Web副業/転職スキルを学ぶ 適職診断×人気転職先

22年10月【超人気3+無料65選】webマーケティング系メディア

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を読むと分かること

Webマーケティング、ブログ、メディアの中で役立つ、情報収集サイトについて

  • SEOについて詳しいサイトがどれかわかる。

  • SNSについて詳しいサイトがどれか分かる。

  • ネット広告について詳しいサイトがどれか分かる。

あなたの情報収集の目的に、ぴったりのサイトを分類してわかりやすくお伝えしていきます。

この記事を読み終わった頃には、あなたの目的にぴったりな情報収集サイトが明確になっていることでしょう。

ポイント

結論(おすすめTOP3)

1:BtoB、Web 担当者でWebマーケティングに携わっているあなたは

→「フェレット

2:SNSマーケティング、調査データを知りたいあなたは

→「マーケティングリサーチキャンプ

 3:SEO、 副業ブログ、コンテンツマーケティング、Webライティングについて詳しく知りたいあなたは

→「バズ部」 

かわちゃん(週刊転職・編集長)

【本記事の信頼性】編集長のかわちゃん(現役Webマーケター)から読者の皆様へ

1:複数のIT企業でのインターン(SEO・Webマーケティング)をする傍ら、現場のWebマーケター、社員にインタビューして得られた本音や知見

2:私(ビジネスマンのお悩みコンサル)の体験談、鋭い視点や本音等に基づき、かわちゃん(私)が責任を持って「高品質で専門性の高い記事」を執筆しています。

『週刊転職』の読者の皆様の夢の実現を、後押しできることを大変嬉しく思っています。

【超人気3+40選】Webマーケティング・独学・無料メディアで学べることをまとめてみた。

1:フェレット→BtoBのWeb担当者、Webマーケティング

2:マーケティングリサーチキャンプ→SNS、広告、調査データ

3:バズ部→SEO、Webライティング

が超人気。

1:フェレット→BtoBのWeb担当者、Webマーケティング

フェレットは、マーケターのよりどころをコンセプトし、Webマーケティングの専門メディアとして株式会社ベーシックが運営している。

SEO、SNS、Web広告、グロースハック、アプリマーケティングなど目的別にまとめられており、Webマーケティングノウハウを体系的に学ぶことができる。

特に、中小企業の Web マーケティング担当者にとって最適な内容が多いのが特徴である。 

ポイント

フェレット

・BtoBのWeb担当者

・Webマーケティング

・サイト制作効率化

https://ferret-plus.com/

2:マーケティングリサーチキャンプ→SNS、広告、調査データ

マーケティングリサーチキャンプの自主調査レポートでは、SNSやアプリを中心とした、詳細なレポートを見ることができる。

例えば、 Instagramの利用者の3割が新機能のリールを認知しているとうデータや、

YouTubeのゲーム実況動画の視聴後、その5人に1人がそのゲームを購入した経験がある。など

SNS を通じた、 ユーザーの行動、マーケティング戦略を考える際に非常に役立つ内容となっている。

ポイント

マーケティングリサーチキャンプ

・SNSトレンド調査

・広告トレンド調査

・ユーザー行動の分析

https://marketing-rc.com/report/

3:バズ部→SEO、Webライティング

SEO、コンテンツマーケティング、WordPressブログについて、成果を出すための方法を知りたいなら、バズ部のサイトが非常に有益である。

SEOの内部対策、SEOの外部対策、良質なコンテンツの成功事例や作り方についてかなり具体的に書かれているのが特徴である。

SEOやWebライティングについて、具体的な施策を考えているあなたにとって役立つこと間違いなし。

ポイント

バズ部

・SEO

・Webライティング

・コンテンツマーケティング

https://bazubu.com/

  • SEO勉強するなら今すぐブログを開設して独学しよう

未経験から Web マーケターになりたいあなたへ

>>未経験からWeb マーケターになる方法についてさらに詳しく

未経験から Web マーケターになる方法として一番手っ取り早いのは自分でワードプレスブログを運営してみることである。

SEOからの集客を通じて、アフィリエイトでのマネタイズ方法を学ぶという経験を副業ブログを通じて積むのである。

確かに、未経験から Web マーケターとして独立するのはハードルの高いかもしれない。

しかし、ウェブマーケティング会社に身を置きながら、副業ブログを運営しつつ稼ぐ方法を身につけるのも一つの手である。

つまり、本業で Web マーケティングの仕事をし SEO について学びながら副業でもブログでアウトプットしていくことで腕のある Webマーケターになることが可能である。

実際、Webマーケティングのコアとなる部分は、副業ブログを運営することでかなり身につくのである。

 Webマーケティングの領域は以下のようなものである。

主なWebマーケティングの領域

・SEO

・SNS

・広告運用

・LPO

・アフィリエイト広告

・純広告

・メデイア運営

・メールマーケティング

・コンテンツマーケティング

・SEM

・アドネットワーク

・インフルエンサーマーケティング

  •  Webマーケティング業界3大領域

 Webマーケティング業界3大領域 

 【SEO系】:SEOコンサル、Webメディア運営、副業ブログ、アフィリエイト

 【SNS系】:SNS運用、インフルエンサーマーケティング

 【広告運用系】:広告運用代行、ネット広告代理店

このような領域から、あなたに向いているものを選び、

SEOについてなら、バズ部の記事を読むなりして、Webマーケティングスキルをさらに引き上げていくと効果的である。 

  • 【戦略3つ】未経験からWebマーケターへ

戦略1:Webマーケティング業界(企業)へ転職する。

戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティングで副業(副業ブログ)を始める。

戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)学ぶ。

  • 戦略1:Webマーケティング業界(企業)へ転職する。

>> Web マーケティング業界の将来性についてさらに詳しく

>> 転職先で人気のWebマーケティング会社についてさらに詳しく

【「Web広告代理店」の場合】

→「年収300~400万程度(1~3年ほどの実務経験で)」。

【「Webコンサル会社(SEO、SNS、広告運用のどれかに特化)」の場合】

→「年収400~450万程度(1~3年ほどの実務経験で)」。

【Web以外も含めた「マーケティング職全体」の平均年収】

→「平均年収700万程度」

※基本的に本業のみで稼ぐマーケティング職(副業で、同じことをするのやりにくい)

【「Webマーケティング職」の平均年収】

→「平均年収400~500万程度」

※本業+Webマーケティング副業(本業で学んだことをそのままやる副業)でさらに年収アップできる。

  • 戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティングで副業(副業ブログ)を始める。

>>副業ブログの始め方についてさらに詳しく

>> Webマーケティング副業の始め方についてさらに詳しく

  • 戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)学ぶ。

>>近年人気のウェブマーケティングスクールについてさらに詳しく

  • 【転職保証付き】でWebマーケターになれるマケキャン

>>【ネット広告の営業職なら、マケキャン】

>>【Webマーケティング企業への転職特化スクール】マケキャン

>>たった30秒で予約完了

>>マケキャン【無料オンライン説明会】DMM公式サイトを見る!

  • 【広告運用特化】でWebマーケターを目指すならデジプロ

>>【広告運用代行の副業なら、デジプロ】

>>【マンツーマン指導が最強のデジプロ】

>>たった30秒で予約完了

>>デジプロ【無料オンライン説明会】公式サイトを見る!

ポイント

【戦略3つ】未経験からWebマーケターへ

戦略1:Webマーケティング業界(企業)へ転職する。

戦略2:今すぐプチ起業、Webマーケティングで副業(副業ブログ)を始める。

戦略3:今の会社を辞めず、Webマーケティングスクールで(広告運用)学ぶ。

>>コスパ最強TOP3【質が高くて安い順】Webマーケティングスクール

>>転職向け【未経験OK・超人気3社比較】広告運用スクール・おすすめ 

>>DMM【マケキャンの評判と口コミ】広告営業職・アカウントプランナー職向け

>>【デジプロの評判と口コミ9つ】なぜWeb業界への転職でコスパ最強か

>><完全版>Webマーケティングスクール【おすすめTOP3・20社比較】

4:Web担当者フォーラム→BtoB、Webマーケティング

Web担当者フォーラムとは、社内のWebマーケティング担当者に向けて、株式会社インプレスが運営している情報メディアである。

Webマーケティングを中心に、ネット広告、SNS、SEO、UIUXなど幅広い最新情報を収集するのに役立つ。

Webマーケティング業界全体について、高い頻度で発信しているため、Web マーケティング業界にいる、Web担当者にとって有益なコンテンツが盛りだくさんである。

ポイント

Web担当者フォーラム

・Webマーケティング全般

・SEO担当者

・SNS担当者

https://webtan.impress.co.jp/

5:海外SEO情報ブログ→SEO

最新のSEOの情報を収集をするなら、海外SEO情報ブログがかなり有益である。

海外発信の情報を、日本語で上手にまとめられているため、副業ブログをやっているあなたは SEO 集客で売り上げを伸ばそうとしているWeb担当者にとって重宝される情報が眠っていること間違いなし。

ポイント

海外SEO情報ブログ

・SEO集客

・キーワードの変動

・副業ブログ

https://www.suzukikenichi.com/blog/

6:AdverTimes.(アドタイ)→広告、PR

AdverTimes.(アドタイ)は、宣伝会議が運営する広告業界の最新ニュースメディア。

広告業界で有名な宣伝会議が運営していることもあり、

広報や PR 広告クリエイティブについての最新情報や企業の取り組み、マーケティング戦略について効率的に情報収集することができる。

ポイント

AdverTimes.(アドタイ)

・広告業界

・マーケティング

・広報、PR

https://www.advertimes.com/

7:MarkeZine(マーケジン)→BtoB、Webマーケティング

Webマーケティングやネット広告の最新情報を中心に書かれている情報メディア。

Webマーケティング会社の取り組みや成功事例などを中心に有益なものが多いのが特徴である。

 Web マーケティング担当者がマーケティングを成功させるための事例を知るのに大いに役立つと言える。

ポイント

MarkeZine(マーケジン)

・BtoBマーケティング

・企業のマーケティング担当者

・トレンド分析

https://markezine.jp/

>>コスパ最強TOP3【質が高くて安い順】Webマーケティングスクール

>>転職向け【未経験OK・超人気3社比較】広告運用スクール・おすすめ 

>>DMM【マケキャンの評判と口コミ】広告営業職・アカウントプランナー職向け

>>【デジプロの評判と口コミ9つ】なぜWeb業界への転職でコスパ最強か

>><完全版>Webマーケティングスクール【おすすめTOP3・20社比較】

8:Web電通報→広告

電通が発信している広告業界の最新情報、特に広告クリエイティブを中心とした、コミュニケーションについて有益な情報が得られる。

まだ、 広告業界に興味のある人、広告業界で働きたい人にとっても情報収集メディアとして最適である。

ポイント

Web電通報

・広告業界の最新動向

・コミュニケーション領域

・広告クリエイティブ

https://dentsu-ho.com/

9:博報堂(調査データ)→広告、調査データ

博報堂の調査データからは、博報堂が独自に調査したユーザーの行動分析レポートが非常にわかりやすく有益である。

広告業界、 Webマーケティングの最新動向を定点調査をもとに知ることができ、あなたが Webマーケティングの戦略を立てる際にも有益な調査データが多いと言える。

ポイント

博報堂(調査データ)

・博報堂定点調査

・広告の最新動向

https://www.hakuhodo.co.jp/knowledge/research/

10:AppApeLab→SNS、アプリ、調査データ

AppApeLabの記事の多くは、SNS やアプリを中心とした調査データである。

ユーザーの行動を分析する際やアプリの最新情報を仕入れる際に、記事内の調査データ資料がかなり役に立つ。

SNSマーケティングに興味のあるあなたはなんでも見ておいて損はないであろう。 

ポイント

AppApeLab

・SNSのトレンド調査

・アプリの最新動向

https://lab.appa.pe/

11:マーケティングITメディア→BtoBマーケティング、戦略

マーケティングを中心としたIT業界を、BtoB担当者向けに書かれている記事が多いのが特徴である。

自社でマーケティング戦略を練る際や最新動向の調査データを知る際にかなり有益である。

ポイント

マーケティングITメディア

・BtoBマーケティング

・マーケティング戦略

・調査分析

https://marketing.itmedia.co.jp/

>>コスパ最強TOP3【質が高くて安い順】Webマーケティングスクール

>>転職向け【未経験OK・超人気3社比較】広告運用スクール・おすすめ 

>>DMM【マケキャンの評判と口コミ】広告営業職・アカウントプランナー職向け

>>【デジプロの評判と口コミ9つ】なぜWeb業界への転職でコスパ最強か

>><完全版>Webマーケティングスクール【おすすめTOP3・20社比較】

12:キーワードマップ「アカデミー」→コンテンツマーケティング、SNS

コンテンツマーケティング、SNS、SEOについて具体的な施策の打ち方ノウハウについてかなり詳しく学ぶことができる。

 SEOについての具体的なノウハウを知る際には、かなり有益であろう。

ポイント

キーワードマップ「アカデミー」

・コンテンツマーケティング

・SNSマーケティング

・SEO

https://keywordmap.jp/academy/

13:アフィリノオト→SEO、ブログ、アフィリエイト

SEO集客、ブログアフィリエイトのはじめ方について、かなり詳しくまとめられている。

SEOに強いWebライティング、サイト設計のやり方など、副業ブログ初心者にとって有益な記事が多数。

また、Web職TVのなかじさんの動画も、副業ブログ初心者にとってかなり有益であると言える。

ポイント

アフィリノオト

・SEO集客

・副業ブログの始め方

・Webライティング

https://meril.co.jp/affi-note/

14:SEOラボ→SEO、調査分析

SEO ラボでは、独自のキーワードの実験データや最新のキーワードの変動について考察された記事が多いのが特徴である。

特にキーワードの最新動向を知りたい人にとってはぴったりである。

キーワード選定をする際に、一度見てみるとお役立ち情報がたくさん手に入ること間違いなし。

ポイント

SEOラボ

・SEO実験データ

・キーワードの変動

・調査分析

https://seolaboratory.jp/

15:SEOJapan→SEOコンサル

SEOコンサル担当者にぴったりの内容であることはもちろん、最新の SEO に関する瞳孔がまとめられており有益であると言える。

特に、社内、BtoBでWebマーケティングに携わっているあなたにとって、SEOに関する最新の知識が身につくこと間違いなし。

ポイント

SEOJapan

・SEOコンサル担当者向け

・SEOの最新情報

・BtoBWebマーケティング

https://www.seojapan.com/blog/

16:SEOの森→アフィリエイト、SEO

SEOの森では、アフィリエイトで稼ぐ方法について詳しく学ぶことができる。

特に個人、副業ブログで稼ぐ方法について学びたい人にはぴったりである。

SEO集客を通じてアフィリエイトでマネタイズする方法について情報収集する際には一読する価値あり。

ポイント

SEOの森

・アフィエイトで稼ぐ

・副業ブログ

・SEO集客

https://seoer.work/

17:RBTSQUARE→BtoB、デジタルマーケティング、広告

BtoBのデジタルマーケティング担当者が、情報収集する際に非常に役に立つ。

ネット広告を中心としたマーケティング戦略を立てる西最新情報を仕入れるならピッタリである。

ポイント

RBTSQUARE

・BtoB担当者

・デジタルマーケティング

・広告

https://rtbsquare.work/

18:スタートライズ広告ニュース→広告業界、最新動向

広告業界の最新情報を仕入れるなら、スタートライズ広告ニュースはかなり有益である。

特に広告業界で働く、 Webマーケターはもちろん、これから広告業界に入る人にとっても有益な内容となっている。

ポイント

スタートライズ広告ニュース

・広告業界

・広告最新情報

https://www.startrise.jp/articles/category/04

19:LISKUL→Web広告、Web制作

Web マーケティング、特にネット広告や Web制作に関する、最新情報を仕入れる際に有益である。

Web制作を通じて、あなたのビジネスをどう最適化するかについて知りたい人にも役立つであろう。

ポイント

LISKUL

・Web広告

・Web制作

・Webマーケティング

https://liskul.com/

20:sixapartブログ→オウンドメディア

SEOを中心とした集客、Webライティング、オウンドメディアの運営方法についてかなり詳しくまとめられている。

ライターとして働いているあなたや記事執筆業務で行き詰まっているあなたにとって救いの手を教えてくれること間違いなし。

ポイント

sixapartブログ

・オウンドメディア

・Webライター

・コンテンツマーケティング

https://blog.sixapart.jp/

21:エックスサーバーメディア→ブログの始め方

Webマーケティングで副業をしているあなたや副業ブログを始めようと思っている間に最適である。

WordPressブログの始め方や SEO に最適化された記事の書き方について詳しく学ぶことができる。

ポイント

エックスサーバーメディア

・副業ブログ

・SEO

・WordPress

https://www.xserver.ne.jp/blog/

22:LIG→Web制作、コンテンツマーケ

ウェブサイトの制作や Web デザインについて最新情報を知りたいあなたに最適である。

特に、Webサイトの運営を通じて、最適なマーケティング施策を打つ方法について詳しく知りたい人には大いに役立つであろう。

ポイント

LIG

・Web制作

・Webデザイン

・コンテンツマーケティング

https://liginc.co.jp/blog

>>【濃密で最強・Web副業で月15万】テックアカデミー「初めての副業コース」「フロントエンドコース」の評判と口コミ 

>>なぜWeb制作副業最強か【本気で作った3大講座・目的別】テックアカデミー「おすすめコース」

>>【簡単・Web在宅デザイン副業で月10万】テックアカデミー 「Webデザインコース」の評判・口コミ 

>>Webスキル【先割で最安値になる手順!?・盲点】テックアカデミーの料金

>>【転職保証コースの比較!】テックキャンプ「エンジニア転職」VSテックアカデミーの比較

23:DIGIDAY→広告運用・デジタルマーケティング

Webマーケターとして広告運用をしているあなた、 Webマーケティング業界に身を置いているあなたにとって情報収集サイトとして最適である。

IT業界全体についての情報収集にも向いているため、Webマーケティング業界に興味を持っている人にも有益な内容であると言える。

ポイント

DIGIDAY

・Web広告

・SNS広告

・IT業界、デジタルマーケティング

https://digiday.jp/

 UI UX デザインでおすすめなブログメディア3つほど。

24:GoodpatchBlog→デザイン、UIUX

デザインの視点からユーザーの行動を分析し設計する戦略について学ぶことができる。

特にユーザーの行動を通じてコミュニケーションを最適化させる方法について情報収集する際に最適である。

ポイント

GoodpatchBlog

・デザイン

・UIUX

・コミュニケーション

https://goodpatch.com/blog

25:UXMILK→UIUX、プロダクト制作

ユーザーの行動やユーザー体験を最適化させるという視点から考える際、このブログが役に立つ。

あなたがオリジナルサービスを制作する際にどのようにして、ユーザー体験を高めていくかについて学ぶことができる。

ポイント

UXMILK

・UIUX

・プロダクト制作

・サービス制作

https://uxmilk.jp/

26:深津貴之(noteブログ)→ユーザー行動、デザイン

ユーザーの行動をを分析した上でどのようにしてプロダクトに落とし込むのかについて学ぶのに最適なブログである。

ユーザーの行動をデザインしあなたのサービスを、マーケティング戦略にどう結びつけていくかについて知ることができる。

ポイント

深津貴之(noteブログ)

・ユーザー行動

・デザイン

・サービス設計

https://note.com/fladdict

27:キャリアハック→IT業界トレンド、働き方

キャリアハックでは、IT業界の最新情報を知ることができ、 IT業界に転職したいと考えている人にも最適である。

 IT 業界 Web マーケティング業界での働き方について詳しく知ることができる点が大きな魅力であると言える。

ポイント

キャリアハック

・IT業界トレンド

・働き方

https://careerhack.en-japan.com/

28:BRIDGE→VC、ITトレンド

ベンチャーキャピタル、 資金調達を通じて、ITスタートアップ企業の最新動向をチェックする際に役に立つ。

スタートアップ企業がどのような取り組みをしているかを知ることで、今後の it 業界の動向を追うことができる。

ポイント

BRIDGE

・VC(資金調達)

・ITトレンド

・スタートアップ

https://thebridge.jp/

29:HubSpot→営業、カスタマーサービス、デジタルマーケティング

羽生ポストでは、デジタルマーケティングを通じた顧客対応をどのように最適としていくかについて学ぶことができる記事が多い。

特に、営業ツールとしてどのようにデジタルマーケティングを活用していくのかについて詳しく学ぶことができる。

ポイント

HubSpot

・営業

・カスタマーサービス

・デジタルマーケティング

https://blog.hubspot.jp/

30:AdobeBlog(公式ブログ)→UX、広告

Adobe の公式ブログでは、UXを通じたマーケティング戦略、ネット広告について詳しく学ぶことができる。

ユーザー体験について調査データを元に、知識を深めていくことで日頃のWebマーケティング業務にも生かすことができるのではないだろうか。

ポイント

AdobeBlog

・UX

・広告

・Eコマース

https://blogs.adobe.com/japan/experiencecloud/#.VtMCPDaLQ6g

31:トライバルメディアハウス(noteブログ)→Webマーケティング、SNS活用法

Instagram Twitter をはじめとする SNS の活用法について詳しく学びたい人に最適である。

Webマーケティング業界で、SNS運用代行を担当している人には、有益な内容が多いと言える。

ポイント

トライバルメディアハウス(noteブログ)

・Webマーケティング

・インスタ活用法

https://note.tribalmedia.co.jp/

32:SynergyMarketing→CRM、Webマーケティング

CRM という顧客管理に関する業務に携わっている Web マーケターには必見の内容である。

マーケティングや広告についても知識を深められるため情報収集されたとして最適である。

ポイント

SynergyMarketing

・CRM(顧客管理)

・Webマーケティング

・広告

https://www.synergy-marketing.co.jp/blog/

33:SendGrid→メールマーケティング、Web担当者

メールマーケティングの戦略を練る際に大変有益である。

 Web担当者であるあなたにとって、メールマーケティングを通じてどのように新たな施策を打てばいいか考える際に、役立つヒントが盛りだくさんな内容となっている。

ポイント

SendGrid

・メールマーケティング

・Web担当者

https://sendgrid.kke.co.jp/blog/

34:GoogleJapanBlog→Googleのプロダクト、最新動向

Google のプロダクトについて最新情報を仕入れる際に有益なブログである。

Webマーケティングをする際に、 Google のプロダクトの動向を放っておくことで最適なマーケティング施策を打つことが可能となる。

ポイント

GoogleJapanBlog

・Googleのプロダクト

・Google最新動向

https://japan.googleblog.com/

35:Googleウェブマスター向け公式ブログ→サイト運営、SEO

サイト制作やサイト運営を通じて集客する方法について詳しく学ぶことが可能である。

 Web マーケティング、特にSEO集客における、最新情報に目を通しておくとよい。

ポイント

Googleウェブマスター向け公式ブログ

・サイト運営

・サイト制作

・SEO

https://webmaster-ja.googleblog.com/

36:ナイルのSEO相談室→SEO、Webマーケティング

SEO集客について知識を深めたいWeb担当者にとって最適な内容である。

 Web マーケティングを通じて、どのように自社サイトに集客して行けば良いかのヒントを得る際に大いに役に立つであろう。

ポイント

ナイルのSEO相談室

・SEO

・Webマーケティング

・Web担当者

https://www.seohacks.net/blog/

37:YAHOO!マーケティングソリューション→Web広告、Webマーケティング

YahooのWeb 広告を中心に最新の情報を仕入れることが可能である。

Web広告の最新情報を仕入れるならかなり有益である。

ポイント

YAHOO!マーケティングソリューション

・Web広告

・Yahoo!の最新マーケティング情報

・Webマーケティング

https://yahoojp-marketing.tumblr.com/

>>大学生/既卒向け!【人気度順12社比較】Webマーケティングスクール・おすすめ

>>1強+10社比較【福岡で教室あり】Webマーケティングスクール・福岡・おすすめ

>>1強+10社比較【大阪で教室あり】Webマーケティングスクール・大阪・おすすめ

>>1強+10社比較【横浜で教室あり】Webマーケティングスクール・横浜・おすすめ

>>1強+10社比較【名古屋で教室あり】Webマーケティングスクール・名古屋・おすすめ

38:Twitter公式ブログ→Twitter最新情報、SNS運用

 Twitter 公式ブログでは Twitter昨日の最新情報や SNS 運用のヒントになる情報が盛りだくさんである。

SNS 運用担当者は是非目を通して、Twitter運用の際に役立てて欲しい。

ポイント

Twitter公式ブログ

・Twitter最新情報

・SNS運用

・Twitter運用代行

https://blog.twitter.com/official/ja_jp.html

39:Instagram公式(Bussinessブログ)→Instagram広告、SNS広告運用

 Instagram 公式ブログでは Instagram 広告についてかなり詳しく学ぶことができる。

 SNSの広告運用、 SNS マーケティングに関する最新情報を仕入れることが可能である。

ポイント

Instagram公式(Bussinessブログ)

・Instagram広告

・SNS広告運用

・SNSマーケティング

https://business.instagram.com/advertising

40:FaceBook公式(Bussinessブログ)→FaceBook広告、マーケティング学習

 Facebook 公式ブログでは、SNSマーケティングについて詳しく学ぶことができる。

 SNSマーケティングを体系的に学びたい人には最適である。

ポイント

FaceBook公式(Bussinessブログ)

・FaceBook広告

・マーケティング学習

・SNSマーケティング

https://www.facebook.com/business/learn

41:YouTube公式ブログ→YouTube最新情報

YouTube 公式ブログでは、 YouTube の最新情報を仕入れることを通じてあなたのマーケティング戦略を考える際に役に立つ。

動画 SNS の最新動向を読み解く際に、有益なブログである。

ポイント

YouTube公式ブログ

・YouTube最新情報

・SNSマーケティング

https://youtube-jp.googleblog.com/

42:GoogleAnaliticsSolutuons→データ分析、アナリティクス

Google Analytics を通じたデータ分析を担当しているあなたにかなり有益なメディアである。

 Web マーケティング業務を最適化する際にデータ分析が欠かせないため、アナリティクスの使い方について知りたい人にとってもぴったりな内容となっている。

ポイント

GoogleAnaliticsSolutuons

・データ分析

・アナリティクス

https://analytics-ja.googleblog.com/

43:SocialMediaLab(ガイアックス)→SNS動向分析、SNSマーケティング

ガイアックスによる SNS の動向分析、調査データはかなりわかりやすいと評判である。

SNSマーケティングに興味のあるあなたはユーザーの瞳孔をする際に大いに役立てて欲しい。 

ポイント

SocialMediaLab(ガイアックス)

・SNS動向分析

・SNSマーケティング

https://gaiax-socialmedialab.jp/

ビジネス系・マーケティング・お役立ち転職メディア・ブログ

BUSINESS INSIDER JAPAN:ビジネスやテクノロジー、ライフスタイルなど幅広いカテゴリーのある質の高いメディア。本当に良いメディア。

BUSINESS INSIDER JAPAN|ビジネス インサイダー ジャパン「BUSINESS INSIDER」 はミレニアル世代のビジネスパーソンを主要ターゲットに、政治、経済、金融、テクノロジー

www.businessinsider.jp

日経電子版:お馴染み、日経新聞の有料版。

経済、株価、ビジネス、政治のニュース:日経電子版日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビ

www.nikkei.com

Newspicks:ソーシャル経済メディア。動画コンテンツなど度々話題になるメディア。

NewsPicks | 経済を、もっとおもしろく。「経済を、もっとおもしろく。」ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。国内外の最先端の経済ニュースを厳選。専

newspicks.com

・Bloomberg:世界的に有名な経済メディア。動画コンテンツもある。

Bloomberg.com世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世

www.bloomberg.co.jp

ウォール・ストリート・ジャーナル:国際的な影響力を持つ日刊経済新聞の日本語版WEBメディア。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.comウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これま

jp.wsj.com

ダイヤモンド・オンライン:ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。ビジネスパーソンの知りたい「今」がわかるウェブマガジン。話題の時事・経済ニュースを独自の視点で斬る強力なコラムが満載。

ダイヤモンド・オンラインダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。ビジネスパーソンの知りたい「今」がわかるウェブマガジン。話題の時事・経済ニュー

diamond.jp

Forbes JAPAN:世界的な経済誌であるForbesの日本版として、世界中のビジネスニュース、ランキング、テクノロジー、リーダーシップ、アントレプレナー、ライフスタイル、投資、金融ニュースを配信。

Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)Forbes JAPANは、世界的な経済誌であるForbesの日本版として、世界中のビジネスニュース、ランキング、テクノロ

forbesjapan.com

東洋経済オンライン:東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済情報、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。

東洋経済オンライン東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済情報、就職情報など、ビジネスパーソ

toyokeizai.net

EL BORDE:日本のミライを創造する若きビジネスパーソンのために、仕事やプライベートに役立つ知識や情報を発信するメディア。野村證券が運営している。

記事一覧 | EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジンEL BORDE(エル・ボルデ)は日本のミライを創造する若きビジネスパーソンのために、仕事やプライベートに役立つ知識や情報

www.nomura.co.jp

AMP:カルチャーからスポーツビジネス、フードビジネスやら電子政府までかなり幅広く取扱うメディア。

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディアAMPは知的好奇心を増幅させ、ビジネスインスピレーションを提供するメディアです。これからのビジネスリーダーを目指すミレニア

amp.review

XD [クロスディー]:企業が提供するサービスと消費者の間に生まれる「体験(Experience)」にフォーカスを当てたビジネスメディア。

XD(クロスディー)|体験にフォーカスするメディアCX(カスタマーエクスペリエンス)に特化したメディア「XD(クロスディー)」です。企業と消費者の間に生まれる体験にフォーカ

exp-d.com

ログミー:「気になるトークイベントがあるけど予定が合わなくて行けない」「動画を観ている時間がない」など、忙しいビジネスパーソンの課題を解決するメディア。価値ある情報をそれを必要としている読者のもとに届ける。

ログミー[o_O] - 世界をログする書き起こしメディア世界をログする書き起こしメディア

logmi.jp

WorkMaster:情報感度の高いビジネスパーソン向けニュースサイトです。ビジネスシーンであなたの「雑談力」を向上させる最新情報をお届けします。

WorkMaster(ワークマスター) |ビジネスパーソンの知的好奇心を刺激するニュースサイト情報感度の高いビジネスパーソン向けニュースサイトです。ビジネスシーンであなたの「雑談力」を向上させる最新情報をお届けします

www.work-master.net

経営プロ:経営プロは経営・ビジネス課題を解決に導く情報をお届けするオンラインメディアです。カテゴリ・トレンドワード・解決課題といった切り口から最適なニュース、サービス・ソリューション、セミナー、資料などを紹介し、企業成長をサポートします。

経営プロ - 経営・ビジネスの課題解決メディア経営プロは経営・ビジネス課題を解決に導く情報をお届けするオンラインメディアです。カテゴリ・トレンドワード・解決課題といった

keiei.proweb.jp

BUSINESS LAWYERS:最新法改正や企業法務で誰もが悩む論点を専門家が解説した特集記事・実務Q&Aなど「実務に役立つ」コンテンツがそろった企業法務ポータルサイト。

BUSINESS LAWYERS - 企業法務の実務ポータル最新法改正や企業法務で誰もが悩む論点を専門家が解説した特集記事・実務Q&Aなど「実務に役立つ」コンテンツがそろった

business.bengo4.com

・Mugendai(無限大):国内外で起こるイノベーションを、テクノロジーとビジネス、科学、社会、文化、教育など、さまざまな切り口で取り上げ、チャレンジを続ける日本のリーダーに新たな視点と最新の動向を提供していくWebメディア。

Mugendai(無限大)| イノベーションを触発するデジタルメディア『Mugendai(無限大)』は、国内外で起こるイノベーションを、テクノロジーとビジネス、科学、社会、文化、教育など、さま

www.mugendai-web.jp

IT系・マーケティング・お役立ち情報・転職メディア

ITmedia NEWS:ITがもたらす変化を敏感に感じ取り、仕事や生活に生かしていこうという企業内個人やネットサービス開発者、ベンチャー経営者をコアターゲットに、IT業界動向やネットサービストレンド、ネット上の話題までカバーするニュースを配信するメディア。

ITmedia NEWSITがもたらす変化を敏感に感じ取り、仕事や生活に生かしていこうという企業内個人やネットサービス開発者、ベンチャー経営者をコ

www.itmedia.co.jp

Techable:国内外のスタートアップ/ネットベンチャーの新サービスを中心に紹介するテック系ニュースメディア。

Techable(テッカブル)Techable(テッカブル)は、国内外のスタートアップ/ネットベンチャーの新サービスを中心に紹介するテック系ニュースサイ

techable.jp

日経 xTECH:テクノロジーの進化によって様々な業界の境界(クロス)領域で新たなビジネスが続々と誕生する今、どこの誰と、どう組めば新たなチャンスを掴むことができるのか。日経 xTECHは、 ITから製造、自動車、建設まで、今をえぐり、一歩先を照らす情報を届けるメディア。・

日経 xTECH(クロステック)テクノロジーの進化によって様々な業界の境界(クロス)領域で新たなビジネスが続々と誕生する今、どこの誰と、どう組めば新たなチ

tech.nikkeibp.co.jp

データのじかん:データをより上手く活用することで、私たちの生活をより豊かなものにするためのアイデアやヒントを紹介し、ビジネスの場ではもちろんのこと、日常生活においても役立つ、興味深い、面白い、もしくは話題性のあるテーマを積極的に取り扱うメディア。

データのじかん FBページEMPOWER YOURSELF 世の中で起きたことを知る時、データに目を向けてみてください。 いつもの仕事をしている時、

data.wingarc.com

GIZMODO JAPAN:日本最大級のガジェット&テクノロジーサイト。これ以外にも、サイエンスやビジネスなどにまつわる情報を幅広く発信するメディア。

ギズモード・ジャパン | 日本最大級のガジェット&テクノロジーサイトGIZMODO JAPAN(ギズモード・ジャパン)は最新のスマートフォンなどのデジタルデバイス情報や最新のガジェット情報か

www.gizmodo.jp

ZDNet Japan:「CIOとITマネージャーの課題を解決するオンラインメディア」と銘打つだけあって内容は専門的なITにまつわる情報。

ZDNet Japan--CIOとITマネージャーの課題を解決するオンラインメディアZDNet Japanは、CIOの課題を解決するオンラインメディアです。CIOや企業の情報システム部門に向けて、ITを活用

japan.zdnet.com

Tech in Asia:アジア最大級のテックメディアの日本語版メディア。英語版に比べるとまだコンテンツは少ない。

テックニュース | Tech in AsiaTech in Asia 日本オフィスのテックニュース ページです

jp.techinasia.com

WIRED:未来のトレンドを発信。読み物として、ワクワクして面白い記事が多いです!

WIRED.jp『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についての

wired.jp

・ビジネス+IT:ITと経営の融合でビジネスの問題を解決するサイト。ソフトバンクグループのSBクリエイティブが運営。

ビジネス+ITITと経営の融合でビジネスの問題を解決するサイト。ソフトバンクグループのSBクリエイティブが運営。ニュースや記事、イベント

www.sbbit.jp

@IT:プロフェッショナルなIT技術者・管理者のためのコンテンツとコミュニティ満載の問題解決サイト。製品や技術に関する高度な解説記事や、掲示板、質問コーナーなどを掲載。

@ITプロフェッショナルなIT技術者・管理者のためのコンテンツとコミュニティ満載の問題解決サイト。製品や技術に関する高度な解説記

www.atmarkit.co.jp

CNET Japan:テクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト。ニュースだけでなく、オピニオンリーダーによるコラムやインタビュー、ブログなども掲載する。

CNET Japanテクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト。ニュースだけでなく、オピニオンリーダーによるコラムやインタビュー、ブログなども

japan.cnet.com

DIGITALIST:デジタルテクノロジーを活用して、社会、会社、生活を変えたい――。そんな方々に、デジタル変革の”いま”をお伝えするWebマガジン。

デジタル変革の“いま”と“未来”を伝えるDIGITALISTデジタルテクノロジーを活用して、社会、会社、生活を変えたい——。そんな方々に、デジタル変革の”いま”をお伝えするWebマガ

project.nikkeibp.co.jp

freshtrax:サンフランシスコに本社を構えるbtrax(ビートラックス)が最新のデザイン、テクノロジー、スタートアップに関する情報を毎週発信しているオウンドメディア。

freshtrax | デザイン会社 btrax ブログ | デザイン会社・btrax スタッフブログデザイン会社・btrax スタッフブログ

blog.btrax.com

SENSORS:最先端のクリエイティブ、テクノロジー、ムーブメントを様々な視点で紹介するWebメディア。落合陽一さんや、noteのCXO深津さんなども関わる。

SENSORS|Technology×EntertainmentSENSORS<センサーズ>は、最先端のクリエイティブ、テクノロジー、ムーブメントを様々な視点で紹介するWebメディアです

www.sensors.jp

TechWave:TechWaveという技術で世界に衝撃を起こす人のための新興メディアの日本向けメディア。

TechWave(テックウェーブ) | Gobal Tech Startups CommunityGobal Tech Startups Community

techwave.jp

ChinaPASS:中国スタートアップを中心とした中国の最新IT・ベンチャー情報提供サイト。

チャイナパス : ChinaPASS - 中国スタートアップ最新情報。中国のシェアエコノミー、モバイルペイメント、AI、VR、ロボット、無人コンビニ、越境コマースほか、中国最新ITベンチャー情報をいち早くお届けします。中国スタートアップ最新情報。中国のシェアエコノミー、モバイルペイメント、AI、VR、ロボット、無人コンビニ、越境コマースほ

chinapass.jp

GIGAZINE:日々のあらゆるシーンで役立つ情報を提供するIT系ニュースサイト。ITとは全く関係ないコンテンツもよく発信している。

GIGAZINE(ギガジン)日々のあらゆるシーンで役立つ情報を提供するIT系ニュースサイト。毎日更新中。

gigazine.net

サイボウズ式:「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイト。

サイボウズ式「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイト

cybozushiki.cybozu.co.jp

LoveTechMedia:「”愛”に寄り添うテクノロジー」というテーマで情報を整理・発信するWEBメディア。

LoveTechMedia - ラブテックメディア"愛"に寄り添うテクノロジー紹介メディア

lovetech-media.com

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典:正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典。「あれ、この言葉の意味なに?」って時によく使っていた。

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいよ

wa3.i-3-i.info

Engadget:誰よりも先に新しいガジェットを手に入れたい、マニア必見のサイト。

Engadget 日本版 : デジタルガジェットの最新情報をどこよりも早く、業界最前線からお届けするブログ形式のニュースサイトEngadget 日本版はデジタルガジェットの最新情報をどこよりも早く、業界最前線からお届けするブログ形式のニュースサイト

japanese.engadget.com

結論: 今すぐWebマーケティング・ブログ・メディアで積極的に情報収集しておこう 

フェレットやバズ部を中心に、Webマーケティングに関する情報収集サイトでおすすめなメディアを紹介してきた。

SEO、SNS、広告運用、など様々な領域ごとに、 各メディアの専門性があることがよくわかった。

あなたの目的に応じて、情報収集するサイト適宜選ぶと良い。

Webマーケティングの最新情報を収集できるよう、今回紹介したサイトお早速お気に入りに登録しておこう。

>>Web マーケティングを独学する方法についてさらに詳しく

>>UdemyでWebマーケティングを独学するのもあり

>>テックアカデミーでWebマーケティングを独学するのもあり

かわちゃん(週刊転職・編集長)

次回もよろしくね。

『週刊転職』編集長・かわちゃんより。

今月の【内向型会社員向け】おすすめ記事

↓無料【内向型適職診断テスト50】2021年おすすめの転職先は〇〇〇〇。

内向型の適職診断・人気転職先は〇〇〇〇。

>>内向型「適職診断テスト50」を始める!

※21年最新!内向的な友人25人に直接聞いた【人気転職先シート】無料特典付き。
※たった1分で完了。

blank

↓人気カテゴリーを見る!

『週刊転職』

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

『週刊転職』編集長:かわちゃん

『週刊転職』副マガ.jpを運営しております。編集長の「かわちゃん」です。 かわちゃんの経歴:GREE(SEOコンサル)→TECH CAMPにてAIエンジニアの勉強をする→ByteDance,inc(TikTok)→『週刊転職』を運営中! 転職や副業で「今の自分を変えたいあなたへ」。をコンセプトに、25歳〜39歳前後の会社員の心に寄り添い、質の高い情報を発信中! どうぞよろしくお願いいたします。

人気記事を読む!

1

この記事を読むとわかること テックアカデミー「フロントエンドコース」の評判、口コミ、なぜ濃密でWebデザイナーの女性に人気講座なのかがわかる。 テックアカデミー ...

2

この記事を読むあなたへ(デジプロはこんな人におすすめ) デジプロで、Webマーケティング、広告運用を実践的に学びたい人 デジプロ、マケキャン、テックアカデミー等 ...

3

この記事を読むとわかること。 テックアカデミーはWeb在宅副業向けの講座が充実している。 テックアカデミーの一番人気コース=「はじめての副業コース」。 Webデ ...

4

この記事を読むとわかること シーライクスの評判・口コミがなぜ良いのかが分かる。 女性で Web在宅副業 Web デザイン転職に興味を持っている人にシーライクスが ...

-Web副業/転職スキルを学ぶ, 適職診断×人気転職先