイトのデザインは Web デザイナー

・文章作成は Web ライター

・広告運用は広告運用担当者

・データ解析はデータ分析の専門家

など人をまとめる仕事が多く、企画屋プランニング業務を兼任した上でクライアントに提案する仕事をしウェブサイトの運営をリードしていくのである。

Web ディレクションの仕事に携わりたいのなら、

チームワークを大切にしたコミュニケーション能力はもちろんスタッフを取りまとめるリーダーシップ、

進行状況を管理士プロジェクトの状況を把握する力最低限の Web マーケティングに関する幅広い知識を通じて、

デザイナーや Web ライターに入ってきてせつな指示を出すことが求められる。

従って、 Web ディレクションに興味のあるあなたは、

幅広い、Webマーケティングに関する知識を身につけた上で、

チームをリードできるだけのコミュニケーション力を身につけておくことが望ましいといえる。

  • Webディレクターが身につけておくべき広い知識 

Webディレクターが身につけておくべき広い知識 

・SEO対策

・Webライティング

・SNS運用

・広告運用

・アナリティクスなどのデータ分析

・UI、UXデザイン

・WordPress

・HTML、CSS、JavaScript、PHPなどのWebサイト制作知識

・CVR改善

Webマーケティング業界で、Web ディレクターになるための手順(キャリアパス)は以下のような感じである。

  • WebライターからWeb ディレクターになる手順の例

WebライターからWeb ディレクターになる手順は以下のような流れである。

  • 1年目:Webライター

ライティングをしつつ、記事の企画・編集、SNS運用などを担当。

  • 2年目:Web編集者、コンテンツディレクター

次第にオウンドメディア全体の企画、戦略立案、運営、編集部に関わる社内外のライターや編集者さんのマネジメント。

  • 3年目:Webディレクター

サイト全体のコンテンツ制作やSEO対策、グロースハックによるCVR改善などにも関わる。

  • 4年目:Webディレクター

プロダクトのUI/UX改善の企画戦略立案、開発ディレクションなどを任される。

  • 5年目:Webディレクター、PM(プロジェクトマネージャー)

カスタマーサクセスのオペレーション改善や、プロダクトのリニューアル案件のPMなどを任される。

>>Web マーケターの「年収」についてさらに詳しく

8:プログラミング(Web制作、HTML/CSS)

 Web マーケティング領域の中でプログラミングをする場合「Web制作」が中心となる。

ウェブサイトの表面的なデザイン、フロントエンド領域を扱うエンジニアのポジションである。

これは専門的なスキルが必要なため、 プログラミングが自分に向いているなと思った人だけが選ぶと良い仕事である。

 Web 制作の仕事は、副業で月5万を達成するには堅実なやり方であるとも言われている。

たとえば、本業で Web デザイナーをやりながら、副業でWeb サイト構築代行等を通じて月10万円を本業と同じことをやって稼ぐということは再現性が高く、年収アップにつながる。

従って、Webマーケティング業界に身を置いて、 Web デザインに軸足を置いて仕事をしていきたいと考えているあなたはこのポジションがぴったりかもしれない。

>>オンラインプログラミングスクールならテックアカデミー

>> Web デザイナーになるなら「フロントエンドコース」が最適

>>テックアカデミーのおすすめコースについてさらに詳しく

結論:仕事内容から逆算し、あなたに必要なWebマーケティングスキルを身につけよう。

是非、Webマーケティングスキルと仕事内容をしっかりとイメージした上で、

 Webマーケティング業界への転職戦略、

 Web マーケティングでの副業を取り入れていく

あなたのお役に立てたらと思って書きました。

さらに、Webマーケティング業界について詳しく知りたいあなたへ。

>>Webマーケティングの「将来性」についてさらに詳しく

>>Webマーケティング業界は「大変」なのかについて

Webマーケティングを通じてあなたの年収がさらにアップすることをこれからも応援しております。

次回もよろしくね。

「副業マガジン」編集長のかわちゃんより。

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!