20代30代/転職を検討する! 適職診断×人気転職先

【暴露・人気急上昇】Webマーケター・年収

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

本記事の内容

Webマーケターの年収について詳しく解説しました。

近年注目が集まっている、転職先に人気のWebマーケティング業界、 

Webマーケターという職種に転職するメリットや Webマーケターの年収、副業で年収を引き上げる戦略について詳しく知りたいあなたへ。

私もWebマーケティング業界、SEOコンサル職に就くより前に、

なぜWebマーケターは年収が良いのか、

副業でなぜ稼ぐことができるのか、気になっていた時期がありました。 

確かに、本業でかなりの金額を稼げることができればそれが一番良いのですが、実際それができる人はかなり限られているのが現状です。

しかし、「本業+Webマーケティング副業」を通じて年収を大幅アップすることは実現可能です。

実際、Webマーケティング業界にいる友人に聞いてみたところ、

Webマーケティング業界で稼いでいる人のパターンは、「本業+Webマーケティング副業」を通じて、年収を大幅アップさせる人が多いこともわかりました。

Webマーケターの強みは、

本業の会社からのボーナスや年収だけにとらわれることなく、

「本業で学んだことを、そのまま副業でやるだけ」で年収が大幅upするという点にあります。

Webマーケターに転職するなら今がチャンスです。

この記事を読み終わった後には 、

あなたが Webマーケターになるために転職先として最適な会社と職種、

・会社:「ネット広告代理店」「Webコンサル」「事業会社」のどれかへ転職

・職種:「SEO」「SNS」「広告運用」

に、進むべき道を絞り込むことができていることでしょう。

結論

【Webマーケターの平均年収(役職なし)】

→400万〜500万(目安)

※一般的なサラリーマンの平均年収よりは高い

※本業で学んだスキルをそのまま副業で生かすことができるのが強み

【「本業一本」で高い年収を実現するなら】

→「大手企業」のWebマーケティング職へ転職しよう

※実行しにくい点に注意 

【「本業+WEBマーケティング副業」で年収アップを実現するなら】

→「ネット広告代理店・メガベンチャー企業」へ転職しよう

※広告運用なら(副業で月10万)かなり実現しやすい

  • 想定読者

  • 「本業+WEB マーケティング副業」で年収大幅アップをしたい人

  • ネット広告代理店、メガベンチャーに転職するメリットを知りたい人 

  • 未経験からWebマーケターに転職したい人

要点はコレ

・未経験からWebマーケターとして就職、転職する場合、「年収350〜450万」の企業が多い。

・Webマーケティングの仕事内容は「SEO・SNS運用・広告運用」の3つ。

・Webマーケティング業界は市場が拡大中であり、未経験OKの求人が多い

・身につけたスキルを活かして副業や独立して稼げる。

・自分の学びたいスキルに強い求人を選べばよい(転職エージェントに希望を伝えよう)

・Webマーケ会社で働くなら副業で同じことをして稼ぐとよい。

・近年人気の Web マーケティング副業は「広告運用代行」(月10万円はかなり現実的)

・広告運用代行の副業をするためには「実務経験で3年以上」が必要 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員に直接インタビューして得られた本音や知見

2:権威性の高い(Webマーケティング業界/転職・副業・広告運用にまつわる)調査データ

3:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の実体験、鋭い視点や本音等に基づき、編集長のかわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『副業マガジン』の読者の皆様の夢の実現を後押しできること、大変嬉しく思っています。

【本業+副業でかなり高くなる】Webマーケターの年収

Webマーケターの年収は、一般的なマーケティング総合職と比べてどうなっているのか。

上場企業2,681社を対象とした平均年間給与調査2018年によると、

・Webマーケターの平均年収は「年収400〜500万」。

・一般的なマーケティングの総合職は「年収600万円」ぐらいが平均となっている。

Webマーケターの平均年収は、一般的なマーケティングの総合職(年収600万)よりもやや下回っている傾向があるといえる。

また、副業でWebマーケティングをやっている人も年々増加中であり、本業の2倍近く稼ぐことも可能である。

実際、Webマーケティング系の会社でも、

年収500万円台後半の企業もあれば、年収400万円台半ばの企業も多数ある。

Webマーケターの年収は、会社によってかなり異なる。

マーケターの年収は、働く業界、あなたのスキル、職種によって大きく異なるのである。

また、本人の経験や能力によっても左右されがちです。

平均年収でいうのなら、日本企業のマーケター(マーケティング職全体)で700~800万円程度である。

一方、外資系企業で3年以上の実務経験を積んだWebマーケターの場合、500万円から800万円程度。

5年以上で800万円から1000万円程度、

7年以上で1000万円から1200万円程度と高くなっていく。

日系企業と外資系企業で差が出ている理由は、外資系企業の多くは、終身雇用はなく、実力主義の企業が多いからである。

年齢に関わらず優秀なマーケターは高収入を期待できる。

一方で、

一般的な「Web広告代理店」のWebマーケターの場合、

1~3年ほどの実務経験で、「年収300~400万程度」は最低でも稼ぐことができる。

5年以上で、400~450万程度、リーダー職に就けば500万前後となる。

また、「Webコンサル会社」の場合、

1~3年ほどの実務経験で、400~450万前後。

5年以上で、500万前後、リーダー、管理職で600万前後と、なっている。

また、Web系のコンサルティング業務の場合、より専門性を求められる業界であるため、

Webマーケターにも高度なスキルが求められる。

その結果、能力に応じた高めの給料が用意されているといえる。

Webマーケティング業界で、キャリアアップを果していくためには、あなたのスキルを引き上げていく中で、年収の高い企業を探していく戦略が大切である。

【「Web広告代理店」の場合】

→「年収300~400万程度(1~3年ほどの実務経験で)」。

【「Webコンサル会社(SEO、SNS、広告運用のどれかに特化)」の場合】

→「年収400~450万程度(1~3年ほどの実務経験で)」。

【Web以外も含めた「マーケティング職全体」の平均年収】

→「平均年収700万程度」

※基本的に本業のみで稼ぐマーケティング職(副業で同じことをするのやりにくい)

【「Webマーケティング職」の平均年収】

→「平均年収400~500万程度」

※本業+Webマーケティング副業(本業で学んだことをそのままやる副業)でさらに年収アップできる。

ポイント

マーケティングに興味のあるあなたへ

【「本業一本で稼ぐなら」】

→外資系マーケティング職(年収700万以上)を目指そう(しかし、非現実的)。

【「本業+副業で年収アップを狙うなら」】

→Webマーケティング職(年収400万以上:SEO・SNS・広告運用)に転職するのが現実的。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

Webマーターの年収と仕事内容【SEO・SNS・広告運用】

続いて、Webマーケの仕事内容について見ていくとする。

基本的には、

・SEO:検索順位をあげるサポート

・SNS運用:SNSの影響力・発信力アップのサポート

・広告運用:広告効果を最適化するサポート

の3つで、どれも他企業のサポート(コンサル・代行)という形式が多い。

>>Webマーケターに「未経験からなる方法」についてさらに詳しく

Webマーケティング業務の多くは、目標数値に対して、計画を立てて、時には外注も使いながら、PDCAを回していく。

また、主な職種として、

・SEOコンサル

・SNS運用

・インフルエンサーマーケター、キャスティングマネジメント

・広告運用

・Webディレクター

などがあげられる。

SEO系・Webマーケターの年収

  • SEOコンサルの仕事内容

SEOコンサルの仕事内容

・キーワード選定

・競合サイト分析、ページ、ユーザー分析

・キーワード関連ページ作成

・内部SEO(内部リンク)

・被リンク獲得対策(外部SEO対策)

・大規模サイトのSEO設計

・Google Search Console/Google Analyticsなどを利用したデータ分析

・Google Keyword Plannerなどを利用した市場調査

・SEOライティング、記事執筆代行

・ライターへの指示出し、マネジメント

・Webメディアの運営

  • SEOコンサル系企業:Webマーケターの平均年収(役職なしの年収目安)

SEOコンサル系企業:Webマーケターの平均年収(役職なしの年収目安)

・アイレップ:「650万円」

・オプトの平均年収:「500万円」

・メンバーズの平均年収:「450万円」

・電通の平均年収:「800万円」

・博報堂の平均年収:「750万円」

・SEOコンサル(役職なしの場合):年収350~550万

・SEOコンサル(役職ありの場合):年収500~1000万

SEOコンサル職の年収は、 あなたが勤めている企業にも左右される可能性がある。

実際、20代で年収600万超えも、スキルのある場合、現実的でもあるといえる。

人材紹介系サイトを見ると、中途採用で、MAX1,500万円(電通デジタルなど)の求人とかも見つかる。

私はかつてWebメディアの運営とSEOコンサル職の経験があるため、

当時感じていたい「やりがい」について以下にまとめておく。

  • 【私の体験談】SEOコンサルのやりがい

【私の体験談】SEOコンサルのやりがい

・広告費をかけず、ストック型の資産性の高い集客方法にやりがいを感じられる

・Web広告のようにクリックを無理やりさせるのではなく、ユーザーのニーズに答えるべく、コンテンツ(記事)を制作する仕事なので、社会に価値提供している感が強く感じられる。

・業界の動向 が早く、最新のトレンド情報収拾力アップ

・SEO系は、クライアントの代行メインビジネスであるため、広いコネクションができる

・「分析力」「ロジカルシンキング力」が身につく

・他の業界でも重宝されるWebマーケターとしての市場価値の高いスキルが身につき、その後のキャリアアップが見込める

・副業でWebサイトをやったり、でも活きる、”資産となる”能力が身につく

・SEOコンサル職になれば、「副業ブログ」で稼ぐ力が身につく(月5万なら現実的)。

・SEOコンサルの年収は、転職先の企業によりが左右されやすい。

・「本業+副業」で年収アップを目指して稼ぐには「広告運用代行」の次に難易度が低く最適。 

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

SEOとセットで扱われる「CVO マーケター」についてもここで少し触れておくとする。

  • 参考:CVOマーケター系企業:Webマーケターの平均年収(役職なしの年収目安)

参考:CVOマーケター系企業:Webマーケターの平均年収(役職なしの年収目安)

・アイレップ:「650万円」

・オプトの平均年収:「500万円」

・メンバーズの平均年収:「450万円」

・電通の平均年収:「800万円」

・博報堂の平均年収:「750万円」

※SEOコンサル領域とほぼ同じ企業である

CVOマーケターとは、「問い合わせ数」の改善の仕事を担当するWebマーケターである。

SEOの場合、検索エンジンで、上位表示を取るための戦略を考える仕事が多い。

一方で、CVOの場合、問い合わせ数をどのようにしてあげるかを主に考える。

  •  CVOマーケターの仕事内容 

 CVOマーケターの仕事内容 

・ペルソナ設計

・サイト内コンテンツの見直し

・各ページ内部の見直し

・ユーザー導線の見直し(UI/UX設計)

・LP作成・新規ページ作成

こういった仕事は CVO マーケターの主な仕事である。

次に SNS 運用について見ていくとする。

SNS系・Webマーケターの年収

  • SNS運用の仕事内容 

SNS運用の仕事内容 

・インフルエンサーのSNS運用代行

・SNSの投稿内容を考える 

・プロモーション戦略、企画の立案

・SNS(インスタ、Facebook、Twitter、YouTubeなど)広告効果の効果測定

・Google Analyticsなどを利用したデータ分析

・Google Keyword Plannerなどを利用した市場調査

SNS運用の仕事を請け負う会社の多くは、ネット系のベンチャー企業が多いと言える。

会社の規模は中小規模の会社が多いため、 SNS マーケティングに特化している会社で働きたいという人には向いていると言える。

 SNSマーケティング会社の年収の目安は、以下の通りである。

  • SNSマーケティング会社の平均年収

SNSマーケティング会社の平均年収

・アライドアーキテクツの平均年収:「500万円」

・ホットリンクの平均年収:「400万円」

・サイバーバズの平均年収:「400万円」

・フルスピードの平均年収:「400万円」

・コムニコの平均年収:「350万円」

SNS運用の業務とは、Instagram、YouTube、Twitter、Facebook、TikTok、Pinterest などを通じて集客を行うWebマーケティング業務である。

SNS運用企業は、インフルエンサーマーケティングの業務まで行う会社も近年増加中である。

確かに、SNSやインフルエンサーマーケティングは、現代のトレンドではあるが、

「顧客単価が実際は低い」ため、年収はあまり高くないというのが現状である。

  • インフルエンサーマーケティング、キャスティングマネジメント

インフルエンサーマーケティング、キャスティングマネジメント

・インフルエンサーのSNS(インスタ、YouTube、Twitterなど)運用代行

・企業のInstagramアカウント運用代行

・ SNSの投稿内容を考える

・インフルエンサーとクライアント企業(商品)のマッチング

・インフルエンサーお通じたプロモーション企画の立案

・ SNSマーケティングを通じた集客代行

・インフルエンサーのマネジメント(サポート)

SNS運用とセットで扱われる、インフルエンサーマーケティングは、

主にインフルエンサーのマネジメント、投稿内容と商品のマッチング、企画立案を中心に、SNSを通じて集客する戦略を考える仕事である。

 SNSやトレンドに敏感な人は、「やっていて楽しい」と感じる人も多いであろう。

インフルエンサーマーケティングを扱える企業は、新しめのWebマーケティング会社が多いのが現状である。

注意点としては、本業で学んだことが数行にそのまま活かせるかといえば、 SEO や広告業に比べて活かしにくいと考えられる。

  • インフルエンサーマーケティング会社の平均年収

インフルエンサーマーケティング会社の平均年収

・AnyMindGroupの平均年収:「450〜600万円」

・UUUMの平均年収:「450万円」

・VAZの平均年収:「400万円前後」

・クロスリングの平均年収:「400〜600万円」

・3ミニッツの平均年収:「400万円程度」

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

広告運用系・Webマーケターの年収

  • 広告運用の仕事内容

広告運用の仕事内容

・プロモーション戦略、企画の立案

・広告出稿

・SNS(インスタ、Facebook、Twitter、YouTubeなど)広告効果の効果測定

・リスティング広告効果の効果測定

・Googleリスティング広告運用代行

・Google Search Console/Google Analyticsなどを利用したデータ分析

・Google Keyword Plannerなどを利用した市場調査

・改善レポートの作成

広告運用のポジションとは、インターネット広告を中心に集客する、Webマーケターのことである。

インターネット広告の中には、リスティング広告、SNS広告など様々な広告が存在する。

これらを B2C、B2B、D2Cなど様々なアプローチで、ユーザーを集客する戦略を考える仕事である。

インターネット広告に特化しているウェブマーケティング会社で、

近年、転職先で人気の企業は「インターネット広告代理店系」である。

  • 広告運用系:ネット広告代理店の平均年収(役職なしの年収目安)

広告運用系:ネット広告代理店の平均年収(役職なしの年収目安)

・サイバーエージェントの平均年収:「550万円」

・セプテーニの平均年収:「460万円」

・オプトの平均年収:「500万円」

・アドウェイズの平均年収:「500万円」

・Speeeの平均年収:「500万円」

また、ネット広告系には、アドテクベンダー系の企業も存在するが、そちらはあまり有名な企業は少ないと言える。

ポイント

・広告運用系の平均年収(役職なし):500万〜550万

・ネット広告代理店が近年「転職先」で人気。

・「広告運用代行」の副業はかなり稼ぎやすい(月10万はかなり現実的)

(参考):Webマーケティング業務を総合的にまとめるのがWeb ディレクターというポジションである。

Webディレクターの仕事内容は以下の通りである 

Web ディレクターとは、SEO、SNS、広告運用、Webデザイナー、ライターなどの担当者に指示出し、チーム連携をするポジションの職種である。

  • Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

・マーケティング施策の選定(SEO/リスティング広告/Facebook広告etc)

・エンジニア、マーケター、デザイナーリソースのマネジメント

・LP(ランディングページ)の最適化

・Adobe XDを利用してデザイナーとプロトタイプの作成

・CPA/CPOの計算

SEO、SNS、広告運用以外の、Webマーケティング系の仕事についてここで触れておくとする。

また総合的にウェブサイト制作に携わる職種の平均年収は以下の通りである。 

  • Webサイト制作(総合ウェブ会社)の平均年収(役職なしの場合)

Webサイト制作(総合ウェブ会社)の平均年収(役職なしの場合)

・IMJの平均年収:「605万」

・ベーシックの平均年収:「400万円」

・イノーバの平均年収:500万円」

・ハートコアの平均年収:「500万円」

・Salesforceの平均年収:「800万円」

  • 企業のインハウスマーケターの平均年収

企業のインハウスマーケターの平均年収は、一概に言えない。

ただ、目安としては500万前後であると言われている。 

企業のインハウスマーケターとは、自社でWeb マーケターを所有し、自社サービスのサイトを運用する仕事である。

確かに、Webマーケティングをインハウス化する企業は、年々増加中である。

しかし、外部の Web マーケティング会社に住宅コンサルティング業務を委託しているケースが多いと言われている。

あなたがインハウスのマーケターになりたいと考えている場合、

日系のメーカーや大手商社のWebマーケターを「中途採用で目指すこと」は、転職先として有力候補である。

つまり、インハウスマーケティングの求人を探す際、

特に、「Webマーケターが不足している業界」に目を向けて探すと良い。

例えば、

大手商社のWebマーケティング職。

日系メーカーのWebマーケティング職。

などにスキルアップ転職してみるのも戦略としてかなり合理的であると言える。

スキルアップ転職を考えているあなたは以下の転職エージェントで情報収集することから始めよう。 

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

【作戦2つ】Webマーケティング求人の絞り込み方

  • 【作戦2つ】Webマーケ求人の絞り込み方

【作戦2つ】Webマーケ求人の絞り込み方

作戦1:自分のやってみたい仕事内容(SEO・SNS・広告運用)を軸に絞る。

作戦2:ネット広告の「法人営業職」という縛りで転職先の会社を探す。

どのような判断基準で、転職先の会社おしぼり組んでいけば良いのだろうか?

作戦1:自分のやってみたい仕事内容(SEO・SNS・広告運用)を軸に絞る。

例えば、SEOスキルを身につけて副業ブログで稼ぎたいのなら、SEOに強い会社を転職エージェントに見つけてもらう感じでもOK

広告運用の副業に興味があるなら、ネット広告に強い会社を目指すのもよい。

実際、副業で月10万円を現実にしたい場合、「広告運用代行の副業」が最も達成しやすいと言われている。

本業で広告運用について学び、それをそのまま副業でやるだけで年収大幅アップが見込めるのである。

「本業+Webマーケティング副業」で、年収アップを検討しているあなたは、

「広告運用」に絞って転職を考えてみるのは大いにありであろう。

作戦2:ネット広告の「法人営業職」という縛りで転職先の会社を探す。

実際、ネット広告やサービス、「無形商材の法人営業職の経験のある人」は、転職で市場価値が高い。

そのため、

あなたがかつてサービスや無形商材の法人営業に準ずる経験があれば、

それをインターネット広告業界、Webマーケティング業界に移すというやり方で転職することが可能である。

ネット広告の法人営業職、企画職で求められるWebマーケティングスキルが学べるスクールは、

 DMMが運営している「マケキャン」である。

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン【無料オンライン説明会】DMM公式サイトを見る!

一方で広告運用の副業スキルを身につけたい場合は「デジプロ」一択である 。

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】公式サイトを見る!

「ネット広告代理店」「Webコンサル」「事業会社」の内情と年収

Webマーケターの年収は会社によって異なりますが、業界によっても違いがある。

今回は「ネット広告代理店」「Webコンサル」「事業会社」の場合について解説していく。

ネット広告代理店は、大手の広告代理店や本業以外の別事業が活発な会社は別として、

普通のネット告代理店であれば、クライアントから得られるマージンの金額は各社そこまで大きな差はないと言われている。

そのため、広告代理店のWebマーケターの年収はどこも横並びの場合が多いのであ

る。

・新卒(役職なし)なら、350〜400万円前後

・課長まで上がれば、500万前後

・部長、マネージャーなら、700万〜800万円前後が相場である。

一方で、「Webコンサル会社」の場合、

Webコンサル会社は、営業力次第で利益の幅が大きく変わるのが特徴である。

広告代理店と似たような年収のところも多いが、

営業力が高いところであれば平均で100万円以上、年収が上回場合がある。

利益率の良い、Webコンサル会社に就職できれば、新卒でも年収450万円、マネージャーになれれば750万円以上も期待できる。

次に、事業会社について。

サービスの利益率次第でWebマーケターへ還元される給与が変わるため、各社で大きな差がある。

リクルートやサイバーエージェントなどのメガベンチャー企業であれば、課長で年収800万円、部長マネージャーになれれば、年収1000万円越えも現実となる。

>>Webマーケターに「未経験からなる方法」についてさらに詳しく 

【6つ】Webマーケターに転職するメリット

  • 【6つ】Webマーケターに転職するメリット

【6つ】Webマーケターに転職するメリット

メリット1:30代未経験歓迎の求人も多い

メリット2:本業+副業の相性が抜群

メリット3:ホワイト企業が多い

メリット4:Webマーケティング(ネット広告)市場が拡大中 

メリット5:最終的に独立するためのスキルを会社で無料で学べる

メリット6:在宅ワークも多く内向的な人に向いている職場

メリット1:30代未経験歓迎の求人も多い

Web マーケティング業界の求人は30代未経験から歓迎している求人も多い

もちろん、Webマーケティングの知識があるに越したことはないが、

未経験からでもまずは、SNS運用やSEOコンサル、Webライターなど未経験からでも入り込みやすい領域は多数あるのが美味しい所。

しかも、プログラミングスキル無しで、「文系でも取り組みやすい」Web マーケティング領域は、

実務経験3年以上を積めば、あなた一人でフリーランスとして稼ぐ事も十分可能である。

従って、Webマーケティング業界は、自分のスキルを身につけて稼ぎたい人にピッタリの職場である。

>>Webマーケティング業界へ「30代未経験からの転職戦略」についてさらに詳しく 

メリット2:本業+副業の相性が抜群

Webマーケティング業界の強みは、やはり本業で学んだことを「そのまま副業でやるだけで稼げる」という点にある。

実際、本業でWeb メディア運営に携わり、400万の年収を確保した上で、副業ブログを運営し副業ブログで月100万円稼いでいる人もいる。

また、本業で広告運用をやりながら、副業でも同じ広告運用をやり本業の2倍近く稼いでいる人もいる。

9Webマーケティング業界は、本業で身につけたスキルを元に、副業でアウトプットする事で、青天井で稼ぐことが可能である。

したがって「本業+副業」で年収大幅アップを目指す人には、ピッタリの職場であると言える。

>>Webマーケティング副業の始め方についてさらに詳しく

メリット3:ホワイト企業が多い

Webマーケティング業界は、あなたらしく働ける自由な雰囲気や、ホワイト企業が多いのがメリットである。

実際、Webマーケティング業界で、SEO コンサルタントとして働いてる私の友人は、

以前勤めていた大手広告代理店から転職して感じたこととして、

「とにかく自由な社風で、自分らしく働きやすい」というのを一番に挙げている。

また、私もSEOコンサルタントとして、Webメディアの運営に携わっていた時、

服装も自由で、出社時刻も自分で決められるなど、

自由でホワイトな雰囲気があり、毎日やる気を持って業務に取り組むことができた。

このような点から、Webマーケティング会社は、ホワイト企業が多いと言われている。

>>Web マーケティングの「やりがい」「面白さ」「魅力」についてさらに詳しく 

>>「転職先に人気」のWebマーケティング企業ランキングについてさらに詳しく 

メリット4:Webマーケティング(ネット広告)市場が拡大中 

インターネット広告市場が拡大していることに伴い Webマーケター人材が今不足しているため、需要過多となっている。

つまり、Webマーケティングを自社でやっていきたいのだが、ノウハウを持っている社員がいないため、どの会社も困っている。

そこで、あなたがWebマーケターになれば、ネット広告市場が拡大していくという波に乗引く手あまたになること間違いなしだね。

Webマーケティング業界の将来性は、200%ありである 。

>>Webマーケティングの「将来性」についてさらに詳しく

メリット5:最終的に独立するためのスキルを会社で無料で学べる

Webマーケティング業界に身を置く人の多くが、

最終的にフリーランスとして独立を検討している人も一定数いる。

やっぱりなと感じる人も多いのではないでしょうか。

最大の理由は、Webマーケティングに関するスキルを、本業で実務経験を通じて「無料」で学べる点にある。

実務経験を3年以上を積めば、かなり多くのことが学べるため一人で副業を始めることはもちろんフリーランスとしての道も開けてくる。

そのためには、最新のWebマーケティングツールを使いこなせるようになることはもちろん、

会社からお給料をもらうという(給料依存)考え方に頼らず、「自分にスキルを身につけて稼ぐ(スキル依存)」という考え方にシフトしていく必要もある。

>>Webマーケティングの「独学方法」についてさらに詳しく 

したがって、最終的に、フリーランスとして独立するために、 Webマーケティング業界に身を置くのはメリットが大きいと言える。

>>Webマーケティングで「独立する手順」についてさらに詳しく

メリット6:在宅ワークも多く内向的な人に向いている職場

Webマーケティング業務の多くが、在宅ワークで完結するものも多く、

クライアント営業が中心の営業マンではないため、「おしゃべりが苦手な内向的な人」にも向いているのがメリットである。

もちろん、サラリーマンとして働く上で、トーク力は重要なスキルである。

しかし、トーク力メインではなく、あなたの持っているスキルが、Webマーケティング業界ではかなり重視される。

従って、「SEO・SNS・広告運用」のどれかに興味を持ち、専門性を深めていけそうだなと感じるあなたに、ピッタリの職場であると言える。

>>Webマーケティングに「向いている人・向いていない人の特徴」についてさらに詳しく 

これらが、Webマーケターに転職する6大メリットである。

【転職先候補ルート4つ】Webマーケターへの転職

未経験からWebマーケターに転職を検討しているあなたへ。

  • 【転職先候補ルート4つ】

【転職先候補ルート4つ】

ルート1:ネット広告代理店へ転職(王道)

ルート2:Webコンサル会社へ転職

ルート3:事業会社へ転職

ルート4:Webマーケティングの関連職種に転職

ルート1:ネット広告代理店へ転職(王道)

ネット広告代理店や、大手ベンチャー企業、マーケティング会社などに所属して、

Webマーケティングの仕事に就くというキャリアは、Webマーケターのキャリアパスとして一般的に多い。

広告代理店で、Webマーケティングの知識と経験を積むことで社内での昇進、給与の良い会社への転職、独立などその後多くの選択肢ができる。

広告代理店のなかにも、マス広告を含めすべての媒体を扱う総合広告代理店やインターネット広告のみを扱う代理店、

SNSに特化した会社や広報・PRが得意など各社で特色が異なる。

例えば、リクルートやサイバーエージェントなどに転職して、

広告運用やSEOコンサルなどの専門スキルを身につけて、最終的にWebマーケターとして独立するという道もある。

近年、フリーランスの Webマーケターに人気の仕事は「広告運用」である。

広告運用代行の案件を副業で獲得することができれば、広告運用だけで月100万円稼ぐことが可能である。

広告運用の副業とは、運用する金額の約20%をあなたがもらえるという仕組みである。

例えば、月500万円の運用金額の広告運用代行をあなたが任された場合、

あなたに毎月100万円が、代行手数料として支払われるという仕組みである。

広告運用のスキルを本業で見つけ、それと「全く同じことを副業でするだけ」で収入は倍増するのである。

実際、インターネット広告の市場は拡大中であるため、広告運用代行のフリーランスの求人は年々増加中である。 

ポイント

「SEO・SNS・広告運用」に興味のある場合

→「ネット広告代理店」に転職するのが最有力候補である。 

※「本業+WEBマーケティング副業」で年収アップを目指すのに最適

※「広告運用」の副業が月10万以上を目指すのには現実的。 

※広告運用で「実務経験3年以上」積んでから、フリーランスとして独立するのはあり

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

ルート2:Webコンサル会社へ転職

Webコンサル会社とは、主に Web サイト制作や開発、Web集客改善に関するコンサルティングを行う。

コンサルティングとは、自社のサービスがなく、他社のサービスの代行をし、その手数料をいただくという仕組みである。

Webコンサルタントの仕事は、

主にWebサイト制作を通じての集客になるため、WebデザイナーやWebディレクター、エンジニアと共にチームで仕事を遂行する場合も多い。

Webコンサルティング案件は、Webサイトを通じての集客やマーケティングのスキルが必要であるため SEO SNS 広告運用の知識ももちろん必要となる。

Webコンサル会社の魅力は、様々なクライアント案件に携われるため、 Webマーケティング業界の色々な人と繋がりを持てる点にある。

実際、私の友人も大手広告代理店から、Webコンサル会社へ転職し、年収アップに成功した友人が二人もいる。

確かに、経営コンサルやITコンサルの年収と比べると、やや低めの「500万〜600万」が平均年収と言われている。

しかし、Webコンサルタントは「本業+Webマーケティング副業」で、

休日や帰宅後に Web マーケティングのコンサルタント、SEOコンサル、SNS運用代行案件などを受注するのが、最も親和性が高く、

さらに年収アップをすることができるであろう。

また、 Web コンサル会社での経験を生かし、フリーランスとしてWeb コンサルタントを行っている人も多い。

年収1千万以上を目指している場合、最終的にWebコンサルタントとして独立するという道もある。 

ポイント

「あなたの専門スキルを通じて、業界の人と関わり、Webマーケティングスキルを引き上げること」に興味のある場合

→「Webコンサル会社」に転職するのが最有力候補である。 

※「本業+WEBマーケティング副業」で年収アップを目指すのにも最適

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

ルート3:事業会社へ転職

事業会社への転職とは、

事業会社のマーケティング部門や広告、PR部門などで、Webマーケティング担当者として働くという道のことである。

事業会社とは、製造業や金融、医療、流通、商社、メーカー、サービスなど自分たちの事業を持つ会社のことでである。

それら事業会社に所属し、Webマーケティングの企画・戦略をおこなうのである。

中には、Webマーケティングを代理店に委託せず自社で行う会社もある。

つまり、自社でWebマーケティングを担当する人を、インハウスマーケターという。

事業会社のインハウスマーケターとして働きながら、経営レベルのことまで対応できれば、

CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)という、社内のマーケティングを統括する職種を目指すことも可能である。

ポイント

事業会社への転職を考えている場合

→事業会社のWebマーケティング部門で年収の高いところを目指そう。

※基本的に「本業一本で稼ぐ」戦略が望ましい

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

ルート4:Webマーケティングの関連職種に転職

Webマーケティングの関連職種に、キャリアチェンジするという選択肢もある。

例えば、営業職をやっているあなたが、Webマーケティングの関連職種を目指すことも実際可能である。

Webマーケターのメインは「SEO・SNS・広告運用」である。

一方で、

Webマーケティングの関連職種としては「Webアナリスト、Webコンサルタント、Web制作など」が挙げられる。

Webアナリストは、データ解析の専門家で、

Webコンサルタントは、マーケティングの戦略立案などより上流の意思決定に専門性を発揮する仕事である。

ポイント

Webマーケターのメイン「SEO・SNS・広告運用」意外に興味のある場合

→ Webアナリスト、Webコンサルタント、WEB 制作を探すのも良い

※専門性がかなり高いため、本当に向いている人だけ選ぼう

【3タイプの入り口】からWebマーケターを目指す

ここではWebマーケターになる方法について紹介していくとする。

  • 【3タイプ・Webマーケターへの入り口】

【3タイプ・Webマーケターへの入り口】

入り口1:「未経験から」就職してWebマーケティングの実務経験を積む

入り口2:「広告営業、企画、コンサルから」Webマーケターを目指す

入り口3:「Webデザイナー・アナリスト・関連職種から」Webマーケターを目指す

入り口1:「未経験から」就職してWebマーケティングの実務経験を積む

未経験でWebマーケターを目指すあなたへ。

結論、未経験30代からでもWebマーケターになることは可能である。

Webマーケティングに関する知識とスキルは、実務経験を通じてでアウトプットをしながら、 見つけていくことで一番効率よく引き上がる。 

そのためには最新の Web マーケティングツールの使い方やトレンド情報を自分の手で仕入れておく必要もある。

このような心構えができているのなら、未経験からWebマーケティング業界にいきなり飛び込んでも何の問題もない。

あなたはきっと、重宝されるWeb マーケターとして花を咲かせることでしょう。

Webマーケティング業界は未経験歓迎の求人も多い

広告運用のポジションなら「本業+Webマーケティング副業」でかなり稼ぎやすい 

実際、経験歓迎の求人模様マーケティング業界は多いため、

Webマーケティング業界に強い、以下の転職エージェントから探すと効率よく見つけられる。

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

入り口2:「広告営業、企画、コンサルから」Webマーケターを目指す

まずは広告営業や企画職から入り、最終的にWebマーケターを目指すという戦略を考えているあなたへ。

まずは、営業職から入り、その後専門性を高めて、Webマーケターになる方法はかなり現実的である。

広告代理店やベンチャー企業などで広告営業の実務経験を3年以上積み、その後いうマーケティング職へ転職するという戦略をとることで、

キャリアチェンジと年収アップが両方同時に実現できる可能性が高まる。

最終的に、広告運用アカウントプランナーやWebマーケティングマネージャー、 Web ディレクターになることができる。

実際転職において、市場価値の高いのは、「無形の商材を扱う、法人営業のできる人」である。

理由は、広告やサービスといった目に見えないものを商品として、」顧客の課題を理解し、顧客に適切な改正解決法を提示する力のある人」と認識されるためである。

これは物理的なものを個人に営業するよりも、スキルが高いというのが企業側の評価であるとも言い換えられる。

また、法人営業で相手にするクライアントは、企業でもある程度権限を持った担当者であることが多いため、評価されている人材としてあなたが認められる。

無形商材の法人営業の経験のあるあなたは、転職市場において評価が高い。

まずは広告営業で、法人営業、BtoB営業職のポジションを目指す戦略は、今後のキャリア戦略においてもかなり有利に働くこと間違いなしである。

ポイント

広告営業、企画から入る場合、

まずは「ネット広告代理店」で法人営業などでキャリアを積み、

後に「事業会社のマーケターに転職」して、Web担当者になるパターンが多いと言われている。

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

入り口3:「Webデザイナー・アナリスト・関連職種から」Webマーケターを目指す

Webマーケティング関連職種から、Webマーケターを目指すあなたへ。

Webマーケター周辺の職種としては Web アナリスト Web デザイナーフロントエンドエンジニアなど様々な職種がある。

Webディレクターなら、Webサイトの制作における、業務を遂行しチームをマネジメントする職種、

Webデザイナーならホームページのデザインを担当する職種、

Webアナリストなら、データ分析中心の職種である。

つまり、データ分析のプロやWeb デザイナーといったプログラマーなどの「技術職」から Webマーケターを目指すという戦略も可能である。

これらは、Webマーケター(SEO・SNS・広告運用担当者)と関わりが深く、

たとえば最初は、Webデザイナーから入って後に、Webマーケターへと、専門性を高めた上でスキルアップするという戦略も実際可能である。

従って、Webマーケターという職種から逆算すると、まずは Webアナリスト、Webデザイナーあたりから入るのが現実的であると言える。

結論:Webマーケターの平均年収は400万〜500万(役職なしの目安)

結論

【Webマーケターの平均年収(役職なし)】

→400万〜500万(目安)

※一般的なサラリーマンの平均年収よりは高い

※本業で学んだスキルをそのまま副業で生かすことができるのが強み

【「本業+WEBマーケティング副業」で年収アップを実現するなら】

→「ネット広告代理店・メガベンチャー企業」へ転職しよう

※広告運用なら(副業で月10万)かなり実現しやすい

【Webマーケ転職のプロが厳選】Webマーケティング業界に強い転職エージェントはこちらから。

  • 【経験者の転職に最強】JACリクルートメント

>>【年収500万以上を目指す転職に強い】JACリクルートメント

  • 【未経験からの転職に強い】JHR転職エージェント

>>【第二新卒の転職なら】JHR転職エージェント

↑【登録無料】Webマーケティング業界に転職するなら今!

  • 【最大手リクルートが運営で人気】「就職shop」

>>【第二新卒・フリーターからの転職に強い】リクルートキャリア(就職shop)

>>【無料登録はこちら】リクルートキャリア(就職shop)

>>【リクルート/就職shop】に無料登録する。

  • Webマーケター職種(まとめ)

Webマーケター職種(まとめ)

・SEOコンサル

・SNSマーケター

・広告運用

・CVOマーケター

・インフルエンサーマーケター

・総合Webコンサルティング

・企業のインハウスマーケター

  • Webマーケターが年収アップするために必要なこと

Webマーケターとして年収アップするためには、自分の希望する分野(SEO・SNS・広告運用)のどれかで一つに絞って、実績を積むことが重要になる。

1年目の新卒であれば、Webマーケティングに関する基礎知識の習得が最優先事項である。

仕事をある程度覚えたら、100万円未満の小規模クライアントをいくつかこなしていく。

2年目以降は、業界知識や、業種ごとに必要な手法を身につける段階である。

担当するクライアントも時には、1000万円近い予算になる場合もある。

予算規模の大きい仕事を成功させることで、社内評価が上がり、年収もだんだんと上がってくる。

また、キャリアを5年程度積むことで、マネージャーになれる人もいる。

部長、マネージャーになるためには、予算規模とクライアントの業種を見極めて的確な提案ができるスキルが求められる。

これから先に求められる、Webマーケティングスキルをいち早く習得して、学習する姿勢が大切だね。

Webマーケターになるという夢、「副業マガジン」の読者の皆様の夢を心より応援しております。

次回もよろしくね。編集長のかわちゃんより。

正社員を目指すの読者様へ。↓↓【リクルートが運営/就職Shop】無料登録、もうお済みですか?

たった30秒で完了!正社員の人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルート/就職Shopに無料登録する!

※未経験、フリーターから正社員を目指すあなたへ。手厚いサポートが最強!非公開求人多数あり。

20代・第二新卒の読者様へ。↓↓【マイナビジョブ'20】無料登録は、もうお済みですか?

20代・第二新卒の人気優良求人は早い者勝ち!

>>マイナビジョブ'20に無料登録する!

※既卒、第二新卒超特化!(たった30秒で完了)。

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むと分かること 卒業生の体験談に基づく、マケキャンの評判、口コミ、強みが分かる。 マケキャンの転職保証、転職先、注意点が分かる。 広告運用アカウント ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること キャリーナは、なぜ転職 OB 訪問で最強なのか、リアルな評判がわかる。 キャリーナは、なぜ転職エージェント転職サイトと併用すると効果 ...

4

この記事を読むあなたへ ポテパンキャンプの評判、注意点について知りたい人 ポテパンキャンプの転職先、卒業生の口コミについて知りたい人 Web開発(Ruby)で、 ...

-20代30代/転職を検討する!, 適職診断×人気転職先

内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!
内向的な20代30代、会社員のあなたへ→
無料で【適職診断×人気転職先】㊙︎大全を読む!