20代30代/転職を検討する! 転職×人生戦略

なぜ第二新卒やばい?【2021年転職の3つの大波を考察!】→やばい程需要が高まっている!

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』FUKUMAGA.JPを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニア・Webデザインの勉強をする→TikTok(マーケティング)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を読むあなたへ

  • 第二新卒がなぜやばいのか知りたい人

  • 採用側から見て第二新卒のよくあるやばい特徴を知りたい人

  • 本当は第二新卒はメリットが多い理由を知りたい人 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

結論→ 

本質1:第二新卒がやばいのではない、「一部の人の退職理由」がやばいだけ。

本質2:第二新卒がやばい(マイナスの意味)のではない、「やばい程需要が高まっている」だけ。

本記事の信頼性

日系ベンチャー、外資系企業、Webマーケティング会社、アパレル店員、全てを経験したWeb業界歴4年の私(『週刊転職』編集長:かわちゃん)の実体験と分析に基づき、

職場の人間関係や新たな転職先探しに悩むあなたのお役に立てたらと思い、気持ちを込めて書きました。 

第二新卒「やめとけ」は本当か?について特別解説。

ぜひ、お楽しみください。

参考:リクナビ、Webマーケティング、デジタルマーケティングの求人

indeed、未経験Webマーケティングの求人

矢野経済研究所、インターネット広告市場に関する調査

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

重要度が高まるアフターコロナのデジタルマーケティング

<働き方の実態調査>Web業界のテレワーク実施率は70%以上

若手の中途採用・転職意識の動向 【企業】社会人経験1年未満者の採用企業は約8割 【20代転職者】ライフフィット×成⾧機会を求める傾向

厚生労働省、IT業界の働き方休み方の推進

↓↓タップで飛べる目次

【やばい事実!?】第二新卒の市場規模

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒の市場規模、ニーズは年々拡大中だよ。

実際、第二新卒はどのくらいいるの?

厚生労働省の調査によると、平成25年卒で3年以内に離職した人材の割合は31.9%。

3割以上が、3年以内に離職していることがわかる。

人数で見てみると、平成25年卒の就職者数は412,636人であるのに対し、第二新卒は131,763人となっている。

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137940.html

なぜ、第二新卒は「ポテンシャル採用」が積極的に行われているのか? 

第二新卒に求められているのは、経験値よりもあなたの活躍する可能性と企業の相性(ポテンシャル)重視のため。 

独立行政法人労働政策研究・研修機構主導の第二新卒採用に関する調査でも、企業が第二新卒をポテンシャル採用として、積極に行われているよ。

第二新卒採用調査でも、評価基準は「実績より人物本位」の傾向が見られる。

ポイント

Q:求める人物像―「素材」か「経験」か?

A:今回のヒアリングでは、すべての企業が、面接による人物本位の選考をしていた。

参考:JILPT調査「20代・第二新卒採用調査」

【3つの波】第二新卒はやばいほど引く手数多になる可能性。

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒の大波は3つ!

波1:20代の中途採用は過去5年で「2.4倍以上」となっている。

波2:社会人一年未満経験者の採用実績のある企業は、「約8割」もある。

波3:第二新卒の定義を「30歳まで」と定義している企業も増加中。

第二新卒が注目を集めている理由は、これらの3つの大きな波にあるんだね。

ポイント

調査概要 

【企業】社会人経験1年未満者の採用企業は約8割 

【20代転職者】ライフフィット×成⾧機会を求める傾向

参考:https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruitcareer/news/pressrelease/2020/200219-03/

【重要・メリット6つ】第二新卒で転職するメリットここで確認!

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒は、やばいほどメリットが大きいよ。

メリット1:即戦力としてのスキルは重視されない。

やはり第二新卒の最大のメリットは即戦力としてハードルを高く設定されていないこと。

もちろん年収アップやスキルアップ転職を検討している場合即戦力としての人材が求められることもある。

これは中途採用とほぼ同じ感覚で扱われる。

一方で、未経験歓迎の求人の場合スキルや経験値は求められないので、業界や職種を変えたいあなたにとって第二新卒転職する人は大きいと言える。

メリット2:30歳までの第二新卒として捉える企業もある。

新卒から3年目までだけでなく、30歳まで第二新卒として捉えている企業も多いよ。

何新卒の捉え方は会社によってそれぞれなため、転職できるチャンスは沢山あるよ。

メリット3:通年採用がほとんどで転職時期を選べる。 

第二新卒は、転職時期を選べるのが新卒採用との違いだね。

第二新卒、通年採用のチェックポイントは以下の通り。

・4月の求人は多いため採用され安い。

・前職での経験が1年未満より、2年を目処にで転職するとよい。

・第二新卒の転職はできる限り早い方が良い。

ポイントとなる転職時期をしっかりと押さえた上で第二新卒の転職戦略を練っておこう。

メリット4:未経験歓迎なら、研修を受けられることもある。

第二新卒未経験でも伸びしろがあり若いから体力もあるよね。

研修制度が整っている会社もあるよ。

キャリアを構築し始めた20代の会社には体力を使って仕事に取り組む姿勢が評価のポイントともなりうる。

第二新卒が未経験であってもそのポテンシャルに投資するという意味で企業は採用する。

メリット5:前職の文化に深く染まっていないため順応しやすい。

前職の経験が浅いことはある意味メリットだね。

前職のやり方やツールの使い方にどっぷりつかってしまうと新しい転職先でやり方に大きな差があった場合どうしてもうまく馴染めないことがある。

しかし、第二新卒で転職してしまえば、前職に在籍していた期間が短いため切り替えがスムーズで教育の手間もかかりにくい。

これは企業側にとっても第二新卒者にとってもメリットだね。

メリット6:評価や昇進に第二新卒だからという理由で影響しない。

第二新卒をやばくない、メリットとして商品にはまったく影響しない点が挙げられる。

実際第二新卒で転職した場合給料も新卒の人たちと変わらずもらうことができる。

十歳若手の人材を求めている企業はたくさんあり第二新卒で条件も悪くする必要がほぼない。

このような理由から、第二新卒はやばいというのほとんど「ウソ」であることがよくわかる。 

メリットの大きい転職時期第二新卒。

優良求人、非公開求人を探すなら今がチャンス。

20代、第二新卒で、数多くの選択肢の中から質の高い転職先を見つけるなら「リクルートエージェント」が最強。 

ポイント

メリット1:即戦力としてのスキルは重視されない。

メリット2:30歳までの第二新卒として捉える企業もある。

メリット3:通年採用がほとんどで転職時期を選べる。 

メリット4:未経験歓迎なら、研修を受けられることもある。

メリット5:前職の文化に深く染まっていないため順応しやすい。

メリット6:評価や昇進に第二新卒だからという理由で影響しない。

【やばい理由8つ】企業視点から、第二新卒がやばいといわれる理由

かわちゃん(週刊転職・編集長)

採用側から見た第二新卒の「やばい特徴・やばい理由」を解説していくね! 

理由1:また、すぐ辞める可能性があるため・第二新卒・やばい

確かにまたすぐ辞める可能性があると思われがちだよね。

新しい職場の環境に慣れるのはやっぱり半年から1年はかかるというのが一般的。

もちろん入社後数ヶ月でわからないことだらけだったとしても、自分なりに新しい会社の文化に順応していくことで波に乗ることができる。

前職を早期退職した経験値を胸に新しい環境にチャレンジするのは大いにあり。 

理由2:仕事に対して受け身で、使えない人が多いため・第二新卒・やばい

教えてもらっていないのでできないですという人は多いよね。

確かに不親切で教えてくれない上司や同僚が職場に入ることはよくある。

しかし、親切に教えてもらうまで待っていても自分も成長できず周りの人の時間も無駄にしてしまうことになりかねない。

そこで、自分から自ら調べてやり方を体得する「ググる力」を身につけておくとより主体的に行動できる人だという印象がつき、活躍できる人材になっていくよ。

理由3:前の職場をやめた理由が言えないため・第二新卒・やばい

退職理由を曖昧にしていると採用する側からマイナスイメージを持たれやすいよ。

実際転職活動にマイナス2乗を与えるような理由で退職した場合前職の理由をはっきりと言えない人が多い。

もちろんネガティブな退職理由をそのまま伝えてしまうと印象がよくないためポジティブに変換して伝えていくことが面接ではとても大切。

自分のやりたい事業が主力事業ではなくなったなど、具体的な根拠をもって退職理由を伝えよう。

理由4:3年以内に離職している事実があるため・第二新卒・やばい

3年以内に離職している人で思いのほか多いよね。

やりがいが見出せなくなった、上司との人間関係がうまくいっていないなど様々な理由がある。

しかし、採用する側としては長く会社に貢献してくれる人材がとても大切。

早期離職押したという事実に、あなた自身もどう向き合っていくかとても大切だね。

理由5:就業経験はあるが、スキルはほぼないため・第二新卒・やばい

スキルや知識にはあまり期待できないのが第二新卒。

即戦力を求めている求人には、それ相応のスキルや経験値が必要。

特に、今とは異なる業界や未経験の職種にチャレンジする第二新卒の場合、 高望みをしてしまうとなかなか上手くいかないこともある点に注意したい。 

理由6:基本的なマナーがない人がいるため・第二新卒・やばい

ビジネスマナーが備わっていること採用側からすると大切。

例えば、面接での受け答えや立ち振る舞いなど、最低限のビジネスマナーはビジネスの現場でも必要。

名刺交換の仕方や上座下座など、礼儀礼節は一通り押さえておくと良い。

理由7:プライドが高すぎてチームに馴染めないため・第二新卒・やばい

作業的な雑務しかやらせてもらえなかったため自分が成長できないと思いやめたという人は多いね。

確かに、会社に勤めるのならなるべく裁量の大きい仕事をやりたいと思うことがあるよね。

しかし、自分の目標しか見えずチームで成果を出すという視点で業務に取り組めていないと企業からはマイナスイメージを持たれやすい。

第二新卒の面接で、チームに馴染めなさそう、やたらプライドが高いという印象にならないよう気をつけよう。

理由8:「やりたいこと」や「やりがい」ばかり追い求めるため・第二新卒・やばい

転職先の貴社で、2年以内に□□のポジションを経験して、〇〇の事業をやりたいです、と口にしている人も多いよね。

仕事に前のめりに取り組む姿勢は確かに大切。

しかし、自分の主張やメリットだけを押し通そうとするのではなく、企業にとってのメリットを踏まえた上で、やりたいことを伝えることがポイント。

この人なら、うちの会社で長く働いてくれそうと思われるよ第二新卒のあなたなりのメリットを提示できるよう心がけよう。

NG

NGな転職理由

→どの会社でもありそうな理由

・給料に不満福利厚生に不満

・残業が多かった 

・人間関係が良くなかった

・社風が合わない

OK

OKな転職理由

→自分の目指す方向性と会社の方針に違いがあった。

・自分のやりたい授業が主力授業から外されたため

・今いる会社ではやりたい分野での案件が少なくスキルを伸ばすことに繋がらないため。

ポイント

第二新卒がやばいといわれる理由

理由1:また、すぐ辞める可能性があるため・第二新卒・やばい

理由2:仕事に対して受け身で、使えない人が多いため・第二新卒・やばい

理由3:前の職場をやめた理由が言えないため・第二新卒・やばい

理由4:3年以内に離職している事実があるため・第二新卒・やばい

理由5:就業経験はあるが、スキルはほぼないため・第二新卒・やばい

理由6:基本的なマナーがない人がいるため・第二新卒・やばい

理由7:プライドが高すぎてチームに馴染めないため・第二新卒・やばい

理由8:「やりたいこと」や「やりがい」ばかり追い求めるため・第二新卒・やばい

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【その他の理由】友人視点から、第二新卒がやばいといわれる理由

理由1:第二新卒って「やばいらしい」と思う偏見が未だに残っているため

理由2:短期間で退職をした人は、問題を抱えている人が多い傾向があるため 

理由3:同期がいない

理由4:職場の人間関係でよく悩んでいるため

やばい人

第二新卒でやばい人 

・組織の中で馴染めない人

・どこの会社でもまた人間関係、労働環境で悩みそうな人

・自分に合わなかったら、理由をつけてすぐ辞めそうな人

うまくいく人

第二新卒でうまくいく人 

・新しい転職先でもチームに馴染める人 

・転職先の企業にとってもメリットを提示できる人

・自分のキャリアを考えた上で長期的に働けることをアピールできる人

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【注意点4つ】第二新卒で転職は「あまりしない方がいい」ケースも?!

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒で転職はあまりしない方がいいケースを確認していくね。

注意点1:給料をさらに引き上げたい場合

確かに給与は低いというわけで第二新卒で転職しているケースも多い。

しかし入社したばかりは給料が低いことの方が多い。

日本の企業の多くは長く勤めていればいるほど給料がアップする傾向がある。

仕事自体に不満が無いのなら同じ職場で給与アップを目指したり管理職役職持ちを目指すこともう選択肢としてあり。

また専門的な知識スキルが必要な職種でない限り、もともと高い給料になる人はかなり限られている。

第二新卒で市場価値を上げたいのなら、無形商材の法人営業職にキャリアチェンジしてみるのは大いにあり。

特に人材関連または Web マーケティング関連職が人気。

注意点2:仕事にやりがいを感じられない場合

新卒で任されたポジションでやりがいを感じられない事ってあるよね。

確かに親切で与えられたポジションが自分に向いておらず、やりがいを見いだせないという声をよく聞く。

もちろん自分の力が発揮できずやっていてストレスを感じてしまうのならより自分に合った仕事を見つけるべくさっさと転職するのが良い。

しかし若いうちに任される仕事は雑務や花形ではないことも多い。

そのため、まだ社会人経験の浅いうちにおいて、やりがいを求めすぎるとかえって辛くなってしまうこともあるよ。

注意点3:大手というブランド名に憧れを感じている場合 

若いうちは、モテたくて、ブランド名やネームバリューを気にすることもあるよね。

もちろん高みを目指すということはとても大切。

しかし誰でもブランドや犬針を手にすることができるわけではない。

会社員として働く以上その定員数は限られていることを押さえておこう。

注意点4:仕事が楽しくないと感じている場合

楽しくない仕事ってなかなか続かないよね。

若いうちは体力があるため色々な仕事に対して興味を持ち更に楽しさを求めることがある。

しかし、仕事にやたら楽しさを求めすぎてしまうと、毎日の業務に不満を数を送り出すことにつながってしまう。

例えば、広告や PR について考える仕事をやりたかったのにそれ以外の業務いや Excel シートの更新は面倒でやりたくない。

などと考えるようになってしまっては、仕事が長く続かなくなってしまう。

従って、 全てが楽しくないと嫌だという判断基準ではなく、業務の中でつまらない事があったとしても、楽しみを見つけ出す工夫をして、若き20代の頃は業務に取り組むと良い。 

注意点

注意点1:給料をさらに引き上げたい場合

注意点2:仕事にやりがいを感じられない場合

注意点3:大手というブランド名に憧れを感じている場合

注意点4:仕事が楽しくないと感じている場合

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【ホントの理由11】第二新卒者が、転職、退職を決める際の「やばいホントの理由」

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒で成功された、私の友人複数名に聞いた本当の理由はこれ! 

ホントの理由

ホントの理由1:人間関係がうまくいかなかったため

ホントの理由2:やりがいを見いだせなくなったため

ホントの理由3:新卒で、希望の部署に配属されなかったため

ホントの理由4:とにかく仕事がつまらなかったため 

ホントの理由5:思っていた「会社」と違ったため

ホントの理由6:思っていた「職種」と違ったため 

ホントの理由7:思っていた「業界」と違ったため 

ホントの理由8:給料が少なかったため

ホントの理由9:社員のレベルが低いと感じたため 

ホントの理由10:営業職など圧力がかかりすぎる仕事が向いていなかったため 

ホントの理由11:他の業界、職種に魅力があると感じたため 

【2021年第二新卒・大規模調査】第二新卒の転職理由ランキング

かわちゃん(週刊転職・編集長)

doda発表による第二新卒転職理由ランキングを見て行くね! 

第1位:他にやりたい仕事がある

第2位:給与に不満がある

第3位:会社の将来性が不安

第4位:残業が多い/休日が少ない

第5位:専門知識、技術を習得したい

第6位:幅広い経験、知識を積みたい

第7位:土日祝日に休みたい

第8位:U・Iターンしたい

第9位:業界の先行きが不安

第10位:市場価値を上げたい

引用:https://www.saiyo-doda.jp/lp/ma/reason/

  • 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

100人に聞いたインターネット調査による、転職理由と退職理由の本音と建前は以下の通り。 

【本音編】退職理由の本音ランキング・心の中にそっとしまっておこう 

くちこ美(口コミ収集担当)

リクナビの調査によると上司の仕事が気に入らなかったのが本音で多い! 

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

【タテマエ編】退職理由のタテマエランキング・面接ではこう答えよう

くちこ美(口コミ収集担当)

建前ではキャリアアップしたかったと面接で答えよう! 

1位:キャリアアップしたかった(38%)

2位:仕事内容が面白くなかった(17%)

3位:労働時間・環境が不満だった(11%)

3位:会社の経営方針・経営状況が変化した(11%)

5位:給与が低かった(7%)

6位:雇用形態に満足できなかった(4%)

6位:勤務地が遠かった(4%)

6位:仕事に対する責任がなく物足りなかった(4%)

9位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(2%)

9位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(2%)

引用:

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/

ポイント1

・本音では、労働条件よりも人間関係が原因のことが多い。

・建前では、さらに自分に合ったポジション(転職先)でスキルアップを検討していると伝えると印象が良い。

ポイント2

転職理由の重要性

①ぶれていると転職活動が思うように行かなくなるため。 

②面接官が最も知りたい要素の一つであるため。

③志望動機にも繋がり、重要視されるため。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

志望動機の例文紹介・第二新卒者に直接聞いた!

かわちゃん(週刊転職・編集長)

志望動機と退職理由はやや違うので比較して見て行こう! 

志望動機例1

転職先の会社で 、Web マーケティングの仕事に携わりたいためまるまる会社を志望した。

私が Web マーケティングに軸足を置くことの重要性に気づいたのは、日頃から SNS 特に YouTube や tiktokを日頃から利用していることに起因する。

実際、広告で出てくるプロダクトが、面白くて良いゲームやサービスであるのにも関わらず、全然ダウンロードしてくれるユーザーが少ないこともある。

そのため、サービスの品質が高い良いだけでは現代社会において、 市場で優位に勝てない可能性があることを目の当たりにした。

つまり、そこそこ良いサービスをまずはより多くの人に知ってもらうための策として、Web マーケティングインターネット広告を活用することは、企業の戦略として非常に重要であると実感した。

特に転職先の貴社では、Web マーケティングの 戦略を外部に委託することが少なく、広告運用やウェブのコンサルティングを内製化し、転職先の〇〇会社の営業部門とも組み合わせた提案ができるため(〇〇会社の強みとリンクさせていく) Web マーケティング戦略と営業力の双方からインターネット広告の事業に携われるため、非常に魅力的に感じている。

ポイント

志望動機のポイント

・転職先でやりたいことを具体的に伝える

・転職先の企業の強みや特徴と結びつけて説得力を持たせる 

退職理由例1

今いるポジションでは、自分のやりたい事業に携われないと考えたため退職した。

私のキャリアにおける目標は、Webマーケティングに携わり最終的にフリーランスとしても活躍できる Webマーケターになること。

しかし、現職の会社では方向が変わり、Webマーケティング事業ではなく投資事業に注力するという方向転換があった。

そのため、Web マーケティング特に広告運用の案件が現職では少なくなっていった。

また、あまり自分が携わりたい仕事の数が少なく、自分の伸ばしたいスキルを引き上げる機会が少なくなった。

一方で、転職先に検討している〇〇会社では Web マーケティング領域、特に広告運用に最も注力していてこれからも主力事業としていく方針をかけていたため転職先に選んだ。

現職でできなかったことは、転職先の貴社で必ず実現できると私は感じているため、是非とも前職での私の Web マーケティング経験を生かし貴社で力を発揮したいと考えている。

ポイント

退職理由のポイント

・ネガティブな退職理由をポジティブに変換して言い換えることが大切。

・「やりたい事業が主力事業ではなくなった」という退職理由はポジティブな印象。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【コツ6つ】第二新卒の転職を成功させるために!

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒でより良い転職先に行くためには準備がとっても大切だね。

コツ1: 前職での培ったスキルのアピールする。

もちろん売上を五千万伸ばすことを達成したなど明確な性格なくても大丈夫だよ。

与えられたタスクに対して定量的な分析を通じて解決法を提示し自分なりに改善策を見出した。

という過程を具体的に話すことができれば第二新卒の面接では OK。

 つまり、新卒の時の面接とは違い少しでも経験した業務の中から、アピールできるエピソードを取り上げで第二新卒面接で伝えていこう。

コツ2:やる気、ポテンシャルをアピールする。

第二新卒はポテンシャル採用が多いよ。

やる気がない印象を与えてしまうとまたすぐに辞めるのかという印象をもたれがちの第二新卒。

負のイメージを払拭するためにとにかくやる気があることをしっかり伝えておこう。

コツ3:自己分析の精度を高くする。

自分の将来のビジョンを明確に持つことはとても大切だよね。

第二新卒の面接では企業の方向性とあなたのキャリアビジョンとのマッチングがとても大切。

また自分のやりたいことを伝えるだけでなく企業にとってもメリットをしっかりと提示できるようにしておこう。

コツ4:転職先の企業の徹底的に調べる。

下調べは就職においてものすごく重要。

自分がやりたい領域でその授業は本当に主力であるのか。

ただ単にそのプロダクトが好きで転職したいなど表面的な理由になってないか。

民衆を上げるためだけの転職になっていないか。

など転職先の企業の内情を誰よりも詳しく調べ上げた上で本当に自分に合っているのかを深掘りしていくことがとても大切。

第二新卒の面接でも入念な下調べはかなり有効。

コツ5:とにかく気になる企業の求人に応募し続ける。

自分が求める求人もう見つけたら早めに応募して自分の市場価値を知るのもあり。

まず前職での経験がなかった場合どの程度落とされるのかを知っておくことはとても大切。

ポテンシャル採用がどのくらいあなたにとってハードルが低いものなのか判断基準を持っておくことで、より良い転職先を見つけることにもつながるよ。

また、第二新卒の転職で、自分に影響を与える要素は何かを特定せず、無鉄砲に応募続けるもうあまり合理的ではないことをここで押さえておこう。 

コツ6:転職エージェント(第三者)に相談しながら選択肢を効率よく絞り込む。

第三者から客観的なアドバイスをもらうと効率良く進むよね。

新卒から2年しか経っていない中でまた転職活動をすんのって不安が伴う。

日々仕事に追われて時間がないのはもちろん新卒の時のように同世代と比べることもできないから、転職先の企業を絞り込むにも時間がかかってしまう。

そこで転職先の企業を効率よく絞り込むために転職エージェントのアドバイスをいただくことでよりスピーディに転職活動を進めることができるよ。

例えば非公開求人数が業界トップレベルのリクルートエージェントに相談してみることでより多くの選択肢の中からあなたにマッチした転職先を提案してもらえる。

第二新卒のあなたの不安を取り除き、 独りよがりな転職活動から脱却できることにもつながるよ。

>>第二新卒で転職するなら今がチャンス。 

ポイント

コツ1: 前職での培ったスキルのアピールする。

コツ2:やる気、ポテンシャルをアピールする。

コツ3:自己分析の精度を高くする。

コツ4:転職先の企業の徹底的に調べる。

コツ5:とにかく気になる企業の求人に応募し続ける。

コツ6:転職エージェント(第三者)に相談しながら選択肢を効率よく絞り込む。

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

>>たった30秒で無料登録完了。

【ヤバいほどおすすめ!】第二新卒の転職におすすめのサービス

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒の人で、なるべく早く転職先を探したい人は転職エージェントを活用すると効率が良い。 

・リクルートエージェント

・就職Shop

・ハタラクティブ

・マイナビジョブ20’s

・第二新卒エージェントneo

・キャリトレ

この中で、未経験者フリーターからの転職を考えているのならリクルートが運営している「就職shop」最適。

また、数多くの選択肢の中からより自分にぴったりの求人を見つけたいのなら「リクルートエージェント」が最強。

結論:第二新卒はやばくない。需要がとにかく高い!

くちこ美(口コミ収集担当)

第二新卒の需要が高まっているうちに、 早めに情報収集をすることでより良い転職先が見つかること間違いなし。 

確かに初めての転職をするあなたは転職エージェントの上手な使い方なんだか分からないこともあるよね。

早期退職してしまった私が面談に行ってもあまり相手にされないかも。

経歴や未経験からの転職が不安。

転職を検討し始めた20代あなたはこんなお悩み抱えていませんか?

企業にとっても需要が高まっている第二新卒のうちに転職しておけば、今後のキャリア絶景も好転することに繋がって行くよ。

Web 業界に転職したいのなら「マイナビクリエイター」など業界特化型のエージェントを活用してサポートを受けるのもあり。

まだ了業界や職種が定まっておらず、「第二新卒歓迎」の求人を探したいのなら、非公開求人数が業界トップレベルの「リクルートエージェント」 を活用してみるのも選択肢としてあり。

第二新卒は決してやばくなく、むしろ企業にとってもあなたにとってもメリットが多い転職時期であると言える。

>>第二新卒向け「転職エージェント」で非公開優良求人を見つけるなら今がチャンス。

>>迷ったら、『リクルートエージェント」

>>【リクルートエージェント】に無料登録する。

人気優良求人は早い者勝ち!

>>リクルートエージェントに無料登録する!(たった30秒で完了)

※リクルートエージェントが取り扱っている求人のうち、90%以上がサイト上には公開されていない非公開求人

>>選択肢を増やしてくれる「リクルートエージェント」、非公開求人数業界トップクラス。 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

第二新卒は、転職のプロの力を借りて、スピード転職しよう。

非公開求人数の圧倒的なに多い「リクルートエージェント」が、あなたの選択肢を広げてくれる。

今よりもあなたらしく働くことのできるできる職場、職種を見つけるお手伝いができたら幸いです。

次回もよろしくね。

『週刊転職』編集長のかわちゃんより。

↓↓【リクルートエージェント】無料登録はこちら

カテゴリー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』FUKUMAGA.JPを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニア・Webデザインの勉強をする→TikTok(マーケティング)→『週刊転職』を運営中! 「生きづらさを感じたら、環境を変えろ。」をコンセプトに、20代30代の会社員である読者(あなた)の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事ランキングはこちら

1

この記事を読むあなたへ テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミについて知りたい人 テックアカデミー「Web制作副業コース」について知りたい人 テ ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、ウルクス等、Web ...

3

この記事を読むと分かること マケキャンの評判、強みが分かる。 マケキャンの転職保証、転職先、注意点が分かる。 広告運用アカウントプランナー職、広告企画営業職への ...

-20代30代/転職を検討する!, 転職×人生戦略