20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【体験談・超お得】Webマーケティングは大変!?

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

Webマーケティングって本当に大変なの? Webマーケティング業界の業務って実際どんな感じなの? Webマーケティング業務のやりがいって?

こんなお悩み抱えていませんか。

「今の業界も大変だ、果たして Webマーケティング業界ってどうなの」と感じているあなたに向けて書きました。

確かに、Web マーケティング業界で大変なところもある。

しかしそれ以上に、やりがいや魅力もたくさんあると私は感じています。 

今回の記事では、 Web マーケティング業界に転職してやりがいを感じている友人のエピソードや私のWebマーケティング業務経験、IT系企業でのインターン経験をもとに、Webマーケティング業界の「大変なところ」と「やりがい」について詳しく解説していくね。

また、Webマーケティング業界で「やりがいを得られる習慣」や「大変さを克服するための思考法」、具体的なテクニックを調査データを基に大公開。

結論(解決法)

→今あなたがいる業界も大変なら、Webマーケティング業界に転職する価値は大いにあり

→代案として IT 業界、ITエンジニアへの転職もあり (転職保証付きのプログラミングスクールで話を聞いてみよう)

本記事の要点まとめ

・Webマーケティングは「大変さ」よりも「やりがいや魅力」が大きい

・Webマーケティングの求人は年々増加中(市場規模も拡大中)

・Webマーケティング業界はホワイト企業が多い(本業+副業可能)

・Webマーケティング未経験であっても転職可能(若ければ若いほど転職しやすい)

・もしあなたが口下手で営業職っぽいのをしたくないなら、ITエンジニアに転職するのもあり

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】かわちゃん「TECH CHAMPの元受講生」から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・マーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員を観察し得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/プログラミングスクール/転職にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

ぜひ、『副業マガジン』で、あなたのお悩みをどしどし検索してみてください。

読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

記事末の「本日の名言」もお楽しみに。

Webマーケティングの業務で大変なところTOP5(体験談あり)

大変1:数字で結果が求められる

 Webマーケティングの業務の多くが数字やデータに絡むものが多い。

数字はデータに基づいてクライアントを説得したり会議で説明する場面が多々ある

もし、あなたが数字でクライアントを説得したりせず、「心をつかむトークや感情に起因したエピソードを話すことで営業するタイプ」の営業マンである場合、

Web マーケティングの業務は少し大変(苦痛に感じる)かもしれないと私は感じている。

実際、営業トークの内容が、

「事実ベースで話す能力に長けている人」と

「感情に起因して話す能力に長けている人」と凄腕営業マンは2タイプに分かれると言われている。

後者の特徴としては、「元気で明るく誰にでも気さくで話せるコミュ力おばけの営業マン」を想像してほしい。

もし、コミュ力おばけの営業マンに数字やデータに基づいてわかりやすく話す力がついたならそれは鬼に金棒であるとも言える。

数字で結果を出し、数字で話すとはどういうことなのであろうか。

例えば、

・SNS経由でどれくらいの人がサイトに流入してきたか

・Google検索からどのくらいの人がサイトに流入してきたか

・サイトを閲覧した人はどのくらいの確率で商品を買っているかなど

こういったデータを全て数字で説明する必要がある。

特に、Webマーケティング業界では、「提案は数字とセットで」が当然のような風潮がある。

「事実をベースに話すこと」に慣れておく必要がある。

もし、あなたが今数字や事実をベースに話す営業トークやプレゼンに少し苦手意識があるのならば、「数字やデータに基づいて話す習慣」を身につけておくと良いでしょう。

具体例を挙げると

トークの最初に、

・「事実ベースでいうと、、、、」

・「自社の調査データに基づくと、、、、なことが現時点で判明しています。」

など、一言付け加えることで数字やデータに基づいて話す習慣が身につくのではないだろうか。

是非、実践してみてね。

大変2:Excelでデータをまとめたりする泥臭い作業が多い

Webマーケティングの仕事は数字に基づき、どのような施策を打つか、改善点を模索していくことがほとんどである。

その際に、何千ものデータを用いて、改善策を見つける際に、エクセルでデータをまとめる地道な作業が多く含まれている。

 Excelでデータをまとめて提案資料を作成したり、クライアントを説得するための根拠をデータから導き出す必要がある

これは Web マーケティングの業務の中でも、エクセルでデータを更新するのって面倒くさいなあ、大変だなあ、地道だなと感じる人も多々いるのではないかと私は感じている。

もし、あなたが Webマーケティングの業務で、Excelシートの更新作業が地道で大変だなあと感じているのならば、「短縮記号を覚えたり」「パソコンでの作業効率を上げる方法」を身につけておくと良い。

こうすることで、新しく覚えた短縮記号を、実際Excel シートの更新業務で使って行くことで、面倒だったExcelシート更新業務が少し楽しく思えてくるのではないだろうか。

 

大変3:新しい情報にすぐ対応しなければならない

Web マーケティング業界では、トレンドを掴むことや新しい情報に常にアンテナを張っておくことが大切である。

インターネット、Web上の世界で、今人が集まる場所はどこなのだろうか。

近年ならば、TikTok からYouTube に人が流れていったり、

 TikTokのような短尺動画が 、Instagram のリールという機能で流行したりしている。

こういった流行や最近のトレンドを察知した上で、適切なWebマーケティング施策を打っていく必要がある。

また、ネット上のユーザーがスマートフォンを使って何をしているのか何を求めているのかをより鮮明に想像する力があると、Webマーケティングの業務に馴染みやすくなる。

つまり、Webマーケティング業界で活躍するためには、「ユーザーの行動心理」や「最新のアプリの機能」「若者文化」をはじめとするトレンドに敏感になっておくと良いであろう。

したがって、新しい情報に対してアンテナをあまり張っていない人は、

「情報不足による想像力の欠如」からWebマーケティング施策で精度の高いものが打てなくなる可能性があり、業務に苦痛を感じる可能性が出てくると言えるだろう。

大変4:カタカナ横文字、業界用語が多く大変

Webマーケティング業界未経験の人ならば、即座に感じるのが「カタカナ横文字業界用語」である。

例えば、CVR、CTR、CPA、CPC、セグメントなど、横文字が毎日の業務に溢れている。

これはまるで、外資コンサル業界でも同じような事が見られる。

ステークホルダー、スキーム、MECE、4P、フレームワーク、と言った、カタカナ横文字用語がその一例である。

したがって、Webマーケティング業界で仕事をしていくなら、Webマーケティングの専門用語を覚えておく必要がある。

「カタカナ横文字業界用語に苛立ちを覚える人」や「略記用語に苦痛を感じる人」は少し大変かもしれない。

大変5:完全にPCと向き合う仕事ではない(交渉力が求められる)

Web マーケティングの業務はエンジニアのように、PCの前に張り付いている仕事ばかりではない。

つまり、口下手な人やコミュニケーションが下手な人は大変であるかもしれない。

しかし、これはエンジニアをはじめとする技術職を除いた、企画職マーケティング職などの

ほとんどの業務にも言えることである。

例えば、集客をする上で、あなたの会社とクライアントの立場を理解した上で、いかにお互いにとって、win-winな契約を実現することができるか、 Web マーケターのスキルとして求められる。

それが「交渉力」である。

従って、Webマーケターとして出世を目指す場合、Webマーケティングに関する知識や経験はもちろん、

自社のリソース(人脈や既得権益など)を活用した上での値下げ交渉など、交渉する力が大切なってくる。

「交渉力」は、Webマーケティングに関する「知識や経験以外で」Webマーケターに求められる能力であり、

それと同時に Webマーケターとして、「短期間には引き延ばすのが難しい」という側面があり、大変なところでもある。

交渉力が求められるときついなあと感じる人は、 ITエンジニアをはじめとする技術系での転職するために、まずはスキルを身につけることを私は提案したい。

ずっとパソコンの前に張り付いていれば良い。

技術があれば何も文句は言われない。

ITエンジニアならコミュニケーション能力が低くても、口下手であっても陰キャであっても活躍することができる。

ITエンジニアは非常に魅力的な仕事である。

  • 「元テックキャンプの受講生」である私がおすすめするプログラミングスクールは以下の通りである。

>>未経験から短期集中でITエンジニアに転職

>>近年人気のプログラミングスクールで話を聞いてみよう

  • テックキャンプ(超定番:フランクリン級)

テックキャンプ:エンジニア転職

・未経験OK

・「転職できなければ全額返金」「オンライン教材がマジで神!」

>>無料カウンセリングはこちらから(テックキャンプ:エンジニア転職)

  • GEEK JOB(準定番:バフェット級)

・20代の方ならなんと受講料完全無料

・最短1ヶ月で正社員として転職サポート付き

  • DMM WEBCAMP(準定番:バフェット級)

・転職保証付きプログラミングスクールならDMM WEBCAMP COMMIT

又は、オンライン完結型ならDMM WEBCAMP PRO

>>無料カウンセリングはこちらから(DMM WEBCAMP:転職保証付き)

  • CodeCampGATE:エンジニア転職コース(準定番:バフェット級)

・現役エンジニアのオンライン・マンツーマン指導

  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

>>未経験からのWebデザイナー転職

>>無料オンライン説明会はこちらから(デジタルハリウッド STUDIO by LIG:Webデザインスクール)

  • 侍エンジニア塾(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

>>マンツーマン専門&オリジナルサービス開発重視のプログラミング塾

>>無料体験レッスンはこちらから(侍エンジニア塾)

  • TechAcademy(新興のスーパーサブ:カーネギー級)

>>コスパ最高・自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール

>>無料キャリアカウンセリングはこちらから(TechAcademy)

とは言っても、「ITエンジニアに転職するのも大変だなあ」と感じる人に向けて、

大変な時、辛い時の乗り超える術を、調査データを元に紹介していくね。

大変な時、辛い時を乗り越える術(データが実証)

  • 事実1:96%は「仕事にやりがいは必要」と回答。必要な理由は、「仕事そのものが充実する」「自身の成長感を得たい」「存在価値を感じる」。(データ1、2)

データ1:仕事において、やりがいは必要だと思いますか?

『エン転職』ユーザーアンケート調査:データ1

ポイント

96%は「仕事にやりがいは必要」と回答。

やりがいが必要な理由は、「仕事そのものが充実する」「自身の成長感を得たい」「存在価値を感じる」。

データ2:「必要だと思う」と回答した方にお聞きします。必要だと思う理由を教えてください。(複数回答可)

『エン転職』ユーザーアンケート調査:データ2

データ3:仕事において、やりがいを感じることを教えてください。(複数回答可)

『エン転職』ユーザーアンケート調査:データ3

やりがいアップのポイント

「仕事でやりがいを感じること」→男性より女性が重視するのは、「お礼や感謝の言葉」「仕事の成果を認められる」「尊敬できる人と一緒に働く」。

  • 事実2:仕事を楽しむ工夫、男性は「いろいろな人と関わりを持つ」、女性は「人間関係を良くする」。(データ4、5)

データ4:仕事を楽しむ上で工夫をしていますか?

『エン転職』ユーザーアンケート調査:データ4

データ5:「工夫をしている」と回答した方に伺います。工夫をしていることは何ですか?(複数回答可)

『エン転職』ユーザーアンケート調査:データ5

やりがいアップのポイント

「仕事を楽しむ工夫」→男性は「いろいろな人と関わりを持つ」、女性は「人間関係を良くする」。

参考:『エン転職』ユーザーアンケート調査「9297名に聞く「仕事のやりがいと楽しみ方」 

続いては、Webマーケティングの「やりがい」について,

私の体験談を元に解説していくよ。

WebマーケティングのやりがいTOP6

やりがい1:Webマーケティングの能力が高ければ上に行ける

成果が数字ではっきりと現れる業務が多いため、

実力のある Webマーケターは、「上がるために正当な根拠」をもって昇進していく傾向がある 。

Webマーケティング業界は年功序列や社内政治などの力学が働きづらく、昇進できる店が大変魅力的である。

Webマーケティング業界なら実力さえつけて行けば上にのし上がるぜひあなたも夢に向かってがんばってほしい。

かわちゃんも応援しているよ。 

やりがい2:数字で客観的に評価される場面が多い

確かに、業務の中の結果が数字に如実に現れる傾向が高いWebマーケティング業界。

客観的な評価がプレッシャーに感じる反面、より公平な評価に繋がりやすいのが魅力的である。

特に、日常から数字、事実ベースでコミュニケーションを取っている社員も多く数字がモノを言う世界は、やりがいも感じやすく魅力的であると言える。

やりがい3:在宅ワークが可能な業務がほどんと

 Web マーケティングに関する業務はの多くは在宅ワークが可能で

確かに社外の業務社外の会議があったりもするが今は社外の会議もズームで行われることも多い

古株のおじさんがよく言う直接顔を付き合わせて話すべきだと言う上司は実際少なく会議であっても基本在宅でオッケーである。

やりがい4:Webマーケティング業界の企業の多くがホワイト企業(利益率が高いため)

 Webマーケティング業界の企業の多くがホワイト企業であり、残業もほぼ皆無、休日出勤なんてありえないと言われている

実際、Webマーケティング業界に転職して良かったと言っている友人も、

転職前は、精神的にも肉体的にもつらかったが、Webマーケティング業界に転職したら、

プライベートの時間も取ることができ、毎日穏やかな気持ちで生活していると言っていた。

服装も自由な企業が多く働きやすい環境であるWebマーケティング業界は魅力的である。 

やりがい5: Webマーケティングで本業+副業が可能

 Web マーケティングは副業との親和性が非常に高い。

これを理由に Web マーケティング業界に身を置く人が近年増加中であるという。

例えば、

本業と両立できる人気のWebマーケティング副業の例

・WordPressで副業ブログの運営

・SEOコンサル

・ウェブサイト制作

・動画編集

・SNS運用

・広告運用など

日頃の業務がそのまま生かせるせる副業案件がゴロゴロ転がっている。

実際、私の友人にも、Web マーケティングスクールで広告運用を学び、大手広告代理店から、Webマーケティング業界に転職し、

副業で広告運用をしながら会社員収入以外にも収入の軸を作っている人が数名いる。

副業にぴったりのWebマーケティング業界は、大変魅力的であると言える。

やりがい6:Webマーケティング人材は引く手数多 

Web マーケティングの市場規模は年々拡大中であり、さらにWeb マーケティングは専門性の高い仕事であることから、Webマーケティングの求人も増加中。

しかも、ほとんどの ビジネスの要を担うのがWebマーケティング職の仕事である。

 Webマーケティング業界に転職、身を置くことで、あなたの人生はさらに生き生きとしてくるだろう。

転職サイト、転職エージェント選びの合理的活用手順(保存版)

①条件が具体的に「決まっていない」ときに重要な、転職サイト選びの3大ポイント

手順1:求人数がより多い

手順2:求人が多種多様

手順3:サポートがより充実している

そして条件が具体的に決まっているときは、次の2つを満たせるように、複数の転職サイトを組み合わせて使うのが活用の仕方としてさらに合理的である。

②「条件が具体的に決まっているとき」に重要な、転職サイト選びの追加ポイント

手順1:サポートがより充実している

手順2:独自の求人が多い

>>今すぐ無料登録、無料カウンセリングをお試しあれ。

転職サイトについて。

「全業界網羅系」転職サイトの例

リクナビNEXT

リクルートエージェント

マイナビ転職

JACリクルートメント

ビズリーチ

type転職

転職EX

エン転職

以外ですと。

以下、IT系転職を重視して選出しました。

IT系転職にぴったりの転職サイトまとめ

  • doda(超定番:ダイアモンド級)

・求人件数10万で幅広く大規模&IT業界多数が魅力

  • マイナビ ITエージェント(超定番:ダイアモンド級)

・IT、Web業界に非常に強い転職エージェント

  • マイナビジョブ20's(超定番:ダイアモンド級)

・20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント

  • レバテックキャリア転職(準定番:プラチナ級)

・IT系・Web系転職超特化しているのが強み

  • IT求人ナビ転職(準定番:プラチナ級)

・IT業界、エンジニアとして働く方を最大限サポート

  • ギークジョブ転職(準定番:プラチナ級)

・実務未経験からエンジニア職に転職成功事例多数

  • ゲキサポ転職/ポジウィルキャリア(NEW:ゴールド級)

・キャリアアドバイザーの質がとにかく高いことで有名

  • 第二新卒エージェントneo(NEW:ゴールド級)

・第二/既卒/フリーター/中退/高卒の就職・転職支援に強い

  • アクシスコンサルティング(NEW:ゴールド級)

・外資系、IT業界を中心にハイクラス転職に強くて人気

  • リクルートのCAREERCARVER(キャリアカーバー)(NEW:ゴールド級)

・妥協しないハイクラス専門の転職はコレ

結論:今の仕事も大変なら→Webマーケティング業界に今すぐ転職(代案:ITエンジニア転職もあり) 

Webマーケティング業界にも大変なところは確かにある。

しかし、それ以上にやりがいや魅力を感じるのならば、Webマーケティング業界に転職するのは、現代社会のトレンドを押さえており、非常に合理的であると言える。 

また、「人とおしゃべりするのが苦手な人」や「人とあまり関わりたくないな」と感じている人は代案として、ITエンジニアに転職するのも大いにありである。

特に、今の会社で「低年収×激務」で消耗している方ほど、

Webマーケティング業界に身を置く転職戦略は非常に有効。

「大変」だと感じているあなたのお悩みが解決されそうである。

Webマーケティング業界なら残業も少なく、リモートワークも整備されており、服装も自由、かつ副業もOKのようなゆるい優良企業はたくさんあるよ。

特に20代30代であれば、未経験でも簡単に転職できる可能性が高い。

私と同じ、Webマーケティング領域であなたの夢も実現していこう。

きっと、人生イージーモードになるよ。

かわちゃん(週刊転職・編集長)

本日の名言:「プライドが増加すると運が低下する。」

プライドという言葉はいくつかの言葉に分類できる。

人生に必要なものが「自尊心」。

邪魔な物は「うぬぼれ」である。

自尊心とは、自分を思いやる気持ち「自己愛」である。

自分を価値ある人間にしようという心である。

うぬぼれとは、「利己愛」のことであり、自分を大きく見せようとするあまり他人と自分を比較し、自分をより高い位置に置こうとする心である。

多くの場合、「うぬぼれの評価」と「実際の評価」の間にギャップを感じた時、不平不満を口走る。

確かに、毎日激務に追われていたら、隣人に対して傲慢になってしまうこともある、

しかし、自分に素直で謙虚であればより良い未来を掴みやすくなる。

転職はプライドとの戦いでもある、プライドが高すぎるあまり、運が低下することに気をつけよ。

参考(アメリカ建国の父:ベンジャミン:フランクリン)

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!