20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【簡単・黄金戦略3つ】Webマーケターに未経験からなる方法

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

Webマーケターに未経験からなるにはどうすればいいの?転職するのか 、Webマーケティングスクールで学ぶのか?副業ブログを始めてみるのいいのか?

何から始めたらいいかわからなくなってしまい、進むべき道に悩んみ、時間を無駄にしていませんか。

私も Web マーケティング業界、SEOコンサル職に身を置く前、Webマーケティング業界が自分に本当に合っているのかどうか、不安で毎日悩んでいた時期がありました。

実際、周りの友人にWebマーケティング業界にいる人も少ないこともあり、Webマーケターに未経験からなることが簡単であることも知りませんでした。

さらに Webマーケティングスクールの存在など知らず、本ばかり読んでノウハウコレクターになっていた当時の情けない自分もいました。

そこで今回は、現役Webマーケテターである私の経験に基づく、未経験からWebマーケターになる、秘伝の戦略をお伝えします。

結論、

・Webマーケティング業界へ転職するか、

・副業ブログを始めるか、

・Webマーケティングスクールに通うか、

の3択です。 

これら3つの戦略の注意点向いている人の特徴メリット等を詳しく解説しながら、 Webマーケティング未経験者であるあなたを徹底サポートしていきます。

「副業マガジン」の読者限定で、

Web マーケティング業界に特に強い転職エージェント、だけでなく、近年注目の Webマーケティングスクールの活用法、厳選優良 Web マーケティング企業ついても特別解説していきます。

あなたに必要なところだけしっかり読んで、無駄なところはすっ飛ばして行きましょう。

Webマーケターになるには今がチャンスです。

この記事を読み終わった後には、あなたにぴったりな「Webマーケターに未経験からなるための戦略」が明確になっていることでしょう。

結論(解決法) 

戦略1:Webマーケティング企業へ転職する。

戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティング副業(副業ブログ)を始める。

戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)を学ぶ。

  • 想定読者

  • 未経験からWebマーケターに転職したい人

  • Webマーケティング副業を通じて年収を上げたい人

  • Webマーケターを本業にしてキャリアアップしたい人

要点はコレ

・未経験でもWebマーケターになれるのか?

→なれる(転職条件も未経験歓迎が意外と多い)。

・どうやって学べば良いか?

→Webマーケティング会社に転職して学ぶ。

→インターンで短期的に学ぶ。

→Webマーケティングスクールで学ぶ。 

・主なWebマーケティングの職種とその副業は何をが最適か?

【広告運用担当者なら】

→広告運用代行の副業を始めよう。

【Webメディア運営、Webライター、SEOコンサルなら】

→副業ブログ(SEO集客とアフィリエイト)を始めよう。

【SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティング担当者なら】

→SNSで情報発信(SNS集客:Twitter、TikTok、Instagram)をメインにして、アフィリエイトでマネタイズする、を掛け合わせよう。

【Webマーケティング業界のおいしいところ】

・Webマーケティング業界、ネット広告市場が年々拡大している。

・平均年収は平均的だが、副業や独立が狙える。

・主体的なキャリア選択、自由度の高さはあなたの人生に幸福感をもたらす。

【Webマーケターに向いている人の特徴】 

・物事を数字やデータで考えるのが好きな人。

・最新のWebトレンド情報に敏感な人。

・パソコンの前にいながらも顧客が求めているものは何かを推測する力のある。

・心理学やニーズを読み取る力を引き上げたい人。

・物事を分析し深く考察するのが好きな人。

・ Web デザイナーやフロントエンジニアなど技術職の人ともやり取りする仕事に関心がある人。

・意思決定をする際、主観的ではなく客観的な事実をベースに判断の出来る人。

【Webマーケターに必要なスキル】

・マーケティングに関する分析手法に関する知識。

・ウェブサイトに集客するためのSEOの基礎知識。

・最新のWebトレンドを常にキャッチアップする力。

・SNSを通じた集客に関する知識。

・ インターネット広告を運用するための基礎知識。

・ Excelを通じて入手したデータをまとめる力。

・ 施策として有効な企画を打ち立てクライアントに提案する力。

・クライアントの要望や移動的確に見極め提案するコミュニケーション力。

・グーグルアナリティクスなどの分析ツールを使いこなす力。

・ データ分析を通じて主索につなげていく力。

・ WordPress や HTML、CSSの知識。

・ユーザーの心理を理解し使いやすい Webサイトを作っていくためのWebデザインに関する知識。 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

【黄金戦略3つ】未経験からWebマーケターへ

未経験からWeb マーケターになるための戦略を詳しく解説していくね。

  • 【戦略3つ】未経験からWebマーケターへ

【戦略3つ】未経験からWebマーケターへ

戦略1:Webマーケティング企業へ転職する。

戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティング副業(副業ブログ)を始める。

戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)学ぶ。

【黄金戦略1】Webマーケティング企業へ転職する。

まずは Web マーケティング業界に身を言っているのは賢明だなあと感じるあなたへ 

結論、未経験者がWebマーケターになるためには、まずはWeb広告運用会社のアカンウトプランナーとして、

経験を積んだ後は、事業会社のWebマーケターへ転職するのは大いにあり。

まずはWeb広告代理店のアカウントプランナーで、キャリア形成をしたほうが良い理由は以下2つです。

多様な施策や広告商品を運用でき、スキル形成をしやすい

20代〜30代前半であれば、未経験でも転職可能

ただし、会社はなんでも良いというわけではなく、運用力の高い会社を選ぶことが大切です。

  • 【注意点】Webマーケティング企業へ転職

【注意点】Webマーケティング企業へ転職

・Webマーケティングのトレンドを常に学び続ける必要がある。

・トーク力が上手い営業マンではなくスキルを持っている人が重宝される傾向にある。

今の会社が好きで、わざわざ別の会社に転職する必要もないなと感じているあなたへ。

未経験から Web マーケターになるために社内で移動をして、Webマーケティング業務に携わるらせてもらおう。

社内異動をしてWebマーケターになる。

Webマーケターになりたいので、職種は変えたいけど今の会社は好きという人もいるであろう。

そんな人には、今の会社で異動をしてWebマーケターになる戦略が実現しやすと言える。

例えば自社で Web メディアを運営している会社に勤務しているのなら、

「 Webライターや SEO コンサルで良いので少し携わらせて下さい」とお願いしてみるのも一つの手である。

しかし、その会社にWebマーケターのポジションがあることや、Webマーケターのポジションに空きがあることが前提条件となる。

のどちらかである。

また、具体的に、社内異動をする方法は2つある。

・「社内公募制度を利用する」

・「人事面談などを通じて異動希望を出す」

このどちらかでWebマーケターになるのも合理的な戦略であろう。

>>Webマーケティングは大変なのか?

  • 【メリット】Webマーケティング企業へ転職

【メリット】Webマーケティング企業へ転職

・未経験から採用してくれる Web マーケティング会社も多い。

・在宅ワークなど家事や育児との両立がしやすい。

・働き方の自由度が高くホワイト企業も多いためストレスなく働ける業界。

・ Webマーケティングと副業は最も相性が良い組み合わせである。

・ Webマーケティング業界で働きながらスキルアップできる。

・ Webマーケティング業界自体が成長している。

>>Webマーケティング業界に30代未経験から転職する方法についてさらに詳しく

  • 【事実】Webマーケティング業界の市場規模が年々成長している

参考:電通「2019年日本の広告費」

https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190516002/20190516002-1.pdf

実際、2015年から2020年にかけて、インターネット広告費用の市場が拡大していることがよくは。 

Webマーケティング会社の目的は Web 上でサービスや商品ブランドイメージ知名度を上げることを通じて勾配につなげていくことである。

そのためインターネット広告の市場が拡大していくことは Web マーケティング会社の需要が増えることに繋がっている。

従って、Webマーケティング業界、インターネット広告市場全体が拡大中であるため求人数、年収アップが期待できると言える。

つま李、Webマーケティング業界にあなたが転職するメリットは非常に大きいと考察できるのではないだろうか。

>>Webマーケティング業界の将来性についてさらに詳しく

  • 一度企業に転職するのが向いている人の特徴

【広告運用担当者なら】

→広告運用代行の副業を始めよう。

>>【副業・フリーランスなら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>【広告運用特化】デジプロで広告運用の副業で稼ぐスキルを身につけよう

【Webメディア運営、Webライター、SEOコンサルなら】

→副業ブログ(SEO集客とアフィリエイト)を始めよう。

>>【ブログの王道】ConoHaWINGとWordPressで作る「副業ブログ」の始め方についてさらに詳しく 

【SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティング担当者なら】

→SNSで情報発信(SNS集客:Twitter、TikTok、Instagram)をメインにして、アフィリエイトでマネタイズする、を掛け合わせよう。

  • 【基礎知識・7つ】Webマーケティングの集客施策

Webマーケティングの最初の重要なステップは、自社のwebサイトに顧客を呼び込むこと(集客)である。

以下、主要な集客施策について解説していくとする。

  • 【SEO(検索エンジン最適化)】

ユーザーが検索エンジンで自社の商品・サービスに関連するキーワードを検索すると、検索結果の上位に表示されるようにして、自社ページへのアクセス増を促す集客施策。

上位に掲載されやすくなるよう、webページ内のキーワード、コンテンツを工夫する。

  • 【アフィリエイト広告】

アフィリエイトは「提携する」という意味。

提携する個人ブログなどに広告を掲載してもらい、そこから自社のwebサイトに誘導する方法である。

アフィリエイト広告の多くは「成果報酬型」の課金方式を採用しており、自社サイトを訪ねたユーザーが問い合わせや資料請求、商品購入などのアクションを起こした場合に料金が発生する。

  • 【リスティング広告】

検索エンジンの検索結果画面に表示される広告枠に、テキストの広告を掲載する方法。

検索キーワードに関連した広告を出せるため、SEO対策と同等もしくはそれ以上のアクセス増が期待できる。

広告なので掲載は有料である。

キーワード単位でオークション形式の入札が行われ、入札額の大きい順に掲載順位が決定していく。

  • 【SNS広告】

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSに広告を掲載する方法。

年齢や地域、興味関心などの属性をもとに、webユーザーのターゲットを絞り込んで広告を配信することも可能である。

  • 【アドネットワーク広告】

複数のweb広告媒体に広告を配信できるサービスのこと。

一つひとつのwebサイトに広告掲載を依頼するのは手間がかかるが、アドネットワーク広告を活用すれば、それらを一手に引き受けてもらえる。

多媒体から情報発信するため、アクセス増も期待できる。

  • 【リターゲティング広告】

Webユーザーが過去に閲覧したWebページに基づいて、後を追いかけるように関連広告を何度も表示する方法。

「追跡型広告」とも呼ばれる。

一度webサイトを訪問したユーザーは、掲載された商品・サービスに関心を持っている可能性が高いので、繰り返しアプローチをするという。

  • 【メールマーケティング】

一方的にメールマガジンを配信するのではなく、ユーザーの行動履歴を分析した上で、配信内容や配信のタイミングなどを変えて配信するマーケティング手法のこと。

例えば、ユーザーが商品を買い物かごに入れたままWebサイトを離脱した場合、かごに入っている商品の情報を「メールでもう一度アピールする」という方法などがある。

  • その他参考:近年のトレンド

・Lステップを活用したLINE集客

・ウェビナー(オンラインセミナー)の開催による集客

【黄金戦略2】今すぐプチ起業、Webマーケティング副業(副業ブログ)を始める。

今すぐ Webマーケティングで副業を始めようと思っているあなたへ

注意点とメリット、向いている人の特徴について解説していくね。

  • 【注意点】今すぐプチ起業、Webマーケティング副業する場合。

【注意点】今すぐプチ起業、Webマーケティング副業する場合。

・期待値高めすぎるあまり途中で挫折する人も一定数いる。

・副業とはいえ仕事は仕事のため本業がおろそかになる可能性もある。

・本業と副業のバランスが取れなくなる人もいる。

・ 今の職場が残業が多い場合副業を実行するのも大変。

・行動力がない人にはプチ起業をする道はあまり賢明ではない。

・ Webマーケティング副業は、即金性のあるアルバイトのような副業とは異なる。

・副業で所得が年間で20万円を超える場合、確定申告が必要。

・個人事業主なら、所得税、住民税、消費税、個人事業税を支払う義務がある。

  • 【メリット】今すぐプチ起業、Webマーケティング副業する

【メリット】今すぐプチ起業、Webマーケティング副業する

・実践を通じて効率よく、Webマーケティングスキルを身につけることができる。

・副業プチ起業が軌道に乗ればそのまま起業することも可能。

・あなたの稼ぎたい額だけ授業の拡大縮小を選択することが可能。

・職業やプチ起業レベルであれば初期費用がかなり低くスタートできる。

・副業を通じて小さく授業を展開し資金を貯める期間にもできる。

・ Web マーケティング副業なら在宅ワークがほとんど。

・ Web マーケティング副業なら低い投資で在庫を抱えず人件費無しで開始できる。

  • 副業できるレベルの人材を目指すメリット

副業できるレベルの人材を目指すメリット

・会社から重宝され、辞めたとしても、業務委託として仕事を貰える可能性が高い。

・つまり、フリーランスとして独立してすぐに生活費が保証されている場合も多い。

・Webマーケティングは他業種でも応用できる。

・例えば、居酒屋等を起業するにしても、インターネットからの集客で有利になる。

・独立できるレベルなら、会社の繋がりをベースに、友達紹介などで仕事が入りやすい。副業で本業以上に稼ぐことも可能である。

>>Webマーケティングで独立する方法についてさらに詳しく

  • 今すぐプチ起業(Webマーケティング副業)するのが向いている人の特徴

今すぐプチ起業(副業)するのが向いている人の特徴

・まずは月5万円獲得を目標にするなど短期的に小さな目標を設定できる人。

・やたら目標を高く掲げすぎない人。

・副業ブログを始めるなら粘り強く取り組める人。

・ 一時的に稼ぐのではなく長期的に稼ぐ仕組みを考えることが好きな人。

・最新の稼ぎ方やトレンドを反映させて戦略を練ることが好きな人。

・主体的に行動をし結果を出すことにフォーカスできる人。

SEO系のWebマーケティング副業には、2タイプあるよ。

  •  SEO系の副業タイプ1:ブログの広告費(アフィリエイト)で稼ぐ人

いわゆる、副業ブロガーやアフィリエイターのことである。

一般的に、ジャンルにもよるが、月5万〜10万を目指す戦略が現実的である。

寝ている間に、儲かるのがブログの特徴であり、書いた記事が資産化できる副業は魅力的だよね。

  •  SEO系の副業タイプ2:個人でSEOコンサル受注する人

これは友達付き合いから受注するパターンが多い。

イメージとしては、「自分がWebマーケティング会社で働いていることをSNSで情報発信→知人が見る→Webマーケティングの相談が入る→お手伝いするよ」

という流れ。

こんな感じで個人で経験を積むと、他の会社からも案件が入りやすくなるので、より儲かりやすくなるのである。

実際、個人でSEOコンサルをやっている場合、

1社につき月額10万〜20万円で請け追うことが多い。

4社くらい回すだけでも、SEO コンサルという、Webマーケティング副業で結構儲かるね。

>>Webマーケティング独学法についてさらに詳しく

【黄金戦略3】今の会社を辞めず、Webマーケティングスクール(広告運用代行)で稼ぐスキルを学ぶ。

今の会社を辞めたくないあなたへ

 Web マーケティングスクールで広告運用のスキルを学ぶのが良い。

注意点、メリット、向いている人の特徴について解説していくね。

  • 【注意点】Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶ

【注意点】Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶ

・教科書的な学びは得られても稼ぐ力を身につけるには独学も必要。

・本業で働きながらスクールに通うのが思いの外大変。

・Web マーケティングスクールの多くが広告運用に注力している場合が多い。

・転職につなげられるスクールかどうか見極める必要がある。

  • 【メリット】Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶ

【メリット】Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶ

・スクールに通うことで効率的な学習法を学ぶことができる。

・個人では手の出しにくいネット広告運用スキルが手に入る。

・ Webマーケティング業界への転職に繋げられるスキルを獲得できる。

・ Webマーケティング副業で稼ぐ基礎力が培われる。

・ 最新の Web マーケティングスキルを現場のプロから学ぶことができる。

  • Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶのが向いている人の特徴

Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶのが向いている人の特徴

・広告運用特化で学びたい人

・何が何でも Webマーケティング業界に転職したい人。

・Webマーケティング未経験から手ほどきを受けたい人。

・副業ブログ(長期的に粘り強く取り組む副業)の方が大変だと感じる人。 

Webマーケティングといっても様々な種類がある。

Yahoo!やGoogleなどの検索結果で上位を狙うSEO対策、

検索サイトやポータルサイトの広告枠に表示されるデジタル広告、

TwitterやFacebookなどのSNS広告、Youtubeなどの動画広告など。

特に、転職や副業を考えている人にとって仕事に繋がりやすいのは、

デジタル広告、SNS広告といったWeb広告運用である。

Web マーケティング業界にいる私の友人に聞いてみたところ、

月5万から10万を確実に手にした人にとっては副業ブログよりも、 広告運用代行の方が確実に収益化できる副業として望ましいとの見方がなされている。

副業ブログの場合、収益化できるまでに時間がかかる。

一方で広告運用代行の副業なら運用を任された金額の約20%ほどあなたが手にすることができる構造のため、

高単価の案件になればなるほど、より高い報酬が毎月確実に収入が入ってくる。

そのため、副業ブログよりも広告運用代行の方が、手堅く収益化できるのである。

確かに、少ない予算から始められて、Web広告の運用の仕方をわかっていれば、すぐに効果が得られるのがメリットですが、運用には知識と経験が必要である。

ブログのように単なる情報発信とは異なる広告運用の代行というお金を扱う業務経験が必要なため、

ハードルが高そうと感じている人も多いかもしれない。

そこで、私が提案するのは自力で広告運用するのではなく、

・インターンを通じて、広告運用代行の仕事を「半年程」かけて学ぶか、

・広告運用スクールに「約2ヶ月」通って学ぶ。

上記のどちらかのステップを踏むことで、

広告運用、Webマーケティングに関するスキルと経験の基礎力が効率よく身につくと一般的に言われている。 

「今の仕事を辞めることなく、Webマーケティングのスキルを身に付けられたらな。」と感じる場合はWebマーケティングスクールの利用するのも1つの手である。

プログラミングスクール最大手のTechAcademyには「Webマーケティングコース」というオンラインコースがある。

こちらのコースでは、広告運用を中心に、Webマーケティングに必要な知識を学ぶことができまるよ。

>>【コスパ重視なら】TechAcademyの「Webマーケティングコース」についてさらに詳しく

>>【広告運用がトレンド】おすすめWebマーケティングスクールについてさらに詳しく。


21年9月マケキャン転職保証は最強だった!【評判7つ・口コミ】DMM

この記事を読むと分かること マケキャンの評判、強みが分かる。 マケキャンの転職保証、転職先、注意点が分かる。 広告運用アカウントプランナー職、広告企画営業職への ...

続きを見る


21年9月【濃密で最強!】デジプロ評判・口コミ9つ転職,通学

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

続きを見る

>>現役マーケターが厳選したWebマーケティングスクール

  • 【転職保証付き】Webマーケティング企業への転職ならマケキャン

  • 【副業・フリーランスなら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>【広告運用特化】デジプロで広告運用の副業で稼ぐスキルを身につけよう

以下、Webマーケティングスクール、独学の始め方に関する質問。

  • 質問1:未経験からWebマーケターを目指す場合、最低限必要な知識やITスキルは?

広告運用を中心にWebマーケティングを学ぶ場合、

マウスとキーボードを使った基本的なPC操作、コピー&ペーストなどの簡単なショートカットキーが使えればOK。

一方で、副業ブログ(SEO)を始める場合、サーバー、WordPress、少しだけ HTMLコードを触れる、これらに関して抵抗を感じないことが望ましいといえる。

  • 質問2:独学で広告運用、 Webマーケターを目指すのは簡単か?

独学で広告運用を学ぶのは、少し大変かもしれない。

やるとしても Facebook 広告の小さな金額で初めて見る程度にとどめておくのが吉である。

つまり、広告運用を独学で学ぶ場合、 Web 広告を運用するだけでお金がかかる点が、一人ではなかなか独学しにくいことに繋がっている。

Webマーケティング、とくにWeb広告運用を独学ですべて身につけるのは難しい。

Web広告は各サイトで独自のアドテクノロジーを使用しており、、扱う商材の業界やサービスによっても運用の仕方が異なる。

本やWebから知識を得ることも大事ですが、実践的なノウハウを経験者から教わるためにインターンや得るマーケティングスクールで現場の第一任者に教えてもらうのが最短ルートである。

>>【副業・フリーランスなら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>【広告運用特化】デジプロで広告運用の副業で稼ぐスキルを身につけよう

【具体的な手順3つ】未経験からWebマーケターへ

  • 手順1:まずは転職エージェントに複数登録し情報収集する。orWebマーケティングスクールで学ぶ。

  • 手順2:Webマーケティング会社に転職する。

  • 手順3:本業でWebマーケターとして働きながらプチ起業、副業を開始する。

手順1:まずは転職エージェントに「複数登録」して、情報収集する。or Webマーケティングスクールで学ぶ。

Web マーケターに何が何でもなりたいあなたへ。

結論まずは Web マーケティング業界 it 業界に強い転職エージェントに登録し自分の市場価値を知るべき情報収集することが非常に大切である。

  • 【理由4つ】転職エージェントに複数登録することが大切

【理由4つ】転職エージェントに複数登録することが大切

・担当エージェントに当たり外れがあるため。

・とあるエージェントしか担当してない限定求人があるため。

・転職は時期により良い求人と出会えるか左右されるため。

・エージェント登録・キャリア相談は無料なため。 

未経験からWebマーケティング担当者になるには?

Webマーケティングは、マーケティング職の中でも、未経験から転職しやすい職種だといわれている。

特に中小企業の求人募集は、未経験OKの傾向が高い。

SNSの利用経験(特にフォロワー数の多い人)やリサーチ・分析を業務で行った経験のある人は、採用試験でアピールすると効果的。

様々な業界・規模の幅広い企業のWebマーケティング職の求人募集をチェックしておこう。

  • 転職エージェントに登録するメリット(まとめ) 

転職エージェントに登録するメリット(まとめ) 

・情報収集と「あなたの市場価値把握」のために複数登録しておこう。

・転職エージェントは求人紹介だけでなく「面接対策、給与交渉までサポート」してくれる。

・有料求人の紹介が来た時のみ面接の時に行けばそれでOK。

・ 「面倒くさがりなあなた」ほど転職エージェントに登録するとたくさんの恩恵を得られる。

・登録はたった3分で「無料」で利用できる。

>>Webマーケティング業界に強い転職エージェントについてさらにに詳しく

手順2:Webマーケティング会社に転職する。

Web マーケティング会社 Web マーケティング業界に転職する最大のメリットは以下の通りである。

あなたが Web マーケティング業界に身を置くことで、毎日8時間週に40時間以上をお給料をもらいながら Web マーケティングスキルをしっかりと学ぶことができる。

確かに、独学だけでもやれば引き上がるスキルもあるかもしれない。

しかし、実務経験を通じて学ぶ、業界のトレンドや会社独自のノウハウ入ることはこれからも役に立つ経験として得るものが大きいといえる。

Webマーケティングを独学するだけでなく、うまくWebマーケティング会社に身を置くことを通じて、スキルをアップさせる方法を考えてみてはどうだろうか。

  • Webマーケティング業界の良さ(まとめ)

Webマーケティング業界の良さ(まとめ)

・ネット広告を取り巻くスキル(SEO、SNS、広告運用)がWeb マーケティング強化にいるだけで自然と身に付く。

・企業にとってWebマーケティングの必要性が高いことから、転職市場でのニーズが高い職種である。

・キャリアアップの選択肢を広げられる点が、Webマーケティング業界の良さである。

>> 転職先で人気のWebマーケティング起業ランキングについてさらに詳しく

手順3:本業でWebマーケターとして働きながらプチ起業、副業を開始する。

Webマーケターとして働きながら副業を始める段階。

つまり本業で1年以上実務経験を積めばおおよその基礎的な、Webマーケティングスキルが身についている頃であろう。

結論、Web マーケティング業界で1年ほど実務経験を積んだら本業で学んだスキルと同じことを副業でやってみよう。

例えば、広告運用担当者なら広告運用代行の副業。

 Web メディア運営 SEO コンサル続なら副業ブログを始めてみよう。

職業を通じてあなたの人生の選択肢は大きく広げられる。

実際私の友人にも Web マーケティング業界に身を置きながら副業だけで SP 40万円以上稼いでいる人が割と多くいる。

サラリーマンをやりながら Web マーケティング副業で収入をいている場合が多いため最終的にフリーランスとして独立する道を歩むこともできる。

そうすることで満員電車から解放される自由や時間的拘束の自由お金の自由表にすることができる。

魅力がいっぱい詰まった Web マーケティング業界に軸足を置いて職業にも挑戦すること自体、やはりメリットしかないと言えるのではないだろうか。

  • Webマーケターとして「副業する」のが向いている人の特徴

Webマーケターとして「副業する」のが向いている人の特徴

・稼ぐために行動することのできる人

・最新のテクノロジーやトレンドに敏感な人

・出来事を事実や数字など客観的なデータを基に説明できる人

・データや数字の裏付けとなる背景や原因を推論する力のある人

>>Webマーケティング副業の始め方についてさらに詳しく

  • 【Webマーケターの平均年収(目安)】

【Webマーケターの平均年収(目安)】

・20代:300万円〜450万円

・30代:450万円〜600万円

・40代:600万円〜800万円

  • 本業の年収が500万円前後のあなたへ

本業の年収が500万円前後のあなたへ

【Webマーケ知識経験ありの場合】Webマーケティング、SEO、SNS運用代行、広告運用代行のどれか

・Webマーケ企業で本業で500万円+Webマーケティング副業で300万円(副業ブログor広告運用代行で月30万円以上)

=800万円以上可能

【Webマーケ知識経験なしの場合】

・Webマーケ以外の本業で500万円+Webマーケティング副業で50万円(副業ブログで月5万)

=550万円が限界

  • 【事実】Webマーケティング会社の経営者はかなり儲かっている

実際、Webマーケティング会社の社長は、数人程度の小さな会社でも、めちゃめちゃ儲かっていることが多い。

実際にある例でいうと、月20万円のクライアントを10社取引して月200万円受託で稼いでいる社長がいたりもする。

また、受託は月5件に抑えて150万円程度稼ぎつつ、自社のWebメディアを作り、数億円の事業売却を狙っている人もいる

このように、Webマーケターとして本業×副業でスキルアップしていけば、最終的にフリーランスになることも可能である。

しかし現実的なのは本業でWebマーケティング会社に身を置きながら、

Webマーケティング領域の副業で「広告運用代行」「副業ブログ」「SNSの情報発信」のどれかをするのが、難易度も低く、まずは「月5万」を稼ぐための方法として現実的である。

Webマーケティング系に強いエージェントは2つある。

1:JACリクルートメント

2:マイナビITエージェント

個人的にはSEO系会社がオススメで、より具体的にはコンテンツ内製をしているSEO会社を狙うと良い。

転職後は、1年以内に独立か副業できるレベルのスキル取得を目指していこう。

そうしたら色々な道が開けるよ。

結論:未経験からWebマーケターになるのは簡単。

未経験から Web マーケターになるには、

・Webマーケティング会社に転職するか

・副業ブログ(プチ起業)を今すぐ始めるか

・Webマーケティングスクールで広告運用を学ぶか

この3つのうち1つを選ぼう。

言い換えれば、

戦略1:Webマーケティング企業へ転職する。

戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティング副業(副業ブログ)を始める。

戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで稼ぐスキルを学ぶ。

これらのうち、あなたにぴったりな戦略を練れば未経験から Webマーケターになるのは非常に簡単である。

しかも、Webマーケティング未経験者のあなたは、 Webマーケティング業界に身を置くことで、さらにあなたの人生は豊かになる。

実際、多くの人がWebマーケティング業界の本当の魅力を知らないため、

Webマーケティング会社に「転職するなら今」である。

また、インターネットを味方につけて、稼ぐ力を身につけることもできる。

たとえ、未経験者から始めても、Webマーケティングスキルを体得することで、

副業で月10万円から、30万円を稼ぐことはかなり現実的である。

Webマーケティング企業で、SEO、SNS、広告運用に関する実務経験を数年積んでまずは副業から始めてみよう。

本業と同じことを副業をやりながら、Webマーケティングで稼ぐコツを身につけていくことで、年収800万いや1000万以上を実現することが可能となる。

つまり、Webマーケティング会社で学んだことを、そのまま副業という形でやるだけである。

  • 広告運用担当者なら、

→広告運用代行の副業を。

  •  Webメディア運営 Web ライター SEO コンサルなら、

→副業ブログを。

  • インフルエンサーマーケティング、SNSマーケティング担当者なら、

→SNSで情報発信を。

このように、「本業と副業のセット」なら、

実行しやすく、未経験者であっても簡単であり、相乗効果も見込めえられるものは大きいであろう。

さらに、Webマーケティングなら、初期投資がほぼかからず、在宅でパソコン1台あれば稼ぐことのできる仕事である点もメリットである。

Webマーケティングスキルを身につけることで、

あなたが目指している年収、

家族との時間の確保、

働く場所に縛られないなど、

様々な「自由」を同時に手にすることができる。

これがWebマーケターになる最大のメリット魅力である。

実際、お金も自由も手に入るWebマーケティング業界へ、Webマーケターとなって人生を支えている人は近年増加中である。

確かに、新しい世界に飛び込むのは多くの不安を抱えるかもしれない。

しかし、未経験だから不安、自分に向いていないかもしれないなど、あれこれ悩んでいても人生は変わらないのである。

また、Web マーケティング業界インターネット広告領域は、将来性が高く、

副業とも親和性が非常に高いことで有名である。

したがって、たとえ、あなたがWebマーケティング業界にいきなり飛び込んでも、

得することはたくさんあて他としても、損する事はほぼないと言える。

Webマーケティング業界で重宝される人間は20代30代と言う若い年齢そうである。

一刻も早い行動 することをお勧めする。

魂ウェブマーケティングについて全くの未経験者である場合いきなり副業ブログを立ち上げるのは大変に感じる人も多いであろう。

「未経験からいきなり副業ブログを始めるのは大変だなあ」と感じているあなたへ

あなたが今すぐできることは「以下の2つ」のうちどちらかである。

・Webマーケティング業界に強い「転職エージェント」に登録する。

・Webマーケティングスクールで「広告運用」について学ぶ。 

まずは近年人気の「転職エージェント」について解説していくとする 。

  • 転職サイト、転職エージェントの例

転職サイト、エージェントの例

リクナビNEXT

doda

リクルートエージェント

マイナビ転職

エン転職

ビズリーチ

レバテックキャリア

Geekly

IT求人ナビ

type転職

転職EX

マスメディアン

Green等

以外ですと。

以下、Webマーケティング 、IT系転職を重視して選出しました。

  • まずは【Webマーケティング・IT業界に強い】以下の転職サイトで情報収集してみよう。

>>【20代からの転職に強い】マイナビITエージェント

>>【ミドルクラスからの転職に強い】JACリクルートメント

>>【ハイクラスの転職に強い】リクルートキャリアカーバー 

>>【IT業界・外資系転職に強い】アクシスコンサルティング

  • 【合理的活用手順】転職サイト、転職エージェントの使い方(保存版)

【合理的活用手順】転職サイト、転職エージェントの使い方(保存版)

1:条件が具体的に「決まっていない」ときに重要な、転職サイト選びの3大ポイント

手順1:求人数がより多い

手順2:求人が多種多様

手順3:サポートがより充実している

そして条件が具体的に決まっているときは、次の2つを満たせるように、複数の転職サイトを組み合わせて使うのが活用の仕方としてさらに合理的である。

2:「条件が具体的に決まっているとき」に重要な、転職サイト選びの追加ポイント

手順1:サポートがより充実している

手順2:独自の求人が多い

>>今すぐ無料登録、無料カウンセリングをお試しあれ。

広告運用に興味のあるあなたはこちらから。

【厳選2社】広告運用に特化したWebマーケティングスクールでスキルを身につける。

>>【転職保証付き】マケキャン:Webマーケティング企業への転職向き

>>【広告運用特化】デジプロ:広告運用の副業向き

  • 【補足】未経験からいきなりのWebマーケター、実務経験を積むは不安なあなたへ

解決法

→まずは、Webマーケティング知識を書籍でサクッとインプットしておこう。

  • 【厳選5選】Webマーケティングの本おすすめリスト

 Web マーケティングに関する本は良書が沢山あり実務経験を積む前に是非一読しておくと良い。

Web マーケティングについて知識ゼロ全くの未経験者である場合体系的な知識を書籍で効率よく学ぶのは大いにあり。

成長スピードが大幅アップすること間違いなし。

  • Webマーケティングの全体像について

>>沈黙のWebマーケティング

  •  SEOの体系的な知識を引き上げる本

>>これだけやれば集客できるはじめてのSEO 

  • ライティング力を引き上げる本

>>沈黙のWebライティング

  • 広告運用の知識を引き上げる本

>>ネット広告運用打ち手大全

  • SNSマーケティングに関する知識を引き上げる本 

>>僕らは SNS でモノを買う SNSマーケティングの「新法則」

これらは、現役Webマーケターである私が自信をもっておすすめする本である。

是非、役に立てみてね。

未経験からWebマーケターなるあなたの頑張りを心より応援しております。 

「副業マガジン」編集長のかわちゃんより。 

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEO、広告運用)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること キャリアに特化したブログ投稿サービス「キャリーナブログ」は転職に役立つ。 記事を投稿することであなたは副収入を得ることができる。 リ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

Webマーケティングを学ぶにはどのスクールがおすすめ?質もコスパ良いのはどれ? 転職向けのWebマーケティングスクールはどれ? 広告運用、SEOのスキルを身につ ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!